犬っぽい?メインクーンの性格と人気の秘密

2019.08.28

犬っぽい?メインクーンの性格と人気の秘密

世界最大級の身体に長毛、キリっとした目に見事な耳の飾り毛と見た目がとってもゴージャスなメインクーン。性格も賢いといわれたり、可愛らしいといわれたり魅力がたくさんあります。そんなメインクーンの性格と人気の秘密を見てみましょう。

【目次】

メインクーンは犬っぽい?その性格が可愛すぎる!

おもちゃで遊ぶメインクーン

メインクーンは「犬のような猫」とささやかれるほど、犬っぽい特徴をたくさん持っています。それも、人懐こく遊びが大好きというポジティブな部分が共通点です。

気まぐれな他の猫とは違うメインクーンの性格をご紹介します。

◆これぞ犬の代表的な性格!メインクーンも人懐こい!

猫なら普通、来客があるとダダっと走ってどこか見えない所に隠れてしまいます。猫と遊びたいという友人が来ても、人見知りをしてなかなか触らせてもらえません。

それに比べてメインクーンはかなり人懐こい性格をしています。来客があると玄関までお迎えに行き、初めて会った配達員にも挨拶することもあります。

その他、名前を呼んだら来てくれたり、初対面の人の肩や膝に積極的に乗ってくれたりと可愛さ満点です。だっこも嫌がらないので、猫に慣れていない初心者でも存分にふれあいを楽しむことができます。

せっかく猫を飼っているんだから、なついてほしい…という飼い主さんにもピッタリです。毎日撫でて遊んで暮らす最高の日々を送ることができます。

このように、人懐こい性格がメインクーン人気の大きな理由の1つになっています。

◆飼い主との遊びも大好き

メインクーンは飼い主と遊ぶのが大好きです。特にオスは喜怒哀楽が激しく活発な性格が強いため、毎日でも遊んでほしいとアピールをしてくれます。

メインクーンが好きな遊びにネズミや鳥、魚の形をしたおもちゃがあります。飼い主が投げたおもちゃを嬉しそうに追いかけて、口にくわえて戻ってきます。

普通の猫であれば投げたおもちゃを追いかけて遊ぶことはあっても、その場で遊んで飼い主の元には戻ってきません。メインクーンはちゃんと戻ってきてくれるので一緒に遊べることが、人気の理由になっています。

また、箱の中やクッションの間におもちゃを投げ入れると、喜んで探して遊びます。おもちゃを追いかけたり探したりするのが好きなのは、むかしネズミを駆除する「ワーキングキャット」として働いていたなごりです。

メインクーンは、3~4歳までは兄弟でじゃれて遊びます。去勢しなければ年齢とともに落ち着きが出てきますが、去勢すると幼い頃の性格のままであることが多いです。

じゃれて遊ぶことができる時期に、嫌がられなければメインクーン自体をコロコロ転がす遊びもできます。途中でおなかをマッサージすると信頼関係ができるのでオススメです。

◆気まぐれさは少なく、忠実さが売り

メインクーンは飼い主に忠実です。同時に愛情深くさみしがり屋でもあります。そのため、犬のように飼い主のあとを付いて歩いたり、飼い主が帰宅したことがわかると玄関に走って迎えに行ったりします。

また、メインクーンは飼い主に忠実なのでしつけが簡単にできます。数回教えてあげれば、理解してルールを守れるようになります。飼っているメインクーンによって覚えられるまでに差がありますが、他の猫に比べれば圧倒的に楽です。

トイレや爪とぎ等の基本的なしつけも幼い頃に教えておけば、問題なく守ってくれます。ただし、寂しがりやなので遊んでもらえないといたずらで壁をひっかいたり、物を落としたりします。「ダメなものはダメ」と教えておくと良いでしょう。


犬だけじゃない!メインクーンも芸を習得できる!

メインクーン

普通の猫であれば、トイレと爪とぎのルールを守るだけで優秀です。しかし、メインクーンはとても賢いので、犬のようにエサを使って芸を覚えさせることもできます。

実際にマスターされている芸をご紹介します。

◆基本中の基本「お手」「おかわり」

メインクーンが座っている状態で、エサを顔の前に持っていきます。てのひらを顔の下あたりにかざした状態で「お手」というと右手を、「おかわり」というと左手を差し出してくれます。

「お手」と「おかわり」は動作も難しくないですし、メインクーンとしてもストレスがかかるポーズではありません。そのためか、この2つはできるメインクーンが多いようです。

何度コマンドを出してもちゃんと手を差し出すメインクーン、とっても可愛らしいです!メインクーンを飼われている方挑戦してみてはいかがでしょうか?

◆これができれば自慢できる?「伏せ」「おまわり」「タッチ」

「おまわり」はぐるっと1周する動き、「タッチ」はハイタッチのことです。犬のしつけを応用するのであれば、コマンドに同じ言葉を使いながら、思った通りの動きができた際におやつを与えるということを繰り返していきます。

「お手」と「おかわり」ができるのであれば、この2つはおやつで釣りながら遊びながら習得できそうですね。

「伏せ」に関しては、本来猫が怯えている時にとるポーズです。感情が入るポーズなので、飼い主のとの信頼関係が必要となります。技としては少し難易度が高い部類に入るでしょう。

メインクーンはとても利口で、何をすればおやつが貰えるのか、逆に何をしたときに怒られるのか自分で学習することができます。その能力を活かして、どこまでできるか挑戦してみても楽しそうですね。

◆難易度高!「待て」「良し」

こちらはごはんを食べる前に行う飼い主さんが多いようです。中には60秒もちゃんと待てるメインクーンもいるそうです。

「待て」は難易度が高く、時間が長いと待ちきれなくて食べ始めるメインクーンがほとんどです。ただし、「待て」をできなくても全く問題ありません。むしろできるメインクーンがすごいのです。

猫はそもそも主従関係という概念がないので、メインクーンも遊びの一環としてやっています。あまりにも待たせられると遊びをやめて食べてしまうのは、主人に従っているのではなく対等な関係で遊んでいる感覚だからです。

ただ、できると庭に出る前の安全確認をする時間ができるなど便利なことに変わりはありません。ちょっと待っていてほしい、というシーンが多いようであれば一緒に練習してみても良いかもしれませんね。

●あわせて読みたい
猫だって「お手」に「ハイタッチ」できるにゃん!?あなたの猫も芸ができるようになる教え方!

猫が芸をしたらいいな、と思ったことありませんか?そもそも、自由気ままな猫に、芸を覚えてもらうことができるでしょうか?教え方次第で、あなたの猫も芸をするようにできるかも知れません。猫も飼い主も楽しめる、芸の教え方を見てみましょう。

記事はコチラボタン


見た目から探る、メインクーンの「人気の理由」

メインクーン

「ジェントルジャイアント」と呼ばれ、性格だけではく見た目にも魅力がたっぷりあるメインクーン。実はギネスにも登録されている世界最大の猫でもあります。

メインクーンのしっぽの長さはなんと40cmになることも!そんなメインクーンの身体的特徴を紹介していきます。

◆人気の理由①包み込まれるほどの大きなボディー

メインクーンは成猫になると、平均して体長が1m、体重も4~8kgと猫の中ではかなり大きくなります。その身体を支えるため、がっちりとした骨格にしっかりとした筋肉が付いています。しっぽも長いと40cmもあり、長毛がフサフサとたくさんついています。

猫はしなやかなイメージがあると思いますが、メインクーンはどちらかと言えばヤマネコのようなガッチリタイプです。この大きくてゴージャスな見た目と、すり寄ってくる時の包み込まれるような安心感がメインクーンの人気の理由となっています。

・メインクーンの愛好家は世界レベル!
その人気度合いを示すように、世界中にメインクーンの愛好家がいて身体の大きさや美しさを自慢しています。例えば、ウクライナで開催された「でっかい猫コンテスト」でもメインクーンが参加、優勝しています。

日本でも2019年に実施された「人気の猫種ランキングTOP10」にランクインしており、世界全国でのメインクーン人気がうかがえますね。

・身体が大きいからこそ気を付けたいこと
一点、身体が大きい分気を付けなければいけないことがあります。それは肥満です。

メインクーンはガッチリした身体でたくさんのカロリーを消費するため、大食漢であることが多いのです。肥満になると病気になりやすいので、カロリー調整と運動が不可欠です。

ごはんの見直しや、運動できる遊びを飼い主からしてあげましょう。

◆人気の理由②ボリューミーな長毛

メインクーンの毛は密度が高くなめらかです。その肌触りの良さももちろんですが、毛のボリュームが多いので見た目も見事です。がっちりとした身体を覆っているので、より大きく見えて存在感が増します。そんなワイルドな見た目が可愛い性格を際立たせています。

ペルシャ猫やラグドールなどの長毛の猫の中では、メインクーンは毛が少し短いです。そのため、比較的毛玉になりにくく、また抜け毛が少ないのでデイリーケアが楽にできます。そのお手軽さもメインクーン人気を後押ししています。

◆人気の理由③飾り毛(リンクスティップ)

メインクーンは耳の先にリンクスティップと呼ばれる飾り毛が生えています。

実はこのリンクスティップ、生えている猫がほとんどいません。そのため、リンクスティップといえばメインクーンと言われるほどメインクーンの大きな特徴となっています。中には生えてこない子もいますが、たいていは立派な毛が耳を飾っています。

このメインクーンの上に向いた綺麗な三角形の先にピンと生えたリンクスティップが、ヤマネコのようにワイルドだと愛好家から人気を博しています。

◆人気の理由④ライオンのようなたてがみ

メインクーンは毛量が多く、首回りとお腹の毛は他の部位に比べて長めです。大きな目と相まってキリっとした雰囲気を出すメインクーンは、ライオンのようにワイルドかつゴージャスな見た目になります。

美しい毛並みを保つためにはお手入れが欠かせません。メインクーンの長毛の箇所は抜け毛が残りやすく、絡まりの原因となるためです。

コームですいてあげれば絡まって毛玉になる前に抜け毛を取り除くことができます。人懐こく手触りの良いメインクーンのデイリーケアであれば毎日やっても苦ではないでしょう。

また、ライオンのようなたてがみはサマーカットに応用されることもあります。長毛ならではのカットで、首から上・足先・しっぽの先だけに毛を残すスタイルです。見た目は抜群に可愛く、メインクーンにとってもシャンプーやドライヤーのストレスから解放されるというメリットがあります。

◆人気の理由⑤鳴き声が可愛い

メインクーンの見た目のワイルドさをご紹介しましたが、その見た目からは想像できないほど鳴き声が小さく可愛いのです。メインクーンは喉を鳴らしながら高めの声で小さく「みゃ~ん」と柔らかく話します。

普段はめったに鳴きませんが、お腹がすいた時や遊んでほしいときなど、犬の子犬が母親に甘えるように繰り返し鳴く声を聞くことができます。その見た目と鳴き声のギャップの可愛さもメインクーンの人気の理由です。


まとめ

メインクーンの犬のような性格と人気の理由をご紹介しました。賢く人懐こいという性格も、フワフワでワイルドな見た目も人気の理由に間違いありません。

ただし、そこには飼い主からのコミュニケーションやお手入れという愛が隠れています。いつまでもメインクーンらしい良さを出せるよう、飼う場合は精いっぱいお世話をしてあげてくださいね。



– おすすめ記事 –

・【メインクーン大辞典】メインクーンを飼う前に読みたい記事23選
・飼いやすいと噂のメインクーン。気になる大きさ・値段・寿命など
・メインクーンの子猫の成長スピードはどれくらい?えさの量は?
・メインクーンの性格。オスとメスでの違いはあるの?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中岡 早苗

中岡 早苗

可愛い猫ちゃん達に囲まれながら、猫の知識や暮らしを日々学んでいます。 学んだ情報はどんどんお伝えしていきます。楽しいネコライフをおくりましょう。


記事に関するお問い合わせはこちら

...
ペットスマイル応募企画バナー専門家バナー犬プレスバナーペットスマイルアプリバナー