「私は生きたい!」生まれたその日に安楽死を勧告されたピットブルの赤ちゃんの物語

2018.01.14

「私は生きたい!」生まれたその日に安楽死を勧告されたピットブルの赤ちゃんの物語

生まれたその日に安楽死の措置を予定された1匹の子犬がいました。重い病気を患っていた子犬は、ある女性の愛情と治療を受け、奇跡の生命力を見せます。生きる意志を持ち続け、すばらしく変化した子犬の物語です。

focebookシャア
ツイート

ある年の9月、ニューヨークでピットブルの赤ちゃんが生まれました。名前はサーシャ
まだ生まれたばかりだったサーシャですが、見た目が少し変わっていました。

tiny-pit-bull-sasha-1-5a3a1ed050ab9__700

サーシャは、先天性異常のひとつである「口唇口蓋裂」によって、口がパックリと割れた姿をしていました。口が縦に裂けているため、ミルクを飲むといった行動がひとりではできない状態でした。

さらに、サーシャには大きな困難が待ち構えていました。生まれながらに脳や膀胱、呼吸器官に大きな問題があったサーシャの状況はとてもひどく、苦しんでいました。

tiny-pit-bull-sasha-5a3a2c6f85b06__700

飼い主の元では生きられないと判断した獣医師は、動物レスキュー団体で働く看護士のマリー・デマルコさんを呼びました。マリーさんは病気の子猫を何度もケアした経験があり、獣医師はサーシャを一度見てもらうことにしました。

一度は安楽死させる措置も検討されていたサーシャですが、マリーさんの看病の元、すぐに治療が始まりました。その治療はとても長く、3ヶ月半という期間を要しました。

tiny-pit-bull-sasha-14-5a3a1ef4bb861__700

マリーさんや周りの人々が大きな愛を受けたサーシャは、3ヶ月半に渡る痛ましい経験を乗り越え、日に日に強くなっていくことができました。

そして、サーシャは無事に4ヶ月を迎えることができました!
4ヶ月の記念日には、可愛い服を着せてもらい、「ハッピーバースデー」と書かれたクッションのバースデーケーキをプレゼントしてもらいました。

tiny-pit-bull-sasha-2-5a3a1ed2c3811__700
tiny-pit-bull-sasha-7-5a3a1ee3eda74__700

マリーさんに出会えたことが、サーシャは嬉しくて仕方がなかったことでしょう。

動物たちの運命は、飼い主の育て方や愛の与え方で変わっていきます。大変な状況下にある動物が力強く生きるためには、愛情こそが生きる目的になり、病気を回復させる強いエネルギーにしてくれることがサーシャを見て分かりますね。

動物を迎えるということはとても責任重大です。とくに看護を必要とする動物には、通常以上のケアが必要で誰にでもできることではありません。
サーシャがマリーさんに出会ったことは、偶然ではなく運命だと言えます。

tiny-pit-bull-sasha-19-5a3a1effc3bc0__700

どんな境遇に置かれても動物には愛してもらえる力があります。そこには見た目の可愛いらしさだけでなく、生きたいという意志の強さがそうさせているのではないでしょうか。

人間と動物がともに愛を与え合えれば、とても素晴らしい関係を構築し、お互いが幸せになることができます。これからもサーシャとマリーさんを応援していきましょうね。

<参考サイト>
boredpanda.com



– おすすめ記事 –

・【感動】大好きな飼い主に最後のお別れを伝えにきてくれた奇跡のエンジェルドッグ。
・一人ぼっちだった3本足のワンちゃんが、素敵な家族に出会うまで
・【感動】ふたりっきりの家族のホームレスとワンちゃん。しかしホームレスは余命わずか…彼の最後の願いとは…?
・それでも彼らは人間を信じた。保護犬たちの感動ビフォーアフター5集


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileわん部

PetSmileわん部

わんこ大好きPetSmileわん部です。わんちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪

関連するキーワード