【獣医師監修】猫が海苔を食べたがる!食べさせてあげても大丈夫なものなの?

2019.12.08

【獣医師監修】猫が海苔を食べたがる!食べさせてあげても大丈夫なものなの?

人間の食べ物に興味を持つ猫ちゃんはとても多いですが、「海苔」に興味を持つ子も多いですよね!猫の大好きな魚が生まれ育った、同じ海の藻類から作られる海苔は、どこか磯の香りがして「おいしそう…」と思わず思ってしまうのかもしれません。この海苔、猫が興味を持って食べてしまっても大丈夫な食べ物なのでしょうか?

栄養素たっぷりの食材「海苔」

海苔

海苔はその名の通り「海の苔(こけ)」と書きますが、水中の岩石に苔のように着生することから、藻類全般を表す言葉として使われてきました。

そして食用となる紅藻類や藍藻類の総称として、海苔という言葉が定着していったそうです。

日本語としての「海苔」は、ぬるぬるするという意味を持つ「ヌラ」が語源となって「のり」と呼ばれるようになったとも言われています。

海苔と呼ばれるまでは「紫菜」「神仙菜」などと呼ばれており、後者の呼び名の意味を辿ってみると「不老不死の仙人である神仙の菜」という意味があるそうです。栄養素の詰まった大変貴重な食材であったことがうかがえますよね。

その歴史も古く、日本では奈良時代から海苔が作られていたとも言われているので、人間の食生活に欠かせない栄養源であったのかもしれません。


海苔がもたらす効果

ミネラルをはじめとした、タンパク質や食物繊維、ビタミンやカルシウム、EPAやタウリン、ベーターカロテンやアミノ酸などなど…。海苔にはこれだけの栄養素が詰まっているのですから、体に悪いわけがありませんよね!

これらの海苔の栄養素を摂取することによって、体にどんな変化をもたらしてくれるのでしょうか?

◆整腸作用を促す効果

海苔は3分の1が食物繊維で出来ているとも言われており、凝縮された食物繊維は野菜などに含まれる食物繊維よりも柔らかいのが特徴です。

そのため、海苔を口に含めば唾液で繊維が分解され、胃や腸を傷つけることなく整腸作用を促す働きをしてくれます。

食物繊維を摂取することにより、排泄の手助けやコレステロール値を下げる役割も担ってくれますので、食物繊維は見逃すことの出来ない栄養素であると言えるでしょう。

◆疲労回復への効果

意外かもしれませんが、海苔には豊富なビタミン類が含まれています。
特にビタミンB1やB2は、糖質を効率よくエネルギーに変える働きをしてくれますので、疲労回復の効果も望めます。

◆皮膚の健康維持への効果

海苔にはビタミンCも含まれています。

一般的に熱に弱いとされているビタミンCですが、加熱での調理で栄養素が壊れてしまうことがほとんどですよね。

ですが海苔に含まれているビタミンCは熱に強いため、加熱調理をしたとしてもそのままの栄養素を摂取出来ると言われています。

ビタミンCは健康な皮膚や被毛への維持に必要な栄養素となりますので、とても有難いですよね。

◆エネルギー源となる効果

タンパク質は猫の体を作る上で、もっとも必要な栄養素であるとも言われています。

海苔には2枚程度で、大豆15g相当のタンパク質が含まれているので、猫にとっても有効な食べ物であると言えますよね。

また、肝臓の働きも高めてくれますので、栄養素を上手に体内に取り込む役割を担ってくれることでしょう。

◆骨を強化する効果

カルシウムも豊富に含まれている海苔ですが、2枚程度で牛乳15cc相当のカルシウムが摂取出来ると言われています。

カルシウムは骨や歯を形成する大切な栄養素なので、成長過程の猫には重要な栄養素となりますよね!

カルシウムは他にも骨粗しょう症の予防や、イライラの解消などにも効果を発揮してくれます。

●あわせて読みたい
【獣医師監修】猫の骨折の症状・処置方法は?治療費はどれくらい?

猫は体が柔らかく、筋肉もしなやかです。高い所も好きで、高い所からのジャンプは猫にとっては日常茶飯事ですが、滅多に骨折などをすることはありません。しかし、限界を超えるような高さから落下したり、交通事故にあったりすることで、猫も骨折をすることがあります。猫が骨折する原因や、骨折してしまった時の症状、応急処置方法、治療費などについてご紹介します。

記事はコチラボタン


猫は海苔を食べても大丈夫?

猫どあっぷ

体づくりに必要な栄養素が沢山詰まっている海苔ですが、これだけの栄養満点な食べ物なので、猫が興味を示しているのなら、あげてみたくなっちゃいますよね。

ですが海苔はあくまでも、人間の食べ物となります。

猫と暮らす上で猫に人間の食べ物は与えるべきではないのですが、果たして海苔は猫が食べても大丈夫な食べ物なのでしょうか?

◆少量なら大丈夫

嗜好性の高い猫は、人間が口にしている食べ物に興味を示すことがよくあります。磯の香りがする海苔を食べたがる猫は多く、ついついちぎって与えてしまうこともあるでしょう。

結論から言いますと、猫に海苔を与えるのなら、少量であれば問題ありません。

毎日たくさんの海苔を与えるようなことはせず、欲しがったときにほんの少しだけあげるぐらいがちょうどいいです。

◆心配ならおやつをあげる

「それでもやっぱり人間の食べ物をあげるのに抵抗がある」といった場合には、猫用の海苔のおやつを与えてみてはいかがでしょうか?

猫のために開発された海苔のおやつであれば、あれこれ考えずに気兼ねなく愛猫に与えることが出来ますよね。

●おすすめ商品
猫が海苔を食べたがる!食べさせてあげても大丈夫なものなの?

DHA・EPA豊富ないわしをそのまま使用したよ。食物センイ豊富な青のりにまみれて、海を泳いでいる気分になるよ。青のりつけたら飼い主さんにアピールしよう!撮影大会の始まりだよ!保存料・着色料不使用。

購入

こちらの「ゆるゆるオールスターズ 青のりついてるよ」は、DHAやEPAが豊富ないわしに様々な栄養素が詰まった青のりをトッピング!

この青のりが愛猫の歯についてしまったとしたら…可愛さが倍増してしまうことでしょう!


猫に海苔を与える際の注意点

刻みのり

海苔は少量であれば猫に与えることが出来るので、「早速与えてみたい!」と思っている飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

ただし、海苔を与える際には、いくつか注意すべき点があります。しっかりと注意点を守って、安全に愛猫に海苔を食べさせてあげましょう。

◆味がついていないものを選ぶ

海苔の中には「おかず海苔」と呼ばれる、味の付いた海苔が沢山販売されています。ご飯のお供に食べたり、そのままお酒のおつまみにしたりと、私たちが食べる分には嬉しいかぎりの味付けの海苔ですよね。

でも、猫にとっては味が付いた食べ物は体に悪影響を及ぼしてしまうことが多いです。

塩分過多となり食べ過ぎてしまえば、様々な病気を引き起こしてしまうことになりかねないので、注意が必要であると言えるでしょう。

◆たくさんあげすぎない

海苔だけに限った話ではありませんが、人間の食べ物をたくさんあげすぎてしまうと、健康に害を及ぼす可能性があります。

「海苔は栄養素が豊富なのに、猫の体に害を及ぼすってなんで?」と思われるかもしれませんが、そもそも猫は毎日食べているフードで、1日に必要な栄養素をしっかりと摂取出来ているんですよね。

特に海苔に含まれるミネラルには、カルシウムなどの他にもマグネシウムやナトリウム、リンなども含まれています。これらのミネラルは猫が摂取しすぎてしまうと、結石などの病気の原因となってしまうことが非常に多いです。

適量であれば猫にとってもプラスとなってくれる栄養素ですが、摂りすぎればマイナスへと働いてしまいます。

愛猫の健康を考えるのであれば、たくさん欲しがってきたとしても、分量を守ってあげるようにしてくださいね。

【大切な家族のもしもに備えるムリなくスリムなペット保険】
petfamily_656
>>げんきナンバーワンSlim<< ※一部補償対象外もございます
●あわせて読みたい
【獣医師監修】冬に多い病気の尿路結石に要注意!症状・原因・治療や予防法について

猫の先祖は砂漠出身のため、普段からあまり水を飲みません。水を飲まないために水分不足で尿路結石ができやすい体になります。尿路結石は治療をして完治しても再発しやすい病気のひとつで、特に冬には尿路結石になりやすい傾向にあります。尿路結石の症状や原因、飼い主さんができる予防法はあるのでしょうか。

記事はコチラボタン

◆細かくちぎってあげる

大判の海苔を小さくした際に、そのままあげるのではなく、さらに猫が食べやすいように細かくちぎってあげることも大切ですよね。

猫は食べ物を噛まずに飲み込んでしまうことが多く、大きな塊のまま食べようとしてしまうことでしょう。

海苔は水分を含むと口の中に張り付いてしまうことがあるので、海苔が大きければのどにくっついて呼吸が出来なくなってしまうことも否めません。

他にも塊が大きいままですと、歯や歯茎にくっついてしまい、手や爪楊枝を使って取ることが出来ないので、ストレスになってしまう可能性も高いです。

それらの負担を取り除いてあげるためにも、事前に細かくちぎって、少量ずつ様子を見ながら海苔を食べさせてあげるようにしましょう。


まとめ

毛づくろいする子猫

海藻は栄養価が高く、普段の食事にも積極的に取り入れたい食べ物ですよね。藻類を乾燥させて作られた海苔は、風味も良く様々な料理に彩りを添えてくれる万能の食べ物であるとも言えるでしょう。

私たち人間にとっては素晴らしい栄養素の詰まった食べ物ではありますが、猫に与える際には注意しなければいけない点があるのも事実です。

毎日の食事でしっかりと栄養を摂取している猫にとって海苔は、栄養素の過剰摂取になってしまう可能性が高いです。豊富なミネラルの中には、結石などの病気の原因となることの多いマグネシウムやリンなども含まれているので、海苔を与える際は小さくちぎり、細かくしてから与えてあげましょう。

磯の香りのする海苔は嗜好性の高い猫ちゃんも、喜ぶことが多い食べ物でもあるので、少量の分量を与えることを守り、スキンシップを図る際のおやつとして与えてみてはいかがでしょうか。

※こちらの記事は、獣医師監修のもと掲載しております※
●記事監修
drogura__large  コジマ動物病院 獣医師

ペットの専門店コジマに併設する動物病院。全国に14医院を展開。内科、外科、整形外科、外科手術、アニマルドッグ(健康診断)など、幅広くペットの診療を行っている。

動物病院事業本部長である小椋功獣医師は、麻布大学獣医学部獣医学科卒で、現在は株式会社コジマ常務取締役も務める。小児内科、外科に関しては30年以上の経歴を持ち、幼齢動物の予防医療や店舗内での管理も自らの経験で手掛けている。
https://pets-kojima.com/hospital/

<<コジマ動物病院 獣医師が監修した記事一覧はコチラ>>



– おすすめ記事 –

・猫が好きな食べ物・危険な食べ物まとめ!人間の食べ物を安全に与える方法は?
・愛猫にささみをあげても大丈夫?栄養価や与える時の注意点について
・【獣医師監修】猫ににぼしをあげてもいい?与える時の量や注意点は?
・【獣医師監修】猫に大豆を与えても大丈夫?愛猫と節分の豆まきを楽しむ4つの方法!


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たぬ吉

たぬ吉

小学3年生のときから、常に猫と共に暮らす生活をしてきました。現在はメスのキジトラと暮らしています。3度の飯と同じぐらい、猫が大好きです。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら