「St.Elmos」の記事一覧

  • 初めてのドッグランへ!デビューに必要なしつけや犬の社会化って?

    初めてのドッグランへ!デビューに必要なしつけや犬の社会化って?

    犬をノーリードで思いきり遊ばせることのできるドッグランは、季節を問わず大人気のスポットです。 ドッグランは沢山の犬が集まる場所のため、はじめて利用する前にしっかりと社会化と最低限のしつけを身に付けておく必要があります。 犬を社会化させるには散歩や室内で沢山の経験をさせる必要があります。 ドッグランで必要なしつけは待てやストップなどの基本的なものが必須で、何よりも飼い主の指示を聞くリーダートレーニングが欠かせません。 はじめてのドッグランに行くために必要なしつけや社会化について、詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.01.16

  • 犬のマウンティング行動をやめさせるには、しつけが大切!

    犬のマウンティング行動をやめさせるには、しつけが大切!

    マウンティングとは、対象に馬乗りになり腰を振る行動のことです。犬のマウンティング行動は、群れの中での序列を確認して自分の方が上だと知らしめることが一番多い理由です。その他にも、ストレス発散や興奮状態、本能などの原因もあります。対象は犬やオモチャ、家具や人間など多岐に渡ります。 犬のマウンティング行動は、しっかりとしたしつけを行う事でやめさせることが可能です。問題行動の一つであるマウンティング行動について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.01.13

  • 犬にかぼちゃは食べさせても良いの?食べさせる時の注意点は?

    犬にかぼちゃは食べさせても良いの?食べさせる時の注意点は?

    かぼちゃは、βカロテン、ビタミンB群・C・E、食物繊維、ポリフェノール(リグナン)、鉄分などを豊富に含んだ栄養たっぷりの野菜です。かぼちゃを食べると皮膚や被毛の健康維持、疲労回復、老化防止、腸内環境を整える、貧血防止など様々な効果があります。 犬にかぼちゃをあげる時の注意点や、おすすめのかぼちゃおやつなどご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.12.28

  • 【獣医師監修】犬の血便には様々な原因が。血便をした時にチェックすべき3項目

    【獣医師監修】犬の血便には様々な原因が。血便をした時にチェックすべき3項目

    血便とは、自身の血液が付いた便や、血液混じりの便のことを指します。血便の原因は様々で、大腸や小腸などの内臓疾患や、肛門、中毒やアレルギー、ウイルス、誤飲、寄生虫など多岐に渡ります。検便やバリウムを使用したレントゲン検査、超音波検査などで原因を探り、治療していくことが一般的です。 犬の場合、言葉を話せないため、便や尿は健康をチェックするバロメーターでもあります。犬の血便についてご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.12.10

  • 子犬のシャンプーはいつから始める?子犬に適した温度や頻度、必要なグッズをご紹介

    子犬のシャンプーはいつから始める?子犬に適した温度や頻度、必要なグッズをご紹介

    犬には被毛や皮膚のケアのために、定期的なシャンプーが必要です。子犬の頃からシャンプーに慣れさせると、苦手意識を持たずに済みます。子犬のシャンプーは、コストが安く、コミュニケーションの場にもなるため自宅で行う方法がおすすめです。今回は、いつからシャンプーしていいのか、子犬にシャンプーする時の温度や頻度、必要なグッズ、子犬をお風呂タイムに慣れさせるための方法などを詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.12.05

  • 【獣医師監修】犬の脳梗塞って?原因、症状、治療法など

    【獣医師監修】犬の脳梗塞って?原因、症状、治療法など

    犬の脳梗塞は、血管が詰まるだけではなく、破裂し脳障害を起こしたり、死に至る事もあるため、死亡率も高く、とても怖い病気として知られています。原因は、人間同様の塩分過多、欧米化した食生活、運動不足、暑さからの脱水や遺伝疾患ではないかといわれていますが、未だに特定には至っていません。 犬の脳梗塞の原因や症状、治療法など詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.11.26

  • 【獣医師監修】犬の涙やけになりやすい犬種と原因。涙やけの予防法、ケアの方法は?

    【獣医師監修】犬の涙やけになりやすい犬種と原因。涙やけの予防法、ケアの方法は?

    犬の涙やけは、涙が溢れてしまう「流涙症」のことで、目の周辺の皮膚が炎症を起こしたり、被毛が変色したりします。涙やけの原因は鼻涙管の閉塞や異物の混入、アレルギー反応、目の病気や栄養の偏りなど様々です。治療法は異物を取り除く、原因病を治療する、食事を変えるなどの方法があり、手術が必要なこともあります。 今回は、犬の涙やけについて詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.11.22

  • 【獣医師監修】犬の耳が臭い時に考えられる病気7選!正しい耳掃除の方法は?

    【獣医師監修】犬の耳が臭い時に考えられる病気7選!正しい耳掃除の方法は?

    犬の耳が臭いときには、外耳炎、耳ダニ、マラセチア菌感染、脂漏症、異物の混入など様々な病気の疑いがあります。動物病院では、耳鏡検査や耳垢検査、レントゲン検査、細菌培養などを使用し、臭い耳の原因を探ります。耳の病気の治療には、滴下タイプの点耳薬や、軟膏タイプの点耳薬、内服薬など様々な形状の薬剤を使用します。 この記事では、臭い耳の原因と思われる病気について、日常的な耳掃除ケアの方法など、犬の耳が臭いときのあれこれについてご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.11.18

  • 犬がブルブル震える理由って何?震えで伝える愛犬のメッセージとは?

    犬がブルブル震える理由って何?震えで伝える愛犬のメッセージとは?

    犬は震える事で訴えたい事や、体調不良などを表現します。 犬の震えは、感情表現、病気、怪我、寒さ、怒り、老化現象、低血糖など理由は様々あります。 震える理由が何なのかを探り、原因を取り除いてあげることが大切です。 犬の震えと痙攣の区別がつかない方も多くいますが、実際の痙攣は身体の硬直や、目をむきだし、意識を無くす、など間違える事が無いくらいに特徴的なので痙攣の特徴も知っておくと安心です。 犬の震えの理由について、一つずつ確認してみましょう。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.11.13

  • 【トリマー監修】犬のブラッシングブラシ・コームの種類と選び方は?

    【トリマー監修】犬のブラッシングブラシ・コームの種類と選び方は?

    犬の被毛や皮膚を健康に保つためには、毛質にあったブラシを使ったブラッシングが欠かせません。 ブラッシングは被毛を健康に保つと同時に、皮膚のトラブルの早期発見や、ノミ、ダニ予防、毛玉防止による皮膚病の予防など様々なメリットがあります。 毎日ブラッシングを行う事が望ましいですが、難しい場合には週1~2回は行うことをおすすめします。 ブラッシング用ブラシには、スリッカーブラシ、コーム、ピンブラシ、ラバーブラシなど多種多様なブラシがあります。 ブラシの選び方や、ワイヤーヘア、ヘアレスドッグの場合のケア方法など、犬のブラッシングについてご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.10.17

もっと見る


記事に関するお問い合わせはこちら