飼い主との永遠の別れ…悲しみに暮れるピットブルを救ったのは、ひとりの宅配ドライバーだった

2018.03.01

飼い主との永遠の別れ…悲しみに暮れるピットブルを救ったのは、ひとりの宅配ドライバーだった

あなたの家の愛犬や愛猫は、家族以外の人にどう接しているでしょうか。家族にしか心を開かない犬も、それはそれで愛しいものですし、お互いにたった1人と1匹の関係も楽しいものです。けれども、本当にそれで良いのでしょうか?人生、何が起こるかは分かりません。どんなに愛していても、どれほどの絆があろうと、最後まで一緒にいられるとは限らないのです。愛する主人を失ったピットブルのレオを救ったのは、大好きなあの人でした。

focebookシャア
ツイート

カリフォルニア州のとあるマンションで、大好きな飼い主ティナさんとその息子キャノンさんと幸せに暮らしていたピットブルのレオ

彼には、家族以外にも大好きな人がいました。

名称未設定 1

それは、宅配ドライバーのケイティさんです。
マンションにケイティさんのトラックがやってくると、レオは激しく吠え、彼女のもとに駆け寄り、熱烈に歓迎するのです。

ティナさんと散歩をしているレオを見かけたケイティさんが、立ち止まってレオを撫でたのが二人の出会いでした。犬好きのケイティさんは、大抵のお客さんとは、そうやって話すようになるのだそうです。

その後もレオの愛は変わらず、たとえ配達がなくとも、マンションの前を通るケイティさんのトラックを見つけると必ず、吠えて追いかけてくるほどの熱愛ぶりでした。

3

レオはひとしきりケイティさんを歓迎した後、いつも彼女のトラックの運転席に乗り込むのが決まりでした。
「もう行かなきゃっていう時になっても、動こうとしなかったわ」とケイティさん。ケイティさんもまた、レオをとても可愛がっていました。

そんな日々が1年ほど続いたのち、レオの暮らしに大きな変化が訪れました。

5

飼い主であるティナさんが急死してしまったのです。

ケイティさんはしばらくティナさんの死を知らず、マンションの前で荷物を運び出す息子のキャノンさんを見ても、引越しをするのだと思って手を振って見送りました。
実は、ピットブルであるレオを嫌うマンションの人たちとティナさんたちは、以前からあまり良い関係になかったのです。

ティナさんと連絡がつかなくなったことに気づいて初めて、ケイティさんはFBで彼女の死を知りました。

ケイティさんがすぐに案じたのは、レオのことでした。キャノンさんが海兵隊に入隊しており、近々訓練に出ることを知っていたからです。

6

ケイティさんはすぐにキャノンさんに連絡し、訓練の間レオを預かりたいと申し出ました。可愛いレオを、シェルターに送りたくはなかったのです。
キャノンさんはそのお願いを快諾し、レオはケイティさんの家で、3頭の先住犬と共に暮らすことになりました。

ケイティさんの心配をよそに、レオはすぐに先住犬たちと打ち解けたそうです。

8

飼い主のティナさんを失ったレオの悲しみは癒えたわけではありませんが、少しずつ立ち直ろうとしています。そんなレオをケイティさんが愛し、手を差し伸べてくれたことを誰よりも喜んでいるのは、ティナさん本人なのではないでしょうか。

●あわせて読みたい
配達員の毎日のお仕事を癒してくれるのは4本足のお客様。配達員たちの投稿写真に読者もほっこり

郵便配達員の毎日の仕事を癒してくれるのは…配達先にいるモフモフのワンちゃんたちでした!アメリカで荷物の配達員の仕事をするショーンさんが作ったフェイスブックページ「UPS Dogs」には、配達員にしっぽを振り、温かい挨拶をしてくれるワンちゃんたちの究極にかわいい姿が投稿され、話題になっています。

記事はコチラボタン

<参考サイト>
thedodo.com



– おすすめ記事 –

・「私は生きたい!」生まれたその日に安楽死を勧告されたピットブルの赤ちゃんの物語
・笑顔が似合う犬と言ったら、ピットブルテリアの「ミートボール!」
・【感動】大好きな飼い主に最後のお別れを伝えにきてくれた奇跡のエンジェルドッグ。
・宛先不明の手紙に返事を書いた郵便局員の行動に世界中が感動


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileわん部

PetSmileわん部

わんこ大好きPetSmileわん部です。わんちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪

関連するキーワード