犬がご飯を食べなくなった!ドッグフードを食べない原因や対策は?

2018.07.09

犬がご飯を食べなくなった!ドッグフードを食べない原因や対策は?

昨日まで喜んでドライフードを食べていたのに、犬が突然ご飯を食べない…という経験がある飼い主さんは意外と多いのではないでしょうか。今までと同じご飯をあげているのにどうして食べないの?ただのわがまま?それとも悪い病気なのでは?と心配になってしまいますよね。 犬がご飯を食べない場合に考えられる原因と対処法についてご紹介します。

focebookシャア
ツイート

犬がドライフードを食べない原因は?

犬 エサ 食べない

◆体調を崩している

犬が突然ご飯を食べなくなってしまったら、まずは食欲以外の様子をよく観察してください。犬はなにか病気を患っていると、大抵の場合は症状のひとつとしてご飯を食べない場合があります。

元気がない、発熱、咳、鼻水、排尿の回数、血尿、下痢、血便、嘔吐などの他にも、犬の全身をくまなく触って、痛がるところやしこりなどが無いかどうかもチェックしましょう。それらの症状があれば、すぐに病院に連れていってあげてください。

こういった場合に体調の変化を見つけられるように、普段から犬の排泄の様子などをよく観察したり、身体中を触る練習をしておくことをお勧めします。

◆口内に違和感がある

犬の体調を観察する上で見落としがちなのが、口内チェックです。飼い主さんが気づかないうちに症状が進んでしまうことも多いので、日頃から犬の歯磨きと口内をチェックする習慣をつけておきましょう。

犬の口内に問題がある場合の原因としては、

・口内炎
・歯周病
・腫瘍

などがあげられ、これらが痛みや違和感につながってご飯を食べない場合があります。

口内の痛みや違和感がご飯を食べない原因となっている場合、食欲はあるのに食べられない、ということになりますので、犬は空腹から黄色い胃酸を吐いたり、食べたそうに臭いをかぐ、ご飯を口に入れるが吐き出す、などの行動が表れることがあります。

犬の歯が汚れていないか、歯茎が腫れていないか、口臭が臭くなっていないか、口内のピンク色だった部分が急に黒くなってきていないか、腫れやしこりがないか、などをチェックしてください。

犬の口は意外と奥に長く続きますので、ほっぺたを後ろの方にぐーっと引っ張って、奥歯のあたりまでよく観察してくださいね。痛がって見せてくれない場合は無理強いせず、病院で診てもらってください。

●あわせて読みたい
【獣医師監修】愛犬のお口が臭くなったら歯周病のサイン! ―見逃していませんかお口のトラブル―

「最近、愛犬の息が臭くて気になる」と思っている飼い主さん、チョット待ってください、それはあなたのワンちゃんが歯周病になっているのかもしれません!たかがお口トラブル、されどお口トラブル。獣医師が監修した「お口チェック診断」をやって愛犬の口の中をチェックしましょう!!

記事はコチラボタン

◆おやつの与えすぎ

美味しいおやつでお腹いっぱいになってしまっていると、犬は嗜好性の劣るドライフードのご飯を食べないことがあります。自分はおやつなんてあげていないと思っていても、おじいちゃんやおばあちゃん、子供など、別の人がたくさん与えてしまっている場合もあります。

基本的に犬におやつは必須ではありませんし、総合栄養食ではないおやつばかり食べていると、栄養が偏ってしまいます。欲しがる姿が可哀相だから…と何度もおやつをあげてしまうと、犬はそれを学習して毎回欲しがるようになります。

どうしても犬に何か食べさせたい、トレーニングのご褒美をあげたい、などの場合は、その犬がいつも食べているドライフードを一粒ずつあげることをお勧めします。もちろん、間食としてあげた分は、食事の分から抜いてください。

犬にとってはおやつを食べられないことよりも、おやつばかり食べてご飯を食べず、肥満や体調不良を引き起こすことのほうが可哀相だという認識を、家族みんなで共有しましょう。

◆味が嫌い

ご飯の味が気に入らず、食べない場合もあります。

犬は人に比べると、5分の1程度の味覚しか保有していないと言われていますので、味の違いを人間ほどは理解できません。犬は、甘味、酸味、苦味、塩味を感知することができますが、旨味は感知できないと言われています。

