老犬を自宅でシャンプーする時のコツや注意点

2017.02.20

老犬を自宅でシャンプーする時のコツや注意点

私は海に囲まれた地域に住んでいて、愛犬とビーチにお出かけすることも多いのですが、大型犬なので海で遊んだ後にシャンプーするのは結構大変です。 また、愛犬2匹のうち1匹は老犬に近づいているので、自宅でシャンプーする時は、さらに大変です。 自宅で老犬のシャンプーをする時のコツや、注意点などを調べてみましたのでお伝えします。

focebookシャア
ツイート

老犬を自宅でシャンプーする時は

老犬を自宅でシャンプーする時は

老犬は、足腰が弱まりや筋力が落ちているので、シャンプー自体負担になる場合もあります。
また、トリミングサロンが好きではないワンちゃんだと、さらに精神的負担が加わることになり、老犬にとってはつらい状況になります。
トリミングに連れていけない老犬は、自宅でシャンプーすることになりますが、飼い主さんが洗うのが難しい場合は、出張サービスを行っているトリマーさんに来てもらうのもいいですね。
気になる出張トリマーさんの料金ですが、小型犬5000円〜大型犬10000円+出張費のところが多いようです。
トリミングサロンやサービス内容・老犬の状態や自宅の状況などによって料金は変わりますので、気になるお店がありましたら、頼む前に直接問い合わせてみるといいですね。
近くに出張トリマーさんがいない場合、自分で洗うしかありませんね。
自宅で老犬をシャンプーする時のコツをお伝えします。


自宅で老犬をシャンプーするコツ

自宅で老犬をシャンプーするコツ

老犬のシャンプーを自分で行う場合は、事前の準備が大切です。

*シャンプー前にすること

・浴室内を温めておきましょう
自宅のお風呂場でシャンプーする時は、前もって浴室内の壁や床にシャワーでお湯をかけたり、浴槽があればぬるめのお湯をはって、温度差を感じないようにしておきましょう。

・ブラッシングしておきましょう

老犬の体全体をブラッシングしておきましょう。
シャンプー時にスムーズに洗うことができますし、毛が抜けて浴室の排水溝がつまるのを防ぐことができます。
ブラッシング中に毛玉を見つけたら、ハサミなどで切っておきましょう。

・道具を揃えましょう

老犬を洗い始めてから、シャンプーに使う道具を探すのはいけません。
スタート前に、必要な道具は用意しておきましょう。
犬用シャンプー剤・ブラシ・滑り止めのタオルやシート・タオル・ドライヤーなどの準備が必要です。

*シャンプー中の注意

用意が整ったら、老犬をシャンプーしましょう。

・滑る床に注意

浴室の素材によっては、滑りやすくなってしまいます。
老犬の足元には滑り止めのマットやすのこ、バスタオルを一枚敷くようにしましょう。

・リードで繋ぎましょう

いつも可愛がっている愛犬でも、シャンプー嫌いな子は暴れることもあります。
老犬の安全のためにも、濡れてもいい首輪とリードをつけてシャンプーしましょう。
シャンプー時は両手で支えた方がいいので、リードは水道の蛇口やドアノブなどしっかりした場所につなぐといいですね。

・スワレやフセの状態にしましょう

老犬を立ったまま洗うのは、体の負担もあったり不意に動いて、飼い主さんの足を踏んだりすることもありますので、できるだけ安定した姿勢で洗うようにしましょう。
スワレやフセで待たせて洗い、お腹側を洗うときだけ立たせるなど、老犬の負担ができるだけ少なくなるようにするといいですね。

・シャンプーのコツ

シャンプー時の温度はぬるめのお湯にして、シャワーヘッドを老犬の体にくっつけるようにすると水はねも少なくしっかり洗い流せます。
顔が濡れるのを嫌がる場合は、シャワーで水をかけないで、スポンジなどでなでるように洗いましょう。
シャンプーは予洗いと本洗いの2度行い、毛先だけでなく皮膚の汚れもしっかりとるようにしましょう。

*シャンプー後

シャンプーが済んだら、温度差で冷えないように素早く体を乾かしましょう。
タオルドライの後、嫌がらなければドライヤーを使いましょう。
ドライヤーは体から30センチほど離して使い、火傷をしないように手早く動かして乾かしましょう。


まとめ

老犬を自分でシャンプーするときのコツ

老犬を自宅でシャンプーする時のコツや注意点についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?
老犬の体に負担がないように自宅でシャンプーして、いつまでも元気に過ごしてほしいものですね。



– おすすめ記事 –

・愛犬が老犬になった時どうする?犬の介護について
・老犬になったら散歩はどうすればいいの?
・老犬介護士という仕事について。そして愛犬の老後に向き合うためには
・何が必要?便利で使いやすい老犬介護グッズとは?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カリーナ

カリーナ

動物好きな親の影響で、子どもの頃からずっと犬がいる生活をしていました。 これまで飼ったペットは、犬5匹・猫3匹・鶏8羽です。 現在は大型犬2匹と人間7人で、にぎやかに暮らしています。

関連するキーワード