臭くない犬の特徴とは?具体的な犬種と臭いの原因や対処法まとめ

2020.11.24

臭くない犬の特徴とは?具体的な犬種と臭いの原因や対処法まとめ

犬は猫より臭いが気になると言われています。犬を飼いたいけれど臭いが気になっているという人も、少なくありません。また、愛犬家が気にならない臭いも、飼っていない人にとっては非常に気になる臭いのようです。では、臭くない犬はいるのでしょうか?また、どんな犬なら臭くないのでしょうか?ここでは、臭くない犬の特徴と具体的な犬種をご紹介します。臭いが気になるけれど犬を飼いたい方は、参考にしてみてください。

【目次】
1.犬の臭いが発生する原因
 1-1.体臭
 1-2.排泄物
 1-3.口臭
 1-4.汚れ
 1-5.肛門腺
 1-6.耳の臭い

2.比較的臭いの少ない犬種の特徴
 2-1.中頭種・長頭種
 2-2.立ち耳
 2-3.短毛
 2-4.シングルコート
 2-5.毛の色が薄い

3.具体的な犬種
 3-1.チワワ
 3-2.プードル
 3-3.ミニチュアピンシャー
 3-4.イタリアン・グレイハウンド
 3-5.パピヨン
 3-6.マルチーズ
 3-7.シュナウザー
 3-8.ボーダーコリー
 3-9.ダルメシアン
 3-10.シベリアンハスキー
 3-11.バセンジー

4.なぜ犬種によって臭いの差があるのか

5.臭いが気になるときの対処法
 5-1.ブラッシング
 5-2.シャンプー
 5-3.口のケア
 5-4.肛門腺絞り
 5-5.耳のケア
 5-6.排せつ物の対策

6.まとめ

犬の臭いが発生する原因

dog-838242_640

犬に限らず、動物は多かれ少なかれ臭いがするものですが、なぜ犬の臭いを気にする人が多いのでしょうか?
始めに、犬の臭いの原因をご紹介します。

◆体臭

犬に特有の臭いである体臭の原因は、汗です。
犬は汗をかかないために暑さに弱いと言われますが、全く汗をかかないわけではないのです。
犬には人間と同じように、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類の汗腺があります。
エクリン腺は、肉球にあり、体温を下げるためのサラッとした汗を出します。
アポクリン腺から出る汗は、脂肪酸やタンパク質を多く含み、酸化したり細菌によって分解されたりすることで悪臭を発します。
人間のワキガの原因でもあるアポクリン腺は、犬の場合、体全体にあるため、犬は体臭が強くなるのです。
体臭は、犬同士のコミュニケーションに必要であり、縄張りを主張するためのマーキングにも使われます。

◆排泄物

排せつ物が臭いのは、人間も犬も同じです。
腸内環境によって臭いが強くなるのも、人間と同様です。
肉食寄りの雑食性である犬は、穀類を消化することが苦手なため、穀類を多く含むドッグフードを食べていると腸内環境が悪くなることがあります。
また、被毛などに排せつ物が付着することによって、臭いの原因となっていることもあります。

◆口臭

口臭は主に、食べカスが細菌によって分解されることで生じます。
また、食べカスが歯垢となり、歯垢が歯石になって口内環境が悪化している場合も、口臭がきつくなります。
犬の場合、わずか2~3日で歯垢が歯石になります。
歯石になると、さらに歯垢がつきやすくなり、ますます歯石がついていきます。

●あわせて読みたい
気になる愛犬の口臭の発生源はここ!便利なグッズを使い体の内側から改善しよう

愛犬の口臭って気になりますよね。抱きしめたいのに愛犬に顔を舐められると、酷い口臭にウッ…酷いケースでは愛犬が居るだけで部屋に愛犬の口臭が充満してしまう事もあります。ペットショップに5年間勤めていた経験から、そんな愛犬の口臭の悩みを

