猫も飼い主も嬉しい!猫好きさんにおすすめのふるさと納税9選!

2018.10.10

猫も飼い主も嬉しい!猫好きさんにおすすめのふるさと納税9選!

今話題のふるさと納税、利用したことはありますか?ふるさと納税と言うと、税金の控除や地域の特産品などの返礼品が有名ですよね。色んな地域から返礼品が選べるふるさと納税ですが、愛猫が使える爪とぎなどの猫用品や猫好きさんが嬉しい猫グッズがもらえたり、保護猫など困っている猫の役に立てるふるさと納税もあるんです。 この記事では、ふるさと納税の仕組みや利用方法、猫好きさんにおすすめの猫関連の返礼品や猫助けができるふるさと納税をご紹介します。

focebookシャア
ツイート

ふるさと納税とは?いつまでに申し込めばいいの?

ふるさと納税,猫

「ふるさと納税って聞いたことがあるけど、実際どんな制度なの?」という方も多いかと思います。この項目では、ふるさと納税の仕組みや申し込みについてご説明していきます。

◆ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、自分の故郷や支持したい自治体へ寄附することが出来る制度です。

寄附をすることによって、寄附をした地域の活性化などに貢献できます。また、寄附金の使い道を指定することもできます。

ふるさと納税では、寄附をすると税金が控除されたりお礼の品がもらえることもあり、今注目を集めている制度です。

◆ふるさと納税の利用方法は2つ

ふるさと納税を利用するためには、ワンストップ特例制度の申請か、確定申告を行う必要があります。

・ワンストップ特例制度
ワンストップ特例制度を利用すると、確定申告が不要で手軽にふるさと納税の控除を利用することができます。
1年で5自治体までの寄附という制限がありますが、ワンストップ特例制度では寄附した金額から2000円を差し引いた金額を住民税から全額控除してもらうことができます。

ただし、条件として確定申告をする必要がない給与所得者であることと、寄附ごとに各自治体へ申請書を提出する必要があります。

2018年分の申請の期限は2019年1月10日必着となっています。

・確定申告
一方、確定申告でふるさと納税を利用する場合は、寄附の制限がなく複数の自治体に寄附することができます。

こちらの場合は、年に一度の確定申告で寄附金受領証明書を確定申告の書類と共に税務署に提出することで、控除を受けることができます。確定申告でふるさと納税に寄附をした場合は、住民税と所得税に分かれて控除が行われます。

2019年の確定申告の提出期限は、2019年2月18日~3月15日までとなっています。

◆ふるさと納税は様々な返礼品が魅力的!

ふるさと納税の魅力は「返礼品」にもあります。ふるさと納税の寄附額によって返礼品の内容が選べるものが多く、中には猫好きさんに嬉しい返礼品がもらえるふるさと納税も注目を浴びています。
また、ふるさと納税を通して、動物の保護などを目的とした寄附を募っている自治体もあります。

近年の猫ブームで、捨て猫や収容所に保護された猫の殺処分問題についても注目されることが増えました。殺処分問題に取り組む団体は、収容した動物の保護や管理、不妊手術、また譲渡会を開催したりなど、様々な取り組みで殺処分を減らせるように活動しています。

保護猫は、里親が見つかるまでの飼育や不妊手術をはじめとする治療代にも多くのお金がかかります。
そこで、ふるさと納税を通して寄附を募り、猫に関する返礼品をお渡しすることで、寄附を求める保護猫の力になり、寄附をした人も猫グッズなどがもらえるのです。

猫の助けになりたいけどどうしたらいいかわからない、そんな方が手軽に寄附をすることができる仕組みの一つとしても、ふるさと納税が活用されています。


猫好きにおすすめのふるさと納税9選!

では、実際にふるさと納税でできる猫に関する募集と、猫に関する返礼品はどのようなものがあるのでしょうか。

この項目では、猫好きさんにおすすめのふるさと納税をご紹介いたします。

◆四万十の魅力を伝えたい!安心安全な猫用おやつセット

「大切なペットに安心で安全なものを与えたい」という思いで作られた、猫用のおやつセットを返礼品でもらえるふるさと納税です。

作り手の方は、四万十への移住をきっかけに高知の食べ物の新鮮さや素材の良さの魅力を知り、この素材の良さを活かした安全なペット用のフードを作ろうと思われたそうです。
きびなごの素焼きは一本一本手で伸ばして乾燥させ、厳しいチェックを受けた後に手作業で袋詰めされています。

百貨店やイベントなど催事の会場では、飼い主であるお客様自らがフードを試食することができます。美味しくて安全な四万十のペットフード。愛猫へのとっておきのおやつにいかがでしょうか。

▶▶▶185.猫ちゃん大満足セット(高知県 四万十市)

◆福祉施設応援企画 手作業で作られたゴージャスでまるでソファな爪とぎ

障がい者就労施設「わたつみ」のメンバーが一つずつ手作りしている爪とぎを返礼品でもらえるふるさと納税です。

爪とぎには国産の厳選した素材を使い、猫の快適さや座った時の可愛さを「にゃん工学」に基づき追求し生まれた商品です。爪とぎの際にカスが出にくく長持ちするのも魅力。

また、見るからに猫用だとわかる爪とぎではなく、飼い主がインテリアとしても楽しめるよう爪とぎのデザインにもこだわられています。
ゴージャスなソファのようなデザインは、なんと8種類のデザインから選ぶことができます。清楚な白を基調とした爪とぎや、花柄の可愛いデザインもあります。愛猫の優雅な爪とぎタイムを彩ってくれそうですね。

▶▶▶【B23】ネコの爪とぎ家具「カリカリーナ ベーシック」グランデ(千葉県 館山市)

◆猫のおしっこがかかると粉状になる、ソローの猫砂

茨城県と近隣の関東圏の間伐材だけを使用して作った猫砂を返礼品でもらえるふるさと納税です。

猫のおしっこがかかると粉状になるため、システムトイレなどすのこがついたトイレで、おしっこのかかった砂のみが下に落ちる仕組みとなっています。後片付けは落ちた粉状の猫砂とシートを捨てるだけで簡単です。

ヒノキとスギを原材料に使っており消臭効果も期待できるのが嬉しいですね。こちらの猫砂を使用することで間伐が促進され、森の再生へとつながります。

▶▶▶(167) ソローの猫砂(茨城県 石岡市)

◆作家の地元を応援しよう! 11ぴきのねこの缶バッジセット

「11ぴきのねこ」シリーズで知られる漫画家の馬場のぼるさんの出身地、青森県 三戸町への寄附では、「11ぴきのねこ」の缶バッジ15種類を返礼品でもらえるふるさと納税です。

こちらの缶バッジは「11ぴきのねこ」シリーズの1シーンがプリントされており、「11ぴきのねこ」だけでなく作中に登場する「ウヒアハ」や「あほうどり」も缶バッジになっています。

「11ぴきのねこ」を刊行しているこぐま社の協力のもと、三戸町のNPO法人が制作と販売をしています。作家の出身地ならではのレアな返礼品です。

▶▶▶『11ぴきのねこ』シリーズ缶バッジ (全15種類 コンプリートセット)(青森県 三戸町)

◆フェリシモ猫部によるふるさと納税3つ

おしゃれな雑貨や洋服の通信販売で有名な「フェリシモ」で、猫好きさんに大人気なのが「フェリシモ猫部」。猫部だけの特設サイトや、猫部のグッズが買える実店舗も話題を呼んでいます。

そんなフェリシモ猫部が神戸市と提携し「人と猫が共に生きるまち神戸」を目指して「ふるさとKOBE寄附金(ふるさと納税)」で寄附を募っています。

ふるさと納税で得た寄附金は保護猫のミルクボランティア、譲渡活動や、野良猫への不妊去勢手術などに役立てられます。ふるさと納税の寄附額に応じて色々な返礼品がありますので、一部をご紹介いたします。

①人間みたいなお布団で猫もぐっすり 猫用和布団
レトロな和柄と懐かしさを感じる和布団が猫サイズになった商品です。小さな枕も付いていて本当のお布団みたい。自分の寝床のそばに置いて一緒に寝られたらたまりませんね。

▶▶▶208:おやすみニャン かわいい寝姿を自慢できる 猫用和布団(兵庫県 神戸市)

②まるで車掌さん!機関車型の爪とぎ
機関車型の可愛い爪とぎです。猫が入り込めるボックスになっており、後部の穴から顔を出すと愛猫がまるで車掌さんになったかのよう。狭くて隠れられる形なので、猫も喜んで入ってくれそうな爪とぎハウスですね。

▶▶▶151:車掌さん気分でくつろげる つめとぎ猫機関車車(兵庫県 神戸市)

③猫部で人気の猫グッズ大集合!猫まみれセット(松)
猫グッズがたっぷりと詰め合わされた猫好きさん大満足の猫まみれセットです。ポーチやスリッパ、ヘアターバンなど、お届けの時により何が入っているかはお楽しみ。猫部の可愛い猫グッズにまみれましょう。

▶▶▶1004:猫好きのための猫まみれセット(松)(兵庫県 神戸市)

◆和歌山市 殺処分ゼロを目指し、不妊去勢手術の実施を応援

和歌山県和歌山市では、殺処分ゼロを目指した取り組みへの寄附をふるさと納税で募集しています。

平成28年に和歌山市の保健所で処分された猫の数は258匹、10年前より減少しているとはいえ、たくさんの猫の命が救われていない状態です。これまで沢山の猫が保健所に保護され、飼い主や譲渡先が見つからずに殺処分の日を迎える状況がありました。

そこで、和歌山市では野良猫の赴任去勢手術の実施のため寄附を募集しています。不妊去勢手術が行われないままでいると、毎年沢山の子猫が生まれ、病気や怪我で幼いままに命を落としてしまうことが多くあります。

野良猫の不妊去勢手術を行うことで、保護猫の新しい里親を探す譲渡会の促進もしやすくなります。

▶▶▶殺処分“ゼロ”を目指して!猫たちの【不妊去勢手術】の実現にご協力ください!(和歌山県 和歌山市)

◆保護猫を救いたい!さっぽろほごねこプロジェクト

札幌市動物獣医師会が促進する保護猫のためのプロジェクトです。保護猫を譲渡するために必要な獣医療の費用への寄附を募集しています。

保護猫を最終的に譲渡するためには、メス猫1匹あたり47,000円、オス猫1匹あたり39,000円の費用がかかるそうです。こうした保護猫への寄附を、ふるさと納税を利用して募集しています。

このプロジェクトに寄附をするためには、ふるさとチョイスの北海道札幌市のページから返礼品、またはお礼の品不要を選び、寄附金の使い道に「市民活動の促進(さぽーとほっと基金)」、登録団体の指定で「一般社団法人 札幌市小動物獣医師会」を指定することで、こちらのプロジェクトへの寄附となります。

▶▶▶さっぽろほごねこプロジェクト(北海道 札幌市)



– おすすめ記事 –

・【ネットで話題】「ネコ家具」をプロデュースした大川市の狙いとは?【制作秘話インタビュー】
・永久不滅ポイントで福島県動物愛護センター「ハピまるふくしま」を応援しよう!
・2018年猫の日イベント完全版!2月に東京・大阪などで開催されるイベントは?
・「さくら猫」と呼ばれる猫はどんな猫?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yurie

yurie

兵庫県出身。イラストレーター。猫のオリジナルキャラクター「ネコぱん」を描き、作家として活動しています。愛猫は6歳の雄猫プーアル。猫とは思えない直球な愛情表現で毎日べったり。お腹を上に向けてガニ股で寝る姿には毎度笑わされています。

関連するキーワード