「St.Elmos」の記事一覧

  • 犬の粗相はわざと?原因別の対処法をご紹介します

    犬の粗相はわざと?原因別の対処法をご紹介します

    犬の粗相とは、うんちやおしっこなどのお漏らしである「排泄の失敗」を指すことが一般的です。犬が粗相をする原因は、トイレがわからない、トイレが汚い、精神的に落ち着かない、構ってほしい、分離不安症、老齢など様々なものがあります。粗相をやめさせるには、原因に合わせた対処法を取ることが必須です。 トイレの改善をする、落ち着きを与える、定期的にトイレに連れていく、動物病院を受診するなど、方法は様々です。犬の粗相について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.03.19

  • 【獣医師監修】犬のてんかんの症状、原因、治療法は?

    【獣医師監修】犬のてんかんの症状、原因、治療法は?

    てんかん(癲癇)とは、神経疾患や神経症状が出る疾患のことです。脳細胞の異常活動によるもので、主に発作を起こします。てんかんの症状は全身の発作、もしくは眼瞼や四肢の一部などの身体の一部の部分的な発作です。原因は様々で、遺伝や脳神経を傷付ける病気、交通事故などが代表的です。 てんかんは完治しない病気のため、治療は病気の根絶治療の内服治療と、抗てんかん薬の内服治療となります。犬のてんかんについて詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.03.15

  • 【2019年版】犬連れOKのお花見スポットまるわかり!【関東・関西】

    【2019年版】犬連れOKのお花見スポットまるわかり!【関東・関西】

    関東の上野恩賜公園、小金井公園、関西の円山公園、姫路城など、ペット連れで行くことのできる桜の名所は数多くあります。 中にはドッグランが併設されている施設や、ロープウェイに犬と一緒に乗る事ができて、空から桜を見る事のできる施設もあります。 2018年の桜の開花予想は関東2018年3月19日、関西で2018年3月24日です。 犬とお花見するために、おすすめのお花見スポットや、犬連れお花見で気を付けるポイント、持って行くと便利なグッズなどをご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.03.04

  • 人気の愛玩犬マルチーズの起源はマルタ島!貴族に愛された犬マルチーズの性格・特徴・価格は?

    人気の愛玩犬マルチーズの起源はマルタ島!貴族に愛された犬マルチーズの性格・特徴・価格は?

    マルチーズは、紀元前1500年頃にマルタ島に持ち込まれた犬が祖先だと言われています。国内外で人気の高いマルチーズは、体高20~25cm、体重3.2kg以下ほどの超小型犬です。純白のサラサラとした絹の様な被毛に全身を覆われ、ロングヘア―やショートカットなど様々なスタイルを楽しむことができます。一定した人気を保つことから、値段の増減も少ない犬種の一つです。 マルチーズの性格や飼い方について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.02.20

  • 犬のマウンティング行動をやめさせるには、しつけが大切!

    犬のマウンティング行動をやめさせるには、しつけが大切!

    マウンティングとは、対象に馬乗りになり腰を振る行動のことです。犬のマウンティング行動は、群れの中での序列を確認して自分の方が上だと知らしめることが一番多い理由です。その他にも、ストレス発散や興奮状態、本能などの原因もあります。対象は犬やオモチャ、家具や人間など多岐に渡ります。 犬のマウンティング行動は、しっかりとしたしつけを行う事でやめさせることが可能です。問題行動の一つであるマウンティング行動について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.02.18

  • 犬が薬を吐き出してしまう時必見!形状別 正しい薬の飲ませ方

    犬が薬を吐き出してしまう時必見!形状別 正しい薬の飲ませ方

    犬に薬を飲ませなくてはいけないのに飲まない、吐き出すなどの経験はないでしょうか。犬に薬を飲ませるためには、錠剤なら食べ物で包む、口に押し込む、液体ならシリンジやスポイトで流し込む、粉末なら食べ物と混ぜるなど、薬の形状に合わせた方法を使うことで吐き出すリスクが下がります。また市販の投薬補助おやつを使うことも手軽で簡単な方法の一つです。 犬が薬を吐き出すには苦い、おなかがいっぱいなど、様々な理由があります。犬が吐き出すことなく、薬を飲ませる飲ませ方について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.02.15

  • 【獣医師監修】犬のフィラリア症の原因、症状、治療法は?フィラリア症は予防薬で防げる病気です。

    【獣医師監修】犬のフィラリア症の原因、症状、治療法は?フィラリア症は予防薬で防げる病気です。

    犬のフィラリア症は、蚊が媒介するフィラリア(犬糸状虫)という寄生虫による疾患のことです。蚊がフィラリア感染した動物を吸血した際に取り込んでしまい、他の犬を吸血する際に身体に送り込むことでフィラリア症に感染します。フィラリア症に感染すると、咳が増える、元気消失、腹水、血管障害を起こすなどの症状がみられ、最悪の場合死に至ることもあります。 犬のフィラリア症の症状や原因、治療法、予防法について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.02.08

  • あの犬種は車で熱中症になりやすいって本当?快適なドライブのための注意点

    あの犬種は車で熱中症になりやすいって本当?快適なドライブのための注意点

    熱中症とは、暑い季節や場所に身体が適応できず体温調節の異常を起こすことで、手足のしびれや痙攣、意識障害、血圧低下などを引き起こします。犬は平熱が高く、汗腺が人間よりも少ないため、熱中症になりやすい動物です。特に車の中は、エアコンの当たり辛さや直射日光の影響などから熱中症の事故が多い場所です。犬の熱中症を避けるには、こまめな体調管理や日除け、保冷対策、冷却グッズの使用など様々な方法があります。 犬と熱中症について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.01.29

  • 中国原産の犬の種類は?人気のシーズー、シャーペイ、チャイニーズクレステッドドッグ、チャウチャウ、パグ、ペキニーズについて

    中国原産の犬の種類は?人気のシーズー、シャーペイ、チャイニーズクレステッドドッグ、チャウチャウ、パグ、ペキニーズについて

    中国原産の犬は、日本、中国共に人気の高いシーズーやパグ、ペキニーズなどが代表的ですが、ジャパンケネルクラブ(JKC)に非登録のクンミング・ウルフドッグ、下司犬、重慶犬(チャイニーズ・チョンチン・ドッグ)なども存在するため、正確な種類数は不明です。長い歴史を持つ中国では、古来種として紀元前より存在が確認されている犬種も多いです。 この記事では、中国原産犬として人気の高いシーズー、シャーペイ、チャイニーズクレステッドドッグ、チャウチャウ、パグ、ペキニーズの5犬種について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.01.28

  • 犬はさくらんぼを食べても良い?種のあの成分に要注意!

    犬はさくらんぼを食べても良い?種のあの成分に要注意!

    犬は一日に15グラム、およそ3粒のさくらんぼの実を食べることができます。適量以上に食べた場合には、消化不良や糖分の過剰摂取を起こすため注意が必要です。また、種や葉、鼻には中毒成分が含有しているため、犬には食べさせてはいけません。他にも犬に与える際に気を付けた方が良い果物は、ぶどう、プルーン、柑橘類、アボカド、ザクロ、イチジクなど多岐に渡ります。注意が必要な果物を食べた際には、動物病院を受診することをおすすめします。 この記事では、犬と果物について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2019.01.11

もっと見る