記事はコチラボタン

◆汚れ

顔や体にシワやたるみのある犬種は、シワなどに皮脂汚れや食べカスが溜まり、臭いの元となることがあります。
この臭いは、人によっては納豆の臭いのように感じるようです。
また、口の周りについた食べカスで雑菌が繁殖して、臭いが生じることもあります。
唾液自体が臭うこともありますし、よだれの多い犬種は口周りから胸にかけて汚れやすく雑菌が繁殖して臭くなりがちです。
涙やけ(流涙症)の子では、涙ではなく、涙やけの部分で雑菌が繁殖して臭いの元になることがあります。

◆肛門腺

犬の肛門の周辺内部には「肛門腺」という分泌物を出す腺があり、この分泌物が溜まる袋が「肛門嚢」(こうもんのう)です。
分泌物は、本来、うんちをする時に同時に排出されますが、小型犬、運動不足や腹圧が弱い子、去勢済みのオスなどは、自力で排出できないことがあります。
排出できなかった分泌物は肛門嚢に溜まり、臭いの原因となります。
分泌物の臭いは強く、魚介類の腐ったような臭いです。

◆耳の臭い

外耳炎などの病気やケガが膿んでいる場合、耳から臭いがするようになります。
特に垂れ耳の犬は、耳の通気性がよくないため、蒸れて雑菌が繁殖しやすいです。


比較的臭いの少ない犬種の特徴

border-collie-2184706_640

◆中頭種・長頭種

顔にシワがないため、汚れが溜まりにくく、シワの多い短頭種に比べて臭くないです。

◆立ち耳

耳が立っていると通気性がよいので、蒸れにくく、外耳炎などの病気になりにくいため、比較的臭くないです。

◆短毛

長毛の犬は蒸れやすく、また汚れや分泌物が付着しやすいです。
さらに、抜け毛が絡まって残っていると、臭いの元になります。
短毛の犬は、抜け毛が落ちやすく蒸れることも少ないので、比較的臭くないです。
逆に、超短毛の場合、皮膚に直接汚れが付くため、ケアを怠ると臭くなりがちです。

◆シングルコート

ダブルコートの犬は、被毛が厚く、蒸れたり汚れが付いたりしやすいです。
抜け毛の少ないシングルコートの犬は、通気性もよく、比較的臭いが少なくなります。

◆毛の色が薄い

理由は明らかになっていませんが、毛の色が濃い犬より薄い犬の方が比較的臭くないと言われています。
同じ犬種でも、黒や濃い茶色の子より、薄い茶色など毛色の薄い子の方が臭くないようです。
一説には、毛色が濃い方が老廃物を分泌しやすいからだと言われています。


具体的な犬種

◆チワワ

小型犬であるチワワは、サイズの大きな犬種に比べて、体が小さい分アポクリン腺も少なく、あまり臭くない犬種です。
ただし、ロングコートの場合、被毛に臭いがこもりがちになるので、こまめにブラッシングをしてあげましょう。
また、涙やけになりやすいので、ケアを怠ると臭いの元になります。

●あわせて読みたい
チワワの飼い方!性格、しつけの方法は?スムースコートの方が抜け毛が多い?

チワワは超小型犬の代表で、犬種登録数の上位をキープする人気犬種の一つです。チワワはスムースタイプとロングコートタイプの二種類に分類され、寒さに弱く、骨折や膝蓋骨脱臼などの怪我も多いため、生活と飼い方をしっかり整えてあげることが必要です。また、気が強い性格のため、飼い方やしつけに注意しないとリーダーが逆転してしまうことも多いです。チワワとはどんな犬なのか、飼い方や注意しなければいけない点はなにか、ご紹介します。

記事はコチラボタン

◆プードル

巻き毛が特徴的でかわいいプードルは、シングルコートで抜け毛が少ないため、比較的臭くない犬種です。
被毛に絡まった汚れや抜け毛をケアしないと臭いの元になるので、ブラッシングは欠かせません。

●あわせて読みたい
トイプードルってどんな犬?特徴や性格、価格などもチェック!

家庭犬として、とっても人気のトイプードル。人気犬種のランキングでも常に1位圏内にランクインするほど人気がある犬種ですよね。人気でなじみ深いトイプードルですが、実はとても賢く物覚えが良いため、初心者でも飼いやすい犬種なんですよ! では、トイプードルはどのような特徴があるのか、性格や子犬の価格、どのようなドッグフードを与えるのかなどの気になる点を詳しくご紹介していきます。豊富な毛色と性別関係なく変身できる「カットスタイル」がとても魅力的なトイプードル。ぜひこれからトイプードルを飼おうかと悩んでいる方は、参考にしてみて下さいね!

記事はコチラボタン

◆ミニチュアピンシャー

シングルコートの短毛種なので、あまり臭くない犬種です。
日本では断耳が行われるため立ち耳状態になるので、耳の臭いも出にくいです。

●あわせて読みたい
ミニチュアピンシャーってどんな犬?性格・特徴・子犬の選び方は?

ミニチュアピンシャーはドーベルマンを小さくしたような見た目のワンちゃんです。小さいながらも気迫があり風格のあるボディ、そしてパワフルでスタイリッシュ。明るく遊び好きで小鹿のように跳ねまわるミニチュアピンシャーは見ている私たちも楽しくなってしまう大人気のワンちゃんです。 そんなミニチュアピンシャーですが、いったいどんなワンちゃんなのでしょうか?性格や特徴、子犬の選び方などをご紹介していきます。

記事はコチラボタン

◆イタリアン・グレイハウンド

短毛で抜け毛が少なく、耳も垂れていないため、比較的臭くない犬種です。

●あわせて読みたい
イタリアングレーハウンドってどんな性格?気になる価格も紹介します!

近年では目にすることも増えてきたイタリアングレーハウンド。個性的な外見を持った、魅力的な犬種ですね。細い手足からは華奢で不安気な印象も感じますが、一体どんな性格なのでしょう?これから家族に迎えたいと考えている方は必見!価格も紹介します。

記事はコチラボタン

◆パピヨン

小型でシングルコートなので、比較的臭くない犬種です。
ただし、耳の飾毛など毛が長い部分も多いので、こまめなブラッシングをしてあげましょう。
また、涙やけをしやすい犬種ですが、目の周囲の被毛の色に隠れて気づきにくいので、気をつけてあげてください。

●あわせて読みたい
パピヨンの魅力はどんなところ?気になる性格・価格・しつけ方法もご紹介

可愛らしい見た目で小型犬のなかでも人気のパピヨン。フランス語で「蝶」を意味する言葉通り、 明るい動きで人々を魅了しているワンちゃんです。 今回の記事ではパピヨンの魅力について、特徴や性格、他の犬種と比較しながらまとめていきます。

記事はコチラボタン

◆マルチーズ

抜け毛が少ないため、比較的臭くない犬種です。
ただし、垂れ耳なので、こまめな耳のチェックとケアが必要です。
顔の毛が伸びやすく、涙やけもしやすいので、顔周りのお手入れをしてあげて臭いを防ぎましょう。

●あわせて読みたい
マルチーズの性格・特徴は?飼い方や値段も知りたい!

日本の室内犬・愛玩犬として古くから人気の高いマルチーズ。白くて小さくて、クルクルとした丸い目が特徴的なかわいい犬です。これからマルチーズを飼いたいと思っている人のために、マルチーズの歴史からそ

記事はコチラボタン

◆シュナウザー

ダブルコートですが、アンダーコートが抜けにくく、全体の抜け毛が少ないため、比較的臭くない犬種です。
毛質が剛毛なので、ブラッシングは必須です。

●あわせて読みたい
ミニチュアシュナウザーが飼いたい!特徴、性格、値段、飼い方、注意点は?

ミニチュアシュナウザーというと、口ひげがとってもチャーミングな犬種ですよね。口ひげたっぷりのその見た目から、子供たちに「おじいちゃんみたい~!」と言われる事も! 今回は、とってもチャーミングなミニチュアシュナウザーを飼おうかと悩んでいる方のために、ミニチュアシュナウザーの特徴や性格、気になるお値段をご紹介したいと思います!あなたもミニチュアシュナウザーの魅力の虜になってしまうかもしれません!?

