【猛暑が犬の命を奪う】暑い車内に犬を放置したらどうなるの…?実験映像から見る熱の怖さ

2017.07.02

【猛暑が犬の命を奪う】暑い車内に犬を放置したらどうなるの…?実験映像から見る熱の怖さ

ワンちゃんを夏の車内に置いてきぼりにしたらどうなると思いますか?夏の日差しが強く差し込む密室・・・そこはまさに地獄のような暑さ。そんな熱の脅威を実感出来る実験をイギリスの「Dogs Trust」が行ったのでご覧ください。

focebookシャア
ツイート

暑い日に車内に閉じ込められたら、どれくらいで命に関わる問題に繋がると思いますか?

夏の車内は、密室の場合約50度近くまで気温が上がります。そんな中に閉じ込められたひとたまりもありませんよね。それは犬でも同じこと。むしろ、犬は暑さに弱いですしもっと危険性が高まります。

「ちょっとだけだから。」
その考えで大切な愛犬の命を奪いかねないんです。

イギリスにある犬を保護する最大の団体「Dogs Trust(ドッグス・トラスト)」が行った実験から熱の怖さを感じることができます。

氷で出来た大型犬サイズのワンちゃん。

1

車内の熱でみるみるうちに解けていきます。

2

何分で溶けていくのでしょうか・・・

3

約20分で氷が解け、最後に残ったのは真っ赤な首輪ひとつ。

4

【動画はこちら】

あなたは何を感じましたか?

これは屋外ではありませんし、氷ですから実際の状況とは異なります。ですが、夏の車内がどれだけ危険であるかみなさんに伝わったかと思います。

Dogs die in hot cars
(犬は暑い車で死ぬ)

最後に表示される「Dogs die in hot cars」は決して大げさなことではありません。
そして、その命を守ることは難しいことではありません。

暑い時はワンちゃんとのお出かけを控え、涼しいところでお留守番をさせてあげるだけです。
夏は人も犬もしんどい季節です。暑さと上手に付き合い、この夏も元気に乗り切りましょう!

提供・参照:https://www.dogstrust.org.uk/

– おすすめ記事 –

・愛犬を暑さから守ろう!暑い夏を快適に過ごせるグッズとは
・愛犬を夏バテから守ろう!夏バテのサインと対策は?
・犬の熱中症は命に関わる恐い病気!症状・対策方法、ご存知ですか?
・暑い時や寒い時、犬の体温調節にも気を配りましょう!


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
阪本 恵奈

阪本 恵奈

お散歩嫌いで弱虫、食べることと寝ることが大好きな10才のチワワとのんびり楽しく暮らしています。マイペースで自由気ままなワンちゃんとの様子、情報を伝えていきたいと思います!!他にも小動物が好きで、インコ・ハムスター・ウズラなどさまざまな子たちと暮らして来た、動物大好き阪本です☆

関連するキーワード