【長崎】白岳自然公園の看板犬ロン、スズメバチに襲われる登山者の命を勇気ある行動で救う。

2017.10.30

【長崎】白岳自然公園の看板犬ロン、スズメバチに襲われる登山者の命を勇気ある行動で救う。

長崎県佐世保市江迎町にある白岳自然公園では、看板犬であるロンが来場する方々をお出迎えしてくれます☺そんなロンが、登山者の命を救ったことで一躍有名犬になりました。自分を犠牲にして登山者を守ったロンの行動を讃えずにはいられません。

focebookシャア
ツイート

長崎県佐世保市江迎町の白岳自然公園では、ボーダーコリーの男の子、ロンくん(8歳)が看板犬として来園者を迎えています。

imge05b523azikfzj

そんなロンくんが地元長崎の新聞やヤフーニュースで取り上げられ一躍有名犬となりました。その理由は、自らを犠牲にして蜂から来場者を守ったからなんです。

白岳自然公園では9月30日から10月1日のイベントの中で、1日に白岳登山体験が実施されました。その際に頂上付近で登山者が蜂に遭遇し、登山者20人の中で子供と大人計6人が蜂に刺され、救急車で搬送されました。その時に子供たちがパニック状態の中声を聞いたロンが果敢に蜂に飛び込み、自らをおとりに登山者を守ったのです。

ロンはカラダに20カ所以上も刺され、治療を受けたが約1週間にわたって食欲不振や嘔吐(おうと)が続いたそうです。現在は完全に回復し、来場者を元気にお出迎えしているということ。

看板犬ロンが働く佐世保市白岳自然公園の所長 横松賢一さんは今回の件を受け、

本当に皆様にはご心配をおかけしました。ありがとうございます。何よりも蜂に刺された子供たち4人は、もう翌日には元気に登校しています。(一人が2日目から登校)それが一番の安堵です。ロンも死ぬんじゃないかと心配しましたが、今では100%元気回復しています。なんとなく以前より甘えるようになっています。本当にご心配ありがとうございます。
私が管理する公園の外にある向かい側の山(往復1時間程度)に登った所での事故でした。前日に登った知人の方から下山ルートを含めて、登山道の安全を確認していたんですが、こういう事故になり非常に残念です。対策として、公園内は常に蜂の発見を注意観察して常に蜂の巣の駆除を実施しています。今回の白岳山にて蜂が発生した箇所の蜂の駆除は当然のこと、山に登る人への「蜂に注意看板」を設置しています。ご安心して、来園してください。ロンも待っています。

2017年10月28日掲載 高原カフェ店長の厨房日記より

とコメントを掲載した。

ロンくん

自らの危険を顧みず、勇気ある行動を取り多くの登山者を守ったロンはこれからも白岳自然公園を訪れる多くの人に愛されるでしょう。みなさんも長崎に訪れる際は「白岳自然公園」に訪れてみてはいかがでしょうか。ロンが笑顔でお出迎えしてくれますよ☺

参照元:長崎新聞高原カフェ店長の厨房日記

佐世保市白岳自然公園
住所:長崎県佐世保市江迎町奥川内253-6
電話:0956-66-9334
公式サイト:http://kazekogen.com/



– おすすめ記事 –

・大好きな飼い主に最後のお別れを伝えにきてくれた奇跡のエンジェルドッグ
・人々の夢の為…宇宙へと旅立ち犠牲となった犬ライカやたくさんの動物たち
・怪我した飼い主のそばを片時も離れない。ワンちゃんたちの驚くべき行動が話題に!
・とってもキュート♥ワンちゃんの寝相アートが世界で話題に!


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileわん部

PetSmileわん部

わんこ大好きPetSmileわん部です。わんちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪

関連するキーワード