老猫に必要な介護用品はこれ!おむつや介護食などしっかり準備しよう

2021.03.09

老猫に必要な介護用品はこれ!おむつや介護食などしっかり準備しよう

猫と暮らしていれば、年をとり老猫になった時には介護が必要になることも多くあります。老猫の普段の生活の中では、特にトイレのお世話と食事のお世話が欠かせません。そのためには飼い主さんが、トイレまわりの環境を整えたり、食事の内容や与え方を工夫したりといったことが必要になります。そんな時に、介護用品を準備しておいて、老猫の介護にうまく活用することが大切です。 今回は、おむつや介護食など、飼い主さんが老猫を介護する際におすすめの介護用品をご紹介します。

cat_banner_640x180
【目次】
1.老猫の介護用品を準備しよう
 1-1.猫が老猫になるとどうなる?
 1-2.生活の見直しと準備が大切
2.老猫のトイレに関する介護用品
 2-1.トイレに関する介護用品【トイレシーツ】
 2-2.トイレに関する介護用品【入りやすいトイレ・スロープ】
 2-3.トイレに関する介護用品【補助ハーネス】
 2-4.トイレに関する介護用品【おむつ】
 2-5.トイレに関する介護用品【ウェットティッシュ】
3.老猫の食事に関する介護用品
 3-1.栄養価の高い総合栄養食を与えよう
 3-2.食事に関する介護用品【介護食・流動食】
 3-3.食事に関する介護用品【サプリメント】
 3-4.食事に関する介護用品【療法食】
 3-5.食事に関する介護用品【脚付きの食器・食器台】
 3-6.食事に関する介護用品【自動給水器】
4.老猫の生活環境に関する介護用品
 4-1.生活環境に関する介護用品【過ごしやすいベッド】
 4-2.生活環境に関する介護用品【床ずれ防止ベッド】
 4-3.生活環境に関する介護用品【ステップ・ペットスロープ】
 4-4.生活環境に関する介護用品【低めのキャットタワー】
 4-5.生活環境に関する介護用品【ブラシ】
5.老猫の介護用品についてのまとめ

老猫の介護用品を準備しよう

室内でくつろぐ猫

猫の老化が見られるようになるのは、個体差はありますが、多くは7~11歳を過ぎたあたりからです。

◆猫が老猫になるとどうなる?

老猫になると、猫は次のような行動や状態が見られることが増えて来ます。

・元気がなくなる
・寝ている時間が多くなる
・遊ばなくなる
・食べ物の好き嫌いがはっきりしてくる
・毛づくろいをしなくなる
・トイレ以外の場所で排泄してしまうことがある
・痩せてくる

猫が年をとってくると、人間と同じで体の色々なところが衰えてきます。

◆生活の見直しと準備が大切

老猫と暮らす時には、日々の生活環境を見直して、体の衰えがあっても快適に過ごせるようにしてあげなくてはなりません。特に、トイレの問題と食事の好みなどについては、人間同様老猫にとっても、とても大切な部分です。

介護用品はトイレや食事、普段の生活のそれぞれの状況に適したものがありますので、うまく活用して、老猫の介護を行うことが大切です。

愛猫に老化の症状が見られる前に、しっかりと介護用品の準備をしておきましょう。


老猫のトイレに関する介護用品

老猫がトイレではない場所に排泄をしてしまう場合には、原因に応じた対策を取る必要があります。

◆トイレに関する介護用品【トイレシーツ】

老猫になると、腎臓の機能が衰えてくるため、トイレに行くことが増えることもあります。しかし、老猫が排泄したい時に、トイレの場所まで間に合わないために、粗相をしてしまっているという状況です。

その時にはトイレの数を増やし、行きやすい場所にトイレを設置してあげる必要があります。そして、猫トイレの周りにシーツを敷くと、トイレ周りの汚れ防止になります。

●おすすめ商品
脱臭ゼリーシーツ 超ウルトラワイド 9枚  >>脱臭ゼリーシーツ 超ウルトラワイド 9枚<<
多頭飼いの方でも安心!
とても大きいサイズのシートなのでまとまっての使用も可能です。
購入
デオシート 足上げワンちゃん用 壁貼りガード ワイド 30枚  >>デオシート 足上げワンちゃん用 壁貼りガード ワイド 30枚<<
壁をガードする「防水シート」は防水加工のフィルムを採用し、オシッコを通さず壁を汚しません。
床側のシートは、スピード吸収でオシッコをしっかり閉じ込める、新聞紙大60×43cmのワイドサイズ。
購入

◆トイレに関する介護用品【入りやすいトイレ・スロープ】

老猫にとってはトイレの縁が高くて、うまく乗り越えられないという状況も起こります。

その時にはスロープを使って老猫がトイレに入りやすくしたり、トイレの縁が低いものに交換したりすることで、愛猫のトイレ外での粗相を減らすことができます。

●おすすめ商品
ウィークリートイレ しつける3点セット ブラウン  >>ウィークリートイレ しつける3点セット ブラウン<<
購入
ペットスロープ PS-02 アイボリー  >>ペットスロープ PS-02 アイボリー<<
購入

◆トイレに関する介護用品【補助ハーネス】

自立して排出することが難しい場合は、ハーネス等を使ってトイレの介助をしてあげる必要があります。

●おすすめ商品
老犬介護用 歩行補助ハーネス 前足用 S  >>老犬介護用 歩行補助ハーネス 前足用 S<<
足腰の筋力が低下したときの歩行補助に。
購入
老犬介護用 歩行補助ハーネス 後足用 S(超小型犬用)  >>老犬介護用 歩行補助ハーネス 後足用 S(超小型犬用)<<
足腰の筋力が低下したときの歩行補助に。
購入

◆トイレに関する介護用品【おむつ】

老猫が寝たきりになってしまえば、トイレの介助や、必要であれば、おむつをするということも、選択肢に入ってくるでしょう。

ごわつきが少なく老猫でも動きやすいタイプのおむつや、つけ直しのできるテープつきのものが簡単に装着できておすすめです。

初めて老猫におむつをする場合には、獣医さんに診察してもらって、どのようなおむつが良いのか、どのようにつけたら良いかなどを指導してもらってください。

●おすすめ商品
マナーウェア ねこ用  >>マナーウェア ねこ用<<
購入

◆トイレに関する介護用品【ウェットティッシュ】

老猫の場合、老化によって思うように体が動かないことで、肛門まわりのお手入れがうまくできないことがあります。

汚れている状態のままにしておくと、炎症が起こったり、不衛生にもなりますので、こまめにおしり周りを綺麗にしてあげる必要があります。

●おすすめ商品
クリーンワン 流せるウェットティッシュ 80枚  >>クリーンワン 流せるウェットティッシュ 80枚<<
購入


老猫の食事に関する介護用品

猫も年をとってくると、歯が悪くなったり、食事の量が減ったり、または好みが違ってきたり、といった変化が現れます。

◆栄養価の高い総合栄養食を与えよう

老猫になると、心臓や腎臓の機能が衰えてきますので、健康維持のために、内臓に負担をかけないようなフードを選びましょう。たんぱく質を適切に摂り、ナトリウムやリンを摂りすぎないことで、心臓や腎臓の負担を減らせます。

ビタミンEやビタミンB群の摂取も老猫にとってはとても大切ですが、摂りすぎても良くないので、バランスの取れている食事を選び与える必要があります。

必ず、総合栄養食を与えるということに気をつけて、老猫の体に合わせた量のフードを与えることが大切です。

◆食事に関する介護用品【介護食・流動食】

老猫になって歯が悪ければ、固くない、食べやすいフードに変えてあげるという方法がありますね。

どんなフードを与えれば良いかといいますと、老猫用、シニア用のフードがちゃんと販売されています。フレークが食べやすいように細かくなった介護食や、ペースト状の流動食など、愛猫の状態に合わせて与えるようにしましょう。

●おすすめ商品
キャネット メルミル 介護期用 各種  >>キャネット メルミル 介護期用 各種<<
シニア猫用のなめるタイプの総合栄養食。腎臓と心臓の健康維持に配慮し、少量でしっかり栄養補給できる高エネルギー設計。<総合栄養食>
購入
カロリーエースプラス 猫用介護食 ささみ 85g×24缶  >>カロリーエースプラス 猫用介護食 ささみ 85g×24缶<<
噛む力の衰えた老齢猫のために、鶏肉、鶏ささみ、鶏レバーを主原料とし、消化しやすいようにやわらかく仕上げた総合栄養食です。
老齢期だけでなく、幅広い年齢の主食としてご使用いただけます。<総合栄養食>
購入
カロリーエースプラス 猫用流動食  >>カロリーエースプラス 猫用流動食<<
飲む事で栄養補給できる流動食タイプの総合栄養食です。
液体タイプなので離乳期や老齢期の噛む力が弱い愛猫にも対応しています。
タウリン配合。<総合栄養食>
購入

◆食事に関する介護用品【サプリメント】

食事の量が減れば、摂取できる栄養も減ると考えられますので、「より栄養価の高いフードを与える」「サプリメントなどで栄養を補う」という選択肢もあります。

特に、老化すると関節や足腰に症状があらわれますので、普段から愛猫の歩行の様子に注意が必がです。

●おすすめ商品
アルク[シニアの子]  >>アルク[シニアの子]7歳以上の骨・関節・筋肉の栄養補給に 愛犬・愛猫用 チキン味<<
犬・猫シニアの子の骨・関節・筋肉の健康をサポートします。
グルコサミンやコンドロイチンに加え、骨や骨密度に関わるビタミンDやコラーゲン含有ミネラル複合体を配合しています。
購入
猫スタミノール 食欲がないときに  >>猫スタミノール 食欲がないときに<<
目や脳の神経細胞に多く含まれるDHA、ビタミンとミネラルを優れたバランスで配合しました。
購入

◆食事に関する介護用品【療法食】

病気になってしまった老猫は、それぞれの病気に対応した療法食を与えることもあります。

療法食は、与え方によっては愛猫の健康を損ねる危険性もありますので、必ず動物病院で獣医さんに適切なフードを指導してもらいましょう。

◆食事に関する介護用品【脚付きの食器・食器台】

猫は比較的食道がまっすぐな動物のため、食道に留まった食事が戻りやすくなって、吐きやすくなっています。そのため、頭の位置を下げないことで、フードの逆流を減らし猫の負担が軽減されるほか、一気食いによる嘔吐を防ぐことができます。

老猫には、脚の高いフードボウルを使うと、首を曲げなくても良いので、食事がしやすくなります。
また、食器台を使って食器の高さを調節してあげる方法でもよいでしょう。

●おすすめ商品
ハッピーダイニング 脚付フードボウル  >>ハッピーダイニング 脚付フードボウル<<
脚付きで高さがあるため、老猫が前足を曲げたり首を下げたりしなくても、フードを食べられます。
購入
洗える 外せる キャットダイニング  >>洗える 外せる キャットダイニング<<
テーブルが「洗える!外せる!」すべり止めも付いた樹脂製テーブル。
平置きと斜め置きが選べるので、食べ方に合わせてセットできます。
購入

◆食事に関する介護用品【自動給水器】

老猫になると水を飲む量が減ってくる傾向があります。喉が乾いていることに鈍感になったり、水飲み場が遠いために飲むのをやめたりするといった理由があげられます。

水飲み場の数を増やしたり、水の温度を変えてみたり、水を飲みたくなるグッズを取り入れたりして、水分不足にならないようにしてあげましょう。

●おすすめ商品
ピュアクリスタル セラミックス 猫用  >>ピュアクリスタル セラミックス 猫用<<
購入


老猫の生活環境に関する介護用品

年をとった猫には、飼い主さんが快適な生活環境を与えてあげることが、猫の健康維持や長生きにもつながります。

◆生活環境に関する介護用品【過ごしやすいベッド】

普段過ごしている時に寝ている時間が増えたとすれば、快適な寝床が必要です。

体温調節がうまく出来なくなるので、夏には涼しく、冬には暖かく過ごせるように、猫用ベッドやグッズを使うことも良いでしょう。

●おすすめ商品
つめたいキャリーマット 抗菌 ブルー  >>つめたいキャリーマット 抗菌 ブルー<<
購入
ほかほかマット ラウンドタイプ  >>ほかほかマット ラウンドタイプ<<
購入

