【今日は何の日?】8月8日は「世界猫の日」!世界中のSNSが #worldcatday で盛り上がる!

2016.08.08

【今日は何の日?】8月8日は「世界猫の日」!世界中のSNSが #worldcatday で盛り上がる!

「猫の日」といえば2月22日が定着しつつありますが、これは日本だけの「猫の日」だということをご存知ですか?世界猫の日というのは、動物愛護団体・国際動物福祉基金が定めた8月8日とされています。8月8日は「猫祭り」ということで、特に何をするということは世界中でも決まっていないのですが、SNS上ではやたら#worldcatdayのついた猫ネタツイートで、ツイッターが大盛り上がりするのです。いったい「世界猫の日」とはどんな日なのか、ご紹介いたします。

focebookシャア
ツイート

世界猫の日はどんなことが行われているの?

8月8日に定められた「世界猫の日」は、国際動物福祉基金(IFAW)とその他動物団体が2002年に定めたとされる記念日。
この日は世界中で猫を祝福する様々なイベントが行われています。

世界ネコの日はどんなことが行われるのか

その一つが、イギリスで開催される「ナショナル・キャット・アワード」。その1年で最も注目を浴びた猫たちを表彰するイベントです。
このイベントでは、ヒーロー猫、保護された猫、奇跡の猫、介護猫、一般投票の5部門から、それぞれ今年度もっとも活躍し人々に感動を与えた猫が選ばれるのです。

ちなみに2016年は8月4日の授賞式で発表されました。個性豊かな猫たちが選ばれたようですよ。

ナショナル・キャット・アワード2016の様子はコチラ!(英語サイト)


感動的だった「ナショナル・キャット・アワード2014」

ナショナル・キャット・アワードで英国中に感動を呼んだ2014年度の猫たちのストーリーをご紹介いたします。

「ヒーロー猫部門 クレオ」

クレオは飼い主のジェンキンスさんが心臓発作を起こして2階の自室で倒れたときに、狂ったように階段を上り下りしていち早く家族に知らせた猫です。その後、ジェンキンスさんは順調に回復したとの事です。

「保護された猫部門 3本足のレッグズ」

北ロンドンのアーチウェイにあるパブで飼われている人気者、3本足のレッグズが保護猫賞を受賞。この猫をみて、常連客が次々と捨て猫を飼うようになったという、うれしい報告が受賞理由です。

「奇跡の猫部門 ネルソン」

ネルソンは子猫のときに、袋に入れられ海に捨てられていた猫でした。一緒に袋に入れられて生きていたのは、ネルソンともう1匹だけ。
その後、ネルソンは野良猫として生きながらえていましたが、ある日、少年たちに襲われ片目を失ってしまいました。
2009年ネルソンはダーハムに住む一家に引き取られ暖かく余生を送っていましたが、手術不可能な心疾患を患っていると診断され家族と共に懸命に病気と戦っています。
受賞理由は人間によりひどい仕打ちを乗り越え続け、それでもなお、人間を信用してくれているネルソンに感動したからだそうです。

「介護猫部門 エリアス」

介護猫賞は退役陸軍兵士のトーマスさんの飼い猫、エリアスが受賞。
戦場での体験でPTSDを発症。トーマスさんがパニックを起こしてしまうと、エリアスはトーマスさんの周りを飛び跳ね注意を引くようになりました。まるでエリアスが「私がいるから大丈夫だよ」と言っているかのようです。
その後、トーマスさんは徐々に発作も少なくなってきたそうです。

「一般投票 ミスター・チップス」

ミスター・チップスはひどい骨折により障害が残り、体を自由に動かすことが出来ない猫。保護施設で半年過ごした後、イアンさんに引き取られました。
イアンさん自身も体に障害があり、精神的にも肉体的にもかなり参っていたイアンさんを支えたのがミスター・チップスです。イアンさんが何度も自殺を図ろうとするのを慰め、思いとどまらせたミスター・チップスの存在は大きいのです。


猫の日は世界各国で独自で制定

日本は猫の日実行委員会が1987年に制定した2月22日を猫の日と認定していますので、8月8日より2月22日の方が様々なイベントが行われています。

代表的なのは「ちよだ猫まつり」。
これは、ニュースでも取り上げられとても大きな反響がありました。
猫の写真コンテスト、獣医師によるワークショップやセミナーなどで盛り上がり、集まった寄付金は、千代田区の保護猫の活動支援へ寄付されました。
また、譲渡会も開催されたので、新たに里親に引き取られた猫もたくさんいました。

ちなみに世界ではそれぞれ猫の日を設けているのです。
アメリカは10月29日、ロシアは3月1日、イタリアは2月17日とバラバラですし、猫の日だからと言って、特別になにかやることが決まっているわけではないので、「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝をする日」ということになるのだそうです。


8月8日はSNSが大盛り上がり。

世界猫の日で一番盛り上がったのはTwitterでした。

世界中の動物愛護団体から「猫はペットショップから飼わず、シェルターから引き取って」というメッセージを配信したり、猫好きな人たちが我が家の猫を見てと言わんばかりにSNSに画像を投稿し、Twitter上に猫の画像が溢れるほどのものでした。


最後に

いかがでしたか?
世界中で日にちは違いますが、「猫の日」を制定し、猫と共に生きることに喜びを感じている人たちや、SNSでの我が家の猫自慢は万国共通の文化なのだと実感しました。猫を愛している人たちが世界中にあふれている…猫好きにとってこんなにうれしいことはありませんね。

最後に

focebookシャア
ツイート

– おすすめ記事 –

・悲しげな表情でSNSで人気者「Luhu」ちゃん
・実は猫ブームは最近始まったわけじゃない!?江戸時代から日本人は猫が好きだった~浮世絵に隠されたなぞとは?~
・猫に興味がない方必見!!猫ブームの理由 魅力に迫ろう
・Facebookで話題!?まるでアニメの世界「奇跡のキメラ猫」


 猫ちゃん好きな方必見!一度は行っておくべき世界の猫スポットとは?



 【海外】ネズミ捕獲長!?世界で話題のイギリス猫ちゃんたちのお仕事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nanatsu

nanatsu

猫は子供の頃からずっと一緒で、大人になった今でも猫を4匹飼っております。保護猫活動のお手伝いもしておりますので、一日が猫に始まり猫で終わるという生活になりつつある今日この頃です。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら