「St.Elmos」の記事一覧

  • テリア犬は全32犬種!?人気の種類と性格・飼い方について

    テリア犬は全32犬種!?人気の種類と性格・飼い方について

    テリアとは、イギリスなどが原産のキツネやアナグマ、ネズミ、カワウソなどの猟犬などのことです。 ジャパンケネルクラブ(JKC)では32犬種をテリアとして公認しており、小型犬から大型犬までサイズも豊富で、短毛長毛と被毛の長さも様々です。 テリアは、テリアキャラクターという強気で勝気、活発で頑固な猟犬にピッタリの性格をしていますが、リーダーに従順なためリーダーコントロールで飼い主が認められたなら、良い相棒となるでしょう。 テリア犬について、詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.11.12

  • 【獣医師監修】犬の涙やけの原因となりやすい犬種。涙やけの予防法、ケアの方法は?

    【獣医師監修】犬の涙やけの原因となりやすい犬種。涙やけの予防法、ケアの方法は?

    犬の涙やけは、涙が溢れてしまう「流涙症」のことで、目の周辺の皮膚が炎症を起こしたり、被毛が変色したりします。涙やけの原因は鼻涙管の閉塞や異物の混入、アレルギー反応、目の病気や栄養の偏りなど様々です。治療法は異物を取り除く、原因病を治療する、食事を変えるなどの方法があり、手術が必要なこともあります。 今回は、犬の涙やけについて詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.11.10

  • 銀杏(ぎんなん)って犬に食べさせても良いの?毒があるって本当?

    銀杏(ぎんなん)って犬に食べさせても良いの?毒があるって本当?

    秋の味覚の代表格である銀杏(ぎんなん)は、イチョウの種子です。ほくほくと美味しい銀杏ですが、神経毒を含み、摂取量によっては痙攣やてんかん発作、嘔吐を起こし、意識不明や死に至ることもあります。また、外皮は接触することで皮膚炎やアレルギーを引き起こすこともあります。そのため、銀杏(ぎんなん)は犬に与えてはいけない食材として知られています。 銀杏(ぎんなん)について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.11.03

  • 犬は魚を食べてもいいの?生魚がNGの理由は?【おすすめお魚おやつをご紹介】

    犬は魚を食べてもいいの?生魚がNGの理由は?【おすすめお魚おやつをご紹介】

    魚はタンパク質、カルシウム、タウリン、DHA、EPAなど、犬にとって良い成分が豊富に含まれた食材です。魚を与える際は、骨が刺さらないよう取り除く、寄生虫予防やビタミンB1欠乏症予防のために加熱する、食べ過ぎないなど、注意を守って摂取することが大切です。また、魚を購入して加熱して与えるほかにも、ふりかけとして利用したり、市販の魚を使った犬用おやつを食べさせるなどで、犬に魚の栄養素を摂取させることができます。 犬と魚の栄養について、詳しく確認してみましょう。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.10.23

  • 犬好き注目のふるさと納税9選!便利なグッズから宿泊券までご紹介

    犬好き注目のふるさと納税9選!便利なグッズから宿泊券までご紹介

    ふるさと納税とは、「ふるさと(故郷、地元)」や、ふるさと以外の応援したい自治体に寄付をする、という制度のことです。自治体へ寄付することで、所得税や住民税の還付、控除のほかに返礼品を受け取ることが出来ます。この返礼品には犬好きの方も注目したいものが多くあり、毎日使うペットシーツ300枚セットやオーガニックシャンプー、あると便利なファーミネーター、犬のグルーミングテーブル、犬と旅をしたい方にはペア宿泊券など、様々なものが返礼品にあります。 犬にまつわるふるさと納税について、詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.10.21

  • 愛犬とおでかけの秋!関東の犬連れOKお出掛けスポットをご紹介

    愛犬とおでかけの秋!関東の犬連れOKお出掛けスポットをご紹介

    秋は犬が苦手な暑さ・日差しなどの気候も落ち着き、犬連れにとってはおでかけに最適な季節です。 いつもの散歩だけでは無く、普段は中々行けない少し大きな公園などにお出掛けしてみてはいかがでしょうか? 関東でも犬も子供も、皆楽しめる場所が沢山あるんです。 お出掛けの際は、持ち物やマナーもしっかり確認して万全の態勢で行きましょう。 関東地域のお出掛けスポットをご案内します。 今年の秋は、家族で犬連れお出掛けしましょう。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.10.18

  • 犬が散歩で歩かない状態になる理由はこの6つ!実はやってはいけないあのしつけ方法

    犬が散歩で歩かない状態になる理由はこの6つ!実はやってはいけないあのしつけ方法

    犬が散歩中に歩かない状況になったことは、多くの飼い主が経験しているでしょう。その原因は、恐怖や散歩の疲れ、怪我や病気、過去の嫌な経験から、新しいリードやハーネスが気に入らないなど多岐に渡ります。 犬が歩かなくなってしまった際には、犬を抱っこする、散歩のルートを変える、散歩の時間を変えるなど様々な方法で対策を取ることがおすすめです。 犬が散歩中に歩かない状態になった時の対策や、やってはいけない対処法、役立つしつけなど、詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.10.17

  • 【獣医師監修】犬の金属アレルギーって?原因や対策方法、治療法は?

    【獣医師監修】犬の金属アレルギーって?原因や対策方法、治療法は?

    犬の皮膚トラブルの一つに、金属に反応して湿疹などの皮膚トラブルを起こす「金属アレルギー」があります。犬の金属アレルギーは、ステンレスの食器や首輪、ハーネスの留め具などが原因のことが多いです。金属アレルギーを起こした犬は、痒み、湿疹、脱毛、脂漏症、嘔吐下痢、呼吸困難などの症状を起こし、失神を起こすこともあります。 犬の金属アレルギーの原因や症状、治療法について、詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.10.12

  • 日本犬ってなに?日本犬の代表犬種について

    日本犬ってなに?日本犬の代表犬種について

    日本犬とは日本原産の犬の種類のことで、古くから日本で生育している在来犬の総称です。 日本犬は小型の柴犬、中型の紀州犬、四国犬、北海道犬、甲斐犬、大型の秋田犬の6犬種が代表的です。 代表的な6犬種と、絶滅してしまった越の犬などは天然記念物に指定されています。 日本犬の多くは猟犬として使役してきた為、飼い主に忠実で警戒心に富み、冷静という性格を持っています。 代表的な6種類の日本犬について、歴史や性格、特徴など詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.10.07

  • 人気の超小型犬の犬種や性格、特徴は?豆柴やティーカッププードルは?

    人気の超小型犬の犬種や性格、特徴は?豆柴やティーカッププードルは?

    人気の超小型犬種には、チワワやヨークシャーテリア、マルチーズ、トイ・プードル、ポメラニアンなどがいます。超小型犬よりも遥かに小さい豆柴やティーカッププードルも人気が高いですが、公認犬種ではなく、健全な発育という面から推奨されていない場合もあるようです。 今回は、人気の超小型犬について、詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.10.01

もっと見る