◆生活環境に関する介護用品【床ずれ防止ベッド】

寝たきりが多くなる老猫の場合、床ずれが心配です。床ずれ防止ベッドは2層構造になっており、体の圧力を分散して床ずれになりにくくしてくれます。

●おすすめ商品
老犬介護用 床ずれ予防ベッド 小型犬用  >>老犬介護用 床ずれ予防ベッド 小型犬用<<
通気性もよく、冷え防止の機能を持っていて、コットン100%生地のため肌触りもよくて手洗い可能で清潔に保てます。
購入

◆生活環境に関する介護用品【ステップ・ペットスロープ】

ステップやスロープを段差のあるところに設置することで、老猫の高いところへの上り下りを手助けします。

段差を置いてあげることで、高いところから老猫が飛び降りないようにして怪我を防げるほか、登れなかったところに行けるようになります。

●おすすめ商品

ソファーやベッドから飛び降りる動作は、足腰の負担となり脱臼や骨折などにつながる可能性があります。歳をとった猫ちゃんに特におすすめです。

inuneru らくらくステップ  >>inuneru らくらくステップ<<
購入
inuneru らくらくスロープ  >>inuneru らくらくスロープ<<
購入

◆生活環境に関する介護用品【低めのキャットタワー】

遊ばなくなって来ても、老猫が運動出来るような環境を作ってあげるようにしてあげる必要があります。

ただし安全な環境を作ってあげなくてはいけないので、キャットタワーをステップの多いものに変えたり、ぶつかりやすい家具の配置を変えたりすることも必要になります。

●おすすめ商品
猫のおあそびポール お魚ファミリーロータイプ  >>猫のおあそびポール お魚ファミリーロータイプ<<
購入
Lulu’s world キューボックス ベース ベージュ  >>Lulu’s world キューボックス ベース ベージュ<<
購入

◆生活環境に関する介護用品【ブラシ】

老猫になれば自分でしていたグルーミングがうまく出来なくなり、毛玉が増えたり、毛艶が悪くなってきたりすることもあります。

優しくブラッシングできる猫用マッサージグッズなどをうまく使用して、老猫の毛づくろいを手伝ってあげましょう。飼い主さんが触ることが、猫の健康維持にもよく、触れ合うことで猫も安心します。

また、老猫になると爪とぎをしなくなり爪が伸びすぎることもあるので、定期的に観察しておいてあげましょう。

●おすすめ商品
カリーニャ にゃでにゃでブラシ  >>カリーニャ にゃでにゃでブラシ<<
購入


老猫の介護用品についてのまとめ

老猫になって介護が必要になると、飼い主さんの負担が増えることになります。今までよりも、猫のお世話でやる事が増えて、忙しくなるかも知れません。

老猫の介護は、長く続くことになる可能性もあります。猫用の介護用品をうまく使用して、飼い主さんの負担を減らすようにしましょう。

飼い主さんが老猫の介護をうまく続ける事ができれば、猫にとっても幸せな老後をおくれることになります。



– おすすめ記事 –

・【獣医師監修】猫が痩せる原因と痩せすぎのサインとは?愛猫が痩せてきた時にできる対処法
・【獣医師監修】猫の療法食の与え方!食べない時にできる8つの工夫とは?
・老猫が食事を食べない時にできる4つの工夫!介護の方法は?
・老猫のトイレ介護が必要になったら。粗相する原因、対策は?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nekoninja

nekoninja

ネコ、犬、インコ、金魚などと暮らした経験を生かし、飼い主さんに役立つよ うな記事を作成しています。 ペット情報を日々チェックしながら、ペットについて勉強中です。かわいいペ ットをメインとしたイラスト作成もしています。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら