ベンガルの値段相場はどれぐらい?模様で値段が変わるのはホント?

2017.08.09

ベンガルの値段相場はどれぐらい?模様で値段が変わるのはホント?

小さなヒョウが動いているかのような錯覚を感じさせるベンガル。野生的で凛々しい姿が猫好きさんたちのハートをしっかりとキャッチしていて大人気の猫種です。そんなベンガルをペットとして家族に迎えたい人は、性格や性質、見た目だけでなく「値段」も気になっているのではないでしょうか。ひとくちにベンガルと言っても、いろいろな要素が絡み合って値段設定は異なります。そこで、どんなことが値段に影響するのか、ベンガルの性格や特徴もまじえつつ、ご紹介していきたいと思います。

focebookシャア
ツイート

ワイルド系の見た目が多くの人を惹きつけているベンガル

ベンガル 値段

猫種のひとつであるベンガルは、そもそもは野生のヤマネコとイエネコを交配させ繁殖させたという、人為的なものが始まりです。猫の種類はたくさんありますが、日本では飼いたい猫のランキングに入る人気猫ちゃんです。

◆被毛の模様がカッコいいと人気

パッと見た瞬間に目に入るベンガルの被毛の「ヒョウ柄」。多くの人を惹きつけているのは、この特徴的な模様ではないでしょうか。
ヒョウ柄の模様というと、ファッションや日用品にも取り入れられていて、私たちの生活にも馴染みがありますよね。それが惹きつけられる理由かもしれませんね。

◆スタイル抜群

ベンガルは、オスの方が大きめで約5~8キロ。一般的な猫よりも少し大きいと言えるかもしれません。メスはオスよりも小さく3~5キロ程度です。ベンガルの見た目は、筋肉質でガッシリ体型です。
でも、頭は小さめなでスラリとしています。全体的に筋肉質ではありますが、スマートでスタイルのよい猫です。

◆可愛い顔立ち

ベンガルは、ヒョウ柄でカッコいい見た目なのに、顔立ちはとても可愛らしいことも人気な理由のひとつです。丸い愛くるしい目がキュートで見ているだけで癒されますよ。


ベンガルの愛すべき性格とは?

ヒョウ柄でワイルドな外見から、クールそうなイメージを持たれやすいベンガル。気になる内面の性格はどんな感じなのでしょうか。

実は、ベンガルの性格は、良い意味で期待を裏切るところがあります。見た目ではクールで素っ気ないイメージがありますが、甘えん坊で社交的。それもベンガルの人気を誘っています。

◆家族が大好きで甘えん坊

ベンガルはクールに見えますが、甘えん坊で可愛らしい一面があります。飼い主さんとのコミュニケーションは大好きです。一緒に遊んであげるとかなり喜びます。

それに、とても社交的で人間や動物たちとの交流でも明るい性格を発揮します。ベンガルは人懐こさもあるので、子供のいる家庭でも飼いやすいと言われています。他の猫とも上手くやっていけるベンガルは、多頭飼いでも大丈夫ですよ。家族みんなでたっぷり可愛がってあげましょう。

◆運動好き

飼い方や個体差もありますが、ベンガルは運動好きな一面があります。運動量が多いので、家のなかでもたっぷり遊べるスペースを用意してあげると喜びます。キャットタワーがあると、自分で登ったり降りたり、ジャンプしたり…と運動を楽しむ様子が見られますよ。

飼い主さんとの遊びも大好きなので、時間を作っては一緒に遊んであげてくださいね。触れ合いの時間が少ないと、ベンガルの方から「一緒に遊んで欲しい」と催促されることもあります。そのため、コミュニケーションの時間があまり取れないような一人暮らしの人や忙しい人の家庭では飼うのに適していないかもしれません。

ベンガルは寂しい思いが強まるとストレスを溜めてしまうようです。野生っぽい外見ではありますが、甘えん坊で寂しがり屋さんです。話しかけたり遊んであげたりと、たくさん構ってあげてくださいね。

キャットスカイタワーNEO チャトラポール ロング

天井の高さや愛猫の成長にあわせて組み替え自由なキャットタワー。おしゃれなチャトラ柄。

購入


キャットウォーク ブラウン

ジョイントしてネジでとめるだけで、簡単組み立て。高さ調節は228~273cmまで調節可能。フレームタイプなので奥行きが少なくスペースを取りません。

購入



ベンガルの値段が変わる要因って何?

ベンガルは模様や被毛の色、性別などで値段が変わります。

◆模様の種類で値段が変わる

パッと見た瞬間には気づかないかもしれませんが、よく見るとベンガルの模様は3つの種類があります。

dog-837360_640
by:ビアンカ❄️Bianca

一つ目が最もよく見かけるベンガルの模様は、「スポテッド」という模様です。ひとつの色からなる斑点です。体全体に、同じ色の斑点が広がり、ヒョウ柄模様を作りだしています。一般的にベンガルというとこの模様で、値段的は安い傾向にあります。

dog-837360_640
by:レオン

二つ目は、模様のひとつひとつが円や楕円で、外周とその内部の色がそれぞれ違う「ロゼット」です。このロゼットは、実際のヒョウにより近い雰囲気となります。ロゼットの模様のなかでも、次のように細かく分類されていきます。

・ドーナツのような形で3色から成る「ドーナツ型ロゼット」
・外周が完全に繋がっていないバラの花びらのような「ローズ型ロゼット」
・大きな矢印のような形で2色から成り外周が繋がっていない「アローヘッド型ロゼット」
・ドーナツのように囲まれた円のなかにさらに斑点がある「ジャガー型ロゼット」
・かなり大きい模様で迫力のあるヒョウ柄の「ワイルド型ロゼット」

Z3Dさん(@__z3d__)がシェアした投稿

そして三つ目は、円や楕円、斑点という形にはなっていなく、全体的に波や渦巻きのような模様の「マーブル」です。

このようにベンガルには、「スポテッド」「ロゼット」「マーブル」と3つの模様のタイプがあります。一般的によく見られる模様がスポテッド、珍しい模様がロゼットやマーブルです。

そのうちロゼット模様が一番高めの値段となります。ロゼット模様のなかでも、いくつかの特徴がありましたが、綺麗な模様になればなるほど高い値段となる傾向にあります。特にワイルド型ロゼットのように大柄な模様は、ブリーダーたちの間でも熱く試行錯誤が繰り広げられているため、美しい模様が出たベンガルは一般的な相場よりもはるかに高い値段になることもあります。

◆被毛の色で値段が変わる

ベンガルには、ベースとなる色が3色あります。

・ブラウン
ペットショップなどをはじめ、いろいろな場所で見かけるとすれば「ブラウン」のベンガルが多いかもしれません。おそらく、多くの人のイメージでも、ベンガルというと茶色をベースにした色にヒョウ柄と頭にインプットされているのではないでしょうか。

同じブラウンであっても、少し強めの茶色や淡い茶色、オレンジが混じったような茶色、小麦系の淡い茶色まで、濃淡がさまざまです。
金色に近いようなブラウンもあり、それぞれの魅力があります。色が濃い茶色だとワイルドさが増してきますが、明るめの茶色だとまた少し違った雰囲気が楽しめますよね。

・スノー
白い色をベースとしたベンガルが白系の淡い色で気品があります。ユキヒョウに似ていることが由来となり「スノーベンガル」と言われています。
雪の色のような白をベースに、美しいヒョウ柄がかなり引き立ちます。

ブラウン系のベンガルとはまた少し違った魅力を感じたい人にはおすすめです。

・シルバー
淡い色の銀色をベースとしたベンガルです。実は、このシルバーは、ベンガルの色として最近公認されたばかり。そのため、珍しさでいうと3色のカラーのうち一番と言えるでしょう。

シルバー色なので、その被毛は光り輝いている雰囲気があります。淡い銀色に濃い色のヒョウ柄模様が、ワイルドさを引き立たせてくれています。

被毛の色は、よく見られるブラウンよりも、珍しい色のシルバーが高めの値段となります。

◆性別で値段が変わる

猫を家族にするときに、オスかメスで悩みますよね。人間と違って、一瞬で性別の違いが分かりにくい猫ですが、どちらを飼うかで特徴や性格も変わりますし、これから育てていくときにはしっかりと考えておきたい点です。

・オスの特徴
メスよりも体が大きめで筋肉質体型です。そして、明るくて甘えん坊度が強くなります。飼い主さんのことが大好きで、べったりすることもあります。「甘えられたい」という人にはオスがおすすめです。

・メスの特徴
オスと比較すると小さくて軽め。小柄なので、抱っこも簡単にできます。筋肉質というよりスレンダーという表現がぴったりかもしれません。
性格は、少し気分屋なところがある反面、構って欲しいときには猛アピールしてくるなど、ツンデレなところが魅力的です。

繁殖能力があるため、どちらかというとメスの方が人気となっています。そのため、値段も若干ではありますが、メスの方が高めとなります。

◆年齢によって値段が変わる

ペットショップ、ブリーダーとどちらから購入するにしても、月齢の浅いベンガルの方が人気の傾向に値段は高いです。

逆に、月齢が進むとあまり人気がないため、売りにくいと判断されてしまい値段にも影響してきます。人気のある月齢の子猫よりも、値段が少しずつ下げられていきます。一般的には、生後半年を過ぎると安くなる傾向にあります。

◆血統の良さで値段が変わる

両親がチャンピオンである、あるいはキャットショーに出せるくらいの整った見た目など、「良血統」のベンガルは値段にも反映されます。

血統がいいということは、ペットとしてよりもショーに出せるほどスタンダードに近いということです。美しい模様やカラーの子達なので、こだわりのある人は良血統のベンガルを購入する傾向にあります。良血統のベンガルは、可愛らしいというよりも「美しい」「希少価値がある」という感じになります。

ただ、一般家庭でペットとして飼う場合、血統の良さにはそれほどこだわらずに購入するという方が多いでしょう。

◆入手先で値段が変わる?

ベンガルを飼いたいと思ったら、まずは入手先を検討しなければなりませんね。思いつくと言えば、ペットショップやブリーダーでしょう。よく見かける一般的な模様のベンガルなら、ペットショップよりもブリーダーからの購入の方が安い値段で買えるかもしれません。

しかし、どのベンガルを飼うにしてもブリーダーの方が安いわけではありません。なぜなら、血統が良いベンガルや模様の綺麗なベンガルを入手できるチャンスが多いのがブリーダーの方だからです。
ベンガルは珍しい柄やショーに出せるほど美しい模様だと値段がかなり高くなりますが、模様や色の珍しい希少価値のあるベンガルは、ペットショップにはそれほど流通していないことが多いです。

つまり、ペットショップ・ブリーダーと場所の違いで値段が変わるわけではなく、その個体によって値段が安くなったり高くなったりするのです。

一般的にはペットショップの場合には15~40万円ほど、ブリーダーの場合には、10~35万円ほどが値段の目安です。

「珍しい模様のベンガルが欲しい」「血統のいいベンガルが欲しい」「シルバー色のベンガルが欲しい」など、一風変わったベンガルを欲しいとこだわりのある場合には、高めの値段にはなりますが、ブリーダーから購入することをおすすめします。


まとめ

ワイルドで個性的な見た目なのに、可愛らしい表情をするベンガルは、人気がある猫種です。個体差によって値段がずいぶん変わります。
値段が変わる大きな要因として、ヒョウ柄の模様の細かい違いがあります。模様のなかでも美しいと言われているロゼット模様は、ベンガルのなかでも高めの値段設定となります。

外見も内面もとても魅力的な猫のベンガルです。家族として迎えたら、愛情を注いでベンガルのことをたくさん可愛がってくださいね。
飼い主さんのことが大好きな猫なので、愛情を注げば注ぐほど素敵なパートナーになってくれることでしょう。



– おすすめ記事 –

・ベンガルの柄(模様)や色ってどんなものがあるの?
・オシキャットとベンガルって似てるけど何が違う?性格、特徴は?
・ベンガル猫ってどんな猫?特徴と性格、なりやすい病気とは?
・【見た目と違って甘えん坊!?】ベンガルの性格としつけ方!


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード