「猫の病気・健康」の記事一覧

  • 【獣医師監修】要注意!猫がトイレに出たり入ったり…考えられる病気と対策、予防

    【獣医師監修】要注意!猫がトイレに出たり入ったり…考えられる病気と対策、予防

    愛猫がトイレに出たり入ったりしていると、病気じゃないかと心配になりますね。トイレに出たり入ったりしているのに排泄できていない場合には、泌尿器系や消化器系に何らかの異常があると考えられ、なるべく早く動物病院を受診した方がいいでしょう。一方で、トイレが気に入らなくて排せつを我慢している可能性もあります。今回は、猫がトイレに出たり入ったりする場合に考えられる病気と対策、予防についてご紹介します。

    続きを読む

    SHINO

    2022.01.16

  • 猫の吐き戻しは病気?飼い主さんにして欲しい対策と注意点

    猫の吐き戻しは病気?飼い主さんにして欲しい対策と注意点

    「猫が吐き戻している、苦しそうでどうしよう」とオロオロしてしまうことありませんか? 猫によっては吐かない子もいますが、猫の吐き戻しはあまり珍しいものではなく吐き戻した後ケロっとしていれば心配いりません。 猫の吐き戻しには、キャットフードや毛玉が原因のことや体調不良や病気の疑いがあるケースもあります。猫の「吐き戻し」について、知っておきたいことや対策、注意点などをご紹介します。

    続きを読む

    にゃんこ

    2022.01.04

  • 【獣医師監修】愛猫が火傷した!そんな時は落ち着いて冷静な処置をしよう

    【獣医師監修】愛猫が火傷した!そんな時は落ち着いて冷静な処置をしよう

    高いところや狭いところが大好きな猫。油断をしているとストーブやキッチン等で火傷しそうになった経験は ありませんか?火傷なら水で冷やすのが一番とも言われていますが、ちょっと待ってください! 猫は水が苦手なコが多いですよね?そんな時どうすれば猫の火傷に対処できるのでしょうか? 猫の飼い主であるあなたが落ち着いて火傷の処置ができるような記事になっておりますので、最後までぜひご覧ください。

    続きを読む

    PetSmileにゃん部

    2021.12.29

  • 【尿路結石】冬は猫のおしっこの病気に要注意!気をつけたい症状や水分補給対策は?

    【尿路結石】冬は猫のおしっこの病気に要注意!気をつけたい症状や水分補給対策は?

    おしっこの病気の中で、尿路結石・尿管結石は人間の病気としても聞きなじみがあると思います。お腹の痛みでのたうち回る、おしっこと一緒に石が出る、血尿が出るなど、痛々しいイメージがつきものです。人でもかなりの激痛がある病気ですが、実は猫ちゃんも人と同じように尿路結石になる事があります。猫の病気の中でも比較的かかりやすいとされ、特に冬場に多く見られます。秋~冬の寒い時期にかけての猫の尿路結石 の対策についてご紹介します。

    続きを読む

    PetSmileにゃん部

    2021.12.27

  • 【獣医師監修】エキノコックスに猫も感染する?人獣共通感染症って本当なの?

    【獣医師監修】エキノコックスに猫も感染する?人獣共通感染症って本当なの?

    エキノコックス症という病気をご存知でしょうか? エキノコックスと呼ばれる寄生虫が、何らかの拍子に体内へと侵入し、時間をかけて重い肝機能障害などを引き起こす病気となります。 エキノコックスは犬や猫といったペットに感染することもあり、そのまま何の治療もせずに放置してしまえば、死亡してしまうケースもあるので注意が必要な病気と言えるでしょう。 今回はエキノコックスに感染することによって発症する、エキノコックス症についてご紹介させていただきます。

    続きを読む

    たぬ吉

    2021.12.26

  • 【獣医師監修】猫のおしりから液体が出てきた!これは病気?原因と対処法、肛門腺絞り

    【獣医師監修】猫のおしりから液体が出てきた!これは病気?原因と対処法、肛門腺絞り

    愛猫のおしりから液体が出てきたら、驚いてしまいますね。出てきた液体の色や臭いによって原因は異なり、あまり心配しなくてよいものから深刻な病気までさまざまです。考えられる主な原因としては、肛門腺の分泌物や軟便、膀胱炎や子宮蓄膿症などがあります。今回は、猫のおしりから液体が出てくる場合の原因と対処法についてまとめました。併せて、猫の肛門腺絞りについて解説しますので、参考にしてみてくださいね。

    続きを読む

    SHINO

    2021.12.19

  • 【獣医師監修】猫のかさぶた、放っておいても大丈夫?病気の場合もあるため注意が必要

    【獣医師監修】猫のかさぶた、放っておいても大丈夫?病気の場合もあるため注意が必要

    愛猫の体にかさぶたができていたら、心配ですね。かさぶたは、皮膚の傷から出た血液が、血小板と凝固因子の働きで凝固して、乾燥した状態の傷口にできるものです。かさぶたには血液の大部分を占める赤血球が多く含まれているため、赤、茶色系の色をしています。しかし、猫のかさぶたの原因は、外傷だけではありません。今回は、猫のかさぶたの原因や対処法をご紹介するとともに、予防法についてもお伝えします。

    続きを読む

    SHINO

    2021.12.15

  • 【獣医師監修】猫に人のインフルエンザはうつる?【猫カリシウイルス感染症】

    【獣医師監修】猫に人のインフルエンザはうつる?【猫カリシウイルス感染症】

    日本の冬は低気温・低湿度になるため、インフルエンザウイルスに感染しやすくなります。寒い季節になると、飛沫感染や接触感染などでインフルエンザが流行りますね。猫にも人と同じような症状がでる病気があり「猫カリシウイルス感染症」といいます。人のインフルエンザは猫にうつるのでしょうか。猫にもワクチンはあるのでしょうか。

    続きを読む

    munoco

    2021.12.14

  • 【獣医師監修】罹患頭数の多い猫の病気7選!原因や症状を知って対策をしよう!

    【獣医師監修】罹患頭数の多い猫の病気7選!原因や症状を知って対策をしよう!

    猫と暮らすことによって、飼い主さんが普段から気を付けておくべきことと言えば、病気を患わないように愛猫の健康を気遣うことではないでしょうか。 しかし、どんなに気を付けていたとしても、見えない部分を徐々に蝕んでいくのが、病気の恐ろしい所以でもあります。 猫はとくに我慢強い動物としても知られていますので、罹患頭数が多いとされている猫の病気は、知っておくに越したことはありません。 愛猫の寿命を延ばす目的でも、正しい知識を得て、病気に備えておいてはいかがでしょうか。

    続きを読む

    たぬ吉

    2021.11.24

  • 猫のお腹のトラブルにも食物繊維が効く?下痢や便秘の対処法と食物繊維

    猫のお腹のトラブルにも食物繊維が効く?下痢や便秘の対処法と食物繊維

    猫にとって、便秘も下痢も侮れないものです。便秘が続くと「巨大結腸症」になることがあり、下痢が続けば脱水や栄養不足になり、どちらも命に関わる場合があります。特に、子猫やシニア猫の下痢は危険です。人間の場合、便秘の解消や下痢の改善に食物繊維が効くとされていますが、猫ではどうでしょうか?今回は、猫の便秘や下痢の原因や対処法をご紹介するとともに、食物繊維の効果についてもお伝えします。

    続きを読む

    SHINO

    2021.10.29

もっと見る


記事に関するお問い合わせはこちら