犬用高級ドッグフードのメリットや安いフードとの違いは何?代表的な高級ドッグフード5選

2020.02.13

犬用高級ドッグフードのメリットや安いフードとの違いは何?代表的な高級ドッグフード5選

最近ではドッグフードの品質の高さが求められ、高級ドッグフード(プレミアムドッグフード)を犬に与える飼い主さんが増えました。ドッグフードは値段が高ければよいというものではありませんが、やはり製造コストに費用を費やすことができる高級ドッグフードには、それなりのメリットがあります。 高級ドッグフードを購入する際は、値段だけでなくそれぞれのドッグフードの特徴をしっかりと調べて選びましょう。

【目次】
1.高級ドッグフードの値段はいくらから?

2.高級ドッグフードは安いフードと何が違う?
 2-1.使われている素材のグレード
 2-2.無添加ドッグフード
 2-3.グレインフリードッグフード
 2-4.グルテンフリードッグフード
 2-5.動物性たんぱく質が豊富

3.高級ドッグフード5選
 3-1.本来犬に必要な栄養素にこだわる高級ドッグフード「オリジン」
 3-2.人間同様の品質基準を誇る高級ドッグフード「テラカニス」
 3-3.自然食材にこだわるホリスティック高級ドッグフード「ハロー」
 3-4.犬の祖先が食べていた食事を再現した高級ドッグフード「ニュートロワイルドレシピ」
 3-5.栄養バランスに優れた高たんぱく・低炭水化物の高級ドッグフード「アカナ」

4.高級ドッグフードに関するまとめ

高級ドッグフードの値段はいくらから?

最近では数多くの高級ドッグフードが販売されており、犬の健康維持のために多くの飼い主さんたちが利用しています。

このような高級なドッグフードの値段は、ドライフードであれば1kgあたり2,000円前後~、ウェットフードであれば1kgあたり2,200円~が目安となります。

犬も大切な家族の一員と見なされる現在、このような高級ドッグフード(プレミアムドッグフード)を与える飼い主さんがとても増え、ドッグフードの品質向上が犬の平均寿命を上げる要因にもなっています。


高級ドッグフードは安いフードと何が違う?

高級ドッグフード

一概に高級ドッグフードといっても種類が数多くあり、ドッグフードによって特徴は異なりますが、一般的には下記のような特徴をもつ高級ドッグフードが注目を集めています。

◆使われている素材のグレード

最近では誤解を生むという概念から「ヒューマングレード」と明記するメーカーは減りましたが、一般的に高級ドッグフードはドッグフードの原料となる素材にこだわってつくられたものが多く、「人間が食べることのできるレベルの食材」を使用しているドッグフードが多いと考えられます。

価格が安いドッグフードの場合は、製造コスト削減のため、人間が食べることの出来ない肉の部位を使用していることも多いので、高級ドッグフードの素材のグレードが注目を集めています。

◆無添加ドッグフード

添加物は一般的に発がん物質をはじめとし、犬の健康に被害を与えやすいと考えられます。

添加物が含まれたドッグフードを与えたからといってすぐに体に影響がでるとは考えにくいのですが、長期間継続的に与えることを考えると、添加物が含まれたドッグフードには大きな問題があります。

その点、高級ドッグフードは添加物に配慮されたものが多いのが特徴で、保存料や酸化防止剤、保湿剤や着色料を一切せずつくられた完全無添加のドッグフードや、栄養素を取り入れる目的や酸化防止のために合成添加物(人工添加物)でなく、天然由来の添加物のみ使用している高級ドッグフードもあります。

◆グレインフリードッグフード

犬の消化器官に適したグレインフリー(穀物不使用)ドッグフードも人気を集めています。

人間の消化機能と犬の消化機能は大きく異なり、一般的には犬は米やトウモロコシなどの穀物の消化が苦手であると考えられており、これらは犬の胃腸への負担をかけるだけでなく、糖質が多いことから肥満の原因にもなるといわれています。

価格が低いドッグフードの場合は、製造コスト削減を主な目的とし、穀物が多く使用されていることがあるので注意が必要です。

腸は最大の免疫器官とも呼ばれ、消化器官に負担をかけないグレインフリードッグフードが人気を集めています。

◆グルテンフリードッグフード

グルテンフリーとは、小麦や大麦、ライ麦をはじめとした麦類のタンパク質を使用せずにつくられたドッグフードで、主に犬の食物アレルギー回避のために役立つと考えられます。

価格が安いドッグフードの場合は、これら麦類のタンパク質を使用しているものが数多くあります。

◆動物性たんぱく質が豊富

大抵の高級ドッグフードは主原料を肉や魚とし、動物性たんぱく質の量にこだわりを持っています。

質の高い動物性たんぱく質が豊富なドッグフードは犬の消化器官に優しく、体全体に豊富な栄養素を供給するために役立ちます。


高級ドッグフード5選

◆本来犬に必要な栄養素にこだわる高級ドッグフード「オリジン」

オリジン 各種

放し飼いの鶏肉や七面鳥肉、自然の海で漁獲された魚、巣に産み落とされた全卵などの新鮮食材を使用しており、愛犬に必要な栄養を自然な食事から与えることができます。 ※オリジン オリジナル

購入
メーカー名 オリジンジャパン
原材料 新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉、新鮮イエローテイルカレイ、新鮮全卵、新鮮丸ごと大西洋サバ、新鮮鶏レバー、新鮮七面鳥レバー、新鮮鶏心臓、新鮮七面鳥心臓、新鮮丸ごと大西洋ニシン、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレート丸ごとサバ、ディハイドレート鶏レバー、ディハイドレート七面鳥レバー、丸ごとグリーンピース、丸ごとシロインゲン豆、赤レンズ豆、新鮮チキンネック、新鮮鶏腎臓、ピント豆、ヒヨコ豆、グリーンレンズ豆、鶏肉脂肪、天然鶏肉風味、ニシン油、粉砕鶏骨、鶏軟骨、七面鳥軟骨、ドライケルプフリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮コラードグリーン、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮丸ごとリンゴ、新鮮丸ごと梨、カボチャの種、ヒマワリの種、亜鉛タンパク化合物、ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)、チコリー根、ターメリック、サルサ根、アルテア根、ローズヒップ、ジュニパーベリー、乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物、乾燥 プロバイオティクス発酵生成物、乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物 ※オリジン オリジナルの場合
保証分析値 粗たんぱく質:38.0%以上、粗脂肪:18.0%以上、粗繊維:4.0%以下、水分:12.0%以下 ※オリジン オリジナルの場合
代謝エネルギー 394kcal/100g ※オリジン オリジナルの場合
原産国 アメリカ

オリジンのドッグフードは種類を豊富に取り揃えていますが、全てにおいて犬が本来必要な良質な動物性たんぱく質に着目してつくられたドッグフードです。

犬の年齢や状態に合わせて愛犬に適したドッグフードを選んであげましょう。

◆人間同様の品質基準を誇る高級ドッグフード「テラカニス」

テラカニス 各種

新鮮で品質の高いお肉と玄米をベースにしたウェットタイプ。野菜・果物・海藻など愛犬の健康維持に必要なバランスが取れた手作りの理想形。 ※テラカニス クラシック ビーフ 玄米入り

購入
メーカー名 トリッコインターナショナル
原材料 牛の筋肉(20%), 牛の心臓(15%), ズッキーニ, 人参(12%), 牛の肺(9%), 牛のレバー(9%), リンゴ (9%), 玄米 (6%), アプリコット, 亜麻仁油, 有機卵殻の粉(0.4%), バジル, フェンネル種, パセリ, 海藻(0.13%), ミネラルアース, ローズヒップ※テラカニス クラシック ビーフ 玄米入りの場合
保証分析値 粗たんぱく質10.1%以上、粗脂肪7.2%以上、粗繊維0.9%以下、粗灰分1.6%以下、水分73.8%以下※テラカニス クラシック ビーフ 玄米入りの場合
代謝エネルギー 134Kcal※テラカニス クラシック ビーフ 玄米入りの場合
原産国 ドイツ

ウェットフードの高級ドッグフードで人気を集めるテラカニスの缶詰は、100%人間用の食材品質基準でつくられているドイツのドッグフードです。

「人間が食べることのできる食材」ではなく、「人間が食べる食材」を使用していることから、ドイツのみならず全世界の愛犬家たちから人気を集めています。

テラカニス缶詰には「コンプリート食」(総合栄養食)と「ピュアミート」(新鮮な肉97%)、「ガーデンベジタブル」(主に野菜と果実)の3種類があるため、総合栄養食でない「ピュアミート」や「ガーデンベジタブル」はトッピングご飯として使用すると良いでしょう。

「ピュアミート」と「ガーデンベジタブル」を組み合わせて与えることも可能です。

総合栄養食として一缶で与えたい場合は、「コンプリート食」(総合栄養食)の表記がある缶詰を選んであげましょう。

◆自然食材にこだわるホリスティック高級ドッグフード「ハロー」

ハロー 各種

豊かな環境で、抗生物質を使わずにゆっくりと育てたとり肉を使用。<総合栄養食> ※ハロー 犬 アダルト 小粒 平飼いチキン

購入
メーカー名 ベッツチョイス

ハローのドッグフードは、「ホリスティックフード」とも呼ばれる高級ドッグフードで、自然の原材料にこだわってつくられているため安心して毎日の食事として犬に与えることができます。