記事はコチラボタン

◆ボーダーコリー

ダブルコートですが、体臭が少なく、比較的臭くない犬種です。
汚れや抜け毛を取り除くために、散歩の後にブラッシングをしてあげると、さらに臭いを防ぐことができます。

●あわせて読みたい
ボーダーコリーの子犬を飼いたい!特徴や性格、準備しておきたいこと

軽やかな身のこなしがカッコいいボーダーコリー。 一緒に遊ぶのが楽しくなるアスリート系のワンちゃんです。 ボーダーコリーとの幸せな毎日を送るため、心得ておきたいポイントを紹介していきます!

記事はコチラボタン

◆ダルメシアン

短毛のため、比較的臭くない犬種ですが、抜け毛は多いので掃除やケアが必要です。
また、垂れ耳のため、耳のケアを怠ると臭いの元になります。

●あわせて読みたい
ダルメシアンを飼いたい!性格は?仔犬の値段は?

白地に黒の模様が特徴的で、アニメでも有名な犬種・ダルメシアン。飼ってみたいけれど、自分で飼えるかしら?しつけは大変?どんな性格か、仔犬の値段がどのくらいか知ってからでも遅くありません。 スラリとした手足がかっこいいダルメシアンを、新しい家族の一員として迎えたい!ダルメシアンの気になる事前情報をご紹介していきます。

記事はコチラボタン

◆シベリアンハスキー

比較的体臭の少ない犬種ですが、ダブルコートで剛毛なので、臭い防止のためにこまめなブラッシングが必要です。
また、大型犬のためよだれで顔が臭くなりがちです。
顔周りのお手入れも行いましょう。

●あわせて読みたい
遊び好きで冒険好きなシベリアンハスキーの性格、特徴について

寒さが厳しいシベリア地方で人々に飼われていたシベリアンハスキーは、ソリ犬としても有名なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。この犬は、凛々しくて狼を思わせる容姿が人気の犬種です。今回は、ハスキー犬の性格や特徴についてご紹介します。

記事はコチラボタン

◆バセンジー

紀元前から存在していると言われる、コンゴ共和国原産の犬種です。
立ち耳でなめらかな短毛のうえ、猫のように自分で毛づくろいをして体をきれいにするので、あまり臭くない犬種です。
また、ほとんど吠えない犬種なので、その点でも飼いやすいと言えるでしょう。

●あわせて読みたい
バセンジーはどんな犬?特徴・性格・価格は?

バセンジーは、スリムで運動神経が良さそうなカッコいい外見をしています。 日本では比較的珍しいですが、世界的にみると愛好家も多く魅力溢れる犬種です。 そこで、バセンジーの特徴や性格、価格などを含めて「バセンジー」という犬種の紹介をしていきます。

記事はコチラボタン


なぜ犬種によって臭いの差があるのか

犬は、臭いでいろいろな情報を得ています。
犬同士の情報交換や個体の識別も、臭いで行っています。
このため、犬種や個体によって臭いが異なります。
また、ここまで述べてきたように、犬の臭いの元は、主に、溜まった皮脂や汚れで繁殖した雑菌の出す臭いです。
犬種によって、長毛か短毛か、シングルコートかダブルコートか、よだれが多いか少ないかなど、臭いに関わる特徴が異なります。
そのため、犬種によって臭いの質や強さが異なるのです。


臭いが気になるときの対処法

french-bulldog-4374622_640

臭いの原因や臭くない犬の特徴を踏まえて、対処法を見ていきましょう。

◆ブラッシング

毎日のブラッシングで、臭いの原因となっているムダ毛やホコリ、汚れを取り除きます。
お散歩の後の習慣にすることをおすすめします。

●あわせて読みたい
【トリマー監修】犬のブラッシングブラシ・コームの種類と選び方は?