犬の味覚の中で最も敏感なのは甘味で、果物の果糖や乳製品の乳糖を好みます。それ以上に大好きなのが甘いアミノ酸で、熟成された肉や魚などを指し、植物性たんぱく質よりも動物性たんぱく質を好みます。
その次に犬が敏感なのは酸味です。犬は腐敗臭を気にせず、酸味の度合いでその食べ物が食べられるかどうかを判断しているようです。

犬は苦みによって毒物や危険物を判断しますが、苦みを感知する味蕾はあまり発達しておらず、あまり気にならないようです。塩味を感知する感覚も鈍く、これは犬にとって獲物である生肉に塩化物が十分含まれていることから、塩分濃度を気にする必要が無かったためだと言われています。
また、驚くべきことに犬たちは水の味が分かるとされていて、人には分からないイオン濃度まで感知できると言われています。

ドライフードの味に関する好みは、その犬によって個体差が大きいので、ドライフードを食べない場合は、いくつかの種類を少しずつ試し、好みのフードを見つけてあげるのが良いかもしれません。

◆老犬の場合

シニア犬の場合、運動量や代謝機能が低下することによって食べない、食の嗜好へのこだわりが強くなる、食欲そのものが低下するなどの原因から、ご飯を食べなくなることがあります。

シニア犬は関節や足腰が弱くなりやすいので、コラーゲンやグルコサミン、コンドロイチンなどを意識的に適量摂取させてあげることにより、関節を丈夫に保ち、運動量の維持が期待できます。
また、噛む力が弱くなったことにより硬いものを噛みづらくなったり、嗅覚の衰えによりご飯を食べない場合があります。

老化がご飯を食べない原因であれば、食事の内容を工夫してあげるのが良いかもしれません。犬にとって食事は大きな楽しみですから、最期まで美味しいものを食べさせてあげたいものです。

●あわせて読みたい
【大型犬の介護】老犬のためにできる食事の工夫7つ!おすすめおやつもご紹介

大型犬は体が大きく運動量も多いため、若い頃と介護が必要になったシニア犬の差に戸惑う飼い主が多いです。特に大型犬のシニアは、一日のカロリー摂取量が少なくなり、噛む力も弱まり、嗅覚や胃腸機能も衰えていきます。そのため、柔らかく消化吸収が良いものを与えたり、胃腸に負担をかけない低タンパク・低脂肪などの食事やおやつを取り入れていく必要があります。大型犬の介護での食事の工夫方法や、おやつの選び方などをご紹介します。

記事はコチラボタン

◆子犬の場合

子犬の場合、誤飲やそのほかの体調不良でなければ、新居でのストレスやわがままからご飯を食べない可能性があげられます。どこでも何でも食べるような元気な子犬もいますが、環境の変化に敏感でなかなかご飯を食べない子犬もいます。

ご飯はケージやサークルの中で与えるなどして、犬が落ち着いてごはんを食べられる環境を整えてあげましょう。食べないからと言って子犬のうちからトッピングをする習慣をつけてしまうと、そのあともドライフードだけでは食べない犬に成長することがあるので、最初はふやかしたり温めたりする程度にしておいた方が良いかもしれません。

また、子犬がご飯を食べない時に気を付けたいのが低血糖です。低血糖の大半は、子犬がお家にやってきて1週間以内に起こります。原因は食事が十分にとれていないことで、小型犬の仔犬に多く見られます。
症状としては、ご飯を食べない、元気がない、ひどくなると痙攣を起こしてぐったりしてしまい、命にかかわります。

低血糖を起こした場合は、応急処置として、砂糖水やはちみつ、ブドウ糖を舐めさせることが有効です。異変を感じたときはずぐに病院に連絡し、指示を仰ぎましょう。

●おすすめ商品
ブドウ糖クロロフィル液 160g

ペットに元気を与える甘い液体!!
ブドウ糖を摂取する事で胃腸に負担をかけないでエネルギーの補給をする事が出来ます。
体内においては、ブドウ糖が消費されることによってエネルギーがつくられています。ブドウ糖を摂取することは、消化器においてそのまま吸収されますので、胃腸の負担も少ない理想的なエネルギーの補給法といえます。

