「St.Elmos」の記事一覧

  • 人気の超小型犬の犬種や性格、特徴は?豆柴やティーカッププードルは?

    人気の超小型犬の犬種や性格、特徴は?豆柴やティーカッププードルは?

    人気の超小型犬種には、チワワやヨークシャーテリア、マルチーズ、トイ・プードル、ポメラニアンなどがいます。超小型犬よりも遥かに小さい豆柴やティーカッププードルも人気が高いですが、公認犬種ではなく、健全な発育という面から推奨されていない場合もあるようです。 今回は、人気の超小型犬について、詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2021.01.05

  • 犬がブルブル震える理由って何?震えで伝える愛犬のメッセージとは?

    犬がブルブル震える理由って何?震えで伝える愛犬のメッセージとは?

    犬は震える事で訴えたい事や、体調不良などを表現します。 犬の震えは、感情表現、病気、怪我、寒さ、怒り、老化現象、低血糖など理由は様々あります。 震える理由が何なのかを探り、原因を取り除いてあげることが大切です。 犬の震えと痙攣の区別がつかない方も多くいますが、実際の痙攣は身体の硬直や、目をむきだし、意識を無くす、など間違える事が無いくらいに特徴的なので痙攣の特徴も知っておくと安心です。 犬の震えの理由について、一つずつ確認してみましょう。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.12.25

  • 犬の血液型について解説。性格は変わる?輸血の時は血液型が深く関わる!

    犬の血液型について解説。性格は変わる?輸血の時は血液型が深く関わる!

    犬の血液型は人間とは異なり、DEA型という8種類以上の犬赤血球抗原の陽性・陰性を用いて判定されます。犬の血液型が重要になる場面は、事故や病気など何らかの血液不足による輸血の際です。輸血をする際には、輸血する血液とされる犬の血液型が適応しているかどうかを様々な検査をして判定しなければ、副作用で死に至ることも有り得ます。犬の血液型や、輸血について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.12.14

  • ブリュッセルグリフォン、ベルジアングリフォン、プチブラバンソンは違う犬?

    ブリュッセルグリフォン、ベルジアングリフォン、プチブラバンソンは違う犬?

    ブリュッセルグリフォン、ベルジアングリフォン、プチブラバンソンは、毛色や被毛の長さが異なる3犬種です。ブリュッセルグリフォンはレッドの長毛、ベルジアングリフォンはブラックの長毛、プチブラバンソンはレッド、ブラックなどの短毛を持ちます。 ルーツが同じため、3犬種を同一犬種として扱う国、すべて違う犬種として扱う国など、犬種の区分はその国によって様々です。3つの犬種の歴史や違い、多い病気など詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.12.02

  • 犬の多頭飼育崩壊とは、どんな状況?陥りやすい状況と多頭飼育崩壊の問題点

    犬の多頭飼育崩壊とは、どんな状況?陥りやすい状況と多頭飼育崩壊の問題点

    犬の多頭飼育崩壊とは、多数飼育(多頭飼い)し、その飼育が不可能になった状態を言います。多い例では飼育数が50匹を越えていることもあります。多頭飼育崩壊はブリーダーや犬取扱業者、一般の飼い主など、どんな人でも起こす可能性があります。犬の多頭飼育崩壊に陥ると、病気の蔓延や乱繁殖、騒音、異臭、不衛生な環境などを起こし、近隣トラブルに発展することも少なくありません。 多頭飼育崩壊を起こさないためにはどうすれば良いのかなど、犬の多頭飼育崩壊について詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.11.06

  • 犬の「伏せ」のしつけ方法のポイントは?声掛けは英語でもOK?

    犬の「伏せ」のしつけ方法のポイントは?声掛けは英語でもOK?

    床にお腹をつけ、腹這いの状態になる「伏せ」は、「おすわり」よりも長時間犬の行動を抑制できるため、生活の中で役に立つ基本のしつけの一つです。 伏せは服従性の高いポーズのため、リーダーと認められた飼い主が行う必要があります。 そのため、伏せが出来ない場合には飼い主との関係性を見つめ直す必要もあります。 伏せのコマンドの声掛けは日本語・英語のどちらが良いのか?伏せが出来ない場合に考えられる原因は?など、伏せのしつけにまつわることを確認してみましょう。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.10.26

  • 犬が散歩中に歩かない理由はこの6つ!実はやってはいけないあのしつけ方法

    犬が散歩中に歩かない理由はこの6つ!実はやってはいけないあのしつけ方法

    犬が散歩中に歩かない状況になったことは、多くの飼い主が経験しているでしょう。その原因は、恐怖や散歩の疲れ、怪我や病気、過去の嫌な経験から、新しいリードやハーネスが気に入らないなど多岐に渡ります。 犬が歩かなくなってしまった際には、犬を抱っこする、散歩のルートを変える、散歩の時間を変えるなど様々な方法で対策を取ることがおすすめです。 犬が散歩中に歩かない状態になった時の対処法や、やってはいけない対処法、役立つしつけなど、詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.10.22

  • 【関東】愛犬とお出かけの秋!お出かけスポット5選とマナーをご紹介。

    【関東】愛犬とお出かけの秋!お出かけスポット5選とマナーをご紹介。

    秋は犬が苦手な暑さ・日差しなどの気候も落ち着き、犬連れにとってはお出かけに最適な季節です。 いつもの散歩だけでは無く、普段は中々行けない少し大きな公園などにお出かけしてみてはいかがでしょうか? 関東でも犬も子供も、みんなが楽しめる場所が沢山あるんです。 お出かけの際は、持ち物やマナーもしっかり確認して万全の態勢で行きましょう。 関東地域のお出かけスポットをご案内します。 今年の秋は、家族で犬連れお出掛けしましょう。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.10.21

  • チワワの飼い方!性格、しつけの方法は?スムースコートの方が抜け毛が多い?

    チワワの飼い方!性格、しつけの方法は?スムースコートの方が抜け毛が多い?

    チワワは超小型犬の代表で、犬種登録数の上位をキープする人気犬種の一つです。チワワはスムースタイプとロングコートタイプの二種類に分類され、寒さに弱く、骨折や膝蓋骨脱臼などの怪我も多いため、生活と飼い方をしっかり整えてあげることが必要です。また、気が強い性格のため、飼い方やしつけに注意しないとリーダーが逆転してしまうことも多いです。チワワとはどんな犬なのか、飼い方や注意しなければいけない点はなにか、ご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.10.12

  • 犬が人見知り・人慣れしていないと起こる危険5つ!愛犬の人見知りを改善する方法

    犬が人見知り・人慣れしていないと起こる危険5つ!愛犬の人見知りを改善する方法

    犬が人見知りする理由には、警戒心や驚き、うるさいから、臭いなど様々な理由があります。中には、過去に人に危害を加えられたトラウマから人見知りを起こしているといったケースもあります。人見知りをする犬の場合、初対面の人を攻撃してしまったり、預けることができなかったりと生活するうえで不便なことや、震災などの際に肩身が狭くなるなどの弊害もあります。この記事では、人見知りの犬の特徴と改善方法ついて詳しくご紹介します。

    続きを読む

    St.Elmos

    2020.09.24

もっと見る


記事に関するお問い合わせはこちら