ラグドールの子猫をお迎えするための準備は?必要なものをそろえよう

2022.08.01

ラグドールの子猫をお迎えするための準備は?必要なものをそろえよう

穏やかで人懐こい性格のラグドールは、はじめて猫を飼う人にも飼いやすいと人気です。「この家に来て良かった」とラグドールに感じてもらうため、飼育準備や基礎知識を知り、万全な状態で迎えるようにしましょう!

cat_banner_640x180
【目次】

ラグドールはどんな猫?

ラグドール

◆抱っこが大好き

ラグドールという名前は、「ぬいぐるみ」という意味を持っています。

抱っこが大好きで、抱き上げると力を抜いて身を任せてくれるところが由来です。

●あわせて読みたい
抱っこが大好き!ふわふわラグドールの性格を大公開  >>抱っこが大好き!ふわふわラグドールの性格を大公開<<
記事はコチラボタン

◆ふわふわの毛質

長毛でふわふわの毛を持っています。

密度が高く、長めですが毛はもつれにくいです。

◆がっしりとした大型の猫

ラグドールは「ロング&サブスタンシャルタイプ」というしっかりとした体つきの大型猫です。
胸と肩幅は広く、筋肉質なボディです。

体重はオスで4~7kg程度、メスで4~6kg程度となります。
子猫時代から3歳ごろまで成長を続けます。

◆カラーとパターン

カラー(色)は多く認められている一方で、パターン(柄)は限られています。

パターン・バイカラー
・ポインテッド
・ミテッド

血統書団体によって認められているパターンは違いますが、バイカラーはいずれの団体でも認められています。

シールポイントバイカラーのラグドールの子猫

シールポイントバイカラー|出典:ペットの専門店コジマ

ショップではブルーポイント&ホワイトやシールポイント&ホワイトなどのバイカラーをよく見かけるでしょう。

◆あまり鳴かない

ラグドールは一般的に、鳴き声が小さくおとなしいといわれています。
あまり鳴くことが多くないため、マンションなどの集合住宅でも飼いやすい猫でしょう。


ラグドールの子猫はどこでお迎えできる?

純血種であるラグドールの子猫は、ペットショップやブリーダーからお迎えすることになるでしょう。

◆ペットショップ

お迎えの検討を始めた時に、一番身近な存在がペットショップなのではないでしょうか。

ラグドールは近年人気も高まり、扱っているお店も増えています。

メリット・デメリット<メリット>
・気軽に会いに行くことができる
・ラグドール以外の猫と比較できる
・お迎えと一緒に用品も購入できる

<デメリット>
・1店舗にいるラグドールの数が少ない
・親猫などを直接見ることはできない

◆ブリーダー

ラグドールをお迎えする気持ちが固まっていたら、ブリーダーさんからお迎えするという選択肢もあります。

メリット・デメリット<メリット>
・複数いるラグドールからあった子を検討できる
・親猫や兄弟などを直接見ることができる
・生まれた時からお世話している人からお迎えできる

<デメリット>
・ラグドール以外の猫と比較検討はできない
・近くにキャッテリーがないこともある


ラグドールの子猫を迎えるための準備

ラグドールのために揃えるものは、大きく分けて「食事で必要なもの」「トイレ用品」「就寝グッズ」「お出かけグッズ」です。

◆食事で必要なもの

キャットフードを入れる食器、そして水を入れる食器の2種類を準備しましょう。

猫の食器の素材
・傷があまりつかないステンレス
・リーズナブルな価格のプラスチック
・猫がイタズラで突き倒しにくい重みのある陶器

など、素材ごとに特徴があります。

そして、猫にとって健康の源ともなる「水」を入れる食器も準備が必要です。
たくさん水を飲めるよう、家の中の何カ所かに分散して置いておきましょう。

ピュアクリスタル ニャーロ
 >>ピュアクリスタル ニャーロ<<

フィルター付きでいつでも新鮮なお水が飲める、自動給水器の設置もおすすめです。

食器は使用後、綺麗に洗いましょう。
ペット用のスポンジや洗剤も販売されています。

●おすすめ商品
わんにゃん食器の洗剤  >>わんにゃん食器の洗剤<<
気になる食器のヌメリをキレイに落とします。天然成分100%なので、舐めても安心です。
購入

◆トイレ用品

猫のトイレ用品は様々な種類が販売されています。
現在の主流は「固まる猫砂のトイレ」「システムトイレ」の2種類です。

・固まる猫砂
猫のおしっこがかかると固まる砂を使用したトイレです。
猫が用を足すとおしっこやウンチが溜まっていきますので、掃除が必要となります。

・システムトイレ
上層に固まらない猫砂、下層にトイレシーツと2層構造になったトイレです。

おしっこは猫砂を通過して下のシーツに吸収されるため、頻繁なトイレ掃除が必要ありません。
ウンチは猫砂の中にすることになりますので、取り除いてあげましょう。

●あわせて読みたい
【猫トイレおすすめ12選】臭わない、大きいサイズなどお悩み別に紹介!  >>【猫トイレおすすめ12選】臭わない、大きいサイズなどお悩み別に紹介!<<
記事はコチラボタン

トイレの形状や砂の種類もたくさんありますので、愛猫にあったものを選んであげてください。

◆安心できる寝床

necoco キャットハウス&スツール
 >>necoco キャットハウス&スツール<<

ラグドールの安心できる場所として、ベッドやハウスを用意してあげましょう。
猫のベッドは、素材や形状でたくさんの種類があるので、特徴をチェックしつつ選ぶといいでしょう。

迎え入れたばかりの子猫の場合、警戒心から眠れなくなるケースもあります。
そんなときには、まわりが囲まれている屋根付きタイプのベッドが安心してくれるかもしれません。

暑い夏には、風通しが良いオープンタイプがいいでしょう。
一方で寒い冬にはふわふわの素材を選ぶなど、季節や性格にあわせて選んであげましょう。

◆お出かけグッズ

完全室内飼いでも動物病院に行く時等には外に行く機会があります。
また、災害時には猫と一緒に避難する可能性もあります。
猫を入れて移動できるキャリーバッグを用意しておきましょう。

ペット・ケージ SKUDOイアタ
 >>ペット・ケージ SKUDOイアタ<<

キャリーバッグにはハードタイプやソフトタイプなど様々な種類があります。

キャンピングキャリー折りたたみ
ハードタイプ
キャンピングキャリー折りたたみ
CoConte cat リュックサックキャリー
ソフトタイプ
CoConte cat リュックサックキャリー

形状もリュックやカートなどたくさん販売されていますので、飼い主さんと猫ちゃんにあった商品を選びましょう。


ラグドールに適した住宅環境でお迎えしよう

見上げるラグドールの子猫

◆あまり運動をしないラグドール

ラグドールはゆったり穏やかな性格をしている子が多いため、あまり積極的に動いたり遊んだりすることがないようです。
無理にたくさん運動させる必要はありませんが、極端な運動不足は肥満や病気にもつながります。

寝床が付いているキャットタワーを用意したり、飼い主さんがおもちゃで遊んであげたりして運動できる環境にしましょう。

●おすすめ商品
アスレチックキャットタワー ハンモックDX  >>アスレチックキャットタワー ハンモックDX<<
スーパーデラックスな高さ164cmのキャットタワー!一番最上階にはねこちゃんがのんびり安心できるハウス付き。
購入

ラグドールでも子猫の時は元気に遊びまわる子がほとんどです。
猫じゃらしやトンネルなどを使って一緒に遊んであげましょう。

◆室温管理

ラグドールは長毛で毛が密集しているため、夏の高温多湿は苦手です。
夏場は必ずエアコンなどの冷房設備を使用して、適した室温にしてあげてください。

また、ひんやりグッズを使って体温調節をしてあげるのもおすすめです。

●おすすめ商品
ひんやりクール猫鍋 ジャンボ  >>ひんやりクール猫鍋 ジャンボ<<
ペットの暑さ対策、夏バテ対策にピッタリのアルミ製猫鍋です。
購入

◆脱走対策

穏やかな性格のラグドールですが、脱走には十分に気を付けましょう。

網戸はロックする、玄関には入らせないなど家族でしっかりと対策を共有してください。


ラグドールは多頭飼いできる?

多頭飼いされているラグドールの子猫

多頭飼いはそれほど問題ないケースが多いです。
狩猟本能があまりないので、他の猫にケンカをしかけることもないでしょう。

ただし、ラグドールは体が大きくなる大型猫です。
子猫のときはあまり気になりませんが、成長すると最終的に猫たちの生活環境が狭くなるかもしれません。

間取り的に余裕がないときには、成猫になった姿も考えながら検討してみてください。

また、先住猫の性格にも注意しましょう。
今まで独占できていた飼い主さんを新しい猫に取られてしまうと、寂しい気持ちからストレスになることも。

多頭飼いするときには、それぞれの猫たちがストレスなく幸せに暮らせるように、生活環境を考えたうえで迎えるようにしましょう。


ラグドールは留守番できる?

寝るラグドール

◆猫は留守番に強い

そもそも猫という動物は単独行動をしていた生き物です。

そのため、飼い主さんと暮らしていても留守番の時間はそれほど苦にしない本能が備わっています。
飼い主さんへの依存度が高い犬と比べると、長い時間家を空けてもマイペースに過ごしてくれるでしょう。

ただ、ラグドールは一般的な猫ちゃんよりも「飼い主さん大好き」で甘えん坊な傾向にあります。
あまりにも長時間留守番させる環境で迎えるのは控えたほうがいいかもしれません。

留守番が多くなるとストレスなので、帰宅後にはたっぷり遊んであげましょう。

◆留守番時にあると便利なもの

留守番が多いのであれば「食事や飲料水の問題」「トイレは衛星さを保てるか」「温度管理が大丈夫か」などに備えておきましょう。

ペット用オートフィーダー カメラ付
 >>ペット用オートフィーダー カメラ付<<

留守番の多い家庭で注目されているのが「自動給餌器」です。
タイマー設置で新鮮なフードが自動で出てきたり、カメラで室内の様子を確認できたりします。

大切なラグドールの留守中が気になる飼い主さんにおススメのアイテムです。

また、留守番が長めになるとトイレも汚れやすくなります。複数のトイレを用意し、汚れた場合でも猫が困らないようにしてあげましょう。

夏や冬など、エアコンが必要な季節もあります。留守中の温度を適温にキープできる工夫とともに、配線に引っかかって猫がケガしないように注意しましょう。

◆ペットホテルも視野に入れておこう

上記にあげた問題のほか、電化製品での事故、落としたものの誤飲など、心配な点はいくつかあります。

飼い主さんが泊まりを含んで留守にする場合には、不安がないようにペットホテルの利用も視野に入れておきましょう。


ラグドールの子猫を迎える準備まとめ

はじめて猫を飼うときには、どんな生活が待っているか「ワクワク♪」、ちゃんと育てられるかなという「不安…」の両方の気持ちが入り混じるもの。

ラグドールは性格も穏やかで初心者の人にも飼いやすいと考えられていますが、猫を迎えるときの基礎知識を知らない状態で迎えると、飼育中に不安が残ります。

ラグドールの一生を支えて守れるのは飼い主さんの気持ち次第です。「我が子」同然の存在となる愛猫と幸せに仲良く暮らせるように、今回お伝えしたポイントをご参考にしてもらえると幸いです。



– おすすめ記事 –

・ふわっふわっ!ラグドールの特徴から毛のお手入れ方法まで
・【ラグドール大辞典】ラグドールを飼う前に読みたい記事23選
・あなたはどの子派?くつ下に八割れ・・・ぬいぐるみみたいな猫『ラグドール』の魅力的な毛色に迫る!!
・バーマンとラグドールの違いは?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら

...
ペットスマイル応募企画バナー専門家バナー犬ライター募集バナープレスバナーペットスマイルアプリバナー