【獣医師監修】愛犬が糖尿病と言われたら!気になる症状や治療法、原因と予防法など

2017.11.19

【獣医師監修】愛犬が糖尿病と言われたら!気になる症状や治療法、原因と予防法など

人間の生活習慣病が増えていると言われていますが、その人間と暮らす犬の糖尿病も増えてきています。糖尿病の症状や原因は人間と同じなのでしょうか?気になる糖尿病の治療法や予防法についてお伝えします。

focebookシャア
ツイート

犬の糖尿病とは

1

犬の糖尿病も人間の糖尿病と同じように、ホルモンの一種「インスリン」の働きが悪くなることで、血液中の糖が多くなってしまう病気です。
インスリンは膵臓(すいぞう)という器官から分泌されて、血液中の糖(グルコース)を細胞内に取り入れるという働きを持っています。
このインスリンの働きが弱まってしまうと、細胞の中に入っていくはずのグルコースが血液中に残ったままになり、血液中の糖濃度が高くなってしまいます。
この状態を高血糖(こうけっとう)といい、この状態が長期的に続くと、体のいろんな場所に障害を引き起こし、糖尿病などさまざまな病気になり大変危険です。
犬の正常な血糖値は、空腹時で50~100mg/dlと言われていますが、平均値が150~200mg/dl以上になる場合は、糖尿病が疑われます。
犬の糖尿病の発生率はだいたい200頭に1頭の割合で、メスのほうがオスより約2倍も多く発症すると言われています。
一般的には小型犬に多く発症すると言われていますが、大型犬も糖尿病になることはあります。
次に、糖尿病を発症したときの主な症状についてお伝えします。


糖尿病の症状

糖尿病は、診断は易しいけれど治療は難しいと言われるように、症状がわかりやすい病気のひとつです。

症状1:多飲・多尿になる
水を多く飲むようになり、オシッコの量も増えます。

症状2:おなかが膨れる(肝臓の腫れや肥大)
体全体が太ってるというよりおなかだけ膨らんでいたら要注意です。

症状3:沢山食べるが、体重が減少する
いつもより食べる量が増える日が続いたと感じたら要注意です。
糖尿病=肥満のイメージが強いですが、沢山食べていても痩せてしまうのが特徴です。

◆犬の糖尿病の3つの症状

犬の糖尿病は、症状の度合いによって、大きく3つに分けられます。

(1)合併症のない糖尿病
普段は比較的に元気ですが、病理学的に明らかに糖尿病が認められる状態を言います。

(2)合併症のある糖尿病
合併症のある糖尿病は「ケトアシドージス性糖尿病」とも呼ばれています。
これは通常の糖尿病の他に、下痢や嘔吐の症状を伴います。
合併症のあるケトアシドージス性の糖尿病では、尿に「ケトン体」と呼ばれる化学物質が見られます。
このケトン体が犬の体に蓄積されていくと、症状が悪化します。
ケトアシドージスは急性の糖尿病ですので、直ちにインスリンを注射することが必要になります。

(3)昏睡のある糖尿病
犬の糖尿病では、昏睡は稀にしか見られない症状のようですが、犬がほとんど眠った状態になります。
この昏睡状態が見られる時が、最も症状の重い糖尿病と言われています。

◆糖尿病の合併症

犬の糖尿病の合併症として多いのは、
・進行の早い白内障
・細菌感染による再発性皮膚炎
・膀胱炎
などがあります。
メスの犬では、子宮蓄膿症を起こすこともあります。
また、ケトアシドージスに進行した際の糖尿病の合併症として、運動失調や虚脱といった神経症状のほか、心筋梗塞や腎疾患などが起こることもあります。


糖尿病の原因

犬の糖尿病の症状についてお伝えしましたが、今度はその病気の原因をご紹介します。
糖尿病には大きく分けて2つのタイプがあります。
ひとつは「インスリン依存性糖尿病」といわれ、外からインスリンを注射によって補給する必要のあるタイプです。
もうひとつは「インスリン非依存性糖尿病」で、インスリンの補給を必要としないタイプです。

◆早食いしすぎが原因で糖尿病に

愛犬が食事をする時、早食いしすぎているなと感じたら要注意です。
なぜかというと、早食いやドカ食いが習慣化していると、食事のたびに大量のインスリンが放出されるようになり、細胞のインスリンに対する反応が鈍くなり、血糖を取り込む作用が徐々に鈍ってきます。
そうすると血中の糖濃度が高いままとなり、それが続いた結果、最終的に糖尿病を発病することになります。
早食いが原因で糖尿病になるのは避けたいことですね。
人間も健康のために「よく噛んで食べましょう」と言われますが、それは犬の健康維持にとっても大切なことだと言えるでしょう。
犬が早食いしないよう工夫されたエサ皿も販売されていますので、それらを利用するのもいいですね。

●おすすめ商品

ゆっくり食べれる食器 M

日本の犬のサイズに合わせたゆっくり食べれる食器は、内側の中央と側面に突起をつけ、健康的にゆっくり食事ができるように工夫されています。

購入


◆遺伝的な原因で糖尿病に

犬の遺伝子疾患データベースによると、遺伝的な原因で糖尿病になりやすい犬種が発表されています。

*遺伝が原因で糖尿病になりやすい犬種
・ダックスフント
・プードル
・ミニチュアシュナウザー
・ビーグル
・テリア
・ゴールデンリトリーバー
・ラブラドールリトリーバー

この遺伝という先天的な原因に、肥満という後天的な原因が加わると、さらに糖尿病を発病しやすくなるので注意が必要です。

◆加齢が原因で糖尿病に

犬の糖尿病の発生率を見てみると、子犬にはほとんど見られず、高齢犬に発症が多いと分かります。
遺伝的に糖尿病になりやすい犬種でなくても、8歳以上のシニア犬になれば、糖尿病にかかりやすい体質を持っていると言えるでしょう。


糖尿病の治療法・予防法

cheryl-senko-310457

犬が糖尿病になってしまったら、その治療法はどのようなものがあるのでしょうか。
治療法とともに知っておきたい糖尿病の予防法についてもお伝えします。

◆糖尿病の治療法

*食事療法
食事量が多すぎると、血中に放出される糖分も増えますので、食事の質と量には十分な配慮が必要です。
獣医さんとよく相談の上、運動量とあわせて毎日の摂取カロリー数、給餌回数、タイミングなどを設定します。
食事で特に大事なことは、いつも一定のカロリーの食事を与えることです。
内容的には、炭水化物(糖分)を控えめにし、食物繊維を多くして良質のタンパク質に富んだ食事にします。
また、最近は療法食として、糖尿病の犬や猫向けに、栄養やカロリーが計算された療法食のドッグフードも市販されるようになっています。
糖尿病向けの療法食の特徴としては、糖としての吸収速度が遅い大麦などを使用していたり、食物繊維やタンパク質を豊富に含んでいるのにカロリーは控えめになっているような工夫がされています。
犬の糖尿病の療法食は、通常のフードに比べるとちょっと割高になっていますが、それらも含めて獣医師さんに相談の上、どのような食事の内容や量にするのかをしっかり決めて、適量を決まった時間に与えるようにしましょう。

*運動療法
糖尿病の食事療法とともに取り入れられるのが運動療法です。
運動によって、体内についている余分な脂肪を減らしたり、多すぎる血糖を消費することを目的としています。
ただ、インスリン注射をしている場合は、その日の運動量によって注射の量が変動しますので、獣医師とよく相談した上で運動内容を決めるようにしましょう。

*インスリン療法
愛犬がインスリン療法が必要と診断されたら、獣医師さんの指導を受けた飼い主さんが、毎日定期的に決まった時間に愛犬にインスリン注射を行うことになります。
インスリンの注射量はその日の運動量や摂取カロリーによって左右されますので、獣医師さんと相談した上で、適正な量を皮下注射するようにしましょう。
インスリンの量が多すぎると低血糖発作を起こして意識を失ったりすることがあり、逆に少なすぎると血糖値が十分に下がらない状態になり、インスリンの効果が期待できません。お薬は

◆糖尿病の予防法

最後に、犬が糖尿病にならないための予防法についてお伝えします。

*食事に気をつけて糖尿病を予防
犬が糖尿病にならないために大切なのは食事による予防法です。
ごはんの量は体重や年齢に応じて、きちんと量を計って適量を与えるようにしましょう。

また、可愛いからといっておやつの与えすぎにも気を付けましょう。
犬がカロリー摂取をコントロールすることは、飼い主さんが愛犬にできる有効な糖尿病の予防法です。

*運動に気をつけて糖尿病を予防
犬が糖尿病にならないために必要なのは、肥満にならないことです。
食事のコントロールも大切ですが、愛犬の運動量にも気を付けましょう。
毎日お散歩したり一緒に遊んだりしながら、適度に運動することを心がけましょう。

*避妊手術で糖尿病を予防
メス犬の方がオス犬より糖尿病になりやすいというデータがあります。
避妊手術を受けたメス犬は糖尿病になりにくいと言われていますが、避妊手術を受けたことでホルモンバランスが崩れて太りやすくなります。
手術後はいつも以上に食事に気をつけるようにしましょう。


まとめ

犬の糖尿病の症状や原因、治療法や予防法などについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。
飼い主にとって愛犬にはいつまでも元気でいてほしいものです。
糖尿病は一度なってしまうと完治する病気ではありませんが、飼い主さんが愛犬の体調管理をしっかり行えば、病状が進まないようコントロールすることはできます。
糖尿病にならないように普段から予防法を心がけることが大切ですが、万一糖尿病になってしまったら、獣医師さんの指示のもと、飼い主さんがしっかりインスリン注射を行い、適正な食事や運動を守って接するようにしましょう。

※こちらの記事は、獣医師監修のもと掲載しております※


– おすすめ記事 –

・【獣医師監修】ただの抜け毛だと思ったら…愛犬が脱毛症!?病気が原因かも!
・【獣医師監修】愛犬の肺炎!症状や原因を理解して、治療と予防をしよう!
・【獣医師監修】愛犬のうんちがいつもより多い・少ない!うんちの回数や状態でわかる犬の健康
・【獣医師監修】股関節形成不全とは?原因や症状・予防法は?大型犬に多いって本当?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はな

はな

犬のいない生活がほとんどないほどの犬好きです。現在は保護犬の里親になり楽しく暮らしています☆

関連するキーワード