ライオンに変身する猫が可愛すぎ!かぶりものやライオンカットの魅力とライオンとのちがいについて

2019.01.20

ライオンに変身する猫が可愛すぎ!かぶりものやライオンカットの魅力とライオンとのちがいについて

猫を飼っていると、一度はその可愛い容姿にかぶりものを被せたい!という衝動に駆られてしまいますよね。中でもネコ科の王者である「ライオン」に変身させたい、という飼い主さんも多いのではないのでしょうか。かぶりもので変身させるのはもちろん、長毛種の猫であればライオンカットで変身させることも可能なのでとても人気が高いです。嫌がられるとは分かっていながらも、変身させたいという気持ちは人間の勝手とも言えますが、やっぱり愛猫の可愛い姿は見てみたいものですよね。ライオンに変身する猫の魅力を、ご紹介いたします!

focebookシャア
ツイート

ライオンのかぶりものをする猫がかわいすぎる!

◆ライオン姿の猫がCMやネットで話題に

昨今ネット通販やペットショップなどで、さまざまな猫用の「かぶりもの」を簡単に購入出来るようになりました。

某大型通販サイトのCMで、犬がライオンのたてがみのかぶりものを着けている姿を見て、「うちの子もライオンに変身させたい!」と思った方も少なくはないのではないでしょうか。

最近では街角に設置されているガチャガチャでも、気軽に猫用のかぶりものを手に入れられる時代にもなりましたので、人間のコスプレのようにペットの変身も身近なものになったと思います。

◆ライオンになった猫画像・動画5選!

猫の美しい容姿を見ていると、メスであろうがオスであろうが、一度はあの立派なたてがみを着けてライオンに変身させてみたくなってしまいませんか?

まずはSNSで拡散されている、ライオンに可愛く変身した猫ちゃんたちを見てみましょう!

木に登る姿がまさに百獣の王!

こちらのベンガルの猫ちゃんは、違和感なくかぶりものをモノにしていますよね!

威風堂々としたその眼差しは、まさにライオンそのものです!

ベージュの色味とキジトラの愛称は抜群!

ライオンのかぶりものはベージュの物が多いので、キジトラの猫ちゃんとの相性が良いようです。

元々こんな毛並なのでは?というほど、違和感がありませんよね。

シルバーの毛並の子にはシルバーを!

ベージュの他にもシルバーの物も販売されているようなので、白い毛並やシルバーの毛並の猫ちゃんにピッタリです!

この不満そうな顔がたまりません!!

むくむくした姿はライオンの赤ちゃんのよう!

ライオンの群れに混じっても可愛がってもらえそうなぐらい、むくむくとした姿が可愛らしい猫ちゃんです。

ただ見ているだけで癒される…

「地毛なの?」と思ってしまうほど、たてがみが自然なこちらの猫ちゃん。この子自身もたてがみが暖かいのか、ウトウトとリラックス。

心身共に疲れているときに、何も考えないで見ていたい動画です。

●あわせて読みたい
神奈川県に2店舗のみ!猫のかぶりものが全シリーズが揃うねこランドがコジマベイタウン横浜本牧店に登場♪

あの人気シリース!猫の被り物ガチャが、コジマベイタウン横浜本牧店にて販売中!ひつじやうさぎ、果物、海の生き物シリーズなど豊富なラインナップをご用意致しました!可愛い猫ちゃんへのお土産に是非、ガチャガチャをやってみてはいかがでしょうか?

記事はコチラボタン


ライオンカットのメリット、デメリットは?

猫,ライオン

実際に「ライオンに変身させてしまおう!」という飼い主さんは多く、ライオンカットに憧れて愛猫をトリミングすることがあるようです。

長毛種の猫が施されることがほとんどで、顔周りの毛と尻尾の先の毛を残したカットが魅力的とも言えますが、少なからずデメリットも考えられます。メリットと併せてご紹介していきます。

◆ライオンカットのメリット

特徴的なカットのライオンカットですが、このカットにトリミングすることによって、以下のようなメリットが挙げられます。

・熱中症対策になる
・毛玉が出来にくくなる
・抜け毛の処理が楽になる
・皮膚状態の確認が出来る
・汚れがつきにくくなる
・とにかく見た目が可愛い

平熱が高い猫にとって、暑い季節は様々な対策が必要となってきます。長毛種の猫であれば、長くもふもふの毛並は死活問題にもなってしまうので、サマーカットは必須とも言えるでしょう。

胴体の部分の被毛を短くトリミングすることによって、涼しく快適に過ごせることが出来る上に、長毛種の悩みの種でもある毛玉や抜け毛の対策も出来てしまうのです。

また、中々目にすることの出来ない皮膚の状態を見ることが出来るので、異常があった際にすぐに目視で確認することが可能となります。

長毛種は汚れがつきやすく取れにくいので、毛をカットしてしまうことによって汚れからのストレスもグンと減ることでしょう。

そして、何よりもあの百獣の王ライオンの姿に変身させることが出来るので、愛猫の新たな姿に悶絶してしまう飼い主さんも多くいらっしゃるようです。

◆ライオンカットのデメリット

それでは逆に、ライオンカットにはどんなデメリットが挙げられるのでしょうか?

・日光が皮膚に直接当たってしまう
・蚊に刺される可能性が増える
・体温維持が難しくなる
・ストレスを感じやすくなる

猫の皮膚はとても薄いので、短くトリミングした部分が直接日光を浴びて、皮膚が火傷をしてしまうリスクが高くなってしまいます。紫外線は当たりすぎてしまうと、様々な皮膚病を引き起こす可能性があるので、室内飼いであっても窓辺の対策が必要となるでしょう。

夏場であれば皮膚の露出が高くなれば、当然蚊に刺される可能性も増えてきます。

また、夏場はクーラーの効いた部屋で過ごすことが多いとは思いますが、人間と猫の体感温度は異なりますので、部屋の温度にも気を遣わなければいけなくなります。

単にトリミングされることによってストレスを感じる子も居ますので、単純に可愛くしたいから!という理由だけでライオンカットにするのはやめておきましょう。

●あわせて読みたい
猫に快適な夏を!サマーカットの料金、メリット・デメリットは?自宅でもできる?

猫にとっても暑い夏、毛むくじゃらでさらに暑さを感じていそうですよね。猫に快適に夏を過ごしてもらうために、サマーカットを検討されている方もいらっしゃるかと思います。サマーカットで思い浮かべるのはかなり短く刈り込んだ状態ですが、猫のカットにも色々な種類があります。
ここでは猫のサマーカットのメリットとデメリット、サマーカットにかかる料金と、ご自宅でも出来る猫のカットについてご紹介していきます。

記事はコチラボタン


猫とライオンのちがいとは?

猫,ライオン

◆猫とライオンは共通点が多い?

ライオンのかぶりものやライオンカットが違和感なく似合いすぎることが判明した猫ですが、同じネコ科であるライオンとはどんなちがいがあると思いますか?

歴史を遡れば同じ生物から枝分かれしている猫とライオンですが、棲む場所や身体の大きさが違っていても、意外にも共通点が多いことも事実です。
元々猫も捕食者であり、肉食です。ライオンは夜行性ですが、夜の活動時間以外はほとんどの時間を眠って過ごします。そして、意外にも箱に入るのが好きなのが、ライオンの特徴でもあります。

その他にも共通点は多く見られますが、ライオンって猫が大きくなったようなイメージも見受けられて嬉しく感じてしまいますよね。

しかし、実際には猫が大きくなった姿がライオンになる訳ではないのです。

◆猫とライオンの5つのちがい!

猫とライオンにどんなちがいがあるのか、挙げていきましょう。

猫とライオンは身体の大きさがちがう

明確な差と言えば、身体の大きさがまず挙げられますよね。

猫の体重は成猫で平均4~6kgとされており、ライオンの赤ちゃんは生後1ヶ月ほどで4kg前後の体重となりますので、すぐに成猫の体重を追い抜いてしまいます。
ライオンは大人になると体重が250kg前後となり、ネコ科の中でトラに次ぎ2番目に身体が大きい種であると言われているのです。

そのため、猫は木登りが得意ですが、ライオンは自身の身体の重さがネックとなり、木登りが不得意と言われているので、このような部分にもちがいが出ているのでしょう。

猫とライオンは骨格がちがう

丸顔が魅力とも言える猫の頭蓋骨は丸いのですが、ライオンは目と鼻先が長く後頭部が後方に張り出し、頬骨弓が幅広くなっています。

骨格にこのようなちがいが出るのは、獲物のサイズのちがいからきているとも言われています。自分の身体よりも大きな獲物を狩ることがあるライオンには、大きな口で噛みつけるように顎周りの骨や、首周りの筋肉が発達する必要性があったと言えるでしょう。

猫とライオンは鳴き方がちがう

鈴の音のような可愛らしい声で鳴く猫は、敵を威嚇する際に「シャー」などと独特な鳴き声を出します。獲物を見つければ「カカカカカ…」と口元を震わせて鳴くこともあり、不思議な声で鳴くことも多いのですが、「吠える」ということはありません。

一方で、サバンナなどの広大な場所に生息しているので、ライオンは遠くまで聞こえるように低音で吠えることが多いのです。低音で波長が短いとエネルギーの損失が少なく済みますので、このような鳴き方に必然的に成らざるを得なかったとも言えるのかもしれません。

猫とライオンは毛並がちがう

オスのライオンの最大の特徴であるたてがみは、猫にはもちろんありません。猫の中にもふわふわもふもふした、たてがみのような毛を持つ長毛種の猫も居ますが、ライオンの立派なたてがみと同じだとは言いきることが出来ませんよね。

オスのライオンがたてがみを持つ意味には諸説ありますが、強さや魅力のシンボルではないかという説が有力のようです。

どんな理由があったとしても、あれだけの立派なたてがみを持つ動物は、ネコ科ではライオンだけなので、特別感を感じてしまいますよね。

猫とライオンは尻尾がちがう

長い尻尾を持つネコ科の動物たちですが、ライオンも猫と同じようにしなやかな長い尻尾を持っています。しかし、ライオンの尻尾の先には、房(ふさ)が付いているのをご存知ですか?

飾り毛のようなこの房がある理由も諸説あるのですが、敏感な尻尾の先を守る役割があるという説が有力なようです。

このような可愛らしい毛並や飾り毛のあるライオンは、「ペットを変身させたい!」という飼い主さんにも人気の動物と言えることが分かります。


まとめ

サバンナのような広大な場所で力強く生き抜く自然界の王者「ライオン」は、猫が好きな人々にとっても人気の高いネコ科の動物と言えるでしょう。同じネコ科であれば百獣の王のように、かっこよく変身させたいと思う飼い主さんも多いはずです。

簡単に手に入るかぶりものやライオンカットを用いて、変身させることも出来ますが、その際には猫にとってストレスにならないかを先ず考えてあげてください。個々の性格にもよりますが、かぶりものは猫にとってグルーミングの妨げになるので、ストレスを感じやすいのです。

ライオンカットも同様、メリットもあればデメリットもあるので、性格を考慮した上でトリミングは行う様にしてあげましょう。

ただ、ライオンに変身してくれた姿は悶絶級に可愛いので、猫の気持ちを尊重しつつ様子を見ながら可愛く変身させてあげてくださいね!



– おすすめ記事 –

・【貴重映像】猫ライオンがきりんや象の頭をパクっ!猫ライオン動画!決定的瞬間を見逃すなっっ!!
・【大型猫の種類5選】大きい猫の魅力と飼い方、注意点は?
・イエネコとヤマネコの違いとは?猫の祖先と人間との歴史について
・【術後服】猫にお洋服を着てもらう方法とは?【コスプレ&写真撮影】


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たぬ吉

たぬ吉

小学3年生のときから、常に猫と共に暮らす生活をしてきました。現在はメスのキジトラと暮らしています。3度の飯と同じぐらい、猫が大好きです。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら

...
ペットスマイル応募企画バナー専門家バナー犬プレスバナーペットスマイルアプリバナー