ラブラドールレトリバーとゴールデンレトリバーって何が違うの?

2018.12.10

ラブラドールレトリバーとゴールデンレトリバーって何が違うの?

大きな犬の代表格とも言える「ラブラドール」と「ゴールデンレトリバー」。 パッと見たときの体の大きさや表情はとても良く似ていると思う方は多いでしょう。それに「レトリバー」と名前にあるので、 親戚のようなものだろう…と考えてもしまいますよね。よく似ている「ラブラドール」と「ゴールデンレトリバー」ですが、 実は全く異なる犬種。 この記事では、それぞれの特徴や歴史、性格などを交えながら、その違いについてまとめてみたいと思います。

focebookシャア
ツイート

ラブラドールレトリバーとは?

IKqBljrFryaqYdGnZgNFJWJAaNHtdMwB
<ひさびさに車でお出かけ、菜の花満開でした。 byニッキーちゃん>

通称「ラブラドール」は、正式にはラブラドールレトリバーと言います。世界的にも人気がある犬種なので、
多くの人が知っている有名な犬種です。

◆ラブラドールの大きさは?

ラブラドールは、大型犬です。オスやメスという性別の違いや生活していく環境によっても大きさは違いますが、
おおよそ25~35キロくらいの体重にまで成長する大きな犬種です。体高も55~60㎝くらいと、かなり大きいことが分かります。

◆ラブラドールの外見の特徴

ラブラドールレトリバー
<お誕生日の時の、マンガなお顔をどーぞ。 byぐー太ちゃん>

ラブラドールは広い骨格の頭に垂れ耳で優しい顔立ちが印象的です。目元が優しく、親しみやすい雰囲気があります。

ラブラドールは、短毛です。基本的な毛色は、黒・チョコレート・イエローの三色あり、すべて「単色」です。

◆ラブラドールの歴史

ラブラドールは、カナダのニューファンドランド半島およびラブラドール半島で使役犬として人間の狩猟の手伝いをしていた犬が
祖先と言われています。ラブラドールは、水かきがついている足と水をはじく被毛で泳ぎが得意という体質を活かし、
水上で作業することも多かったようです。人間が撃ち落とした鳥を水の中から引き揚げてくれていました。
また、漁師の作業のお手伝いでは、船の周辺の魚などの回収の能力にも長けていました。
冷たい水のなかでも作業ができるなんて素晴らしい能力ですよね。

実はラブラドールレトリバーの名前にもある「レトリバー」というのは、「回収する」という意味があるのだとか。
当時の人たちが生活していくうえで重宝されていた歴史を持つ犬種なのです。ラブラドールは、穏やかで能力が高いことが評価され、
その後世界的にも注目されていきます。今では、多くの現場で使役犬として活躍している一方、家庭でもペットとして飼われています。

◆ラブラドールはどんな性格?

ラブラドールレトリバー
<おはようございます♪ byななちゃん>

ラブラドールは、その表情からも分かるようにとても優しい性格をしています。大きな体と穏やかな表情で、
家族を温かく包んでくれるような癒しを感じさせてくれます。

◎穏やかで優しい
ラブラドールは、基本的におとなしい性格で家族を見守ってくれる包容力もあります。周囲を気遣える賢さがあり、
家族みんなと仲良く過ごせます。小さな子どもから高齢の人まで、幅広い世代の人にも飼いやすいのがラブラドールの魅力なのです。

◎学習能力が高い犬
ラブラドールは、学習能力が高い犬です。状況判断をする知能もあるので、ラブラドールは使役犬としても活躍しています。

◎社交性がある
ラブラドールは、社交的です。基本的に優しい性格で、誰とでも仲良くなれます。それは人間だけでなく、
他の動物たちに対しても。ラブラドールは、多頭飼いもあまり問題のないことが多いようです。
猫と一緒に飼っても攻撃的になることはなく、ラブラドールとの生活は穏やかなものになるでしょう。

◎番犬には不向き!?
ラブラドールは社交性がある性格ゆえ、番犬としては期待できないと言われています。

◎明るく活発な一面もある
穏やかな性格ですが、遊ぶことは大好き。散歩や運動など、家族と一緒に楽しく遊ぶことを好みます。
遊んでいるときのラブラドールの様子を見ると喜んでいることが伝わってきます。
ラブラドールの幸せそうな表情に癒される飼い主さんも多いです。

◆使役犬として大活躍

人間に従順、人懐こい、状況判断ができるという性格から、ラブラドールは使役犬として幅広く活躍中です。
耳の不自由な方々の安全を守る盲導犬として活躍しているラブラドールの姿は、多くの人が目にしたことがあるのではないでしょうか。
また、警察犬として頑張っているラブラドールも多いです。体力もあり、周囲への配慮ができるラブラドールなら、
素晴らしい仕事ぶりを発揮してくれることでしょう。他にも狩猟犬、災害救助犬、セラピー犬など、
多く現場で大活躍している犬種なのです。

●おすすめ商品
ロイヤルカナン ブリード ヘルス ニュートリション ラブラドールレトリバー 成犬~高齢犬用 生後15ヵ月齢以上

皮膚・被毛の健康を維持するためにEPA・DHAなどの栄養素を独自のバランスで配合しています。

購入


ゴールデンレトリバーとは?

ゴールデンレトリバー
<ドックランでこの笑顔…メチャ癒されます(笑)すずちゃん>

綺麗な被毛が印象的なゴールデンレトリバー。優しく温かな表情の豊かさに惹きつけられ、犬のなかでも人気のある犬種です。

◆ゴールデンレトリバーの大きさは?

ゴールデンレトリバーは大型犬種となります。平均的な体高はオスが56~61㎝ほど、メスが51~56㎝ほどです。
体重は、25~35キロくらいと重いです。

ただ、あくまでも平均的な数値で、食事量や運動量によっても成長したときの重さはそれぞれ異なるでしょう。
ゴールデンレトリバーは太り過ぎて肥満にならないように注意する必要もあります。

◆ゴールデンレトリバーの外見の特徴

ゴールデンレトリバー
<「海がオレを呼んでるぜェ」 byだいちゃん>

ゴールデンレトリバーを一目見ると綺麗でツヤのある長毛が印象的です。歩くとき、走るとき艶やかな被毛がサラサラと風になびくゴールデンレトリバーは、とても綺麗で魅力たっぷりです。
ゴールデンレトリバーの被毛の色は、ゴールド色、クリーム色など明るい毛色です。光に当たったときの被毛が美しいのが特徴です。

また、ゴールデンレトリバーのアーモンド形のつぶらな瞳はとても可愛らしくチャーミング。垂れた耳も特徴があります。

◆ゴールデンレトリバーの歴史

ゴールデンレトリバーはイギリス原産の犬種です。19世紀ころ、鳥狩猟で水上に落ちた鳥などの獲物を得意の泳ぎで捕まえてくれる回収犬が重宝されていた時代でした。冷たい水のなかにも勇敢に飛び込み、泳いで獲物を捕まえてくれるハンター犬は、人間たちの生活に必要なパートナーだったのです。

その頃、あるイギリスの伯爵が黄色い被毛のレトリバー(回収犬)をベースに繁殖をします。その結果生まれた4頭の犬達は、狩猟犬として大活躍した素晴らしい犬たちでした。その後、その犬達をベースに何度か繁殖活動が行われ、
現在のゴールデンレトリバーとなる犬種が確立したのです。その後、数々のドッグショーなどでゴールデンレトリバーの素晴らしさが知られることになります。今では、ゴールデンレトリバーは世界中の人から愛される人気犬種のひとつともなっているほどです。

◆ゴールデンレトリバーの性格

ゴールデンレトリバー
<どこまでもモカが好き(^^)モカちゃん&ココちゃん>

表情が優しいのが印象的なゴールデンレトリバーの性格について見てみましょう。

◎優しいゴールデンレトリバー
体が大きいため気性が強いのではないか?と思う方もいるかもしれませんが、ゴールデンレトリバーはひとことでいうと「穏やか」な犬。とても優しく、人間に対しても愛情を表現してくれます。ゴールデンレトリバーは他人に対しての攻撃性もほとんどなく、番犬として飼うより、家族の一員としてペットとして穏やかに暮らすことができる犬です。

◎フレンドリーな性格
ゴールデンレトリバーは、社交性があります。滅多なことでは周囲に対して攻撃的になることもないので、家族以外の人間にも人懐こさを見せてくれます。ゴールデンレトリバーは、初対面の人にも優しい表情をするので、「可愛いワンちゃんですね」と言ってもらえることが多いでしょう。

どちらかというと平和主義の性質があるゴールデンレトリバーは、自分から他の犬に敵対心を見せることがありません。
本能的にトラブルを防いでいるなど、周囲への洞察力に優れています。

◎頭が良くしつけがしやすい
ラブラドールと通じるものがありますが、ゴールデンレトリバーも賢さでは同じくらい優れています。ゴールデンレトリバーは、人間に従順で学習能力が高いので、しっかりとしつけを行えば、いろんなことを覚えてくれます。その賢さから、ゴールデンレトリバーも使役犬としてさまざまな現場で活躍して注目されています。

◆使役犬として多くの現場で活躍している

ゴールデンレトリバーは、警察犬や盲導犬、介助犬など活躍している姿を見かけます。そもそも、人間の狩猟の現場で作業をしていたため、動きが機敏で洞察力に優れている賢い犬のゴールデンレトリバー。獲物を捕まえて口にくわえて人間のもとに運ぶ能力にも優れています。
今でも、ゴールデンレトリバーのそんな性質や性格は、使役犬としての活動にも適しているのです。

●おすすめ商品
ロイヤルカナン ブリード ヘルス ニュートリション ゴールデンレトリバー 成犬~高齢犬用 生後15ヵ月齢以上

金色に輝く美しい被毛を持つゴールデンレトリバーのためのフードです。<総合栄養食>

購入


ラブラドールとゴールデンレトリバーの主な違いは?

1

それぞれの特徴や性格を見ていると似ているところが多い犬種ですよね。共通点が多いですが、そもそも犬種としては全く異なります。
そのため、飼っていくうえでは違いについても知っておくといいでしょう。

◆毛の長さが違う

一番分かりやすい違いが「毛」の長さでしょう。ラブラドールは短毛、ゴールデンレトリバーは長毛種です。

長い毛のゴールデンレトリバーを飼うときには、被毛のお手入れが重要です。ダブルコートなので、季節の変わり目で抜け毛がかなりひどくなります。ゴールデンレトリバーと一緒に暮らしたら、換毛期は特にブラッシングを丁寧にし、普段から被毛のお手入れは習慣にしてあげてくださいね。

抜け毛を放置していると、それが原因で皮膚の炎症を起こしてしまうリスクも増えます。
特に暑い夏には蒸れが原因で皮膚トラブルを起こしがちです。清潔な被毛のケアが大切になってきます。

また、被毛に覆われているので寒さに強い性質があるゴールデンレトリバーですが、逆に暑さにはかなり弱いです。
夏には室内の冷房の温度には注意が必要です。

●ラブラドールレトリバーにおすすめ商品
ハニースマイル ツインソフトブラシ HS-78

手にはめてお手入れできる多機能性。
シャンプーにも使える、両面ラバーブラシ。

購入

●ゴールデンレトリバーにおすすめ商品
ウィッシュ グルーミングプロ スリッカーブラシ M

・皮膚に優しいスリッカーです・抜け毛や不要毛を細かく除去する、日常ケアの必需品です・さびにくくて長持ち。

購入

◆色が違う

ラブラドールとゴールデンレトリバーは、そもそも親戚関係ではないので、毛色にも違いが見られます。ラブラドールは、黒やチョコレート色と濃い色もありますが、ゴールデンレトリバーは、基本的にゴールドやクリーム色だけです。

◆出身地方が違う

ラブラドールはカナダ、ゴールデンレトリバーはイギリスと出身が違います。血筋は全く異なり、親戚関係ではありません。

◆体の暖め方が違う

ゴールデンレトリバーは、厚い被毛に覆われている長毛種です。寒い冬でも被毛が体を守ってくれますね。
一方、短毛のラブラドールは、体を守るのが「脂肪」なんです。

ラブラドールもそれが分かっているので、本能的にたくさん食べようとします。適度な脂肪を保つために、栄養バランスを考えて食事量を調節しましょう。むやみに食事を与えるとあっという間に肥満まっしぐらです。


飼い主タイプ別、おすすめ事例

とても似ているけれど、違う犬種のラブラドールとゴールデンレトリバー。
微妙に違うところもあるものの、どちらも魅力的なワンちゃん達ですよね。
だからこそ、「どっちを家族に迎えようか」と悩むかもしれませんね。
最終的には、飼い主さんの「こっちにしよう!」という好みの犬種をお迎えすればいいのですが、ここでは参考までに、飼い主さんのタイプ別にどちらがおすすめか紹介してみたいと思います。

◆「一軒家orマンション」…家の状況によってどちらがおすすめ?

どちらも大型犬ですが、室内飼いが理想とされています。
成犬になるとかなり大きい体になるので、一軒家・マンション問わず広くゆったりした空間が必要です。
一軒家なら、ラブラドールもゴールデンレトリバーも比較的飼いやすいかと思います。
マンションでも、広めの間取りであれば、大型ワンちゃんも過ごしやすいでしょう。

ただ、どちらかというとラブラドールの方がマンションには向いているのかもしれません。
その理由は「被毛」。
前項でお伝えしたように、ゴールデンレトリバーは長毛種で抜け毛が目立ちます。
換毛期は抜け毛が特に多く、その時期以外でも油断はできません。
マンションは、「廊下」「エントランス」「エレベーター」と共用部分で毛が抜けてしまうことも。
また、ゴールデンレトリバーの被毛がついたタオルや毛布などをベランダに干しているうちに、隣家まで被毛がフワフワと飛ぶかもしれませんね。
このような視点で見ると、マンションで飼うなら短毛のラブラドールという考え方もあるでしょう。
とはいえ、短毛のラブラドールもダブルコートの被毛を持っているため、シングルコートの被毛を持つ犬種に比べると抜け毛は多いです。
一軒家、マンションのどちらのパターンで飼うにしても、適度なブラッシングで、抜け毛ケア対策は欠かせません。
他人との共用スペースがない一軒家であれば、抜け毛の多いゴールデンレトリバーも快適に暮らせそうですね。

◆子育て世帯ならどっちがいい?

ゴールデンレトリバーもラブラドールもどちらも“社交的”で“賢い犬”です。
どちらも穏やかで明るい性格なので、子供の遊び相手として活躍してくれそうです。

敢えて言うなら、「忍耐力」のあるゴールデンレトリバーが小さい子供のいる家庭にもおすすめかもしれません。
よほどのことがない限り、「人間に怒る」ということはないでしょう。
ただ、犬の抜け毛に敏感な子供がいるなら、短毛種で抜け毛が少ないラブラドールがいいかもしれませんね。

◆多頭飼いならどっち?

ラブラドール、ゴールデンレトリバー、どちらのワンちゃんも使役犬として活躍できるほどの頭の良さがあり、体力があって忍耐強い性格です。
それに、フレンドリーなので他の犬種のワンちゃん達とも上手くやってくれるでしょう。
多頭飼いに関しては、どちらの犬種もおすすめです。

ただ、ひとつ注意したいのが、「他の犬種たちとの相性による」ということ。

・先住犬がいる状態で迎えるのか
・性別や犬種の違いはどうか
・年齢差はどのくらいなのか
・しつけはしっかりされているのか

など、さまざまなパターンがあるので、他の犬種の性格によってはいくら賢く温和なラブラドールやゴールデンレトリバーでも上手くやっていけないかもしれません。
それに、賢く育てやすいと言われているラブラドールやゴールデンレトリバーでも、飼い主さんのしつけによっては「ヤンチャ」「吠える」「攻撃的」など、問題行動を持つワンちゃんとなり多頭飼いが向いていないことも。
多頭飼いをする予定であれば、それぞれのワンちゃんのしつけをしっかりすることが理想です。


似ているけど違う犬種と理解して育てよう

ラブラドールとゴールデンレトリバー、似ている犬種なので、どちらを飼おうかと迷う人もいるかもしれませんね。
毛の長さや歴史について違いがありますが、「体が大きい」「賢い」「学習能力が高い」「穏やか」という点については共通していることが分かりました。

ただ、これらの特徴や性格は一般的に言えることであり、暮らす環境や飼い主さんの接し方により違った性格になってしまうこともあります。
留守番が多い家庭だとストレスを溜めて問題行動を起こすことも考えられます。また、可愛がり過ぎて甘やかすと、飼い主さんをリーダーとして認識しません。しつけもしにくく、ヤンチャな犬になってしまう可能性もあります。体が大きいので、家族以外の人間や他所の犬とトラブルにうなってしまうと大変ですよね。
小さなうちから愛犬とのコミュニケーションをしっかりと「しつけ」と「愛情」を大切に育ててあげましょう。
運動も大好きなので1日2回は散歩に連れ出すのが理想的です。

愛犬とのコミュニケーションを大切に、そして知識を持って育てていくことで、お互いにかけがえのないパートナーとなり幸せな暮らしが続くことでしょう。



– おすすめ記事 –

・人間大好き!ラブラドールレトリバーの性格や特徴、飼うときの注意点は?
・優しく天真爛漫な大型犬、ゴールデンレトリバーのかわいさにせまる!
・災害救助犬の活躍と引退。その後を知っていましたか?
・私たちの生活を支える「働く犬」たちについて


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
笹本 雅

笹本 雅

犬が好きです。小型犬でも大型犬でもとにかく犬が大好きです。これから犬種についてや豆知識や健康についてなど、幅広いワンちゃんについての情報をご提供していきます。犬好きの方にぜひとも見ていただいてご意見いただければと思います!

関連するキーワード