夏の愛犬のお散歩は早朝と夜がおすすめ!真夏に散歩する時の注意点とお役立ちグッズ

2017.07.11

夏の愛犬のお散歩は早朝と夜がおすすめ!真夏に散歩する時の注意点とお役立ちグッズ

犬が大好きなお散歩の時間。どんな時でも「お散歩行くよ~」の声を聞けば、あなたにダッシュで駆け寄ってしっぽをブンブン振ってくれますよね。でも、気温が高い夏は散歩している愛犬の息が上がって大変そう…。真夏の散歩はどうしたら良いの?夜に散歩に行くのがおすすめって本当?散歩にオススメのグッズはある?今回は、夏に犬を散歩させるときのおすすめの時間や注意点、さらに快適グッズを紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

focebookシャア
ツイート

夏の愛犬のお散歩に「昼間」はNG!?

1

夏でも愛犬が大好きな散歩に連れて行ってあげたい!だれでもそう思うと思います。夏で外が暑くても、お家の中で過ごすだけでは犬も飽きてしまいますし、外で身体を動かす機会を失って体力が余った犬は、いたずらが増える可能性もあります。

ただし、夏の散歩には注意点があります。
それは、昼間の一番暑い時間の散歩は絶対に避けるということ。

夏の昼間の散歩を避けて欲しい理由は3つあります。

①犬の足は人間の裸足と一緒
②犬の体は地面から近い
③犬は体内の熱を逃がしにくい

では一つずつ見て行きましょう。

理由①犬の足は人間の裸足と一緒

犬が地面に触れる部分は「肉球」です。毛で覆われている犬はフローリングなどで滑りやすいので、肉球周りの毛をトリミングサロンでカットしてもらっている犬が大半。つまり、人間でいう足の裏の皮膚表面がむき出しになっている状態だということです。

もし、飼い主のあなたが真夏の暑い時間に、温められたコンクリートの上を裸足で歩いたらどうなりますか?普通に歩くことができないだけでなく、やけどをしてしまう可能性もありますよね。
夏の強い日差しに温められたコンクリートは、50℃~60℃になる事もあるそう!この温度を考えれば、犬の肉球が熱くてやけどをしてしまう事も納得です。犬の肉球も、暑い夏の気温に温められたコンクリートの上を歩くのは、やけどの危険性があります。

もし、曇りだから、夕方だから…と迷われる場合は、ご自分の手で地面を触ってみて下さいね。ずっと触れるくらいの温度だったら大丈夫ですが、熱くて長く触っていられない場合はお散歩をやめた方が良いでしょう。

理由②犬の体は地面から近い

夏の太陽の光は、愛犬や人間に直接当たって体温を上昇させるほかに、地面からの照り返しで間接的に温められます。人間よりも背の低い犬は、この照り返しからの体温上昇が非常に多くなってしまいます。

飼い主のあなたが外へ出てみて、涼しいから散歩も大丈夫かなと思っても油断してはいけません。犬は夏の直射日光と照り返しの暑さで、熱中症にかかってしまう危険性もあります。

理由③犬は体内の熱を逃がしにくい

人間は、熱くなれば体全身にある汗腺から汗を出して、その汗が気化する際に気化熱を奪う現象を利用して体温を下げていきます。

一方で、犬は気温が暑くなると舌を出してハァハァと息をして体温を下げようとします。これを「パンティング」と呼んでいます。
犬はパンティングで体内にこもった熱を口から吐き出し、外の涼しい空気を取り入れ体温を下げて行きます。また、濡れた舌の気化熱も同時に利用して、体温を下げる努力をします。

ただ、このパンティングは体力を消耗する動作でもあり、長い間し続けると犬も疲れてしまいます。また、鼻ぺちゃ犬種のシー・ズーやパグ、フレンチ・ブルドッグ、肥満の犬や肥満傾向の犬などはこのパンティングが苦手で、熱を逃がす行動が上手ではありません。

犬は人間と違って体全体に汗腺がなく(汗腺があるのは鼻・肉球などのごく一部)、体全体を冷やすためにもパンティングしかできません。夏の暑い気温が犬の体を直撃すると、体内に溜まった熱をパンティングだけでは逃がしきれなくなってしまい、熱中症にかかる恐れがあります。


夏の愛犬のお散歩はいつがおすすめ?

2

真夏にオススメする愛犬の散歩時間は「早朝の明け方」「夕方以降の夜」の2つあります。その際の注意点としてあげられるのが、日の照り具合と気温です。

1番のオススメは「早朝の明け方」。
真夏になれば、日が明けるのが早いですよね。朝5時過ぎには外も明るくなっています。その時間なら、地面も暑くないし、日も照ってはいないので、愛犬も飼い主のあなたも快適にお散歩ができます。うっとうしい蚊も少ないのが嬉しいですよね。

2番のオススメは「夕方以降の夜」。
お仕事や生活習慣などで、朝早く起きるのは難しい…と思っている方にオススメです。夏の日差しが隠れた夕方以降なら、安心して犬とお散歩に行けます。

その際に、日が沈んだからと言ってすぐ外へ出てしまうのは注意が必要です。日が当たらなくなっても、アスファルトにこもった熱はしばらく逃げません。
あなたが素手で地面のアスファルトを触って、大丈夫なようであればお散歩に出かけて下さいね。


夜に散歩する時に気をつけたいこと、持ち歩いた方がいいものは?

真夏のお散歩にオススメの時間は「早朝」と「夕方以降の夜」でしたね。
ただ、周りが明るい時のお散歩と、夜で暗くなってからのお散歩では、夜の方が周りも見えづらく注意しなければいけない点があります。

主な注意点としてあげられるのが、

①車や自転車に注意しなければいけない
②すれ違う人に迷惑をかけることがある
③犬にとって外の気温がまだ高く、熱中症にかかる危険がある
④蚊やノミ、ダニなどの害虫に刺されることがある

などです。特に③や④は今の夏の時期には気をつけたい注意点です。

これらの注意点の解決法について、夏の夜に散歩する際に持ち歩くと便利なグッズと合わせてご紹介します。

①車や自転車に注意しなければいけない

夜の散歩の注意点としてまずあげられるのが、辺りが暗くて犬も飼い主も、そして周りの人からも見えづらいという事。私たち人間も夜道を歩いたりジョギングしたりする時は、蛍光色の服を着たり、反射たすきをかけたりして、事故に合わないよう対策をしますよね。

犬は背が低い分人間の視界に入りづらく、対向車が飼い主さんに気づいていたとしても、足元の愛犬に気づかず接触してしまう可能性があります。また、同じ原因で飼い主さんと愛犬の間にあるリードに自転車がひっかかり、犬がひきずられてしまうなんてことも考えられます。夜の愛犬の散歩では、こういった交通事故に対する対策が必要です。

愛犬と暗い時間帯に散歩する際は、ペット用の反射リードなどを使用し愛犬が目立つようにしましょう。車のライトが当たるとリード部分の反射テープが光るものや、持ち手部分のLEDライトがグルグルと点滅するものもあります。暗闇の中でリードが光る事によって「犬の散歩をしていますよ」と愛犬の存在をアピールできますので安全に散歩が出来ますね。

ドギーウォーカーフラッシュ SS/S/M

ボタン1つで簡単操作。車のライトなどが当るとヒモが反射。

購入


②すれ違う人に迷惑をかけることがある

夜のお散歩は、車のライトや自転車のライトなどで犬も気が散ってしまいがちです。周りが暗い分、視覚よりも嗅覚を頼りにするため、いつもより散歩に時間がかかることも。

これから初めて夜のお散歩をしようと思われる方は、普段と違う暗い中のお散歩ですので、少しの距離から慣らしてあげて下さいね。

③犬にとって外の気温がまだ高く、熱中症にかかる危険がある

愛犬が真夏に陥りやすい病気の「熱中症」。愛犬の熱中症チェッカーは、その熱中症にかかる危険を、温度と湿度の測定結果から「注意・警戒・厳重警戒・危険」の4段階で教えてくれます。

真夏の夜の散歩にリードに取り付ければ、今がどれくらい熱中症になりやすいのかをしっかりと教えてくれますので、事前の対策が取れます。夜の散歩だと愛犬の表情も読みづらいので、LEDライトが光って、今の状況を報告してくれるのはありがたいですね。

愛犬の熱中症チェッカー ブルー
購入


夏の夜の散歩でも暑さがなかなか引かない日もあります。全身が毛で覆われている犬には、なるべく涼しくさせてあげるのがコツ。ひんやりするペット用の洋服やネックリングなどを使用し、散歩中も快適に過ごせるようにしてあげましょう。

クールエレガントノースリーブは水に浸して愛犬の体に装着してあげればOK!愛犬の体全体を気化熱で冷やしてくれます。保水機能を備えた線維で作ってありますので、気化熱の効果が長持ちします。

クールエレガントノースリーブ SS/S ブルー/ピンク
購入


夏の犬のお散歩の注意点としてあげられるのが、いつでも水分補給が出来るようにして熱中症を防ぐ事。熱中症を予防するためには、散歩中もこまめな水分補給をすることが大切です。

暗い中お散歩最中に、コップを出して、水を出して…とバタバタするのは大変なもの。お出かけキャップ君は、水を入れたペットボトルに装着するだけで簡単に使用できます。ペットボトルの本体から外せば、中の水を入れて犬が飲みやすいカップにできます。
また、おしっこをした後に行うマナー水洗もふたを取ってそのままかけるだけ。水のみとマナーの両方がこれ1つで出来る便利なグッズです。

おでかけボトルキャップ君 ピンク/ブルー

市販のペットボトルをリユース。まわすだけで簡単に取り付けができます。

購入


④蚊やノミ、ダニなどの害虫に刺されることがある

夏の外出の注意点は、夕方以降から夜にかけて蚊がたくさんいるので、蚊よけが必要です。
犬は、蚊に刺されてもほとんど痒くはなりませんが、蚊は「フィラリア症」という犬にとって怖い虫を媒介しています。フィラリア症はきちんと薬を飲むことで予防ができますが、何も予防していないと夏を3年過ごすと100%フィラリア症にかかってしまうデータもあるほど。

毎年フィラリア駆虫薬を飲んでいる犬も多いと思いますが、予防の意味も込めて、散歩に行く前にペット用の虫よけ剤を使用してあげたいですね。ペット用サラテクトは蚊だけでなく、ノミやダニからも身を守ってくれます。

サラテクト ペット用 130ml

ウォーターミストが愛犬・愛猫を優しく包み、ダニ・ノミ・蚊から守る。ペットの嫌がらない静音スプレー設計。

購入



夏バテ気味の愛犬のためにできる夏バテ対策!

3

犬も人間と同じように、暑くて夏バテになってしまう事もあります。夏バテから食欲が無くなって体力も落ち、さらにひどい夏バテになるという悪循環も。

そんな時のためにできる、犬の夏バテ対策やグッズについてご紹介します。

①水分補給をする

いちはやく水分補給を行いたい時、犬の体液の電解質組成にほど近いペットスエットがおすすめです。こちらは、ポカリスエットを生産している大塚グループの製品で、通常の水だけを飲むよりも犬の体に吸収されるスピードが早いので、熱中症対策に役立ちます。

ペットスエット 2L

手軽に水分補給。皮ふ・被毛の健康維持をサポートするパントテン酸カルシウム配合。

購入


また、夏の暑い時期の水分補給として、水を飲むのも良いですが、少しは栄養も取らせてあげたいですよね。

熱中症や栄養補給にオススメなのが、犬専用の牛乳、「わんちゃんの国産牛乳」です。
人間の牛乳をそのまま犬に与えてしまうと、乳糖を分解できずに下痢をしてしまう場合があります。このわんちゃんの国産牛乳なら、乳糖を完全に分解されているので、お腹を壊す心配がありません。九州産の生乳を使っていて、人工着色料や香料は一切入っていません。フレッシュで安心した美味しさを犬に与える事が出来ますよ。

わんちゃんの国産牛乳

おなかにやさしい、ペットのための「乳糖ゼロ」。九州産生乳のおいしさを活かしたペット用国産牛乳。

購入


②栄養補助食品を与える

夏バテだと、食欲も落ちてきてしまいます。食欲がないと、体を動かすエネルギーが作れなくなるため、ますますスタミナ不足になってしまいます。
そんな時は、犬用の栄養補助食品や嗜好性の高いおやつなどを一緒にあげて、少しでも食べ物に興味を持ってもらうようにしましょう。

スタミノールは嗜好性抜群の栄養補給ペーストで、抗酸化成分が豊富で免疫力をUPさせる天然ビタミンE、スタミナ源となるオクタコサノール、脂肪の燃焼を助けるL-カルニチンが含まれています。
そのままあげても良いですし、落ちた食欲を取り戻すためにいつものドライフードにかけてあげても良いですね。

スタミノール
購入


また、人間でも夏バテで食欲が落ちている時には、さらっと食べられるものを欲しがりますよね。愛犬も同じで、のど越しが良い物を選ぶ場合があります。
わんわんカロリーミニタイプ5袋パックは、25gの個包装が5つ入った、栄養たっぷりの流動食です。鶏肉のペーストや9種のビタミン・ミネラル・オリゴ糖が入っていて、手軽に栄養補給が出来ますよ。

わんわんカロリー ミニタイプ コーンスープ風味 5袋パック 25g×5袋

やさしい流動食、濃厚なおいしい味わい、 超小型犬、小型犬に与えやすい飲みきりサイズ

購入



まとめ

いかがでしたか?

真夏でもお散歩に行きたいけど迷っている、そんな飼い主さんもお役立ちグッズを持って、早朝・夜にお散歩に行ってあげたくなったのではないでしょうか。

熱中症も肉球のやけども、飼い主のあなたが気を付けて対策をしていれば防ぐことが可能です。真夏でも快適な散歩を楽しんで下さいね!

長い記事を読んでくださってありがとうございました。
あなたとその隣にいるわんちゃんがもっともっと両想いで幸せになりますよう、願っています!



– おすすめ記事 –

・夏のお散歩注意報!愛犬のためのお散歩講座
・雨でも愛犬が散歩に行きたがる時~雨の日の注意点と便利な散歩グッズ
・愛犬を夏バテから守ろう!夏バテのサインと対策は?
・冬の夜の散歩は危険がいっぱい!?特に気を付けたい冬特有の注意点とは?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileわん部

PetSmileわん部

わんこ大好きPetSmileわん部です。わんちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪

関連するキーワード