猫砂に交換する時期はあるの?交換目安と掃除方法をご紹介

2020.04.10

猫砂に交換する時期はあるの?交換目安と掃除方法をご紹介

毎日の必需品である猫のトイレですが、猫砂を継ぎ足しながら使用することが多く、交換目安のタイミングを曖昧に感じたことはありませんか? おしっこやうんちなどはもちろんその都度掃除が必要ですが、最適な猫砂交換の時期や掃除のタイミングがあるのなら知っておきたいものですよね。 今回はそんな猫砂にまつわる疑問を、まとめさせていただきます。

cat_banner_640x180

猫砂を交換しないとどうなる?

6cd43bd26472a4fe1a44095bf7f4b3bb_s

猫にとって排泄はとても大切な行為となりますので、猫が健康であればその分トイレが汚れてしまうのは仕方のないことですよね。

また、病気によっては排泄の数が多くなることもあるので、猫のトイレは常に清潔を保っておきたい場所でもあります。

猫は自分の排泄物には砂をかける行為しかできませんので、飼い主さんが掃除をする必要がありますが、猫のトイレの掃除は猫砂の交換がメインとなりますよね。

もしトイレの掃除を怠って、猫砂を交換しなかった場合、猫のトイレはどのようになってしまうのでしょうか?

◆悪臭が漂う

猫砂を交換しないで放置してしまうと、当然のことながら猫の排泄物を吸収した猫砂は、異臭を放つようになってしまいます。

猫のおしっこは凝縮され、動物の中でもニオイがとても強いので、猫砂の交換やトイレの掃除を怠ってしまうと、トイレだけでなく部屋中が臭くなってしまうことも。

そのような空間で生活をしていると息苦しくなってしまいますし、お部屋の中の空気までよどんでしまうことでしょう。

この独特な悪臭は、その部屋で生活していうる住人よりも、来訪者により強烈に伝わることが多いです。

お客さんが多く訪問するようなご家庭であれば、より注意が必要となってくることでしょう。

◆効果が無くなる

猫砂には様々な種類の商品があり、固まるタイプの猫砂や崩れるタイプの猫砂、そして崩れないタイプの猫砂などが販売されています。

猫のトイレや、猫の性格によって選ぶことの多い猫砂ですが、猫砂を交換しないで使用し続けると、本来の効果を発揮しなくなっていきます。

もっともポピュラーなのが鉱物を原材料とした猫砂ですが、固まるタイプの鉱物の猫砂は交換しないで放置をすると、ドロドロに溶けてしまい、悪臭を放ち猫が排泄できない状態に。

おからなどが原材料となった崩れるタイプの猫砂も同様、交換しないことによって水分を含みドロドロになってしまいますよね。

ほかにもシリカゲルが原材料の水分を吸収する、崩れないタイプの猫砂は、水分を通さなくなり、おしっこと同じ黄色い色に変色し、悪臭を放つようになっていきます。

●あわせて読みたい
【猫砂おすすめ10選】猫のトイレ砂の種類ごとの特徴、選び方は?

猫トイレに使う猫砂には色々な種類がありますが、どのような猫砂があって、それぞれどんな特徴があるのでしょうか?猫が好んで使うかどうかや、猫砂の処理をどのように処理するかによっても、どの猫砂を選ぶかが決まってきます。 猫トイレに使う猫砂について、おすすめや人気のもの、トイレに流せるものなど、種類や特徴についてご紹介します。

記事はコチラボタン

◆猫がトイレを使用しなくなる

猫砂を交換しない状態が長く続くことによって、キレイ好きな動物である猫は、その汚いトイレを使用することが嫌になり、トイレを使わなくなってしまうことがよくあります。

そうなってしまうと、我慢をして泌尿器系の病気にかかるリスクや、家の中で用を足せそうな場所を捜し歩き、別の場所で粗相をしてしまうようになることがあります。

これはネコが悪いのではなく、掃除をしていない飼い主の責任になるので、猫を叱ることもできませんし、お互いにもどかしいですよね。

猫がトイレのニオイを嗅ぎ、使用を止める素振りを見せているのなら、トイレが汚れている合図でもあります。

このような猫からのメッセージも、逃さないようにしましょう。

◆病気の原因となる

交換していない猫砂を使い続けることによって、おしっこやうんちが付着した猫砂から菌が繁殖し、トイレの中は劣悪な環境になっていきます。

菌が繁殖すればニオイを発生させるだけでなく、繁殖した大量の菌が猫の体に付着して、そのままグルーミングをしてしまえば体内に取り込んでしまうことになりますよね。

最悪の場合トイレの菌が原因となり、病気になってしまう可能性も否めません。

このようにトイレの猫砂を交換しないだけで、愛猫にとって様々な負担をかけてしまうことになるので、こまめな猫砂の交換は必要と言えるのではないでしょうか。


猫砂の交換目安はどれくらい?

tomneko12151303_TP_V4

猫砂を交換しないことで、様々な悪影響を及ぼすことが分かりましたが、明確な交換目安がないと、換えるタイミングが分かりづらいですよね。

「そろそろ猫砂の交換時期だな」となるような、交換目安は猫砂の種類によっても異なってきます。

大体の猫砂交換目安は、以下のタイミングで行うことをおすすめいたします。

・固まるタイプの猫砂…1週間~2週間程度
・崩れるタイプの猫砂…砂の固まりが無くなってきたら
・崩れないタイプの猫砂…1ヶ月程度

商品によって交換目安は異なりますが、ある程度交換の時期を明確にしておくことは大切ですよね。

一般的な固まるタイプの猫砂であれば、猫がうんちやおしっこをする度に、汚れた箇所を掃除しますが、そうすると徐々に猫砂は少なくなっていきます。

その都度猫砂を追加する必要もあるので、全猫砂は交換不要のようにも思えますが、排泄物は飛沫しますので、猫砂にニオイや菌が付着しますよね。

そのような猫砂を使い続けるわけにはいきませんので、やはり猫砂の交換や掃除は必要になってきます。

そして崩れるタイプ、崩れないタイプの猫砂は、システムトイレに使用することの多い猫砂ですので、メーカーによって使用期間にバラつきがあります。

商品のパッケージに記載されている使用期間を交換目安にするのが一番ですが、期限内にも関わらずニオイがするなどの問題が生じた場合は、すぐに交換をしてあげるようにしましょう。


猫トイレの掃除方法

猫砂の交換する時期に合わせて、トイレ全体の掃除も一緒にすると、常に清潔が保たれるのでおすすめです。

トイレを掃除する際には、どんなことに注意をすれば良いのでしょうか?

◆排泄物の掃除は毎日しよう

トイレは毎日使用する場所ですので、常に清潔を保っておきたいものですよね。

ですが毎日の掃除となると、意外と億劫に感じてしまうのも事実です。

猫砂を全部交換するタイミングで、掃除もまとめてすればいいのでは?という気もしますが、排泄物をそのままにし続けてしまうと前述しました通り、劣悪な環境となってしまうのでおすすめできません。

面倒と感じたとしても、キレイ好きな猫が満足してトイレを使用できるように、排泄物はその都度取り除くようにしましょう。

1日に何回も取り除くのが難しい場合は、1日に1回でも大丈夫ですので、毎日掃除をしてあげて下さいね。

◆月1回はトイレを丸洗い

猫砂の全交換をするときに、トイレ本体も丸洗いをするようにしましょう。

平均的な頻度として、月1回程度が望ましいです。

猫のトイレが分解できるのなら掃除をする前にすべて分解し、お風呂場などに持って行って60度以上の熱湯をかけることによって、除菌を行うことができます。

ですがほとんどの猫トイレはプラスチックでできているので、耐熱温度が60度以上に耐えられるかの確認をしてから行って下さい。

熱湯だけでほぼニオイや汚れは落としきれますが、ニオイやしつこい汚れがある場合は、重層やクエン酸、ペット用の洗剤などを使用して汚れを落とすようにしましょう。

掃除が終わったあとはタオルなどで拭きあげ、新しい猫砂を入れて完成です。

●あわせて読みたい
簡単楽ちん!猫トイレの掃除方法、理想の頻度は?

猫のトイレは掃除を少しでも怠ってしまうと、においが気になってしまい生活空間に影響を及ばしますよね。面倒なイメージが付き物のトイレ掃除ですが、楽して簡単に掃除することは可能なのでしょうか?そして臭いの消臭にはクエン酸が効果的とも言われていますが、実際のところの利き目も気になるところですよね。 飼い主さんの気になるトイレ掃除の理想の頻度や掃除方法、便利なお掃除グッズなどについてご紹介します。

記事はコチラボタン


猫トイレの掃除に便利なグッズ

毎日キレイにしておきたい猫のトイレ周りですが、準備しておくとスムーズに掃除が進むグッズがあれば、知っておきたいものですよね。

用意しておくだけで掃除がはかどるグッズを3つ紹介させていただきます。

◆シュシュット!猫トイレ用除菌クリーナー

シュシュット!猫トイレ用除菌クリーナー 270ml
購入


私たちの普段の生活に欠かせない生活用品を多く販売している「ライオン」は、ペット用の製品も多く販売しています。

ライオンさんは洗剤にも強いメーカーですので、こちらも除菌クリーナーも飼い主さんの希望を叶えた商品となっております。

液体が泡で出るので、掃除しづらい細かい部分にも泡が密着して、頑固な汚れをスッキリ落としてくれます。

猫が舐めても安全な成分で作られているので、安心して使用することができますよね。

普段から使用することによって、常に清潔なトイレを保つことができますよ!

◆シュシュット!猫トイレ用除菌クリーナー シートタイプ

シュシュット!猫トイレ用除菌クリーナー シートタイプ 20枚
購入


こちらも同じくライオンさんの商品となりますが、気になる汚れをすぐに拭き取ることができるシートタイプのクリーナーです。

厚手のメッシュシートとなっているので、汚れをしっかりとからめとってくれます。

色々な掃除道具を出さなくても、これ1枚で掃除が簡単にできてしまうので、常備しておきたいグッズであると言えるのではないでしょうか。

◆リターロッカーII ポット

リターロッカーII ポット 本体
購入


猫のおしっこやうんちは、とても強烈なニオイがしますので、家庭用のゴミ箱に捨ててしまうと、部屋にニオイが漏れてしまうことがよくありますよね。

排泄物をゴミ捨ての日まで、家の中に置いておくのもあまり良い気分はしませんので、専用のゴミ箱があると安心できませんか?

こちらの商品はトイレの傍に置いておくだけで、スコップで取り除いた排泄物をそのまま捨てられる優れものです!

ニオイも雑菌も瞬時に閉じ込めてくれるので、お部屋に悪臭が漂うこともありません。

排泄物は最長2週間溜めることができ、ゴミ袋が無くなれば専用カートリッジを本体にセットするだけなので、交換方法もとても簡単です。

ゴミが減って地球にも優しい、エコな商品なのでおすすめですよ!

●おすすめ商品
リターロッカーII 専用カートリッジ

「リターロッカーII」に専用カートリッジをセットし、中のフィルムを引き出してご使用ください。
フィルムは「AIR SEALTMテクノロジー」を採用した5層構造で、排泄物のイヤなニオイも雑菌も強力にブロックし、外に逃がしません。
ネコ1匹の場合、本品1個で約2ヶ 月お使い頂けます。

購入


まとめ

SnekoDSC03607_TP_V4

猫砂にはたくさんの種類があり、メーカーや素材によっても交換時期は様々です。

そのようなこともあって、交換目安が曖昧だと思っている飼い主さんも多いかとは思いますが、定期的に猫砂の交換や掃除をしないと、劣悪な環境になってしまうことは一目瞭然ですよね。

トイレを清潔に保たないと、キレイ好きな猫は排泄を我慢するか、別の場所で粗相をするようになっていきます。

このような状態が続いてしまえば、病気のリスクも高くなってしまうので、飼い主さんがしっかりとトイレの猫砂を交換する時期や、掃除のタイミングを見計らっておかなくてはいけないのです。

トイレが清潔に保たれていれば、自然とお部屋の中の環境も良くなりますので、毎日の掃除や猫砂の交換目安を明確にし、定期的なトイレメンテナンスを心掛けるようにしましょう。



– おすすめ記事 –

・猫のトイレに新聞紙は使える?猫砂に代用できるかが知りたい!
・猫砂の困った飛び散り防止対策5つ!おすすめトイレ、マットは?
・固まる猫砂おすすめ5選!砂の種類と特徴、選び方のポイント
・猫が猫砂を食べるのは危険!困った行動の原因・対策は?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たぬ吉

たぬ吉

小学3年生のときから、常に猫と共に暮らす生活をしてきました。現在はメスのキジトラと暮らしています。3度の飯と同じぐらい、猫が大好きです。


記事に関するお問い合わせはこちら