【獣医師監修】猫に大豆はOK?愛猫と節分の豆まきを楽しむ4つの方法!

2018.01.21

【獣医師監修】猫に大豆はOK?愛猫と節分の豆まきを楽しむ4つの方法!

節分は「福は内、鬼は外」と豆まきなどを行う、日本で伝統的な行事の1つとなっています。飼い主さんが豆まきをすると、豆を追いかけて遊ぶ猫がいますが、猫にとっては豆まきの大豆は危険なこともあります。豆まきの大豆はとても硬く猫が食べると消化不良など体調を崩す場合があるのです。猫も楽しく節分の行事に参加できるように、飼い主さんはどのような工夫をすればいいのでしょうか。

2月の伝統行事「節分」とは?

豆まきの大豆とお面

節分は、日本で行われる伝統的な行事の1つです。

◆節分はいつ?

「季節を分ける」と書くように、本来節分とは各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことをいいます。立春の前日にあたる「2月3日」のことを節分と呼ぶことが多いようです。

◆節分は何をするの?

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら豆を撒く「豆まき」をします。節分に撒く豆は、福豆(炒り大豆)といい、豆を撒くのは、その年の年男またはその家の主が豆まきをすると良いと言われています。

また、家の玄関に邪気除けの「柊鰯(ひいらぎいわし)」などを飾る場合もあります。地域や神社などによって、節分のやり方は変わってくるようです。

◆豆まきをする理由は?

鬼に豆を撒くということは「邪気を払う」という意味があり、1年間の無事を祈る意味もあります。

福豆は年齢の数、もしくは年齢より1つ多めに食べることで厄除けになるといわれています。また、さらに1つ多く食べると、体が丈夫になり、病気になりにくくなるといわれています。


猫に豆まきの大豆は危険!?

フードを食べる2匹の猫

節分での1番の楽しみは、豆まきをすることですよね。猫を飼っている家では、飼い主さんが豆まきをすると大豆を追いかけて遊ぶなど、喜んで豆まきに参加する猫もいます。

人は豆まきをした後に福豆を食べますが、猫は大豆を食べることができるのでしょうか。

◆豆まきの大豆で消化不良

節分でよく豆まきに使われる大豆は、「炒った大豆」です。炒った大豆の表面はカラカラに乾いていて猫にとってはとても硬く、なかなか噛み砕くことはできません。噛み砕くことができずにそのまま丸呑みすると、消化不良を起こす恐れがあります。

元気な猫であれば、そのまま消化されずに排泄されるだけなので、少しぐらいなら食べても問題はありません。ただし、激しい下痢をしたり、体をだるそうにしている時は注意が必要です。

また、豆まきの大豆の大きさから、猫が飲み込んだ大豆が喉につかえてしまったり、吐いてしまうこともあります。

◆豆まきの大豆で大豆アレルギー

猫も人と同じように大豆のアレルギーをもっている猫がいます。主な原因はタンパク質といわれています。

大豆アレルギーの猫が大豆を食べると、人間と同じように下痢や嘔吐、発熱といった症状があらわれます。猫の体に異常が出た場合はすぐに吐き出させ、動物病院に行きましょう。

今まで、猫が大豆アレルギーと知らずに豆まきをしていた飼い主さんがいるかもしれません。もし、豆まきをする場合は猫の体調に気をかけながら行うようにしましょう。

●あわせて読みたい
【獣医師監修】猫の食物アレルギーの症状、原因、検査方法は?

猫にも食べ物で起こす「食物アレルギー」があるのをご存知でしょうか。いざ、愛猫が食物アレルギーを起こしても、原因や対処法が分からないと危険な状態になりかねません。
今回は猫の食物アレルギーの原因や症状、検査方法などについてお話させていただきたいと思います。

記事はコチラボタン


猫が豆まきの大豆を欲しがる時の対策は?

猫は豆まきをした後の大豆にじゃれたりして遊ぶことがあります。豆まきの大豆をおもちゃだと思っているかもしれません。また、飼い主さんが豆まきをして大豆を食べている姿を見ると、猫も欲しがる時があります。

猫のいる家庭で豆まきを楽しむためには、どのような方法をとったらよいのでしょうか。

◆豆まきする部屋に入れないようにする

豆を撒く場所を限定して、豆まきをする部屋には猫を入れないようにすると安心です。また、豆まきをする間はサークルやケージに入っていてもらうのも良いでしょう。

豆まきが終わった後は猫のために早めに片づけるようにし、しっかり掃除をして落ちている豆がないか確認してから出してあげるようにしてください。

◆殻付きの落花生で豆まきをする

全国の豆まきでは、大豆の代わりに殻のついた落花生を使っている地域があるようです。殻のついた落花生ぐらいの大きさであれば、猫が間違って飲み込んでしまうことはありません。

ただし、落花生をかじってしまう場合も考えられますので、十分注意しながら豆まきをするようにしましょう。

◆猫用のおやつで豆まきをする

猫にも豆まきの大豆の代わりになる食べ物をあげましょう。普段、食べないおやつなどをあげると、猫も喜んで食べてくれるでしょう。

ただし、楽しいからと言って与えすぎには気をつけてくださいね。

●おすすめ商品
ねこ福 42g(3g×14袋)

かに粉、チキンパウダー、まぐろ節粉を丁寧に重ねた「グルメボール」粒、歯がかりがよく、噛むことで歯垢が付きにくくなる「ビューティペア」粒、まぐろ節を練りこんだ「うま味小判」粒が3gに詰まっています。

フレーバーは、シーフード仕立て、ビーフ仕立て、チキン仕立てなど。

購入

◆猫用のおもちゃで豆まきをする

豆まきの大豆の代わりになるものは他にもあります。猫がお気に入りのおもちゃのネズミやボールを投げてみましょう。猫にはこちらのほうが楽しく遊べるかもしれません。

特に大豆アレルギーの猫がいる家では、おもちゃやおやつで代用する方が安心でしょう。

●おすすめ商品
じゃれ猫 森のおもちゃ ソラだま

自然素材「ソラ」を着色せず、そのままの質感を生かしておもちゃにしました。軽くてよく転がるので、楽しく遊べます。2種類のボールが入った3コセットです。

購入


猫に大豆をあげる時は加工食品がおすすめ

4cadc64304a245af72d6e2cbd561e39e_s

大豆は畑の肉といわれるほど、質のいいタンパク質が豊富に含まれています。大豆そのままでは消化に悪いので、納豆やおから、豆腐など加工されている食べ物がいいでしょう。

◆大豆食品①納豆

納豆は大豆を発酵させた食べ物です。納豆には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれていれます。また、ナットウキナーゼや大豆サポニンなどが含まれています。大豆サポニンは抗酸化作用があります。血栓を溶かし、血液や血管の働きをサポートしてくれます。

発酵食品のため、通常の大豆に比べると消化しやすく、胃腸の負担もあまり心配することはありません。食物繊維も豊富なため、整腸作用なども期待されます。

●おすすめ商品
BIOONE おなかサポート 30g

“熟成酵素・納豆菌・乳酸菌・ガラクトオリゴ糖“が腸内細菌叢を整え、健康な消化吸収を維持し便質を改善します。

猫ちゃんの大好きなカツオ味で、いつものご飯にかける粉末タイプ。

購入

◆大豆食品②おから

大豆は食物繊維が豊富なので、ダイエットに適した食材です。おからはかさましにも使われます。ダイエットがしたい猫には、おからや豆腐はご飯のかさましにも使えます。少量のご飯では物足りないと感じているのであれば、ウェットフードにおからや豆腐を混ぜることでご飯のかさましができます。

ただし、本来猫は肉食動物なので、おからのあげすぎは注意しましょう。おからをあげすぎると、十分に消化することができずに下痢や嘔吐の原因となってしまう恐れがあります。猫におからをあげる分量は小さじ0.5杯~小さじ1杯ぐらいにしましょう。

◆大豆食品③豆腐

豆腐は大豆が主成分の加工食品です。豆腐はとてもやわらかくペースト状にもでき、消化しやすいでの胃腸にも優しいです。豆腐はペースト状になるため、猫にとってはとても食べやすい食感です。飼い主さんが思っていたよりもたくさん食べることがあります。

ただし、ペースト状になっているからといって消化器に全く負担がかからないわけではありません。初めて食べる場合は、少量から始めて、猫の体調に変化がないかよく観察してください。

人にとっても、大豆の加工食品は体にいいことばかりです。ですが、猫にも食べ物の好みがあります。また、初めて食べる物に関しては警戒心があるので、初めて加工食品をあげる時は少しずつにしてあげましょう。


まとめ

猫も大切な家族です。家族のみんなで健康や幸せを願う節分なので、猫も一緒に豆まきを楽しみたいという思いがあるかもしれません。

ただし、豆まきの大豆をそのまま食べると消化不良などの危険があるので、注意が必要です。豆まきの大豆の代わりに、猫のお気に入りのおもちゃで邪気を払うのも猫を飼っている家ならではの光景になるかもしれませんね。

また、大豆の加工食品は、人の体にも猫の体にもいいことがわかりました。無理することなく食事のコントロールができるので、ダイエットしている猫も満足してくれるでしょう。

飼い主さんは猫が楽しく節分に参加できるように工夫してあげてくださいね。

※こちらの記事は、獣医師監修のもと掲載しております※
●記事監修
drogura__large  コジマ動物病院 獣医師

ペットの専門店コジマに併設する動物病院。全国に14医院を展開。内科、外科、整形外科、外科手術、アニマルドッグ(健康診断)など、幅広くペットの診療を行っている。

動物病院事業本部長である小椋功獣医師は、麻布大学獣医学部獣医学科卒で、現在は株式会社コジマ常務取締役も務める。小児内科、外科に関しては30年以上の経歴を持ち、幼齢動物の予防医療や店舗内での管理も自らの経験で手掛けている。
https://pets-kojima.com/hospital/

<<コジマ動物病院 獣医師が監修した記事一覧はコチラ>>



– おすすめ記事 –

・【獣医師監修】猫の食物アレルギーの症状・原因は?知っておきたい検査方法と対処法
・困った猫の盗み食いは解決できる!対策と対処法を考えてみた
・危険!猫がチョコレートを食べてはいけない理由と症状、対処法は?
・猫が誤飲しやすい日用品リスト~誤飲した時の症状は?対処法は?


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
munoco

munoco

猫を飼いはじめて20年。完全な猫派です。 今まで4匹の猫と過ごしてきました。現在は2匹の猫と楽しく過ごす毎日です。 ツンデレされて20年。猫の行動1つ1つが大好きで、ずっとツンデレにやられてしまっている人間です。

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら