ワンちゃんとの年越し

2015.12.24

ワンちゃんとの年越し

私の働いていた動物病院では年末が近づいてくるとトリミングの予約や、ペットホテルの予約がたくさん入り年末年始はワンちゃん、猫ちゃんに囲まれて大忙しで過ごしていました。 今回はワンちゃんとの年越しについてお話したいと思います。

■トリミング

1

年末が近くなるにつれて新年に向けてワンちゃんも綺麗にトリミングをして迎えたいというお客様が増えてトリミングサロンや動物病院は大忙しです。
その為年末になると病院内もいつもよりバタバタしていたり、シャンプーを待っている子やお迎えを待っている子の声で賑やかになっています。
普通にトリミングをするだけでもワンちゃんにはとても負担がかかる事なのに年末の忙しい時期のトリミングはお預かり時間もいつもより長くなってしまったり、他のワンちゃんが沢山いる事で興奮してしまったりと、いつも以上に負担のかかる事になってしまいます。
体力のない子犬や老犬、持病のあるワンちゃんは体調を崩してしまう事もあるかもしれないので忙しい時期は避け、早めに済ませておくか年明けの落ち着いた時期にする事をお勧めします。


■ペットホテルの選び方

トリミング同様年末年始は旅行や実家が遠い等の理由からペットホテルを利用するワンちゃんも沢山います。
私が働いていた頃も、毎朝何往復ものお散歩から始まり終わりが見えないトイレの掃除にお迎えに来る子のトリミングでゆっくり休憩をしている時間もありませんでした。今となってはとても良い想い出です。
やはり沢山のワンちゃんがホテルを利用する時期でもあるので不安や緊張、急な環境の変化から体調が悪くなってしまうワンちゃんや元気がなくなってしまうワンちゃんもいるので、いつもトリミングで行っているサロンや動物病院等ワンちゃんの性格を理解してくれている所に預けるのが一番です。
高齢のワンちゃんや持病があるワンちゃんはかかり付けの動物病院に預ければ何かあった時にすぐに対応してもらえるので安心です。
ペットホテルを利用する際は必ず前もって予防接種を行い服用しているお薬があれば忘れずに持参しましょう。


■初詣

2

初詣に行くとワンちゃんを連れてお参りしている方を沢山見かけます。
家族の一員であるワンちゃんも一緒にお参りしたいものですよね。
しかし初詣にはたくさんの人が足を運びます。
除夜の鐘にビックリして逃げてしまったりうっかりリードを離してしまい迷子になってしまったなんて事のないように注意しましょう。
混雑している時はワンちゃんが足元にいると蹴られたり踏まれたりする可能性もあるので、できれば抱っこで移動する方が良いと思います。
ワンちゃんを連れて行く際はくれぐれもトイレの後始末も忘れずにしましょう。


■ワンちゃんの体調に注意

3

年末年始でいつもいないはずのお父さんが毎日家にいたり、親戚が沢山来る等いつもと違う環境にストレスを感じてしまい年明けに体調を崩してしまうワンちゃんもいます。
中には普段はドッグフードしか食べていないのに親戚が人の食べ物を沢山あげてしまいお腹を壊してしまったというワンちゃんもいます。
また年末から年始にかけては沢山の食べ物が食卓に並ぶと思います。
こんな時誤食をしてしまうワンちゃんが多くなりますので注意が必要です。
大掃除に年賀状作り、おせち作りとバタバタしてしまいワンちゃんの事まで気がまわらなくなってしまう時期でもあるので年明けに体調を崩してしまわない為にも元気や食欲ウンチの状態等も気にかけてあげるようにしましょう。


■最後に

ワンちゃんには年末年始は分かりませんが、なんとなくいつもと違う雰囲気だという事は敏感に感じ取ります。
皆の楽しい気持ちが伝わり楽しく過ごせるワンちゃんもいますが、神経質なワンちゃんにとってはストレスの溜まりやすい時期でもあるので、体調管理や気持ちのケアをしっかりして元気に新年を迎えられるようにしましょう。

 おすすめ記事 


 年末年始はペットと過ごす!ペットと泊まれる宿特集(北陸・甲信越)


 豊かな自然に囲まれた愛犬家のためのリゾート空間 箱根ハイランドホテル「ドッグフレンドリールーム」


 2015年の秋はワンちゃんとお出かけ三昧!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おぎゆみ

おぎゆみ

子供の頃から動物が大好きで動物関係の専門学校で数々の資格を取得後、動物病院で看護士兼トリマーの仕事をしていました。 飼い主さんとペットが毎日楽しく幸せに暮らしていけることを願って、私の持っている知識、経験を元にいろいろな情報を発信していきたいと思います。

関連するキーワード