犬の炎天下での散歩について~もう一度見直そう!~

2016.07.26

犬の炎天下での散歩について~もう一度見直そう!~

日に日に暑さを増す毎日。朝、あまりの暑さで目を覚ます人も多いのではないでしょうか。私たち人間でさえ、暑さを感じる毎日、平均体温が38℃~39℃の犬にとっては更に暑く感じてしまいます。それでは、よく目にする日中の炎天下の中のお散歩、犬にとってはどうなのでしょうか?その疑問に迫っていきましょう。

focebookシャア
ツイート

犬の炎天下での散歩~暑い夏がやってきた!~

暑い夏がやってきた!

日に日に暑さが増す毎日、街中を歩けば蝉の鳴き声も聞こえています。そうなんです!夏もすぐそこまでやってきました。楽しいイベントが目白押しの夏ですが、一方で熱中症に気をつけなければならない季節でもあります。私たち人間でも、あまりの暑さで目を覚ます人も多く、エアコンなしでは日中の暑さを乗り切れない人も多いはず。それでは、平均体温が38℃~39℃の犬にとっては、夏の暑さはどのように感じるのでしょうか。そして、よく見かける炎天下の中のお散歩って、犬にとっては良いの?いけないの?これから、そんな疑問に迫っていきましょう。 


犬の炎天下での散歩~炎天下のアスファルトはこんなに暑い?!~

炎天下のアスファルトはこんなに暑い?!

気温が30℃を超す炎天下、アスファルトの温度は一体どれくらいか知っていますか?地面を素手で触れば分かるかと思いますが、実は、外気温とは異なりアスファルトは50℃~60℃にも達します。また、私たち人間はアスファルトの上を靴を履いて歩き、体高もアスファルトよりかなり高い位置にあるので、実際には50℃~60℃の温度を感じる事はありません。
 しかし、犬は違います。足の裏にある肉球が、直でアスファルトに当たるんです。また、体高もアスファルトから近いため、犬が感じる温度はかなり高いんです。当然、炎天下の中の散歩は火傷をする可能性もありますし、十分な水分補給を行わないと、すぐに熱中症になる可能性だってあるんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
malulani-o610

malulani-o610

小さい頃から犬に囲まれて育っている大の犬好きです。犬のことをもっと知りたくて、ペット看護師・ペットセラピストの資格を取得し、次は愛玩動物飼養管理士の資格取得を目指しています。ちなみに、今はチワワを飼っています♪

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら