【ドッグトレーナー監修】失敗しても怒らないのが重要!簡単 犬のトイレのしつけ方法

2019.12.03

【ドッグトレーナー監修】失敗しても怒らないのが重要!簡単 犬のトイレのしつけ方法

基本的に犬のトイレのしつけは子犬のうちに行いたいものですが、保護犬で迎え入れた時には、既に成犬であったり、引っ越しの関係でトイレが変わったりと、成犬であっても粗相をしてしまう犬はたくさんいます。粗相をする原因をしっかりと理解して気長にトイレのしつけを行いましょう。

【目次】
1.基本的な犬のトイレのしつけ方法
 1-1.サークルの中にトイレとトイレシーツを用意する
 1-2.トイレのタイミングでサークルに入れる
 1-3.おしっこをしたら褒める
 1-4.トイレトレーのみでもできるようにする

2.犬のトイレのしつけで大切なこと
 2-1.失敗させず、成功に導く事
 2-2.粗相をしても絶対に怒らない
 2-3.気長にしつけをする
 2-4.犬がトイレだと間違えやすいものは排除する

3.犬のトイレのしつけがうまくいかないときに利用したい便利グッズ
 3-1.しつけ剤を利用
 3-2.においのついたトイレシーツを利用
 3-3.区切れるゲージもあります。

4.犬のトイレのしつけがうまくいかないときは他の原因を考えてみよう!
 4-1.場所でトイレを判断している?
 4-2.病気で排尿回数が増える
 4-3.子犬の粗相
 4-4.トイレには行くけどどうしてもはみ出してしまう
 4-5.老犬は粗相しても仕方がない場合が多い
 4-6.快適なトイレになっているか?

5.犬のトイレのしつけに関するまとめ

基本的な犬のトイレのしつけ方法

◆サークルの中にトイレとトイレシーツを用意する

サークルを利用してトイレスペースを確保すると犬にとってトイレの場所が把握しやすいので、まずはサークルを準備しましょう。

寝床とトイレトレーが入る十分なサークルの中に、トイレ本体とトイレシーツを準備します。この時に犬がシーツで遊んでしまう場合は、メッシュ付きのトイレを準備してメッシュの下にシーツを敷きましょう。

はじめのうちは、粗相しないように犬より大きいサイズのトイレを準備することをおすすめします。

●おすすめ商品
しつけるトレーXLメッシュタイプ

中型~大型犬用のトイレです。メッシュでペットシーツへのイタズラを防止します。
メッシュカバーと本体トレーの上下2重構造。ピッタリあうサイズのペットシーツは90×60cm。

購入

このサークル内のトイレスペースに布などの柔らかい素材のものにトイレをしてしまっている場合は置かないようにしましょう。犬はふかふかしたような柔らかい素材の上でおしっこをする習性があるので、トイレ以外のものを置いてしまうと非常に紛らわしいです。

◆トイレのタイミングでサークルに入れる

犬がトイレをしそうなタイミングで犬をサークルに入れて、犬がおしっこをするまで扉を閉めておきましょう。
寝起き・食後・興奮後がしやすいタイミングと言われています。
犬がおしっこをしそうな時に「ワンツー、ワンツー」など分かりやすい声かけをしてあげると、いずれ「ワンツー、ワンツー」と飼い主が発したらおしっこをするようになります。

◆おしっこをしたら褒める

犬がおしっこをしたら褒めてあげましょう。犬を褒めてあげることによって、犬は「ここでおしっこをすると飼い主が褒めてくれる」と認識します。

叱るしつけは意味がなく犬の根本的問題行動の解決にはなりません。犬はたくさん褒めてあげることによって印象がつきやすくゆっくりと時間をかけて覚えていきますので、褒めて教えましょう。
成功まで半年を目安にすると良いでしょう。
何度も同じことを繰り返して、トイレを覚えさせましょう。

◆トイレトレーのみでもできるようにする

犬が完全にトイレの場所を覚えたらサークルを撤去してトイレトレーだけにします。サークルが無くなってしまうと環境の変化で失敗してしまうので、トイレトレーまでしっかりと促しトイレトレーでおしっこを自らしたら、褒めてあげましょう。

何度も繰り返すことによって、トイレでほぼ確実におしっこが出来るようになりますが、万が一他の場所で粗相をしてしまった場合は決して怒ってはいけません。


犬のトイレのしつけで大切なこと

◆失敗させず、成功に導く事

トイレのしつけで一番大切なことが失敗させないことです。失敗させないためには、犬が粗相しないようにおしっこができる環境を頻繁に飼い主が作ってあげなくてはいけません。

生後3か月程度の犬の場合は、まだ膀胱の機能が完成していないため、頻繁にトイレのサークルに入れます。目安としては1時間に1度程度サークルに入れてトイレをさせてあげると良いでしょう。

年齢を重ねるごとに徐々にトイレの間隔を延ばしますが、成犬の場合は1日3回程度がトイレの頻度基準となるので、しっかりと覚えるまでは年齢に合わせてトイレに連れて行く頻度を考えます。

