夜の犬の散歩は危険?犬を守る光る首輪のメリットとおすすめ商品

2019.12.26

夜の犬の散歩は危険?犬を守る光る首輪のメリットとおすすめ商品

最近では、犬に光る首輪をつけて散歩をする飼い主さんが増えました。夜道など暗い時間帯の散歩には、歩行者や自転車、自動車など犬にとっての危険がたくさん潜んでいます。 今回は、暗い夜の散歩に最適な光る首輪について幅広くご紹介致しますので、是非ご活用ください。

夜の犬の散歩の注意点

夜の犬の散歩

仕事で帰宅が遅くなったり日中暑くてお散歩に行けなかったりと、愛犬のお散歩がどうしても夜になってしまうことは多いかと思います。

しかし、暗い夜のお散歩では注意しなくてはいけないことがたくさんあります。

◆歩行者が多い場所では要注意

犬の目には人間とは異なる反射板があるため、微量の光に反射し暗くても見える仕組みになっていますが、人間の場合は暗いと見えにくくなるか全く見えなくなります。

見えにくい状況の中で、犬は低い目線にいるため、視界に入らず犬に向かってきてしまう危険性があります。
そのため、歩行者が多い場所では飼い主は常に注意してあげなければいけません。

歩行者が犬を認識していなければ犬は蹴られてしまう危険性があり、それだけでなくそんな状況でのお散歩は犬にとってストレスの大きな時間になりかねません。

◆自転車や車通りが多い場所では要注意

犬からは自転車や車が見えていても、相手が犬を認識しにくい夜の散歩は危険が伴います。

自転車の場合は、特に曲がり角などに注意が必要で、大抵曲がり角を曲がる時は同じくらいの視線にいる人間は認識できますが、視線の低い位置にいる犬は認識しづらくなります。

また、車の場合は、直線道路であっても車道と歩道がしっかりと別れていない際は視線の低い位置にいる犬を認識しにくいため、細心の注意が必要です。

車は通常は40キロ以上スピードを出していることが多いため、直線道路であっても車通りの激しい暗闇の道路は犬にとって危険が伴います。

◆木や枝に要注意!

犬が散歩する時に明るい時間帯であれば、ある程度飼い主も犬の歩く様子などを見ていますが、暗い中での散歩の場合、犬の不注意と人間の確認不足で犬の目に木や枝が刺さってしまう事が多くあります。

そんな時、明るければ飼い主が危険なものに気づきやすいのですが、夜の場合は飼い主がしっかりと犬の周りを見てあげることが出来ないので注意しましょう。

◆水たまりに要注意!

暗い夜の散歩では水たまりにも注意が必要です。水が嫌いでない限り犬はあまり水たまりを自ら避けたりしませんが、水たまりには実は危険がたくさんあります。

ただの雨水であれば犬が汚れる程度で済みますが、車のエンジンオイルやエアコン機能のコンプレッサーオイルが混じっていたり、雪の降る地域であれば不凍液が混じっていたりすることもあり大変危険です。

◆犬が危険なものを踏んでしまわないように要注意!

人間が道を確認しにくい夜の散歩では、犬の肉球を痛めてしまうような恐れのある危険物がないかの確認ができないことがあるので注意が必要です。

明るい時間帯であれば、道の状況や道路の危険物を飼い主が確認して避けることができますが、何より人間が細かなものを確認しづらい状況ですので注意しましょう。


犬の光る首輪のメリット

暗い夜の散歩での危険についてご紹介しましたが、夜の散歩で非常に役立つのが犬の光る首輪です。

最近では犬の光る首輪はとても人気が高く、暗い時間帯は頻繁に見かけることが多くなりました。夜の散歩に行く犬には、是非皆に装着してほしい商品です。

◆光る首輪の一番のメリットは他者が犬を認識しやすいこと!

一番の光る首輪のメリットはやはり他者に犬の存在を知らせることができる点です。

犬が周りを確認できていても、犬にとって危険になりうる歩行者や自転車、車に乗っている人が犬に気づかなければ意味がありません。

最近の光る首輪はカラフルな蛍光色のものや点滅するものなど、種類が数多く販売されており、どんなに暗い状況であっても他者から見えるようになっている商品が数多くあります。

◆光る首輪を装着すれば飼い主も犬の周囲を確認できる

光る首輪の2つ目のメリットは、犬の首部分から光が出ることによって飼い主が犬の周囲にある危険物に気づきやすくなるということです。

犬の周囲には人や自転車だけでなく、木や枝、地面に落ちているものなどを中心に多くの危険があります・飼い主がそれらから犬を守ってあげる為には、光る首輪を装着させて、犬の周辺を飼い主自身が見えやすくすることが大切です。


Amazonでも人気!犬用光る首輪のおすすめ4選

こちらではAmazonでも人気のある、犬用の光る首輪を4つご紹介します。
実際に首に巻き付ける首輪タイプのものや、お気に入りの首輪につけるだけの便利なアイテムをご紹介しますので、皆様のワンちゃんにはどんなものが合うか考えてみてください。

◆セーフティーカラー(SAFETY COLLAR)

_DSC0008

セーフティーカラーは、首回り全体が光る首輪タイプのライトです。USB充電式のライトなので、ご自宅で充電して長く使用することができます。
光り方は「高速フラッシュ(点滅)」「フラッシュ(点滅)」「ブライト(点灯)」の3種類を選べ、後ろからもしっかりと目立って点灯します。
首輪タイプなので長毛のワンちゃんでも毛に埋もれにくく、夜道でもしっかりと存在をアピールすることができるでしょう。

◆スポットリット(SPOT LIT)

_DSC0013

スポットリットは、ナスカンで首輪に引っ掛けるタイプのアイテム。衝撃に強く丈夫なところが大きなポイントです。他のライトよりも重めに作られていて、スイッチも若干固めに作られているので、愛犬の動きで誤ってライトが消えたりする心配がありませんので、大好きなお散歩ではしゃいでしまうワンちゃんにもおすすめです。
「点灯(マルチカラーの場合は色が変化)」「点滅」の2種類があり、状況によって光り方を選ぶことができます。

◆セーフティライト(SAFETY LIGHT)

_DSC0011

セーフティライトは、シリコン製の輪っか部分を首輪やリードに巻き付けて、簡単に装着できるライトです。直径20mmまで取り付け可なので、太めのベルトでも安心です。
光り方は「スピン(回転)」「フラッシュ(点滅)」「ブライト(点灯)」の3種類から選べ、とても明るく目立ちます。
軽くて簡単に装着できる分、あまり衝撃には強くないので、大人しいワンちゃんにおすすめです。

◆ペットリット(PET LIT)

_DSC0016

ペットリットは、小型で超軽量なペット用ライトです。肉球柄やボーン柄など、見た目もとってもかわいいライトですので、おしゃれなお洋服にも合わせやすいのではないでしょうか。
付け方はライト部分をくるっと時計回りに回すだけ。1種類の点灯だけのライトになっていて、シンプルさを求める飼い主さんにおすすめです。

電池持ちが良い分、他のライトよりやや光り方が弱いので、薄暗くなってきた夕方ごろのお散歩におすすめです。
真っ暗になってからの散歩で使用する場合は光るリードと併用するのがおすすめです。

ご紹介した光る首輪についてはこちらの記事でもっと詳しくご紹介しています!
実際の光り方や点滅パターンも動画で見ることができますよ♪

●あわせて読みたい
夜の散歩の必需品!首輪につける愛犬用ライトのおすすめの種類、選び方は?

みなさんは、夜に愛犬のお散歩に行く時に「ライト」をつけていますか?首輪やリードに取り付けるライトは、愛犬の安全を守ることはもちろん、周りの人に迷惑をかけないためにも重要なアイテムです。 今回は、愛犬用ライトのおすすめの種類、選び方についてご紹介します!

記事はコチラボタン


犬用光る首輪に関するまとめ

犬の夜のお散歩の危険性や光る首輪のメリットについてご紹介致しました。

夜の散歩は犬にとって危険が多くありますので、光る首輪で可能な限り危険は避けたいものです。
車は特に最悪の場合命を落としうる危険な事故に繋がることがあるので、是非光る首輪を利用して安全に楽しくお散歩をしてください。



– おすすめ記事 –

・愛犬用お散歩バッグにいれておきたい必需品はコレ!おすすめのバッグもご紹介
・散歩中に草を食べる愛犬の謎!食べたら危険な草もあるってほんと?
・【ドッグトレーナー監修】愛犬の拾い食いをやめさせるしつけ方法。拾い食いを回避して安全なお散歩を
・夏の愛犬のお散歩、時間帯は早朝と夜がおすすめ!真夏の散歩の注意点とお役立ちグッズ


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
smochijp

smochijp

動物看護士(日本能力開発推進協会/日本キャリア教育技能検定協会)、老犬介護士(日本キャリア教育技能検定協会)、犬の管理栄養士(全日本動物専門教育協会)、ドッグトレーニングアドバイザー(日本ペット技能検定協会)等、動物関連資格を多数保有。大型犬2頭、中型犬1頭、小型犬(保護犬)1頭、猫3頭と暮らしながら、役立つペット関連情報を提供しております。


記事に関するお問い合わせはこちら