【獣医師監修】猫に納豆をあげてもいい?気になる健康効果と与え方&手作りご飯レシピ

2019.12.14

【獣医師監修】猫に納豆をあげてもいい?気になる健康効果と与え方&手作りご飯レシピ

実は、納豆好きの猫は多いようです。苦手な人もいる納豆のネバネバと匂いですが、嗅覚で「味わう」という猫にとっては、独特の匂いが魅力的なのかもしれません。人にとっては栄養価も高く、健康食品として評価の高い納豆ですが、猫にとってはどうなのでしょうか?猫に納豆をあげてもいいのでしょうか? そこで、猫にとっての納豆の健康効果と与えるときの注意点、納豆を使った手作りご飯レシピをご紹介します。

【目次】
1.納豆ってどんな食べ物?
 1-1.納豆の歴史
 1-2.発酵食品としての強み
 1-3.納豆の種類と栄養価
 1-4.納豆の主な健康効果

2.納豆は猫の体にもいいの?
 2-1.血栓予防の効果がある
 2-2.便秘予防にも
 2-3.免疫力の低下・老化を防ぐ
 2-4.毛球症の予防
 2-5.食欲増進

3.猫への納豆の与え方
 3-1.タレなどは入れずに与える
 3-2.アレルギーに注意
 3-3.たくさん与えすぎない
 3-4.療法食を食べている子には与えない
 3-5.ひきわり納豆がおすすめ

4.納豆を使った猫用ご飯のレシピ
 4-1.にゃんこと一緒に、納豆トマト丼
 4-2.サーモン納豆ふりかけ(AERA.dotより)
 4-3.納豆ごはん

5.猫用納豆菌サプリ
 5-1.TBA菌 酵素納豆菌 犬・猫・小動物用 液体タイプ 100ml

6.まとめ

納豆ってどんな食べ物?

nattouIMGL3797_TP_V4

納豆は、日本の伝統食材の一つです。1980年代に、ナットウキナーゼという特有のタンパク質分解酵素に、血栓を融解する効果があることが発見されました。以来、健康食品としても注目されるようになりました。

◆納豆の歴史

納豆とは、煮た大豆を納豆菌で発酵させた食品です。
もともとは、食べきれなかったなどの理由から、煮た大豆を藁に包んでおいたところ自然発酵したものです。これを食べてみれば美味しかったため、食材として定着したと言われています。

◆発酵食品としての強み

納豆菌は、納豆100gあたり1000億個も存在します。キムチ100gに含まれる乳酸菌が800億個ですので、納豆菌は密度が高いことが分かります。

また、納豆菌は熱に強く、100℃の熱湯でも生き残るほどで、また胃酸にも強いため、生きたまま腸まで届くのです。

発酵食品の菌は、熱や胃酸に弱いものが多いので、納豆は発酵食品としての強みを持っています。

◆納豆の種類と栄養価

店頭に並ぶ納豆には、大きく分けて、粒納豆とひきわり納豆の2種類があります。

粒納豆は、大粒/中粒/小粒/極小粒など、粒の大きさが様々です。皮がついたままの大豆を発酵させるので、食物繊維が多く、ミネラル類も含んでいます。

ひきわり納豆は、大豆の皮を取り除き、細かく砕いたものを発酵させます。表面積が多いため、納豆菌が付着する面積が多く、粒タイプより旨みが多いです。

また、ビタミンKは粒タイプの1.5倍含まれますが、製造過程によりミネラル類は溶けだしてしまっています。

◆納豆の主な健康効果

・血栓を溶かす効果
・血糖値の上昇を抑える効果
・アンチエイジング効果
・骨粗しょう症の予防効果
・免疫力のアップ

納豆は猫の体にもいいの?

人にとって健康にいい食べ物なら、猫にも与えてみたくなりますが、納豆は猫に与えてもいいものなのでしょうか?

結論から言うと、納豆は猫にあげても大丈夫な食材です。では、猫には、どんな健康効果が期待できるでしょうか?

◆血栓予防の効果がある

納豆独自の酵素であるナットウキナーゼには、血管にできる血栓(血の塊)を融解する効果があることが知られています。血栓は、脳梗塞や心筋梗塞という命に係わる病気を引き起こします。

猫では、免疫性介在性溶血性貧血、蛋白漏出性腸症、肥大型心筋症、FIP(猫伝染性腹膜炎)などの疾患で、血栓ができやすいと言われています。

ナットウキナーゼは、猫の血栓予防にも効果があると期待されています。

◆便秘予防にも

納豆菌は、腸内の善玉菌を増加させて、腸内環境を整えます。

また、納豆には、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維にも、猫の腸内環境を整え、便秘や下痢を予防する効果があります。

◆免疫力の低下・老化を防ぐ

納豆は原材料が大豆なので、大豆サポニンが含まれています。大豆サポニンは、優れた抗酸化作用を持っています。

活性酸素は、老化の原因の一つです。大豆サポニンは、過剰な活性酸素を除去することにより、猫の免疫力の低下や老化を防ぐ働きをします。

◆毛球症の予防

毛球症は、飲み込んだ毛が胃で塊になって、胃や腸で様々な症状を起こす病気です。

猫は、毛づくろいをしたときに、少しずつ毛を飲み込んでしまっています。通常、飲み込んだ毛は食べたものと一緒に排泄されたり、吐き戻したりして、体外に出ます。
しかし、毛の摂取量が過剰になったり、できた毛球を上手に吐き戻せなくなったりした場合に、毛球症になります。

長毛種の猫やきれい好きで毛づくろいの頻度が高い猫、吐き戻す力や胃腸の働きの落ちる老猫が、毛球症になりやすいと考えられます。

納豆に豊富に含まれる食物繊維には、便通を整える効果があるので、毛球症の予防効果も期待できます。

●あわせて読みたい
猫の毛玉の取り方・カットの方法は?換毛期に注意したい毛玉や毛球症について

暑くなってくると猫も自分の毛の量を減らしてできるだけ涼しくしようとしていることがわかりますね。その抜け毛の多いことといったら!猫の抜け毛の効率的な取り方といえばやはりブラッシング。ブラッシングの後に取れた大量の毛を見るとなんだか嬉しくなリます。けれど中にはブラッシングが苦手な猫もいることでしょう。仕方ないな、と換毛期を猫の毛づくろいだけで済ませていると色々問題が発生するのです。毛玉もその一つ。猫の毛玉の取り方やカットの方法、予防方法についてまとめてみました。

記事はコチラボタン

◆食欲増進

納豆の独特の匂いを好む猫は多いようです。食欲が落ちているときには、フードにトッピングしてあげると、食いつきがよくなることもあります。


猫への納豆の与え方

30049630b7e65306e255c22faea8b500_s

猫にも健康効果が期待できることを、ご紹介しました。

では、実際に納豆を猫に与える場合には、どんなことに気をつければよいでしょうか?

◆タレなどは入れずに与える

納豆を買ってくると、たいていタレやカラシがついています。醤油を入れたり、薬味としてネギを加えたりして食べる人も多いです。

しかし、タレや醤油は猫にとっては塩分が過剰ですし、ネギはご存じのように溶血性貧血や急性腎不全を引き起こします。また、カラシは、刺激が強すぎて、胃炎などの原因になります。

猫には、タレやカラシ、醤油や薬味は入れず、納豆をそのままで与えてください。

◆アレルギーに注意

人にも大豆アレルギーの方がいますが、猫にも大豆アレルギーを持つ子がいます。納豆の原材料は大豆ですから、大豆アレルギーのある猫には、与えてはいけません。

大豆アレルギーがあるかどうかわからない場合には、まず、ごくわずかな量を与えて様子を見ましょう。
食べさせた後に、体を痒がるしぐさを見せたり、下痢や嘔吐をしたりする場合には、アレルギー反応が起きている場合があります。

嘔吐や下痢を繰り返すなど、アレルギー反応が落ち着かないようなら、動物病院に行きましょう。

【大切な家族のもしもに備えるムリなくスリムなペット保険】
petfamily_656
>>げんきナンバーワンSlim<< ※一部補償対象外もございます

◆たくさん与えすぎない

何事も、過ぎたるは猶及ばざるが如しといいます。健康効果が期待できる納豆も、たくさん与えすぎると、かえって健康を損なう可能性があります。

多量に与えると、栄養の過剰摂取や栄養バランスの乱れのもとになります。

また、消化不良を起こして下痢や嘔吐の原因になったり、お腹にガスが溜まって鼓腸症になったりします。嘔吐や体重減少、気力低下や歯の変形を引き起こすこともあります。

スーパーなどで売っているパック入りのものであれば、多くても4分の1程度にしておきましょう。

あくまで、トッピングやおやつとして与え、くれぐれも、与えすぎには注意してください。

◆療法食を食べている子には与えない

獣医師の指導のもとで療法食を食べている猫には、療法食以外のものを与えてはいけません。

獣医師からの特別な指導がない限り、食事療法中の猫のごはんには、トッピングやおやつは控えましょう。

◆ひきわり納豆がおすすめ

大粒のものは、あまり咀嚼をしない猫は、喉に詰まらせてしまう恐れがあります。また、胃腸の負担になることもあります。

納豆を猫に与える際は、細かく刻んだり潰したりして、食べやすい工夫をしてあげましょう。

また、小粒のタイプやひきわり納豆をあげてもいいでしょう。特に、細かくした大豆を発酵させたひきわり納豆は、皮が取り除かれているので消化に良く、猫におすすめです。


納豆を使った猫用ご飯のレシピ

猫に手作り料理を食べさせたい飼い主さんも、多いですね。猫用の手作りご飯に納豆を取り入れると、健康効果が期待できるのでおすすめです。

納豆は、他の食材と合わせやすく、ヨーグルトなどと組み合わせると乳酸菌の効果も高まると言われています。

ここでは、納豆を使った猫用ご飯のレシピをご紹介します。

◆にゃんこと一緒に、納豆トマト丼

Cpicon にゃんこと一緒に、納豆トマト丼 by naru0u0

【材料】
豚肉:適量
トマト:適量
ひきわり納豆:適量
オリーブオイル:焼く分

※グリーンのトマトには毒があるので、完熟したトマトを使います。

【作り方】
(1)トマト、豚肉を細かくする
(2)豚肉を、オリーブオイルで炒める
(3)ひきわり納豆と合わせて完成

【飼い主さん用アレンジ】
ネギをプラスして、青じそドレッシングをかけると飼い主さんも、おいしく食べられます。

◆サーモン納豆ふりかけ(AERA.dotより)

出典:AERA dot.-猫は基本“肉食” 獣医師お墨付きの「手作り猫ごはん」レシピ

【材料】
刺身用サーモン:1切れ
ひきわり納豆:小さじ1

【作り方】
(1)サーモンは湯通しして、粗く刻む
(2)納豆と合わせて、キャットフードに1/2~全量乗せる

【飼い主さん用アレンジ】
(1)ひきわり納豆を1パック使用し、刺身用サーモン4切れを粗く刻んで納豆と合わせる
(2)猫用に小さじ2を取り分け、残りに刻んだネギと醤油を加えて混ぜる

◆納豆ごはん

出典:猫の手作りごはん-納豆ごはん♪

【材料】
鶏むね肉
ブロッコリー
ニンジン
納豆
炊いた白米

【作り方】
(1)鶏むね肉、ブロッコリー、ニンジンをフードプロセッサーで細かくします
(2)フライパンにオリーブオイルを少々入れ、炊いた白米を洗ったもの、細かくした食材を入れて炒めます
(3)冷めたら納豆を混ぜます


猫用納豆菌サプリ

納豆の健康効果は取り入れたいけれど、そのまま与えることが心配な飼い主さんには、猫用の納豆パウダーやおやつ、サプリをおすすめします。

◆TBA菌 酵素納豆菌 犬・猫・小動物用 液体タイプ 100ml

TBA菌 酵素納豆菌 犬・猫・小動物用 液体タイプ 100ml
購入


TBA菌とは、納豆菌のチャンピオンを独自に培養した菌で、15種類の生酵素が含まれているので、生きた酵素を補うことができます。ドライフードには、生きた酵素は含まれていません。

100万個/ml以上の納豆菌が酵素を作り出し、ペットのお腹の中で増殖します。

TBA菌は、ドライフードに含まれる穀物の消化を助け、ドライフードの栄養を効果的に摂取することができます。

お腹のトラブルのある子や、食欲のないシニアの子におすすめの商品です。

ペットの大きさや体重にかかわりなく、2~4プッシュを、ドライフードにかけて与えます。毎日、続けて与えましょう。


まとめ

人にとって、栄養価も高く、健康食品として評価の高い納豆は、猫にとっても健康効果が期待できる食材です。血栓の予防や、免疫力の低下・老化を防ぐ効果、便秘の予防など、期待される健康効果は多岐にわたります。

人によっては苦手な匂いも、嗅覚で食べ物を味わっていると言われる猫には、食欲をそそる匂いのようで、納豆が好きな猫も多いようです。

ただし、栄養価が高い分、与えすぎには注意が必要です。また、大豆アレルギーの猫や療法食を食べている猫には、与えないようにしましょう。

納豆を上手に取り入れて、愛猫の健康増進や食欲増進に役立ててください。

※こちらの記事は、獣医師監修のもと掲載しております※
●記事監修
drogura__large  コジマ動物病院 獣医師

ペットの専門店コジマに併設する動物病院。全国に14医院を展開。内科、外科、整形外科、外科手術、アニマルドッグ(健康診断)など、幅広くペットの診療を行っている。

動物病院事業本部長である小椋功獣医師は、麻布大学獣医学部獣医学科卒で、現在は株式会社コジマ常務取締役も務める。小児内科、外科に関しては30年以上の経歴を持ち、幼齢動物の予防医療や店舗内での管理も自らの経験で手掛けている。
https://pets-kojima.com/hospital/

<<コジマ動物病院 獣医師が監修した記事一覧はコチラ>>



– おすすめ記事 –

・【獣医師監修】猫ににぼしをあげてもいい?与える時の量や注意点は?
・【獣医師監修】猫用スープおすすめ5選!メリットから手作りする方法まで
・【獣医師監修】猫用ふりかけおすすめ4選!メリットや与え方、注意点は?
・【獣医師監修】猫の食物アレルギーの症状、原因、検査方法は?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHINO

SHINO

保護犬1頭と保護猫3匹が「同居人」。一番の関心事は、犬猫のことという「わんにゃんバカ」。健康に長生きしてもらって、一緒に楽しく暮らしたいと思っています。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら