愛情表現と思いがちな犬のマウンティング、本当の意味とは?

2016.05.28

愛情表現と思いがちな犬のマウンティング、本当の意味とは?

犬がぎゅっと体を擦り付け、腰を振ってくるのを愛情表現と思っていませんか。でも本当は発情期の交尾のしぐさです。犬同士だけでなくぬいぐるみなどの物に対しても起こります。前足で相手の犬を押さえて後ろから腰を押し付けたり、ぬいぐるみなどの上に覆いかぶさって腰ふりをしていたり、理由としては「自分は優位にあるぞ」という主張とも言われます。 性別に関わらず避妊していても完全にはなくならないとされ、順位づけに関わる大事なコミュニケーションでもあるので、むやみに叱らずにそっと自然にやめさせるのが一番です。本能ですからなかなかコントロールは難しいですが、対処について詳しく見ていくことにしましょう。

focebookシャア
ツイート

犬同士のマウンティングをコントロール


散歩の途中やドッグランで出会った同士で、片方が一方的に背後に密着し始めるのを見ることはありませんか。これは、自分が優位か下位かを決めたいという本能が理由です。相手の犬が嫌がったり逃げたりで気づいて止める場合はいいのですが、もし止めずに追いかけ相手に怪我をさせたり、人にぶつかったりすると大変危険です。この場合は静かに名を呼んで気を逸らしたり、抱っこで場を離れたりしてそっとやめさせます。子犬のうちに兄弟間で遊びとしてこれをすることがあり、それは軽く順位を決めることで秩序ができるので、必要な習性とされています。犬にも目つきや表情で遊びに誘うコミュニケーション力が備わっているものなのですが、これがまだ未熟ですとより本能に近い性的しぐさに頼るということがあります。軽い範囲で済む場合は放置で大丈夫ですし、優位か下位かを決めたいという欲求自体がだんだん下火になれば解決です。 叱らず、騒がず、穏やかな気持ちの方向に誘ってあげられるようにします。

人へのマウンティングをコントロール

woman-888389_640

人へ向かって、特に飼い主に向かって優位欲求が高まるのはよくないこととされています。人と犬の間は信頼関係で成り立っています。暮らしにおいて飼い主からのさまざまな指示に完全に従うことで、食事をもらう、世話をしてもらう、一緒に外を歩く、などなどの自由な行動が約束されているのですから、犬にとっては、その飼い主へ優位の感情を持ってしまっては生活が崩壊してしまうことにつながります。犬がその方向に流されていきそうなのをきちんと止め、寄り添い、引き戻してあげることが重要です。
人間の腕や足を狙って全身で掴み、体を揺すったりするようでしたら、きちんと確実に止めてあげましょう。それは声を上げて叱るのではなく罰も必要ありません。スッと無視するのが効果的とされています。その場を離れるのも有効です。犬は無視されることが辛いのでだんだん覚えていきます。根気よくこのしつけを続け、普段のしつけに関してもゆるんでいないか、確認をこまめにしてあげましょう。

マウンティングがだんだんなくなっていくように

puppy-656215_640

ぬいぐるみやクッションなど、物へのマウンティングもよく見受けられます。単なる物への執着ではなく支配欲をどうしていいかわからない状態です。できればその物を隠してしまい、気持ちの上での欲求不満を解消できるように様子をよく観察してあげましょう。原因は様々に考えられます。運動不足、住環境で騒音にさらされている、気温が体に合わないストレス、など。
また外出時、発情期の犬に出会わないようにする工夫も必要です。異性同性かかわらず、道やドッグラン、ドッグカフェなどで出会う相手によっては気持ちをかき乱されるかもしれません。
そして決して叱らず、なんでもないことだよという雰囲気を保ち、それと同時に飼い主としての威厳も持ちつつ、静かな声かけと行動コントロール(マウンティングから気を逸らせるような)を心掛けます。飼い主一家メンバー全員が同じ態度を示すようにしましょう。
犬自身が、体と気持ちを持て余しているのです。惜しみなくフォローしてあげましょう。

focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・ワンちゃんの飼い主への愛情表現はいろいろ♪
・飼い主さん必見!愛犬への愛情表現の仕方
・犬が社員として働いている?それ本当?
・春になったら、愛犬の予防接種をしよう!


 ワンちゃんのしつけは飼い主次第!?ワンちゃんに見習われる飼い主になろう!



 黒のゴールデン!?運動大好きフラット・コーテッド・レトリーバーの飼いかたのコツ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
笹本 雅

笹本 雅

犬が好きです。小型犬でも大型犬でもとにかく犬が大好きです。これから犬種についてや豆知識や健康についてなど、幅広いワンちゃんについての情報をご提供していきます。犬好きの方にぜひとも見ていただいてご意見いただければと思います!

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら


ペットスマイル応募企画バナー専門家バナー犬ライター募集バナープレスバナーペットスマイルアプリバナーcafe