1枚のメモを残し、ドッグランに置いてかれた2匹の子犬。その無責任な内容に怒り!

2017.11.15

1枚のメモを残し、ドッグランに置いてかれた2匹の子犬。その無責任な内容に怒り!

犬が開放的に走り回ることができ、犬だけでなく飼い主にとっても良い社交場になってくれるドッグラン。日頃は愛犬をあまり散歩に連れていくことができない、家がとても狭く犬の活動スペースが狭い、といった家庭にとってはとても便利な場です。ワンちゃんにとってもストレス発散の場であるこのドッグラン。楽しいはずのこの場所で見つかったのは、2匹の捨て犬でした。その捨て犬の側にはドッグフードとオモチャ、そして無責任なメモが残されていたのです。

focebookシャア
ツイート

アメリカ、カリフォルニア州中部のフレズノという町にある「ウッドワード・ドッグパーク」は、多くの犬や飼い主達で賑わっていました。

ドッグパークとは日本で言うドッグランのことで、犬の飼い主の管理の下リードを外し、自由に犬を運動させることのできる場所を指します。
多くのワンちゃん達が走り回り飼い主との触れ合いを楽しんでいる中、そこには怯えて寂しい思いをしている2匹のワンちゃんの姿が。

名称未設定 1

その2匹はまだ生後1歳のハスキーの子犬達でした。彼女達が悲しい思いをしていた理由はただ1つ…実は捨てられた捨て犬だったのです。


その2匹の存在に気付いた人達から連絡を受けたのは、パークの管理人であるモナ・アフマドさん。モナさんは直ちにそのワンちゃん達を保護する為パークへと駆けつけました。

そこで見たのは、楽しそうに遊ぶ犬や飼い主達の脇で怯えている2匹の捨て犬、そしてその子達用の餌であろうドッグフードが入ったコンテナとオモチャ、そして一枚のメモでした。

left-huskies-vada-leyla-dog-park-note-11-59e458b69b330__700

「こんにちは!私達の名前はジャダ(黒色)とレイラ(茶色)です。元気で可愛い1歳のワンちゃん達です。是非私達を保護してください。でも私達を離ればなれにしないでね。特にレイラはお姉ちゃんが居ないと寂しがっちゃうので。」

まだ1歳の姉妹は、心無い人間にこのドッグパークにて置き去りにされたのです。いくら食べ物とオモチャを一緒に置いていったからって、1歳の子達が何の不自由無く生活をしていく糧となるワケがありません。

モナさんもその光景を見て怒りを覚えたと言います。
「このパークのすぐ前には大きな道路があるんです。もし保護するのが遅れ、この子達がフェンスを超えてその道路に出てしまっていたら…。」

その場に居合わせた人達によると、その捨て犬達は3時間もこのパークに居るとのこと。1歳の年齢で3時間も置き去りにされていた彼女達はかなり危険な状態に居ました。


その後、ジェダとレイラはモナさんによりすぐに保護され、今ではフォスターケアの下2匹一緒に暮らしています。

left-huskies-vada-leyla-dog-park-note-7-59e458ada7b4d__700

モナさんは「今回は彼女らを無事保護することができましたが、腹立たしいことに無責任に飼い犬を捨てる人は沢山います。愛犬を捨て犬にするという行為は絶対に止めてほしいですね。」と話します。

捨て犬となったワンちゃん達はその後どういった人生を送っていくでしょうか?恐らく事故や飢え等で命を落としてしまう子が多いでしょう。
どうしてもペットを飼い続ける事ができない場合は捨てるのではなく、周りに助けを求める等して責任を持って次の飼い主を探してあげることが大切です。

left-huskies-vada-leyla-dog-park-note-8-59e458af564e8__700

無事保護されたジェダとレイラも心に傷を負ったことは間違いありません。彼女達に早く新しい飼い主が見つかることを祈ります。

<参考サイト>
boredpanda.com



– おすすめ記事 –

・食べ物を探していたら急に生き埋めにされた犬リリー。生き埋めにした人に天罰が!
・突然現れた一匹の犬からのSOS、その時彼らがとった行動とは?
・「毛包虫症」という病気に侵されながらも新しい飼い主をけなげに待つ犬ババ
・湖の浅瀬に置き去りにされ、溺死させられかけた犬デピュイに救いの手が!


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yukoyosshi

yukoyosshi

昔から動物が大好きで、野生動物や自然が多いオーストラリアに留学。現在もオーストラリアにて生活を送っています。家では犬や猫やその他の動物も飼っていて、中でも12年も生きた柴犬のミミとはバディな関係でした。

関連するキーワード