一人ぼっちだった3本足のワンちゃんが、素敵な家族に出会うまで

2017.09.17

一人ぼっちだった3本足のワンちゃんが、素敵な家族に出会うまで

静かなポーランドの郊外でサイクリングを楽しんでいた、ある夫婦。2人はのどかな風景を楽しんでいましたが、ふと道ばたで何かに気付きます。それは道路の向かい側にある排水溝。その排水溝から何か黒いものが見え隠れしたのです。2人は不思議に思い、自転車を止めて見てみることに。そしてその黒い正体を見た2人はビックリ。何と、排水溝に隠れていたのは一匹のワンちゃんでした。

focebookシャア
ツイート

ウーカシュさんとその妻ナタリアさんがポーランドの郊外をサイクリングしていると、道路脇にある何か黒いものに気付きました。

何だろうと見ていると、それは黒と茶色の毛を持つ一匹のワンちゃんでした。
ワンちゃんの動きが不自然なことが気に掛かった2人は、自転車を止めてそのワンちゃんに近づいていきました。

「その犬を見た時、動きが変だってスグに気付いたの。だって、走っているのに足は不安定で地面に付いていなかったから。なにか体に障害を持っているのかもと思ったわ。だから保護しようと近づいたんです。」

犬 保護 障害

ウーカシュさんたちが近づくと、その犬は道路の向かい側にある排水溝の中へ逃げ込んでしまいました。

夫婦はその排水溝をチェック。排水溝の入り口を半分塞いでいた石をどけると、ウーカシュさんはその中に手を入れてみます。

犬 保護 障害

すると、その排水溝の中からワンちゃんはウーカシュさんの手の匂いをクンクンと嗅ぎ、彼の手のひらに自分の手をポンと置いたのでした。まるで「お手」をするかのような行為に、ムニオウスキさん夫婦の顔が和らぎます。

2人はそのワンちゃんを静かに抱きかかえ保護すると、すぐに動物病院へと向かいました。

犬 保護 障害

ムニオウスキさん夫婦に保護されたそのワンちゃんは、車にひかれたか、もしくは狩りの罠に掛かってしまい、後ろ足を怪我しているとのことでした。そしてその怪我をしたのは3、4週間も前だろうとの事。何とそのワンちゃんは約一ヶ月もの間痛い足をかばい、障害を持ちながら道路脇で生活をしていたのです。

そんなワンちゃんをムニオウスキさん夫婦はそのまま見捨てることはできませんでした。彼らはその犬を引き取ることを決め、「ボビー」と名付けることにしました。

犬 保護 障害

ボビーはその数週間前の怪我が原因となり、1本の足を切断しなければなりませんでした。

しかし、彼女は足が3本になっても、その障害に負けません。

何故なら、今では自分を保護してくれた暖かい家族が居るから。

犬 保護 障害
犬 保護 障害

保護されてから数年、今ではボビーは足を1本無くしてもその障害を感じさせないほど、走り回る事が大好きなワンちゃんになったといいます。

更に、ボビーには夫婦の他にもう1つ大切な存在が。

犬 保護 障害

それは同じ屋根の下で一緒に住む、もう一匹の保護犬「リオン」でした。ボビー同じく保護されて生活していたリオンは、ボビーとはまるで本当の姉妹の様な関係に。

障害を負った体でも一生懸命に生きて毎日を楽しく過ごすことのできるボビー。彼女のそのパワーと愛情には感動します。これからも大好きな家族と共に幸せに暮らしていってほしいですね。

<参考サイト>
boredpanda.com



– おすすめ記事 –

・それでも彼らは人間を信じた。保護犬たちの感動ビフォーアフター5集
・【海外】保護犬が世界中を飛び回る!12カ国・30都市を巡るワンちゃんの旅行写真が素敵すぎる♡
・【考えられない!】通勤路のわきで発見された両手両足、口をガムテープでぐるぐる巻きにされた犬
・ワニのおとりにされていたワンちゃん。過酷な生活に救いの手が!


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yukoyosshi

yukoyosshi

昔から動物が大好きで、野生動物や自然が多いオーストラリアに留学。現在もオーストラリアにて生活を送っています。家では犬や猫やその他の動物も飼っていて、中でも12年も生きた柴犬のミミとはバディな関係でした。

関連するキーワード