秋を先取り☆犬と一緒に秋を楽しむ!!梨って食べても大丈夫なの?

2016.08.12

秋を先取り☆犬と一緒に秋を楽しむ!!梨って食べても大丈夫なの?

我が家の愛犬は梨が大好物! 犬は、皮をむく音・果肉をカットする音にも反応するくらい、果物や野菜が大好きです。夏から秋にかけて、美味しい果物がたくさんです。大好きなものだから、愛犬と一緒に楽しみたいですよね。 これから秋までが旬の果物となる「梨」って犬が食べても大丈夫なものなのでしょうか??

focebookシャア
ツイート

梨の栄養効果

梨

梨は人間にも犬にも安全な食べ物です。(熟成したものに限ります)
梨ってどんな果物?
食べることによってどんな栄養効果があるの?
気をつけるべきことは?
など、しっかりと理解したうえで愛犬に与えたいですよね。犬にとって、「梨」とはどのような栄養効果があるのでしょうか?それでは早速みていきましょう。

○梨は90%近くが水分なので、利尿作用があります。利尿することでからだの老廃物を排泄を促す効果があります。

○梨にはビタミンB1,B2,Cが少量しか含まれていませんが、消化酵素を含むためたんぱく質を分解する働きがあり消化を促してくれます。

○梨はカリウム・鉄分を少量含みますが、カリウムはナトリウムを排出し、血圧を下げたり体液濃度を調整する働きがあります。筋肉のエネルギーを作るにもカリウムは必要です。そのままで食べられる梨は、カリウムを得るには最適です。
(カリウムは熱に弱いので調理するとなくなってしまいます)

○梨はアスパラギン酸を少量含みます。これは疲労回復に効果があるので暑い夏、残暑厳しい秋口まで犬にはありがたい栄養分ですね。


梨の栄養成分100gあたり

02-1

・水分約90%
・エネルギー43kcal
・炭水化物11.3g
・食物繊維0.9g
・たんぱく質0.3g
・カルシウム2mg
・カリウム140mg
・ビタミンC3mg

梨の栄養成分を見ていただくと、犬にとっての栄養効果が納得できると思います。これは人間にとっても同じことがいえますね!
今年は特に秋口まで暑さが厳しいと言われています。あまり水を飲まない犬には梨がおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宮本椎

宮本椎

たくさんのわんこに ”もふもふ” される毎日を夢見るわんこ好きです。かわいい動きを見ているのが好き・アイコンタクトでお話することが好き・一緒に遊ぶのが大好き! 30年前に初めて犬を飼って以来、その魅力にすっかりハマりました 現在はゴールデンレトリバー・女の子と暮らしています

関連するキーワード