「St.Elmos」の記事一覧

  • 犬はさくらんぼを食べても良い?種のあの成分に要注意!

    犬はさくらんぼを食べても良い?種のあの成分に要注意!

    犬は一日に15グラム、およそ3粒のさくらんぼの実を食べることができます。適量以上に食べた場合には、消化不良や糖分の過剰摂取を起こすため注意が必要です。また、種や葉、鼻には中毒成分が含有しているため、犬には食べさせてはいけません。他にも犬に与える際に気を付けた方が良い果物は、ぶどう、プルーン、柑橘類、アボカド、ザクロ、イチジクなど多岐に渡ります。注意が必要な果物を食べた際には、動物病院を受診することをおすすめします。 この記事では、犬と果物について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.01.11

  • 【獣医師監修】犬のおならの回数が多くて臭い!考えられる病気と予防法について

    【獣医師監修】犬のおならの回数が多くて臭い!考えられる病気と予防法について

    おならとは、何らかの理由で腸に発生したガスや、口や鼻から体内に取り込んだ酸素や窒素、二酸化炭素などが肛門から出ることをいいます。犬のおならの匂いが臭い場合には、肉類・乳製品の食べ過ぎや体調不良、ストレス、肛門腺などの原因があり、おならに関する病気には、身近な便秘から腸疾患やがんまであります。 今回は、犬のおならの原因やおならに関する病気について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.01.09

  • パグってどんな犬?歴史や性格、値段などをご紹介します

    パグってどんな犬?歴史や性格、値段などをご紹介します

    パグはフランスのナポレオン・ボナパルトをはじめとした世界の王室や貴族たちに愛された犬種です。 顔に大きく、多く刻まれたシワが特徴的で、短い脚に、短い胴、筋肉で引き締まった身体でコビーと称される体格をしています。 特徴であるシワは汚れがたまったり、皮膚炎をおこす事もあるため、濡れタオルで拭くなどのケアが必要です。 パグの性格や迎えるときの値段など、パグにまつわる様々なことをご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.01.07

  • 柴犬のしつけは難しい?柴犬の性格に合わせて吠え癖、トイレのしつけをしよう!

    柴犬のしつけは難しい?柴犬の性格に合わせて吠え癖、トイレのしつけをしよう!

    柴犬は日本原産の犬で、主人に従順で勇敢、賢く警戒心の強い性格をしています。そのため、柴犬にしつけをするためには、柴犬に群れのリーダーと認めさせることが最大のポイントとなります。柴犬の吠え癖のしつけには、ご褒美方式や懲罰方式、クレートトレーニングなど様々な方法があります。トイレのしつけは、トイレの位置決めや、素振りを見極めトイレに連れていくなどの工夫が必要です。 柴犬のしつけについて詳しくご紹介します

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.01.06

  • 犬のマウンティング行動をやめさせるには、しつけが大切!

    犬のマウンティング行動をやめさせるには、しつけが大切!

    マウンティングとは、対象に馬乗りになり腰を振る行動のことです。犬のマウンティング行動は、群れの中での序列を確認して自分の方が上だと知らしめることが一番多い理由です。その他にも、ストレス発散や興奮状態、本能などの原因もあります。対象は犬やオモチャ、家具や人間など多岐に渡ります。 犬のマウンティング行動は、しっかりとしたしつけを行う事でやめさせることが可能です。問題行動の一つであるマウンティング行動について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.12.06

  • 犬に血液型ってあるの?輸血の時に血液型は関係がある?

    犬に血液型ってあるの?輸血の時に血液型は関係がある?

    犬の血液型は人間とは異なり、DEA型という8種類以上の犬赤血球抗原の陽性・陰性を用いて判定されます。人間の血液型占いなどと違い、犬には血液型によって性格が異なるということはありません。犬の血液型が重要になる場面は、事故や病気など何らかの血液不足による輸血の際です。輸血をする際には、輸血する血液とされる犬の血液型が適応しているかどうかを様々な検査をして判定しなければ、副作用で死に至ることも有り得ます。 犬の血液型や、輸血について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.11.25

  • テリア犬は全32犬種!?人気の種類と性格・飼い方について

    テリア犬は全32犬種!?人気の種類と性格・飼い方について

    テリアとは、イギリスなどが原産のキツネやアナグマ、ネズミ、カワウソなどの猟犬などのことです。 ジャパンケネルクラブ(JKC)では32犬種をテリアとして公認しており、小型犬から大型犬までサイズも豊富で、短毛長毛と被毛の長さも様々です。 テリアは、テリアキャラクターという強気で勝気、活発で頑固な猟犬にピッタリの性格をしていますが、リーダーに従順なためリーダーコントロールで飼い主が認められたなら、良い相棒となるでしょう。 テリア犬について、詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.11.12

  • 【獣医師監修】犬の涙やけの原因となりやすい犬種。涙やけの予防法、ケアの方法は?

    【獣医師監修】犬の涙やけの原因となりやすい犬種。涙やけの予防法、ケアの方法は?

    犬の涙やけは、涙が溢れてしまう「流涙症」のことで、目の周辺の皮膚が炎症を起こしたり、被毛が変色したりします。涙やけの原因は鼻涙管の閉塞や異物の混入、アレルギー反応、目の病気や栄養の偏りなど様々です。治療法は異物を取り除く、原因病を治療する、食事を変えるなどの方法があり、手術が必要なこともあります。 今回は、犬の涙やけについて詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.11.10

  • 銀杏(ぎんなん)って犬に食べさせても良いの?毒があるって本当?

    銀杏(ぎんなん)って犬に食べさせても良いの?毒があるって本当?

    秋の味覚の代表格である銀杏(ぎんなん)は、イチョウの種子です。ほくほくと美味しい銀杏ですが、神経毒を含み、摂取量によっては痙攣やてんかん発作、嘔吐を起こし、意識不明や死に至ることもあります。また、外皮は接触することで皮膚炎やアレルギーを引き起こすこともあります。そのため、銀杏(ぎんなん)は犬に与えてはいけない食材として知られています。 銀杏(ぎんなん)について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.11.03

  • 犬は魚を食べてもいいの?生魚がNGの理由は?【おすすめお魚おやつをご紹介】

    犬は魚を食べてもいいの?生魚がNGの理由は?【おすすめお魚おやつをご紹介】

    魚はタンパク質、カルシウム、タウリン、DHA、EPAなど、犬にとって良い成分が豊富に含まれた食材です。魚を与える際は、骨が刺さらないよう取り除く、寄生虫予防やビタミンB1欠乏症予防のために加熱する、食べ過ぎないなど、注意を守って摂取することが大切です。また、魚を購入して加熱して与えるほかにも、ふりかけとして利用したり、市販の魚を使った犬用おやつを食べさせるなどで、犬に魚の栄養素を摂取させることができます。 犬と魚の栄養について、詳しく確認してみましょう。

    続きを読む

    St.Elmos

    2018.10.23

もっと見る