狭いケージで前足が変形…痛む足をかばい懸命に生きるワンコに救いの手が!

2018.09.12

狭いケージで前足が変形…痛む足をかばい懸命に生きるワンコに救いの手が!

ある動物保護団体により救出されたワンちゃんは、見るからに不自然な格好でした。レントゲンを撮ると、彼の足の骨が変形してしまっていることが発覚。彼を診た獣医師によると、どうやらピングは長い間小さすぎるケージの中に閉じ込められていたとのこと。そのせいで骨や筋肉などが変形してしまったというのです。奇跡的にも命を取り留めた彼は今、新しい家族を探しています。

focebookシャア
ツイート

犬,救出

シカゴの道端を歩いているところを発見され、救出された1匹のワンちゃん。ボーダーコリーとラブラドールレトリバーの雑種である「ピング」は、その後、動物保護施設Wags 2 Wishesへと連れていかれました。

生後9ヶ月と推定される彼を一目見て誰もが気づいたのは、彼の歩き方が不自然だということ。まるで、足の肉球を地面につけるのを避けるかのように動いていたのです。

そして、彼の体は標準体重よりも約10kgも痩せ細っていました。

犬,救出

ピングと名付けられたワンちゃんは獣医師の元へ。そこで撮ったレントゲンに映ったのは、変形した足の骨…。

獣医師によると、ピングは長い間小さいケージに閉じ込められていたのではないか、とのことでした。彼の体の大きさには合わない小さすぎる檻の中で長い間生活をしてきた為に、骨や筋肉、靭帯などが適切に成形されずこうなってしまったというのです。

犬,救出

奇跡的にまだ動ける状態のまま救出されたピングですが、後ろ足を動かすのはかなり痛い様子。その足を避けるように動こうとしますが、前足の骨は変形し曲がってしまっている為うまく歩けません。

「ピングは路上に捨てられるまで、ひどい環境下で育てられてきたようです。彼のような犬を救出する度に胸が痛みます。」そう話すのはWags 2 Wishesの設立者であるテリーさん。

犬,救出

テリーさん達は、奇跡的にも命を救うことのできたピングの状態を少しでも良くしてあげたいと頑張っています。

まずは変形してしまった前足。前足にギプスをはめることで、骨を正しい位置にもっていく効果を期待しています。そして、後ろ足の痛みを何とかして和らげ、それに成功したら理学療法を使い歩くリハビリを行う予定とのこと。

今のところ、ピングはとても協力的で嫌がることなくテリーさん達による療法を受け入れているようです。

「救出されるまで人間にひどい目にあわされてきたというのに、ピングはとっても人懐っこいんです。とってもフレンドリーだし愛着もある。彼の優しいハートまでもが奪われなかったことが奇跡だわ。」

犬,救出

現在、ピングはテリーさんの家にて、他の5匹の犬と1匹の猫と共に生活をしています。まだうまく歩けない彼は、トイレに行くにも誰かに抱っこして連れていってもらわなければなりません。
しかし、こんな障害を持つピングにも必ず新しい家族が見つかるだろうとテリーさんは信じています。

「彼は今はとっても幸せそうに暮らしています。彼がうまく歩けるようになり他の犬達のように走り回れる日がやってくることを願っているわ。」

<参考サイト>
dailymail



– おすすめ記事 –

・突然飼い主が亡くなった時、残された犬はどうなる…?重い鎖に繋がれた一匹の犬の救出劇
・【よかったね】飼い主の仕事中に迷子になった犬。危機一髪のところ道路から救出され、飼い主と感動の再会を果たす
・【衝撃画像注意】片耳がちぎれ痛みで泣き叫ぶ子犬。小さな子犬の感動の救出劇
・もう一度走り回りたい!生まれつき両前足がない犬が諦めず車椅子に挑戦する姿に感動


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yukoyosshi

yukoyosshi

昔から動物が大好きで、野生動物や自然が多いオーストラリアに留学。現在もオーストラリアにて生活を送っています。家では犬や猫やその他の動物も飼っていて、中でも12年も生きた柴犬のミミとはバディな関係でした。

関連するキーワード