サイズ合わせとまめな交換が一番大事! ワンちゃんのおむつの選び方・換え方

2017.08.15

サイズ合わせとまめな交換が一番大事! ワンちゃんのおむつの選び方・換え方

シニアのワンちゃんがトイレシートに排せつをしないようになったら、失敗した排せつをお片付けするペットオーナー様のストレス軽減のためにも、ワンちゃんに早期にオムツを導入することをオススメします。今回は、シニアドッグのためのおむつの選び方、換え方をご紹介します。

focebookシャア
ツイート

シニアになるとトイレではないところに排せつをしはじめます

私の愛犬、キャンディス(トイ・プードル♀不妊手術済、14歳8カ月)がいつもオムツをあてるようになり、1年が経とうとしています。
子犬の頃からあまりトイレを失敗したことがなく、必ずトイレシートの上にしていたので、まさかオムツをする日が来るとは思っていませんでした。
ある日、ソファに大きなシミがあり、ニオイをかいでみると明らかにオシッコでした。少量なので、オーストラリアン・ラブラドゥードルのアニィのものではありません。(もしかしたら息子が……?)と一瞬、当時6歳だった息子を疑ってしまうほど、キャンディスは見た目普通だったのです。
ソファには上がれなくなっていましたが、ソファに階段を付けることにより、お気に入りの場所には自由に上がれていました。

02
<ソファに付けた階段。シニアドッグ用のものが市販されています>

(たまには、キャンにだって失敗はあるか……)とその日はオシッコを片付けて、特に何もしませんでした。

あまえんぼワンちゃんステップシリーズ

ワンちゃんがソファーやベッドから飛び降りる動作は、足腰の負担となり脱臼や骨折などにつながる可能性があります。膝を痛めやすい室内の小型犬のワンちゃんや、歳をとったワンちゃんに特におすすめです。

購入



徘徊→トイレの失敗が多いパターンのようです

当時、キャンディスは歩きながらぐるぐると旋回したり、あてもなく徘徊したりするようになっていました。徘徊しているうちに、自分が今、どこにいるかわからなくなり、オシッコが我慢できなくなり、排せつをしてしまっているようでした。
オムツをしたら余計にボケるのではないだろうか……
そんな不安もありましたが、息子の友達がしょっちゅう遊びに来るわが家。あちこちに排せつをされると、衛生上あまりよろしくないので、オムツを導入することにしたのです。


オムツは胴周りのサイズを計ってください

オムツは、男の子か女の子か、ダックスフンドのように胴長の体型か、シー・ズーやトイ・プードルのように毛がモコモコなのか、それともフレンチ・ブルドッグのように毛が短いのかによって、選ぶオムツが変わってきます。
まずは、ワンちゃんの胴周りのサイズを計ってください。どのメーカーも、
●胴周り
●体重
でオムツのサイズを分けています。大きすぎると脱げてしまって意味がありませんし、きついとワンちゃんが辛い思いをしますので、胴周りだけは合ったものにしてください。多少の調節はききますので、例えば
●SSS 胴周り15~25cm
●SS 胴周り 20~30cm
で、ワンちゃんの胴周りが24cmだった場合は、大きいSSを購入することをオススメします。胴周りをオムツのベルトで締めてもゆるかったら、ガムテープなどで脇をつまんでサイズを調節しましょう。最初の一枚は、経験豊富な店員がいるペットショップや、かかりつけの動物病院に相談してから購入してもいいでしょう。


実際にオムツをはかせてみましょう

私が実際にやっているオムツ交換をご紹介します。

<用意するもの>

●おしりふき(人間の赤ちゃん用のものでかまいません)
●泡状のふきとりフォーム(陰部の清浄に使います)
●オムツ
●下に敷くペットシーツか新聞紙
●脱がせたオムツを入れるビニール袋
ワンちゃんのオムツ換えキットを、100均で売られているケースなどにまとめておくと便利です。