犬の被毛や皮膚を健康に保つためには、毛質にあったブラシを使ったブラッシングが欠かせません。 ブラッシングは被毛を健康に保つと同時に、皮膚のトラブルの早期発見や、ノミ、ダニ予防、毛玉防止による皮膚病の予防など様々なメリットがあります。 毎日ブラッシングを行う事が望ましいですが、難しい場合には週1~2回は行うことをおすすめします。 ブラッシング用ブラシには、スリッカーブラシ、コーム、ピンブラシ、ラバーブラシなど多種多様なブラシがあります。 ブラシの選び方や、ワイヤーヘア、ヘアレスドッグの場合のケア方法など、犬のブラッシングについてご紹介します。

記事はコチラボタン

●おすすめ商品
ウィッシュ グルーミングプロ ピンブラシ Sサイズ

●ピン先でしっかり被毛をブラッシングできます。●長毛種特有の美しくて健康な被毛のための必需品。●ピンが抜けにくい特殊製法で長持ち。●長時間でも使いやすく、手が疲れにくいハンドル。

購入

◆シャンプー

定期的にシャンプーをして、被毛や皮膚に溜まった皮脂汚れを洗い落としましょう。
ただし、頻繁なシャンプーは、必要な皮脂まで取り除いて皮膚のバリア機能を低下させ、皮膚炎などを引き起こすことがあります。
逆に臭いが強くなることもあるので、3週間から1ヶ月に1度程度を目安とします。
また、刺激の強いシャンプーも皮膚のバリア機能を低下させるので、低刺激のものを使いましょう。
生乾きになると雑菌が繁殖して臭いの原因となるので、シャンプー後はしっかりと乾かします。

●あわせて読みたい
お家で簡単!愛犬のための正しいシャンプーでふわふわ・さらさらの被毛に

これからの季節、かゆそうにしている愛犬の様子をみると気になりますよね。また散歩中にびしょ濡れ・どろんこになったとき、サロンに行く時間はなかなかないときなどに気軽にお家で上手にシャンプーしたいですよね。ところが、シャンプーが苦手という犬が多いのも事実です。ちょっとしたコツで手際よく、綺麗に愛犬の負担も軽くなるお家シャンプーをする方法をご紹介します!

記事はコチラボタン

●おすすめ商品
お肌のことを考えた薬用リンスインシャンプー ナチュラルリーフ 300ml

愛犬の肌にマイルドな洗浄・配合成分でつくったリンスインシャンプー。保湿効果があるカワラヨモギエキス、消炎効果があるカンゾウ抽出末を配合。パラベン(防腐剤)フリーの安心処方。

購入

◆口のケア

歯石は家庭では除去できないので、歯垢の段階で取り除けるように、毎日のお口のケアを習慣にしましょう。
歯周ポケットもきれいにするためには、歯ブラシでの歯磨きがベストです。
難しい場合には、歯磨きシートやデンタルガム、歯磨きおもちゃなどを活用するとよいでしょう。
歯磨き粉を使用する場合は、必ず犬用のものを使ってください。

●あわせて読みたい
【獣医師監修】犬の口臭の原因は?歯磨きが苦手な犬でもできる口臭対策

愛犬とのスキンシップのとき、犬の口臭が気になり顔をそむけたことがありませんか? 愛犬の歯磨きを習慣づけようと思っても、口や歯を触られるのが苦手なワンちゃんは多く、犬のオーラルケアはなかなか難しいものです。今回は犬の口臭が発生する原因と、歯磨きが苦手な犬の口臭対策をご紹介します。

記事はコチラボタン

●おすすめ商品
ペットキッス 歯みがきシート 30枚

ふくだけで汚れをとる歯みがきシートです。シートは、凸凹部分とウェット部分のストライプ構造。

購入

◆肛門腺絞り

肛門嚢に分泌物(肛門嚢液)が溜まると、臭いの原因となるだけではなく、炎症を起こして肛門嚢が破裂してしまうこともあります。
肛門嚢液を自力で排出できない愛犬の場合、1ヶ月に1度は「肛門腺絞り」をしてあげましょう。
被毛などについた肛門嚢液をそのまま洗い流せるので、シャンプー時に行うのがおすすめです。
頻繁にお尻を舐めたり、お尻を床にこすりつけたりする場合は、肛門嚢液が溜まっているサインです。
肛門腺絞りには少しコツがいるので、トリミングサロンや動物病院にお願いしてもよいでしょう。

◆耳のケア

耳の毛が多く蒸れていたり、耳垢が多かったりすると臭いの元になるので、こまめにチェックしましょう。
耳の毛をカットしたり、耳掃除をしたりすることで臭いを防ぐことができます。
耳の中は非常にデリケートなので、綿棒は使わず、イヤークリーナー液を使ってコットンなどで優しく拭き取ります。
初めての時や耳垢が溜まっている時には、トリマーさんや獣医師さんにケアしてもらいましょう。

●あわせて読みたい
【獣医師監修】犬の耳が臭い時に考えられる病気7選!正しい耳掃除の方法は?

犬の耳が臭いときには、外耳炎、耳ダニ、マラセチア菌感染、脂漏症、異物の混入など様々な病気の疑いがあります。動物病院では、耳鏡検査や耳垢検査、レントゲン検査、細菌培養などを使用し、臭い耳の原因を探ります。耳の病気の治療には、滴下タイプの点耳薬や、軟膏タイプの点耳薬、内服薬など様々な形状の薬剤を使用します。 この記事では、臭い耳の原因と思われる病気について、日常的な耳掃除ケアの方法など、犬の耳が臭いときのあれこれについてご紹介します。

記事はコチラボタン

●おすすめ商品
ウィッシュ グルーミングプロ 犬猫用 イヤークリーム 60ml

とろっとした液で耳の乾燥やべたつきを軽減します。ティーツリーの3倍以上の強力な抗菌効果があるオーガニックパルマローザ※1(天然精油)配合で、耳の中を清潔に!さわやかなアロマ効果で気になるニオイもすっきり解消し、アミノ酸等の保湿成分が耳内のコンディションを整えます。また、日々のお手入れは、ペットとのコミュニケーションや耳内トラブル等の早期発見に役立ちます。※1:バラに似た香りをしているイネ科の植物から抽出したオイル。

購入

◆排せつ物の対策

排せつ物をすぐに片づけるだけでなく、トイレの後にお尻周りを拭いてあげたり、肛門の周りに長い毛があればカットしておいたりすることで、臭いを防ぐことができます。
特に、長毛の子は排せつ物が被毛に付着することがあるので、気をつけてあげましょう。
また、食生活を変えることで腸内環境を改善すると、排せつ物の臭いを軽減できる場合もあります。


まとめ

犬に限らず、動物には臭いがつきものです。
一方で、適切なお手入れを行なえば、臭いの元の多くは取り除くことができます。
比較的臭くない犬種もありますが、個体差もあるので、愛犬にあった適切なケアをしてあげましょう。
臭くない犬になるかどうかは、基本的に飼い主さんのケア次第です。
ブラッシングなどのケアは、愛犬とのコミュニケーションにもなりますので、ぜひ習慣にしましょう。
また、臭いによっては、病気やケガが原因のこともあります。
気になることがあれば、獣医師さんに診てもらいましょう。



– おすすめ記事 –

・愛犬の目が臭い?!涙やけの理由と対処法を知って改善しよう!
・犬や猫の臭いの原因は何?対策をとって快適ライフを手に入れよう!
・愛犬の臭いが気になる!どこから漂ってくる?考えられる原因と臭い対策
・犬のおしっこは何故臭う?簡単な消臭方法と臭いが強すぎる時に考えられる病気


focebookシェア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHINO

SHINO

保護犬1頭と保護猫3匹が「同居人」。一番の関心事は、犬猫のことという「わんにゃんバカ」。健康に長生きしてもらって、一緒に楽しく暮らしたいと思っています。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら