子猫をケージで飼う時のたった2つのルール!ケージは必要?メリット・デメリットは?

2017.04.16

子猫をケージで飼う時のたった2つのルール!ケージは必要?メリット・デメリットは?

基本的に、猫は自由気ままな性格の生き物です。ケージにずっと入れて飼育するということは、お勧めできません。ただし、子猫と暮らし始めた時には、ケージを使った方が良い場合もあります。子猫をケージ飼いする時の大切なルールについてお話しします。

子猫のケージ飼いは猫にとって良いの?

子猫 ケージ

室内飼いが勧められる猫の飼い方ですが、家の中では自由に過ごせる空間を作ってあげたいもの。

猫は自分の縄張りを決めて、自由に動き回り、好きな場所で遊んだり、眠ったり、休んだり、という過ごし方をします。そんな性質を持つ猫に、ケージの中だけ、という狭い空間での生活をさせるのはおすすめできません。

特に、子猫は成長してくると、周りのものに興味を持ちます。自分で探検したり、遊んだり、走り回ったり、隠れたりして、色々なことを学んでいきます。この時に、ずっとケージで過ごさせるのは、子猫の正しい成長を妨げるだけでなく、ストレスを感じさせる原因にもなります。


子猫がいる時、ケージを使う状況とは

ただ、人間と一緒に暮らす時に、ケージがあったほうが良い事もあります。子猫の時にケージを使う、メリットとデメリットについて見てみましょう。

◆ケージを使うメリット

・危険な場所に行かないように、事故に合わないようにするため。

子猫のうちは、まだ運動能力も低いので、家の中とはいえ、危険な目に合うこともあります。高いところに登っておりられなくなったり、隙間に挟まったり、箱などに隠れて出られなくなったり、などです。飼い主さんが見ていれば問題ありませんが、留守中に何か起こることが気になる場合、ケージに入れておけばその間は安全です。

また、連れて来たばかりで子猫が家に慣れていない時も、ケージに入れる事で、落ち着いてくれることがあります。

そのほか、調理中や、窓を開けて掃除をする時など、危険な目に合わないために、ケージに入れておくという場合もあります。

また、飼い主さんの食事中に子猫をケージに入れておくということもあります。人間が食べて大丈夫でも、猫が食べてはいけないものがたくさんありますので、間違えて食べてしまうことを防ぐためです。

◆ケージを使うデメリット

・好きなところに行けないので、ストレスを感じる

子猫であれば、つい最近まで親猫やきょうだい猫と過ごしていたことでしょう。人と暮らすことになれば、子猫が触れ合うのは飼い主、ということになります。
この時に、自由に動けず、人に甘える事も出来ずに過ごすことは、子猫にとってよくありませんし、人に懐かない性格になってしまう可能性もあります。

子猫の頃にしっかり運動して、丈夫な体をつくることは、大切な事です。また、適度にスキンシップをとる事も、子猫の成長にはかかせない事なのです。


ケージはどのように使うか?ルールを決めよう。

子猫 ケージ

・時間を決める
ケージに一日中入れるということのないよう、入っている時間を決めましょう。
時間に決まりはありませんが、半日入れていても、猫にとっては大変なストレスになると言われています。飼い主さんが、猫の気持ちを考えることが大切です。

・清潔にし、そこだけでも過ごせる環境にする
最低でも、水、フード、トイレ、眠れる場所、は必ず作ってあげましょう。そしてできれば2段、3段の高低差のあるケージを選びましょう。
できれば、爪とぎも入れてあげると良いでしょう。

猫は綺麗好きですから、トイレと、水・フードのある場所・寝床とは、離して置いてあげてください。

●おすすめ商品

ウッドワンサークル キャット 2段タイプ

上下運動ができるハンガーベッド、ゆったりくつろげるハンモック付き

購入



ケージと子猫とうまく付き合う

ケージで飼う事が必ずしも猫のストレスになるとは限りません。成長しても、開け放して使う事で、キャットタワーがわりになったり、安心して眠れる場所になったりします。
そして来客があった時など、普段と違う時にケージに入れる、という使い方が出来ます。

子猫のうちは、様子を見たり、危険から遠ざけたり、飼い主も子猫も環境に慣れるため、という意味で使用しても良いでしょう。
成長するにしたがい、しつけも出来れば、家の中では自由に動けるようにしてあげてください。



– おすすめ記事 –

・猫にケージは必要?ケージ飼いをおすすめするメリットと使い方のコツ
・子猫の留守番はいつから平気?留守番させるときに注意したいことは?
・一人暮らしだって猫と暮らしたい!一人と一匹の快適同居生活のススメ
・猫とお出かけ!安全で楽しくお出かけするために注意したいことは?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこちん

ねこちん

ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。

関連するキーワード