「St.Elmos」の記事一覧

  • 犬が人見知り・人慣れしていないと起こる危険5つ!愛犬の人見知りを改善する方法

    犬が人見知り・人慣れしていないと起こる危険5つ!愛犬の人見知りを改善する方法

    犬が人見知りする理由には、警戒心や驚き、うるさいから、臭いなど様々な理由があります。中には、過去に人に危害を加えられたトラウマから人見知りを起こしているといったケースもあります。人見知りをする犬の場合、初対面の人を攻撃してしまったり、預けることができなかったりと生活するうえで不便なことや、震災などの際に肩身が狭くなるなどの弊害もあります。この記事では、人見知りの犬の特徴と改善方法ついて詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.09.24

  • 犬の要求吠えの原因とは?吠える時のしつけ4パターン!

    犬の要求吠えの原因とは?吠える時のしつけ4パターン!

    犬の要求吠えとは、犬が何かが必要な時、自分の欲求を満たしたい時に訴えとして吠える行為のことで、問題行動の一つとして悩む飼い主が多い行動です。恐怖心があるとき、構ってほしいとき、痛みがあるとき、興奮しているときなどに起こりやすく、食事中や出掛ける際には無視をする、クレートに入れるなどのしつけ方法が有効です。 犬の要求吠えは飼い主との関係性を見直すことが一番の改善となります。犬が吠える時のしつけ方法について、詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.08.12

  • 【獣医師監修】犬にマダニがついた時の安全な取り方は?ダニの種類と予防方法

    【獣医師監修】犬にマダニがついた時の安全な取り方は?ダニの種類と予防方法

    犬の被毛や皮膚にダニを見つけたことはありませんか?ダニの取り方を間違えると、犬の皮膚に化膿・炎症を引き起こす原因になるので注意が必要ですが、ダニ用のピンセットやシャンプーを利用するのも対策の1つです。今回は、犬に寄生するダニの種類や症状、ダニの取り方や予防法など幅広くご紹介致します。万が一犬にダニが寄生してしまったら、早めに獣医師に相談しましょう。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.07.20

  • 【大型犬の介護】老犬のためにできる食事の工夫7つ!おすすめおやつもご紹介

    【大型犬の介護】老犬のためにできる食事の工夫7つ!おすすめおやつもご紹介

    大型犬は体が大きく運動量も多いため、若い頃と介護が必要になったシニア犬の差に戸惑う飼い主が多いです。特に大型犬のシニアは、一日のカロリー摂取量が少なくなり、噛む力も弱まり、嗅覚や胃腸機能も衰えていきます。そのため、柔らかく消化吸収が良いものを与えたり、胃腸に負担をかけない低タンパク・低脂肪などの食事やおやつを取り入れていく必要があります。大型犬の介護での食事の工夫方法や、おやつの選び方などをご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.07.13

  • 【獣医師監修】犬のてんかんの症状、原因、治療法は?

    【獣医師監修】犬のてんかんの症状、原因、治療法は?

    てんかん(癲癇)とは、神経疾患や神経症状が出る疾患のことです。脳細胞の異常活動によるもので、主に発作を起こします。てんかんの症状は全身の発作、もしくは眼瞼や四肢の一部などの身体の一部の部分的な発作です。原因は様々で、遺伝や脳神経を傷付ける病気、交通事故などが代表的です。てんかんは完治しない病気のため、治療は病気の根絶治療の内服治療と、抗てんかん薬の内服治療となります。犬のてんかんについて詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.07.08

  • 【獣医師監修】犬の血便には様々な原因が。血便をした時にチェックすべき3項目

    【獣医師監修】犬の血便には様々な原因が。血便をした時にチェックすべき3項目

    血便とは、自身の血液が付いた便や、血液混じりの便のことを指します。血便の原因は様々で、大腸や小腸などの内臓疾患や、肛門、中毒やアレルギー、ウイルス、誤飲、寄生虫など多岐に渡ります。検便やバリウムを使用したレントゲン検査、超音波検査などで原因を探り、治療していくことが一般的です。 犬の場合、言葉を話せないため、便や尿は健康をチェックするバロメーターでもあります。犬の血便についてご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.06.03

  • 犬にたけのこを食べさせてもいい?食べると危険な山菜リスト

    犬にたけのこを食べさせてもいい?食べると危険な山菜リスト

    春になるとよく目にするたけのこ。愛犬にもおすそ分けしたくなりますが、実はたけのこなどの山菜は食物繊維が豊富で胃腸に負担がかかる上に、消化不良も起こしやすく、犬に食べさせない方が良いとされています。 たけのこの他にも犬が食べない方が良い山菜はワラビ、山わさびなど様々なものがあります。この記事では、犬と山菜について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.05.01

  • 日本犬ってどんな犬?日本犬の代表犬種6種をご紹介!

    日本犬ってどんな犬?日本犬の代表犬種6種をご紹介!

    日本犬とは日本原産の犬の種類のことで、古くから日本で生育している在来犬の総称です。 日本犬は小型の柴犬、中型の紀州犬、四国犬、北海道犬、甲斐犬、大型の秋田犬の6犬種が代表的です。 代表的な6犬種と、絶滅してしまった越の犬などは天然記念物に指定されています。 日本犬の多くは猟犬として使役してきた為、飼い主に忠実で警戒心に富み、冷静という性格を持っています。 代表的な6種類の日本犬について、歴史や性格、特徴など詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.04.23

  • 犬が薬を吐き出してしまう時必見!形状別 正しい薬の飲ませ方

    犬が薬を吐き出してしまう時必見!形状別 正しい薬の飲ませ方

    犬に薬を飲ませなくてはいけないのに飲まない、吐き出すなどの経験はないでしょうか。犬に薬を飲ませるためには、錠剤なら食べ物で包む、口に押し込む、液体ならシリンジやスポイトで流し込む、粉末なら食べ物と混ぜるなど、薬の形状に合わせた方法を使うことで吐き出すリスクが下がります。また市販の投薬補助おやつを使うことも手軽で簡単な方法の一つです。 犬が薬を吐き出すには苦い、おなかがいっぱいなど、様々な理由があります。犬が吐き出すことなく、薬を飲ませる飲ませ方について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.04.22

  • 犬はさくらんぼを食べても良い?種の成分「アミグダリン」に要注意!

    犬はさくらんぼを食べても良い?種の成分「アミグダリン」に要注意!

    犬は一日に15グラム、およそ3粒のさくらんぼの実を食べることができます。適量以上に食べた場合には、消化不良や糖分の過剰摂取を起こすため注意が必要です。また、種や葉、鼻には中毒成分が含有しているため、犬には食べさせてはいけません。他にも犬に与える際に気を付けた方が良い果物は、ぶどう、プルーン、柑橘類、アボカド、ザクロ、イチジクなど多岐に渡ります。注意が必要な果物を食べた際には、動物病院を受診することをおすすめします。 この記事では、犬と果物について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.03.27

もっと見る


記事に関するお問い合わせはこちら