ペット用ウェットティッシュ 80枚入

ウェットティッシュでペットが気持ち良いさわり心地に!
汚れを拭き取る以外に、美容成分が豊富に含まれているのでお肌の状態を健やかに保ちます。
ふんわりとソフトなのでお肌にやさしく汚れが拭き取れます。保湿成分配合。ノンアルコール。

購入


ペットキレイ 除菌できる ふきとりフォーム 本体 250ml

ペットの体に直接つけられ除菌ができる。汚れもバイ菌もすっきり。ペットがなめても安心植物生まれ成分。ペットの肌に優しい低刺激タイプ。

購入


ずっとね 老犬介護用 紙おむつシリーズ

高性能ポリマーが尿を瞬間吸収。伸縮バンド仕様で動いても尿のモレを防ぎます。サイドギャザーで横モレをガード。簡単装着できるしっぽ穴付。付け直しが簡単なウエスト調節テープ。表面は白色仕様。

購入


01
<100均のケースに、オムツ、ビニール袋、おしり拭き、ふきとりフォーム、敷くためのペットシーツ(新聞紙でもOK)を入れています>
03
<新聞紙などの上にワンちゃんを乗せて立たせるか寝かせて、おしり拭きにふきとりフォームを出します>
04
<ふきとりフォームが付いたおしり拭きで陰部から肛門へ、つまり前から後ろにぬぐいます。肛門から陰部、つまり後ろから前に拭ってしまうと雑菌が陰部に入る恐れがありますので、必ず前から後ろにぬぐいます。もう1枚、もしくは2枚使って、おしり拭きに汚れがつかなくなるまでやさしく拭きます。ゴシゴシこすらないようにしましょう>
05
<ワンちゃんのしっぽをオムツの穴に通します>
06
<オムツのベルト(テープ)を留めます>
07
<オムツのきつさを指1本入るくらいに調整します。汚れたオムツを捨てて片付ければ完成です>

オムツは、オシッコなどで汚れた都度換えられるのが理想ですが、ペットオーナー様が働いている場合などはなかなかそうもいきません。長時間対応のオムツを選びましょう。ウンチをしたことに気付いたら必ず換えてください。
ワンちゃんのおしりはまめに洗うのがベストですが、ペットオーナー様が働いている場合などは難しいかもしれません。ふきとりフォームでオムツ交換の都度やさしくぬぐってください。かかりつけの動物病院で化膿止めを処方しておいてもらって、陰部やおしりの穴がただれていたら塗ってあげましょう。ワンちゃんの体調を見ながら、できれば2週間に一度は洗ってあげたいけれど、難しいならふきとりフォームで対応しましょう。
シニアドッグの介護は、「~しなければならない」「~しないとかわいそう」という考えを捨ててください。ペットオーナー様がストレスなく、笑顔で介護するのが、ワンちゃんにとって一番幸せなことなのです。



– おすすめ記事 –

・老犬のおむつ、みんなどうしてる?
・【おすすめ商品】ユニ・チャームペット「マナーウェア」で愛犬とのお出かけを楽しく快適に♪
・老犬がトイレを失敗する理由と対策!お漏らししても楽しく過ごしたい飼い主さんへ
・シニア犬のベッド、ポイントは清潔・サイズ・材質!愛犬にピッタリなベッドの選び方を解説


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
石原 美紀子

石原 美紀子

青山学院大学卒業後、出版社勤務を経て独立。犬の訓練をドッグトレーニングサロンで学びながら、愛玩動物飼養管理士1級、ペット栄養管理士の資格を取得。著書に「ドッグ・セレクションベスト200」、「室内犬の気持ちがわかる本」(ともに日本文芸社)、「犬からの素敵な贈りもの」(出版社:インフォレスト) など。愛犬はトイ・プードルとオーストラリアン・ラブラドゥードル。

関連するキーワード