【美味しく楽しく☆Deco’sキッチン】ボーン型がキュートなもちもち「ベーグル」を作ろう!

2019.03.07

【美味しく楽しく☆Deco’sキッチン】ボーン型がキュートなもちもち「ベーグル」を作ろう!

「愛犬と一緒に楽しめる」がコンセプトのDeco’s dog cafeのオーナーDecoさんが教える手作りレシピ!今回は、もっちり食感が癖になる、ボーン型の『ベーグル』です!手作りごはんエキスパートが手がける簡単でオシャレなレシピ是非お試しください♪

focebookシャア
ツイート

ボーン型ベーグル

1

ボーン型で可愛くてワンちゃんと一緒に食べることのできる「ベーグル」にチャレンジしてみませんか?ちょっぴり面倒な発酵も冬の快適グッズを使用すればお手軽にできちゃいますよ♪ワンちゃんはそのままで、飼い主様はそのままでもジャムなどをつけても美味しく召し上がれます。

材料 6個分 378kcal(1個約63kcal)

2
●強力粉
●ドライイースト
●スキムミルク
●ぬるま湯
●卵白
100g
2g
小さじ1
70㏄
1/3個分

作り方

1.ボウルにドライイースト、スキムミルク、湯を入れてホイッパーで混ぜる
2.①に強力粉をふるいながら加え、ひとかたまりになるまで混ぜる
3.台に手粉を敷き、②を10~15回くらい滑らかになるまで叩きつける
4.③を6等分にし、30㎝程度の棒状に伸ばして両端を結んでボーン型にする
5.④をバットに並べ、上から布巾をかけて40℃くらいの所に置いて30~40分発酵させる
6.⑤が1.5倍程度に膨らんだら、砂糖大さじ1杯を入れた湯で1分茹でる
7.⑥を天板に並べハケで卵白を塗り、200℃に予熱したオーブンで8~10分焼く

レシピ

wanncyann

タンタンちゃん(トイプードル 7歳)

Deco’sアドバイス

deco_face

寒いこの時期、パンを発酵させるのに一番適した場所が“こたつの中”です。30~40分は目安なので、1.5倍に膨らむまでしっかり発酵させましょう。

与える時のポイント

冷蔵庫では2~3日、冷凍庫では2週間程度の保存が可能です。ボーン型だけでなくいろいろな形に成形して焼き、プレゼントするものおすすめです♪



Deco’s Kitchenその他のレシピはこちら

キャロブのカップケーキ

ひき肉をベースに「ごま」「桜えび」「あおさ」を混ぜ込んだ3色のお団子は見た目も可愛くて嗜好性抜群♪コロコロ丸めてオーブンで焼くだけだからとっても簡単でヘルシーな一品です。

購入

桜のマフィン

桜の塩漬けが入った見た目も味も春らしくて可愛いマフィンは飼い主さんもワンちゃんも一緒に食べることが出来ます。、食材を混ぜて焼くだけの簡単マフィンを作って春の訪れを楽しみましょう。

購入

– おすすめ記事 –

・わんちゃん専用のごほうびパン!【ユニチャームペット】グラン・デリ
・犬に手作りごはんを与えるときのメリット・デメリットは?
・犬のドッグフードの早食い、丸飲みは危険!フードの選び方や早食いの対処法について
・18歳になると表彰される?長生きの犬種と長寿犬になるための秘訣


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Deco

Deco

犬のおやつ・ごはん研究家。犬のレシピ本を中心に企画編集を行い、著書に『犬がよろこぶ手作りおやつ 50のレシピ』(木楽舎)、『 Deco's Dog Foods』(ソニー・マガジンズ)、『愛犬をかしこく丈夫に育てる健康ごはん入門』(主婦と生活社)などがある。 株式会社ホットドッグ取締役を務め、東京・田園調布にあるドッグカフェ『田園茶房』のオーナーとして犬の手作り料理を世間に広めた犬の手作りごはんエキスパート。 http://decosdogcafe.xsrv.jp/

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら