散歩中の愛犬が聞きつけた小さな命の声。排水溝に捨てられた赤ちゃんを救った驚きの感動ストーリー

2018.07.15

散歩中の愛犬が聞きつけた小さな命の声。排水溝に捨てられた赤ちゃんを救った驚きの感動ストーリー

いつもと変わらない朝の散歩を楽しんでいた一人の女性とその飼い犬、ジョージ。その日がいつもと違ったのは、道端でジョージが何かを見つけたことでした。急に走り出し吠え続けるジョージに連れられ向かった先にあったのは、重いコンクリートで覆われた排水溝。その下に何かがあるというのです。最初は猫か何かがその中に居るのかと思っていた女性。しかし座りこみ耳をすませてみると、驚くことに聞こえてきたのは赤ちゃんの泣き声だったのでした。

focebookシャア
ツイート

愛犬の突然の奇妙な行動…

海外,犬,赤ちゃん

シャメーンさんとキャスパーさんの家にやってきた、ダックスフンドのジョージ。サウスアフリカに住むこの夫婦の元で、彼の新たな生活が始まりました。
それ以来、ジョージを朝の散歩に連れ出すのは、シャメーンさんの日課となったのです。

ある日のこと、いつものように朝の散歩に出かけた2人ですが、その日はたまたまいつもとは違うコースを歩くことに。

すると、その散歩道で急にジョージが吠え出したのです。

「こっちだよ」とでも言うかのように急ぐジョージを見てシャメーンさんは、彼はきっと何かを見つけたんだと直感。

そして、彼に引っ張られるまま、道沿いにある排水溝の所へやってきました。

海外,犬,赤ちゃん

厚くて重いコンクリートの板が乗っかったその排水溝は、入り口が小さく中があまり良く見えません。

しかし、シャメーンさんはかすかに何かの音が聞こえてくるのに気づきました。
最初は猫か何かだと思っていた彼女。よく耳を傾けてみると、それはだんだん赤ちゃんの泣き声のようにも聞こえてきたのです。

驚きを隠せずパニック状態になったシャメーンさんは、そのコンクリートの板を動かそうとプッシュ。しかし、その板は重くてビクともしません。

そこで、彼女は道路を走りゆく車に向かって手を振り助けを求めたのでした。


排水溝には小さな赤ちゃんが!

何台か素通りしていく中、一台の車がシャメーンさんの前で止まり、運転していた60歳のコーニーさんが中から降りてきました。

海外,犬,赤ちゃん

コーニーさんは、シャメーンさんに連れられその排水溝へ。真っ暗で何も見えませんが、確かに赤ちゃんの声が聞こえるではありませんか。

驚きながらも、コーニーさんは車から鉄の棒を取ってくると、シャメーンさんと共にその棒を使って重いコンクリートをどけることに成功。そして自らその排水溝の中へと入っていったのです。

思ったよりも狭いその排水溝の中は赤蟻がウヨウヨ。狭すぎて約2m先の底まで手を伸ばすことができませんでした。しかし、赤ちゃんの足らしき感触が。

そうして、ようやく赤ちゃんを引き上げることに成功したのでした。

海外,犬,赤ちゃん

これは事件だと察したコニーさんは、その様子を携帯のカメラで撮影。その赤ん坊は裸で、まだへその緒がくっ付いた状態でした。


愛犬のおかげでひとつの命が救われた

海外,犬,赤ちゃん

その後、やってきた救急隊員たちにより手当をされた赤ちゃん。警察によると、心無い誰かがこのコンクリートの板をわざわざどけて中に彼女を置き去りにしたのだろうとの事でした。

赤ん坊の泣き声を聞きつけ、飼い主を誘導したジョージのおかげで、奇跡的にも命を取り留めたこの赤ん坊。今では病院の保育器の中でスクスクと育っているそうです。

●あわせて読みたい
なぜ犬は赤ちゃんを守ろうとするの?

犬好きな人にとって、可愛らしい姿を見せてくれる犬の動画は心癒されるもの。そんな中、犬が人間の赤ちゃんを守ったり、慰めてくれたりしている動画を見かけることもあります。
赤ちゃんに対しての優しい一面を見せてくれる犬の気持ちについて考えてみたいと思います。

記事はコチラボタン

<参考サイト>
littlethings.com



– おすすめ記事 –

・ドアを開けられないはずの赤ちゃんが脱走!?1人と2匹のわんぱく兄妹の早朝の大冒険に両親驚愕!
・燃え盛る炎の中、愛犬は決してそばを離れなかった。自分を犠牲にして赤ちゃんを守った犬の行動に涙
・犬はあなたの赤ちゃんや恋人に嫉妬する!?あの行動はやきもちが理由かも。
・ドキドキの初対面!犬と赤ちゃんの初めての対面で注意すべきことは?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yukoyosshi

yukoyosshi

昔から動物が大好きで、野生動物や自然が多いオーストラリアに留学。現在もオーストラリアにて生活を送っています。家では犬や猫やその他の動物も飼っていて、中でも12年も生きた柴犬のミミとはバディな関係でした。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら

ペットスマイル応募企画バナー専門家バナー犬ライター募集バナープレスバナーペットスマイルアプリバナーcafe