映画『ハウ』田中圭&ハウ役 俳優犬ベック 癒し系コンビの仲良しオフショット映像が解禁!

2022.07.27

映画『ハウ』田中圭&ハウ役 俳優犬ベック 癒し系コンビの仲良しオフショット映像が解禁!

ワンと鳴けない保護犬・ハウとちょっぴり気弱な青年・民夫の絆が紡ぐ至福の感動作 映画『ハウ』が222年8月19日全国公開となります。田中圭演じる民夫とベック演じるハウの"癒し系コンビ"に早くも期待の声が高まる中、この度撮影現場で絆を深める二人のオフショット映像が解禁となりました!映画本編がますます楽しみになる特別映像に注目です!

〈人と犬の絆〉を描く感涙必至の感動作、映画『ハウ』が8月19日(金)より全国公開。

『ハウ』メイン写真
(C)2022「ハウ」製作委員会


主人公の民夫を演じるのは、『あなたの番です 劇場版』、『そして、バトンは渡された』など多くの大ヒット作に出演し、幅広い表現力で存在感を放つ田中圭。そして、もう1匹の主人公・ハウを演じるは、『南極物語』、『ハチ公物語』、『クイール』、『犬と私の10の約束』など数々の名だたる犬映画のドックトレーナーとして活躍し続けている宮忠臣から、本格トレーニングを受け、監督をも唸らせる演技を披露した俳優犬のベック。民夫と運命の出会いを果たし、優しく寄り添い、そっと支えるかけがえのない存在になっていくワンと鳴けない保護犬を好演している。

民夫とハウの仲良し現場オフショット映像が解禁!

婚約者にあっさりフラれ途方に暮れる市役所職員・赤西民夫(田中圭)。人生最悪な時を迎えていたが、上司・鍋島史郎(野間口徹)と妻の麗子(渡辺真起子)に薦められ、大きくて真っ白な保護犬を引き取ることに。「ハウ」と名付けた人懐っこい犬との優しく温かい日々が幕を開け、次第に民夫とハウは互いにとってかけがえのない存在になっていく。

絆を育みベストパートナーとなっていく二人だが、田中と俳優犬ベックは、撮影本番以外でも役柄さながらの仲の良さを見せつけていた!

【7月27日(水)17時解禁】『ハウ』
(C)2022「ハウ」製作委員会


この度解禁された映像では、そんな田中とベックの貴重な仲良しオフショットが満載。

冒頭に登場するのは、田中がベックに寄り添いスマートフォンで“自撮り”をした映像。頬ずりしながら「今日は楽しかった?」「お父さんはもう疲れたんだよ~」とベックに語り掛ける田中からは、ベックが可愛くて仕方ない様子が伝わってくる。
犬好きを公言すると共に、ベックを担当した日本を代表するドッグトレーナー・宮忠臣からも、犬に好かれる人柄の良さを絶賛されている田中。

【7月27日(水)17時解禁】『ハウ』
(C)2022「ハウ」製作委員会


【7月27日(水)17時解禁】『ハウ』
(C)2022「ハウ」製作委員会


ベックもすっかり心を開いた様子で、田中が「回れ回れ」と指示すると、一緒にその場で回転して“一芸”を披露する一幕も。たまらず「お前可愛いなあ!」と顔をほころばせる田中は、ハウの存在に癒されて行く民夫そのもの!

そのほか、田中が投げたボールをベックが大はしゃぎで拾ってきたり、散歩中に「ハウ!ハウちゃん!ハウハウハウ!」と愛おしそうに役名を連呼したり、優しく顔を撫でながら笑顔で「お前完璧!」を繰り返したりと、田中がベックにメロメロになっている姿や、二人の相性バッチリな様子を確認することができる!

↓↓【本日解禁】撮影現場オフショット映像はコチラ↓↓

映画本編では、思わず笑顔になってしまう民夫とハウの幸せな日常シーンの数々も登場。
しかし、穏やかな日々がずっと続くかと思われたある日、突然ハウが民夫の前から姿を消してしまう─!同僚の足立桃子(池田エライザ)に支えられながら、必死にハウを探す民夫。
アクシデントから遠方に運ばれてしまったハウもまた、大好きな民夫のもとへ帰るべく長い道のりを目指していく。その道中で、悩みや孤独、悲しみを抱えた人々…風評被害に心を痛める女子中学生(長澤樹)、夫に先立たれた傘屋の老女(宮本信子)、修道院に保護されている女性(モトーラ世理奈)たちと出会い、彼女たちに寄り添いその心を癒していくハウ。

果たして、長い旅路を経て民夫とハウは再会することができるのか?彼らを待ち受ける“優しすぎる結末”とは─?

この夏、日本中を優しく包み込む民夫とハウの絆、ハウとの出会いから起こる数々の心温まるドラマに、どうぞご期待ください!

映画『ハウ』
2022年8月19日(金)全国公開
映画『ハウ』
原作:『ハウ』斉藤ひろし(朝日文庫)
出演:田中圭 池田エライザ 野間口徹、渡辺真起子、モトーラ世理奈、深川麻衣、長澤樹、田中要次、
利重剛、伊勢志摩、市川実和子、田畑智子、石田ゆり子(ナレーション)、石橋蓮司、宮本信子
監督:犬童一心 脚本:斉藤ひろし 犬童一心 音楽:上野耕路
音楽:上野耕路 主題歌:GReeeeN「味方」(ユニバーサル ミュージック)
企画・プロデュース:小池賢太郎 プロデューサー:丸山文成  柳迫成彦 企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
製作幹事:ハピネットファントム・スタジオ 東映 配給:東映
公式HP  
公式Twitter
公式Instagram


【STORY】
婚約者にあっさりフラれ、人生最悪な時を迎えていた市役所職員・赤西民夫(田中圭)。
横浜で一人空虚な日々を送る彼は、上司からの勧めで、飼い主に捨てられて保護犬になってしまった真っ白な大型犬を飼うことになってしまう。犬はワンと鳴けず「ハウッ」というかすれた声しか出せない。とびっきり人懐っこいこの犬を、民夫は“ハウ”と名付け、1人と1匹の優しくて温かい日々が始まった。民夫にとって最初は戸惑うことも多かったハウとの暮らしだったが、何をするにもいつも一緒な“2人”の絆は次第に深まり、いつしかかけがえのない存在となっていった。ハウと民夫の最高に幸せな時間はずっと続くと思っていたのだが・・・。そんな時、突然ハウが姿を消す。あらゆる手段を尽くしてハウを探す民夫だが、無情にも「ハウによく似た白い大型犬が事故死した」という情報がもたらされる。しかし、横浜から遠く離れた北の地でハウは生きていた!偶然のアクシデントが重なり、ハウは青森まで運ばれてしまったのだ。
ハウは、大好きな民夫の声を追い求め、「もう一度、君に会いたい」という一心で青森から横浜・798キロの道のりを目指す。民夫はハウがいないという現実に苦しみもがきながらも、少しずつ向き合おうとする。民夫のそばで優しく寄り添う同僚の足立桃子(池田エライザ)の支えもあり、皆それぞれに悲しみを抱えながら生きていることを学んでゆく。一方、ハウは民夫を探して走る道中で、悩みや孤独、悲しみを抱えた人たちと出会う。震災の風評被害に心を痛める女子中学生の麻衣(長澤樹)。愛する夫(石橋蓮司)を亡くし、ひとりで傘屋を営む老女・志津(宮本信子)。深刻なDV被害に遭い、修道院のシェルターに保護された若い女性・めぐみ(モトーラ世理奈)。彼女たちに寄り添い心を癒していく。
果たして、長い旅路を経てハウと民夫はもう一度再会することができるのか――。そこには、優しすぎる結末が待っていた──。

情報解禁①:田中圭、犬を愛する青年を熱演!
映画『ハウ』8月19日(金)公開
田中圭、犬を愛する青年を熱演!映画『ハウ』8月19日(金)公開

ワンと鳴けない犬 ハウとちょっぴり気弱な青年 民夫。1人と1匹による”他人を思いやる優しさ”に包まれた、心温まる絆の物語。 映画『ハウ』が8月19日(金)に全国公開となることが決定いたしました! ハウと民夫が過ごした“優しくて幸せな瞬間”が詰まった特報映像&ティザービジュアルが解禁です!

記事はコチラボタン
情報解禁②:映画『ハウ』 田中圭・池田エライザら犬好き&動物好きキャスト陣とハウの心温まる場面写真やコメントが到着
映画『ハウ』 田中圭・池田エライザら犬好き&動物好きキャスト陣とハウの心温まる場面写真やコメントが到着

主人公の田中圭を始め、キャスト陣には犬好き&動物好きが勢ぞろいしている本作。今回はハウへの熱い思いを語った、豪華キャストたちの本人コメントを場面写真とあわせてご紹介!

記事はコチラボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トレンド発信部

トレンド発信部

ワンちゃんの様々な情報を発信しています。 興味のある方は、ぜひお読み下さい。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら