愛犬の発する仕草、カーミングシグナルを知っていますか?

2017.08.02

愛犬の発する仕草、カーミングシグナルを知っていますか?

犬は人間のように言葉は話しませんが、仕草で気持ちを伝えていることがあります。人間で言うボディーランゲージと似ていますが、犬がその仕草をすることで、自分や相手のことを落ち着かせようとしている時に行う合図を、「カーミングシグナル」と呼ぶそうです。 愛犬が飼い主さんに何かを伝えようとしているカーミングシグナルには、どんなものがあるのでしょうか?

focebookシャア
ツイート

カーミングシグナルとは?

i

犬のカーミングシグナルを英語で表すと、「Calming Signal」と表記されます。
Calming=落ち着かせるの意味。
Signal=信号・合図の意味。
「Calming Signal」を直訳すると、落ち着かせるための合図と言えますね。
犬はこのカーミングシグナルを使って、自分の感情や立場などを相手に伝える技を生まれつき身につけているそうです。

●カーミングシグナルが必要な理由とは?

動物学者のTurid Rugaas(トゥーリッド・ルーゴス)さんが分類・提唱しているカーミングシグナルは約20個以上あり、犬の非言語的な表現として世界中でも一般的になりつつあります。
カーミングシグナルは、犬が不安やストレスを感じて自分自身を落ち着かせようとしている時や、目の前の相手に戦う気や敵意はないと伝えようとしている状況の時によく見られる仕草です。
犬は言葉より動作で知らせることが多いですが、それぞれ住むところや犬種が違っても、世界中の犬が同じような動作で何かを伝えようとすることは、とても興味深いことだと思います。

少し前、愛犬とお散歩中に強そうで怖そうなタイプの犬と出会い、「ウーッ」と喧嘩になりそうなシチュエーションになり、ドキドキしたことがあります。
そんな時、愛犬が目を反らせたり尻尾を下げて左右に振ったりする仕草をして、敵意はないことを表すカーミングシグナルを見せたので、その犬が近づいてきて、お互いのおしりのにおいを嗅ぎあって、穏やかに離れることができました。
犬がカーミングシグナルを出した時は、攻撃行動が見られなくなったり、攻撃性が軽減するという説は本当なのだなと実感しました。

●カーミングシグナルを理解して信頼関係を深めよう!

いろいろな感情を行動で表現するカーミングシグナルですが、愛犬が発するカーミングシグナルを飼い主さんが把握しておくのは、犬を飼う上で大切なことだと思います。
犬のカーミングシグナルのことを知っていれば、愛犬が感じた不安からストレスに発展させてしまう前に飼い主さんが対処をすることができますし、愛犬と飼い主さんのよりよいコミュニケーションが取れて、信頼関係を深めることにもつながります。
愛犬の仕草から気持ちを読み取ることのできる手段としても、お互いに心地よく過ごすためにも、カーミングシグナルを覚えておくといいですね。


主なカーミングシグナルとその意味

5652847156_61faac0853_z
Boogie DOGGIE LANGUAGE Large Poster – lili chin

犬に見られる、主なカーミングシグナルとその意味をご紹介します。

*においを嗅ぐ

においを嗅ぐという行動は、相手に警戒されないために行うカーミングシグナルのひとつです。
犬同士もそうですが、犬が初めて会う人間などにも、においを嗅ぎながら相手に近づくというのはよく見られる仕草ですね。
犬は嗅覚が発達しているので、においでいろいろ判断することができるようです。

*顔や口の周りを舐める

愛犬が飼い主の顔や口を舐める仕草は親しみや敬意の意味があります。これは子犬がエサをねだる時に母犬の口元を舐める行動のなごりで、相手を信頼しているサインのようです。

*目をそらす

初めて会う犬同士など、いきなり相手と目を合わせると警戒されたり攻撃的になったりすることもあります。初対面の時に友好的に接したい場合は、お互いに最初は目をそらして近づくカーミングシグナルが多くみられます。。

*あくびをする

犬が不安を感じている時にあくびをする姿がよく見られますが、相手が興奮していて落ち着いて欲しいなと思う時にもあくびをします。
よく飼い主さんがイライラしている時に犬はあくびをすると言われていますので、あくびのカーミングシグナルが見られたら、愛犬に落ち着いて接するようにしましょう。

*体をブルブルする

雨やシャンプーの後など、体が濡れている時以外に体をブルブル震わせる時は、愛犬が感じている不安や緊張をほぐすために行うカーミングシグナルと言われています。
愛犬は、夜にケージの中で眠り朝になったら外に出すのですが、ケージから外に出た時にブルブル体をふるわせたり、いけないことをして注意をした後などにも、よくブルブルが見られます。
人間も緊張を感じたりすると体がかたくなるので、ストレッチなどをして体をほぐしますが、犬も同じような動作をするのでしょうね。

*フセをする

フセをして体を低くしているカーミングシグナルは、「私はあなたに何もしません」と相手に敵意がなく服従している気持ちを表しています。

*シッポを下げて振る

犬は嬉しかったり寂しかったりする時、シッポの動きでも様々な気持ちを表現しますね。
犬がシッポを下げて振っている時は、相手に敵意がないことを示しているカーミングシグナルです。

*体を縮める

犬が自分の体を縮めて自分の存在を小さくみせようとしている時は、相手に警戒心を与えないようにするカーミングシグナルだと言われています。

*おなかを見せる

愛犬が飼い主さんにおなかを見せて転がっている時は、甘えているサインとも言われますが、外部の人や犬におなかを見せる時は、犬が相手に対して降参しているというカーミングシグナルです。
自分よりも強いと感じる相手に対して、おなかを見せることで服従心を示しているそうです。

*おしっこをする

おしっこは、犬にとって相手の素性を知る大切な情報源だと言われています。
犬が人前や犬の前でおしっこをするカーミングシグナルは、相手に対して敵意がないことを伝えたり、自分をさらけ出して仲良く付き合いたいというアピールをしたい時に用いられます。
お散歩中に、近所の犬が私の愛犬にの目の前でおしっこをすることがありました。「仲良くなりたいのかな?」と思いましたが、相手の飼い主さんは慌てて注意をして犬がシュンとしているようでした。
犬のおしっこはカーミングシグナル以外にも、縄張りのマーキングや自分はこういう者ですと知らせる意味があったりするので、そこまで強く注意しなくてもいいのかなと個人的には思っています。
また、エアーおしっこと呼ばれるおしっこをする振りの動作を見せる時は、自分の高ぶった感情を静めるためのカーミングシグナルだとも言われています。

*背を向ける

犬が背中を見せるカーミングシグナルは、あなたと争う気はありませんという意思を伝えて、相手を落ち着かせたい時に見られる仕草です。
犬同士じゃれあっている時にもよく見られる行動で、興奮して攻撃してくる犬も、相手が背中を見せて逃げ出したら、それ以上深追いしないというのが犬世界のルールのようです。

*円を描くように近づく

初めて会った犬同士でよく見られますが、円を描くように近づきお互いの尻を追いかけているような仕草をするのもカーミングシグナルのひとつです。
相手の肛門腺(こうもんせん)のにおいをかぐのは、どんな犬なのか確かめようという行動の表れで、一直線ではなく円を描いて徐々に近づくことで、お互いに敵意はありませんよという意思表示をしています。
人間でも好みの犬を見かけると「かわいい~」と直線的に急に近づく人もいますが、場合によっては犬を怖がらせてしまうことになりますので、少しづつ近づくといいですね。

*前足を乗せる

犬が相手の体に前足をのせる行為は、相手より自分の方が優位だぞと表現するカーミングシグナルです。
足で押さえつけるのは、獲物をしとめた時に見せる行為のなごりだったり、マウンティングの意味もあり、メス犬よりもオス犬の方に多く見られます。
犬はオオカミの子孫なので、エサやメスの取り合いで、相手よりも優位に立つという本能が残っているかもしれませんね。

*笑顔を見せる

犬が口を開けて笑っているように見える時、素直に嬉しさや楽しさを表現していると言われるカーミングシグナルと言われています。
その他にも、服従を表すための微笑みや、飼い主さんに褒められるための模倣の笑みなどがあると言われています。

*その他のカーミングシグナル

犬のカーミングシグナルは他にもあります。
足を噛む・間に割り込む・目を細める・フリーズする・動作をゆっくりする、など様々なカーミングシグナルを使って、犬が気持ちや感情を伝えようとしている行動に気をつけて見てあげるといいですね。


まとめ

alicia-gauthier-253619

犬のカーミングシグナルについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。
愛犬が飼い主さんに気持ちを伝えようとしたり、犬同士の意思表示をする時に見られるカーミングシグナルはたくさんあります。犬のカーミングシグナルを知っておくことは、犬にとっても飼い主さんにとってもスムーズなコミュニケーションにもつながります。
犬を飼っていない方でも、例えばあくびをしている犬が不安を感じているかもしれないなど、覚えておくといいですね。
犬が発するカーミングシグナルに早めに気づくことができれば、ストレスの軽減にもつながることにもなります。飼い主さんはぜひ愛犬の仕草や表情を見逃さずにチェックしましょう。



– おすすめ記事 –

・犬が後ろ足で蹴る!このかわいい仕草にどんな意味があるの?
・犬は耳の仕草でその時の気持ちが分かる⁈
・ブリーディングの前に知っておきたい!犬の妊娠の仕組みと交配の注意点
・犬に好かれたい!犬がなつく人、なつかない人の特徴を知ろう。


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カリーナ

カリーナ

動物好きな親の影響で、子どもの頃からずっと犬がいる生活をしていました。 これまで飼ったペットは、犬5匹・猫3匹・鶏8羽です。 現在は大型犬2匹と人間7人で、にぎやかに暮らしています。

関連するキーワード