こちらのドッグフードは、犬の年齢に合わせて種類を豊富に揃えていますので愛犬に合わせて選んであげましょう。

◆犬の祖先が食べていた食事を再現した高級ドッグフード「ニュートロワイルドレシピ」

ニュートロ ワイルドレシピ 各種

高タンパクで穀物を使わない食事を、チキン(肉)をはじめとする高品質な厳選自然素材で作りました。<総合栄養食> ※ニュートロ ワイルド レシピ チキン

購入
メーカー名 ニュートロ
原材料 チキン(肉)、チキンミール、ヒヨコマメ、ラムミール、鶏脂*、乾燥ポテト、エンドウマメ、エンドウタンパク、タンパク加水分解物、アルファルファミール、ひまわり油*、ビートパルプ、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸) *ミックストコフェロールで保存※ニュートロ ワイルド レシピ チキンの場合
保証分析値 タンパク質:32.0%以上、脂質:18.0%以上、粗繊維:3.5%以下、灰分:10.0%以下、水分:10.0%以下※ニュートロ ワイルド レシピ チキンの場合
代謝エネルギー 380kcal/100g※ニュートロ ワイルド レシピ チキンの場合
原産国 アメリカ

ニュートロのワイルドレシピシリーズは、犬の祖先が食べていたといわれる高たんぱく質、穀物不使用の食事を再現してつくられた高級ドッグフードで、たんぱく質量が30~34%を占めています。

ドライフードタイプとウェットフードタイプの商品があります。

◆栄養バランスに優れた高たんぱく・低炭水化物の高級ドッグフード「アカナ」

アカナ 各種

放し飼いの新鮮鶏肉、巣に産み落とされた全卵、天然太平洋カレイ、太陽の日差しを浴びて熟した新鮮フルーツと野菜をたっぷり使用しているアカナ アダルトスモールブリードは、健康的な食欲を促す旨味と栄養がぎっしり詰まっており、あらゆる小型犬を最高の健康状態へ導きます。<総合栄養食>※アカナ アダルトスモールブリード

購入
メーカー名 アカナファミリーJ
原材料 新鮮鶏肉(12%)、鶏肉ミール(12%)、七面鳥肉ミール(12%)、赤レンズ豆、丸ごとグリンピース、そら豆、鶏脂肪(5%)、新鮮鶏臓器, (レバー、ハツ、腎臓)(4%)、ニシンミール(4%)、新鮮全卵(4%)、新鮮丸ごとカレイ(4%)、ニシン油(2%)、日干しアルファルファ、緑レンズ豆、丸ごとイエローピース、エンドウ豆繊維、新鮮鶏軟骨(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮丸ごとパースニップ、新鮮ケール、新鮮ほうれん草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、新鮮丸ごとクランベリー、新鮮丸ごとブルーベリー、チコリー根、ターメリック、オオアザミ、ゴボウ、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ
添加栄養素(1kg中):亜鉛キレート:100mg
畜産学的添加物: 腸球菌フェシウム※アカナ アダルトスモールブリードの場合
保証分析値 たんぱく質:31.0%以上、脂肪:17.0%以上、繊維:5.0%以下、灰分:7.0% 以下、水分:12.0%以下※アカナ アダルトスモールブリードの場合
代謝エネルギー 351kcal/100g※アカナ アダルトスモールブリードの場合
原産国 カナダ

アカナドッグフードは古い歴史をもつドッグフードで、犬が本来持つ能力を最大限に高めるために肉を主に使用しています。

自然の食事を再現するための新鮮食材を豊富に使用した高級ドッグフードです。


高級ドッグフードに関するまとめ

高級ドッグフードについて値段や特徴をご紹介致しました。

高級ドッグフードを選ぶ時はドッグフードの特徴に注意を払う必要があります。単純に「値段が高いドッグフード=品質の高い良いドッグフードではない」ということをしっかりと理解して、値段に見合ったドッグフードであるか調べてから購入することをおすすめします。



– おすすめ記事 –

・賞味期限切れのドッグフードはNG!正しい保存方法でおいしさキープしよう!
・犬がご飯を食べない理由6つ。ドッグフードを食べないときの対策は?
・ドッグフードも酸化して腐る!?梅雨に注意したいフードの適切な保存方法は?
・犬の歯磨きが必要な理由は?歯ブラシが苦手なワンちゃんにおすすめのグッズ


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
smochijp

smochijp

動物看護士(日本能力開発推進協会/日本キャリア教育技能検定協会)、老犬介護士(日本キャリア教育技能検定協会)、犬の管理栄養士(全日本動物専門教育協会)、ドッグトレーニングアドバイザー(日本ペット技能検定協会)等、動物関連資格を多数保有。大型犬2頭、中型犬1頭、小型犬(保護犬)1頭、猫3頭と暮らしながら、役立つペット関連情報を提供しております。


記事に関するお問い合わせはこちら