購入


犬のドライフードを切り替える方法

犬 ドッグフード 切り替え

最近はとても沢山の種類のドッグフードが販売されており、ドライフードの品質や犬の好み、体質、病気のときの療法食など、ドライフードを切り替える機会もあると思います。

基本的に、犬の主食であるドライフードを選ぶときには、総合栄養食という表示のあるものを選びましょう。
総合栄養食とは、水とそのフードだけで犬が健康を維持できるようにつくられたドライフードのことです。

ドライフードを切り替えるときには、急に新しいドライフードを与えるのではなく、いつものドライフードに混ぜながら徐々に切り替えていきます。1日目は1割、2日目は2割…という具合に増やしていき、1週間~10日ほどかけて移行し、犬の便の様子などをよく観察しましょう。

犬に下痢などの症状が見られたら、もしかしたらそのドライフードが合わなかったり、アレルギーのもととなる物質が入っているのかもしれません。好みや体質などを考慮し、その犬に適したドライフードを選んであげてください。


犬が夏バテでドライフードを食べないときの対策は?

シベリアンハスキーなどの寒い地方出身の犬や、ダブルコートの犬、パグやフレンチブルなどの短頭種の犬たちは特に、夏バテしやすい傾向にあります。

◆暑さ対策で夏バテ防止

夏バテが原因でドライフードを食べない時は、緊急に対応が必要なものではありませんが、甘く見て食べないまま放置していると症状が長引いたり、栄養不足から免疫力が低下してしまったりすることがあります。

夏バテかな?と思ったら、散歩の時間帯をなるべく涼しい時間に変更したり、エアコンをかけてあげたりして対策を取りましょう。

◆ご飯を食べない時はトッピングで工夫

気温や湿度を調節してもなかなかご飯を食べない場合は、ご飯の内容を工夫して、犬の嗜好性を上げてあげるのも良いかもしれません。

人や動物がそのご飯を好んで食べるかどうかの指標を「嗜好性」という言葉で表します。嗜好性が高い、ということは、その人や動物にとってそのご飯がより好ましいということです。
犬の嗜好性は、匂いや味、栄養組成や水分含量、噛み心地や舌ざわり、食事をする環境などによって決まります。

犬の嗜好性を最も上げてくれるのが「嗅覚」です。そのため、犬が嗜好性の問題でドライフードを食べてくれない場合は、嗅覚を刺激してあげるのが有効です。
ドライフードをぬるま湯でふやかし、温めてあげると喰いつきが良くなるかもしれません。また、犬用のふりかけなどを少量トッピングしてみるのも良いでしょう。

ただし、ふりかけなどはかけすぎるとトッピング無しでは食べない犬になってしまうかもしれません。犬の様子をよく観察し、適度に美味しいものを食べさせてあげてください。

●おすすめ商品
特選逸品 ささみふりかけ 50g

ご褒美おやつに最適!
美味しいので、ワンちゃんも喜んでくれるかも?高タンパク質の鶏ささみを日本国内で仕上げた至高の逸品。おやつやドライフードのトッピングに。

購入


犬がご飯を食べないときはまず健康チェック

犬がご飯を食べない場合、まずは病気でないことを確認しましょう。身体が元気なのであれば、食事をする環境などを見直し、多少食べなくても我慢比べが必要になることもあるかもしれません。

犬の様子をよく観察し、必要に応じてふやかしたりトッピングをするなどしてフードを工夫してあげてくださいね。



– おすすめ記事 –

・お散歩中・外出中に地震や災害が起きた時に近づかない方が良い所、注意点をチェック!
・犬がティッシュを食べたがる理由と対処法
・【新商品】~ニームの木のおもちゃでお口の中の健康維持をサポート~ボンビアルコン ニームの木はみがきトイ
・狂犬病ってどんな病気?ワクチンは飼い主の義務!その必要性とは?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
harunyan

harunyan

動物の専門学校で看護の資格を取得後、6年間動物病院に勤務しました。5歳のシェルティと4歳の猫、0歳の息子と毎日楽しく過ごしています。ペットと過ごすうえで役に立つ情報をお届けできるよう、日々勉強しております。よろしくお願いします。

関連するキーワード