特に寝起きや食後は犬がおしっこをしやすいのでタイミングを逃さずにサークルに入れましょう。

◆粗相をしても絶対に怒らない

トイレのしつけで粗相をしてしまった場合に怒ってしまうと、犬は怒られるからと慌てておしっこを他の場所でするようになってしまいます。

粗相をした場合は犬を見ずに静かにたんたんと片づけて何もなかったかのように振舞いましょう。

犬が粗相をした場所におしっこの臭いが残っていると、犬は同じ場所に粗相を繰り返してしまいます。しっかりと臭いがとれるおしっこスプレーで片づけましょう。

●おすすめ商品
シュシュット!オシッコ・ウンチ専用 消臭&除菌 犬用 300ml

ここに商品紹介文を貼り付け(1~2行)

購入

◆気長にしつけをする

トイレのしつけに関わらず、犬のしつけはどんなことでも気長に何度も繰り返すことが大切です。

慌てて教え込もうとしてもすぐに出来なくなってしまうので、ゆっくりと何度も教えてあげてしっかりと覚えさせてトイレの場所を執着させることが大切です。

◆犬がトイレだと間違えやすいものは排除する

犬がトイレだと間違えやすいもの(部分的なラグマットや布製品)は出来る限り部屋に置かないようにしましょう。

カーペットやふかふかした素材のものは犬がトイレだと認識しやすいので、しつけが難しくなる場合もあります。


犬のトイレのしつけがうまくいかないときに利用したい便利グッズ

◆しつけ剤を利用

トイレのしつけスプレー 60ml

いつでもどこでもトイレのしつけをサポートする優れもの!
コンパクトサイズなので持ち運びやすい!
シーツやトイレ砂にニオイをつけて、ワンちゃん・ネコちゃんのトイレのしつけをサポート。スプレータイプで吹きかけるだけなので簡単です。しつけ剤特有のツンとくるにおいをできるだけ抑えた優しい香りです。

購入


会社名 コジマ
製品重量 60ml
材質・素材 特殊尿臭配合液(アンモニア水、尿素等)、香料
製造国 日本

どうしてもトイレのしつけがうまくいかない時は、しつけ剤を利用するのも良いでしょう。

トイレのしつけ剤には、特殊尿臭配合液(アンモニア水、尿素等)が含まれており、犬が臭いを嗅いで上からおしっこをする確率が上がるため、おしっこをしてほしい場所に吹きかけるだけでトイレの場所を犬が把握しやすくなります。

しつけ剤を吹きかけた場所に犬がおしっこをしたら、褒めてあげると、しつけの効果がさらに高まります。

◆においのついたトイレシーツを利用

しつけるシーツ幼犬用 レギュラー 40枚

いたずらざかりのワンちゃんに。ひっかいたり、噛んだりしても破れ難い素材の不織布を使用しています。
「しつけが楽なにおい」付きなので幼犬のしつけにぴったり。使い易いレギュラーサイズ

購入


会社名 ボンビアルコン
サイズ 30×45cm
材質・素材 不織布、粉砕パルプ、高吸収ポリマー
製造国 日本

子犬や成犬でどうしてもしつけに困っている場合は、犬の排尿をそそる香りのついたトイレシーツもおすすめです。

こちらの商品は不織布で破れにくい素材になっていますが、念ためメッシュつきのトイレトレーを使用しましょう。

◆区切れるゲージもあります。

トイレのしつけが出来る ドッグルームサークル ブラウン レギュラー

トイレと住居スペースを区切れるから、トイレの場所を覚えやすい!住居側は横スライドドアで開閉がスムーズ。トイレ側はドアが大きく開き、ワンちゃんの出入りやシーツ交換もラクラク!トイレのしつけ方が良く分かるガイド冊子付。超小型犬~小型犬向き。

購入


会社名 ペティオ
サイズ 約幅124.0×高さ70.0×奥行62.5cm
適応ペットサイズ 超小型犬~小型犬向き
材質・素材 木部:天然木、トレー:ABS樹脂、ロック部:ABS樹脂、フェンス:鉄、固定棒:鉄
カラー ブラウン
製造国 マレーシア

トイレスペースと寝床が区切られているゲージもあるので利用するのに便利です。


犬のトイレのしつけがうまくいかないときは他の原因を考えてみよう!

◆場所でトイレを判断している?

トイレを移動した時、または頻繁にトイレの場所が変わる場合はどうしても粗相をしてしまうことがあります。

これはトイレを場所で判断している可能性があり、今までトイレがあった場所でしてしまった場合は、再度トイレシーツがトイレであると認識させなくてはいけません。根気よく練習をして、いきましょう。

犬が粗相をしてしまった場所についてはおしっこの臭いをしっかりと消して、その上にトイレシーツを敷いてトイレシーツがある場所がトイレであると再認識させましょう。

◆病気で排尿回数が増える

今まで粗相せずにトイレで排尿していたのに粗相するようになった場合は、病気や老化によって排尿回数が増える、または排尿コントロールができない状態になっていることがあります。

そんな場合は決して叱らずに動物病院で検査を行いましょう。

◆子犬の粗相

基本的に子犬は排尿回数と排泄回数が多いため、長時間外出で不在にする場合は帰宅後におしっこやうんちまみれになっていることがあります。

これはどうしようもないことですので、決して叱らずにしっかりと綺麗にしてあげましょう。
出来るだけ多くの関わりを持ち、トイレトレーニングを繰り返していきましょう。

◆トイレには行くけどどうしてもはみ出してしまう

トイレには行くもののどうしてもトイレからおしっこがはみ出してしまう場合は、しつけの問題ではなくトイレのサイズの問題です。

基本的にトイレは犬のサイズより大きいものを選びましょう。

◆老犬は粗相しても仕方がない場合が多い

粗相が多い老犬は認知症などを発症している場合もあります。認知症に限らず病気で粗相してしまう場合は、粗相をして当たり前であることを理解しましょう。

どうしても粗相をしてしまう場合は、環境の改善やマナーパンツを利用するのも良いですね。

●あわせて読みたい
犬の粗相はわざと?原因別の対処法をご紹介します

犬の粗相とは、うんちやおしっこなどのお漏らしである「排泄の失敗」を指すことが一般的です。犬が粗相をする原因は、トイレがわからない、トイレが汚い、精神的に落ち着かない、構ってほしい、分離不安症、老齢など様々なものがあります。粗相をやめさせるには、原因に合わせた対処法を取ることが必須です。 トイレの改善をする、落ち着きを与える、定期的にトイレに連れていく、動物病院を受診するなど、方法は様々です。犬の粗相について詳しくご紹介します。

記事はコチラボタン

◆快適なトイレになっているか?

きれい好きな犬の場合は、少しトイレが汚れているだけでも他の場所で粗相してしまうことがあります。犬にとってトイレが清潔に維持できているか確認しましょう。

長時間の外出などですぐにトイレシーツを交換できない場合は、スーパーワイドサイズなどの大きめシーツを何枚か敷いてあげるのも良いでしょう。また、コジマのハイグレードシーツもおススメです。

●あわせて読みたい
【犬用ペットシーツおすすめ5選】ライフスタイルに合ったトイレ用ペットシーツの選び方!

犬や猫などペットを飼う上で必要不可欠なアイテムの一つとして、ペットシーツがあげられますよね。しかし、一概にペットシーツといってもその種類は様々です。サイズや効果、デザインに至るまで、数えきれない程の商品が販売されています。皆さんは、愛犬やライフスタイルに合ったペットシーツを選べていますか? 今回はペットシーツの構造や選び方、おすすめの商品を紹介していきます。シート選びに悩んでいる方、必見です!

記事はコチラボタン


犬のトイレのしつけに関するまとめ

犬のトイレのしつけについてご紹介致しました。

犬のトイレのしつけの基本は、成功に導く事。トイレが成功したら褒めてしつけをすることです。すぐにトイレを覚える犬もいますが、どうしても覚えられない犬もいるので、気長に試してみてどうしても出来ない場合はトイレトレーニング用品を試してみるのも良いでしょう。

また、病気や老化が原因で粗相をしてしまう場合は仕方がないことですので、叱らずに人間がしっかりと理解してあげましょう。オムツやマナーパットなど、犬がいつでも排尿や排泄ができる環境を作ってあげることも大切です。

※こちらの記事は、ドッグトレーナー監修のもと掲載しております※
●記事監修
drogura__large  ペットの専門店コジマ ドッグトレーナー

ペットの専門店コジマではワンちゃんのしつけでお困りの方に、年齢や状況でコースが選べるマナー教室をご用意しています。経験豊富な講師が飼い主様のお悩みを解決します。

講師をつとめる藤平奈大之は、犬のテーマパークにてドッグパフォーマーとして活躍。他にも出張トレーナーや動物の専門学校の講師、テレビやラジオなどの活動も経験し、現在はペットの専門店コジマ ドッグトレーナーとして「飼い主さまとワンちゃんとのライフスタイルや性格、能力に合わせたトレーニング方法」をスタイルに活動中!

https://pets-kojima.com/manner/

<<ペットの専門店コジマ ドッグトレーナーが監修した記事一覧はコチラ>>



– おすすめ記事 –


・犬のノーリード問題!公園では禁止?ノーリードに潜む危険や注意点は?
・愛犬用お散歩バッグにいれておきたい必需品はコレ!おすすめのバッグもご紹介
・【獣医師監修】犬にも起こる食物アレルギー!対処法や適切なドッグフードは?
・パグの子犬しつけのコツ。噛み癖など気になるポイントまとめ


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
smochijp

smochijp

動物看護士(日本能力開発推進協会/日本キャリア教育技能検定協会)、老犬介護士(日本キャリア教育技能検定協会)、犬の管理栄養士(全日本動物専門教育協会)、ドッグトレーニングアドバイザー(日本ペット技能検定協会)等、動物関連資格を多数保有。大型犬2頭、中型犬1頭、小型犬(保護犬)1頭、猫3頭と暮らしながら、役立つペット関連情報を提供しております。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら