【猫種】あなたはいくつ知ってる?アジアが原産国の猫の種類

2016.10.26

【猫種】あなたはいくつ知ってる?アジアが原産国の猫の種類

アジアが原産の猫には、どんな種類があるのでしょう?日本の猫だけでなく、色々な種類の猫がアジア原産です。

focebookシャア
ツイート

アジアが原産の、人気のある猫をご紹介します。

【日本】ジャパニーズボブテイル

アジア 猫 種類 ジャパニーズボブテイル

日本猫を起源とする日本の猫です。奈良時代の頃に、中国から輸入されたものが、日本猫の始まりとも言われています。また、起源として有力な説は、仏教の伝来と共に中国から船に乗ってきたとするものです。

毛の長さは、短毛種と長毛種がおり、長毛種はアメリカで誕生しました。鼻は高くて筋が通っています。目の色は、毛並みの色に準じて決まります。
毛並みが美しく、色分けがはっきりされているものもいて、これが日本猫の特徴のひとつです。白・黒の一色、濃淡帯状の縞模様、白地に黒や茶のぶち、そして三毛猫と言われる白・茶・黒の三色に色分けされているもの、また縞模様はトラ柄と呼ばれています。

日本猫01

尾は細長いものと極端に短いものがいますが、短尾の猫は世界的には珍しく、これも日本猫の特徴の1つとなっています。性格は、とても優しく穏やかで、かつ賢く、しつけがしやすいと言われています。


【ロシア】ロシアンブルー

アジア 猫 種類 ロシアンブルー

もともとは、ロシアの貴族が大切に育てていたネコだと伝えられています。1860年ごろに、ロシアから商業船に乗りイギリスへ渡ってきたのが、世に広まるきっかけと言われています。

目の色はグリーンで、ほとんど円に近いまん丸の形をしています。口元は、笑っているような形をしており、「ロシアンスマイル」とも呼ばれます。
被毛は綺麗なブルーと表現され、短くて、厚みがあります。被毛一本一本は細くてシルクのようで、キラキラ輝くように見えます。
鳴き声がとても小さくて物静かでおとなしく、警戒心が強い性格をしています。体型は、ほっそりとしています。


【タイ】サイアミーズ(シャム)

アジア 猫 種類 シャム

サイアミーズ(シャム)は、高貴な血筋の家系でのみ、飼うことが許されるという非常に尊い扱いをうけてきた、「タイの秘宝」とも言われる猫です。
イギリス総領事館に勤めていた人物が帰国する時、記念にと王室からペアのシャムが贈られたことがきっかけで世に広まりました。

V字型をした顔、長く細い美しい尾と四肢、ピンと張った肉の薄い耳、体型は全体的に細めですが、筋肉質です。そして、シャムと呼ぶためにはサファイアブルーの瞳が必須条件で、この色だけがシャムとして認められます。
最大の特徴のポイントである茶系の色は、顔、耳、四肢、尾に現れます。前肢よりも後肢が長くて、動きがとても優雅です。

純血種の代表格として扱われるように、賢くて感受性が高い猫です。


【イラン】ペルシャ

アジア 猫 種類 ペルシャ

「ネコ界の王様」と言われるペルシャ。はっきりとした起源は不明ですが、16世紀にはトルコのアンカラを経てイタリアへ渡った長毛種のネコがおり、このネコがペルシャ、あるいはターキッシュアンゴラの祖先であると考えられます。ターキッシュアンゴラと、ペルシャの猫を交配させて、誕生した猫と言われています。

大きなまん丸の目とつぶれた鼻が特徴的で、横から見ると額・鼻・あごの高さが均一です。
毛並みは下毛が多く厚くて上毛が短いダブルコートで、首の周りと尻尾の周りは特にふさふさとしています。
性格はのんびりと優しくおっとりしています。大きな声で鳴くことも少なく、激しい運動をあまりしません。ブラッシング、シャンプーなど、毛並みの手入れは必須です。


【シンガポール】シンガプーラ

アジア 猫 種類 シンガプーラ

もともとシンガポールでは時折見かけられていましたが、現地の人に興味をもたれる事は無く、1972年にシンガポールに訪れたアメリカ人夫妻によって、アメリカへ持ち込まれたのが始まりと言われます。

小さいですがボディ、四肢ともにしっかりした筋肉質です。体重は成猫でも3kg前後にしかなりません。目には、アイラインが入っています。
被毛は短いですが、なめらかなシルクのような毛並みです。尻尾の先端が、濃い茶色になっています。
短毛種でありながら長毛種のようなおとなしさを持ち、優しくて甘えん坊で、人懐っこい所は、「小さな妖精」と呼ばれるのにぴったりです。


【ミャンマー】バーミーズ

アジア 猫 種類 バーミーズ

1930年代にビルに滞在していたアメリカン人医師がウォンマウという名前のメス猫をアメリカへ持ち帰り、シャムと交配させた子猫が現在のバーミーズの起源となっています。

頭は丸く、頬はふっくらとしています。鼻は幅広で短く、目はまん丸で、少し離れ気味についていて、色はゴールド。体つきは、しっかりした筋肉質です。
被毛は短く光沢が有り、サテンのような手触りで、バーミーズの一番の特徴です。人懐っこい、穏やかな性格です。アメリカでは「慈悲深い猫」と呼ばれています。

そのほかにも、
ピーターボールド、バーマン、コラット、サイベリアンなど、アジア原産の猫はたくさんいます。多くの種類の猫にも歴史あり、個性ありですね!


focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・高貴な甘えん坊!?シャム猫のなんともかわいい性格・特徴とは?
・チンチラはペルシャ猫の毛色の一種!?チンチラの毛色の秘密に迫る!
・あの招き猫のモデル『ジャパニーズ・ボブテイル』の特徴、性格、飼い方とは?
・猫で最高金額は1,000万円以上!?セレブだったら飼いたい世界で高価な猫の品種。


 幸運のかぎしっぽと呼ばれる尾曲がり猫!その原因は長崎にある!?



 世界最少の家猫「シンガプーラ」のことをもっと知りたい!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード