【大型犬の介護】老犬のためにできる食事の工夫7つ!おすすめおやつもご紹介

2018.01.25

【大型犬の介護】老犬のためにできる食事の工夫7つ!おすすめおやつもご紹介

大型犬は体が大きく運動量も多いため、若い頃と介護が必要になったシニア犬の差に戸惑う飼い主が多いです。特に大型犬のシニアは、一日のカロリー摂取量が少なくなり、噛む力も弱まり、嗅覚や胃腸機能も衰えていきます。そのため、柔らかく消化吸収が良いものを与えたり、胃腸に負担をかけない低タンパク・低脂肪などの食事やおやつを取り入れていく必要があります。大型犬の介護での食事の工夫方法や、おやつの選び方などをご紹介します。

focebookシャア
ツイート

シニアの大型犬のためにできる食事の工夫

aa26fac1f71912c56ad20a407dd01f76_s

大型犬を介護する際、食事を与える時にできる工夫にはどんなことがあるのでしょうか。ポイントごとに確認してみましょう。

◆工夫①食べやすい体勢を整えよう

大型犬は体重が重いため、介護が必要なほどの高齢や身体状態になると、体重を支えながら食べることが困難になります。

そのため、食事が入った食器を高さのある台に乗せて、首を下におろさずに食べられる様にする方法などの工夫が必要です。
さらに、台に乗っているものが食べづらい様でしたら、取っ手のついたボウル状の食器に入れて、飼い主が手で持ち、口元に持っていってあげる配慮も必要です。

寝たきりの大型犬介護をしている場合には、頭や上半身を膝に乗せたり、クッションや座布団で頭を持ち上げてあげると食べやすくなります。
この時、横向きで食事やおやつを食べてしまうと、大型犬が誤嚥を引き起こす可能性も高いため、頭をまっすぐと伏せの状態になるように体勢を整えてあげることが大切です。

自力で食べられる力が残っている間は、なるべく自分で食べることができることを重視した食事介護をすることをおすすめします。

●おすすめ商品

老犬介護用 持ち手付食器 L

寝たきりや姿勢維持がむずかしいときの食事補助に

購入


◆工夫②柔らかいものを与えよう

大型犬は高齢になるにつれ、顎の力や咀嚼力に加えて、飲み込む力が衰えます。そのため、食事を飲み込みやすい形状にする工夫が必要です。

老犬用のウェットフードを与える他、食事にお湯や温めたミルクを少量いれふやかしてあげる方法もおすすめです。

●おすすめ商品

メディコート ライフアシスト ペーストタイプ ミルク仕立て 60g×6袋

愛犬の介護段階に合わせたバイタルステージフード。すくいやすく舌触りの良いペーストタイプ。<総合栄養食>

購入


メディコート ライフアシスト ジェルタイプ ミルク仕立て 60g×6袋

愛犬の介護段階に合わせたバイタルステージフード。喉通りの良いジェルタイプ。<総合栄養食>

購入


メディコート ライフアシスト スープタイプ ミルク仕立て 60g×6袋

愛犬の介護段階に合わせたバイタルステージフード。ドライフードにも絡みやすいスープタイプ。

購入


◆工夫③消化の良いものを与えよう

老犬となった大型犬は、胃腸機能も衰えるため、食事やおやつを選ぶ際には消化が良いものを選択する必要があります。

老犬の場合、一つのトラブルが連鎖的に悪循環のサイクルを引き起こす事も多いため、消化の良い食事を心がける事は、大型犬にとって大切な介護ケアだといえます。
胃腸に負担をかけてしまう、消化の悪い食事やおやつを食べさせることは、胃炎や大・小腸性の下痢、胃潰瘍などの病気を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

生野菜などは避け、消化吸収の良い老犬用のフードや柔らかく煮た自家製フードに、年齢と共に移行していくことをおすすめします。

●おすすめ商品

メディコート ライフアシスト 介護期用 1.8kg

食が細くてもしっかり栄養が取れる高カロリー、高栄養設計。歯が弱くなった愛犬へぬるま湯でふやかしてもOK。介護期に配慮しグルコサミンを配合。<総合栄養食>

購入


◆工夫④カロリーのとれるものを与えよう

食べる量が少ない大型犬には、カロリー摂取のために栄養の高いおやつや補助食品を混ぜる、といった方法もあります。また、関節などのサポート用や皮膚のケアなど悩みに合わせて、サプリメントを使用してもよいでしょう。

●おすすめ商品

アニウェル ハイカロリー 150g

100gあたり165キロカロリー、超高カロリーで要介護時、病中病後の療養食、産前産後・子犬・栄養補給の必要な犬の嗜好性の良いエネルギー食。

購入


ブドウ糖クロロフィル液 160g

ペットに元気を与える甘い液体!!ブドウ糖を摂取する事で胃腸に負担をかけないでエネルギーの補給をする事が出来ます。
体内においては、ブドウ糖が消費されることによってエネルギーがつくられています。ブドウ糖を摂取することは、消化器においてそのまま吸収されますので、胃腸の負担も少ない理想的なエネルギーの補給法といえます。

購入


◆工夫⑤水分をとれるものを与えよう

高齢の大型犬に多いトラブルの一つに「脱水」があります。体内の水の10%が奪われると、犬は脱水症状に陥ります。老犬は、若い犬と比べて腎臓機能が低下するため、体内に水を保有しておく機能が衰えやすくなっています。

脱水症状を起こした老犬は、無気力、元気の消失などの目に見える症状から、下痢・嘔吐、身体の震えなどを引き起こします。特に下痢・嘔吐は、更なる脱水を引き起こす可能性もあるため、高齢犬には大敵です。
脱水状態が続き、多くの脱水が起こった場合には、ショック症状を引き起こし、死に至る事もあります。

脱水は水分量の多い食事をとることで予防することができます。野菜を煮た際の煮汁を入れる、フードをお湯やミルクでふやかすなどして、対応しましょう。

◆工夫⑥匂いを出す

大型犬介護の悩みの一つに、「食事を食べない」といったことがあります。若い頃よりも欲求に疎くなるため、食事を嫌がる、食べたがらない、食事に対して興味を無くすシニア大型犬は多いです。

食事に関心を引くために、食事の匂いを出すことはとても効果的です。シニア大型犬は嗅覚も衰えているため、若い頃よりも匂いに鈍感になっています。フードを人肌程度に温めてあげると、匂いが出る様になり、嗜好性も上がります。

簡単な方法はレンジで10秒程度温めることですが、お湯を混ぜる、湯煎する、食器自体を温めておく、などの方法もありますので、毎日続けることのできる方法を選ぶことをおすすめします。

◆工夫⑦食べやすい食器を準備しよう

シニアの大型犬は、顎の力が弱くなっているため、パクパクと口を動かして食べていてもポロポロと口からこぼれ落ちてしまうことが多いです。

食器はなるべく底の丸いボール状のものがおすすめです。角張ったものよりも、舐め取りやすく全量を負担無く食べることができます。ステンレス製の犬用食器や100円均一ショップのキッチン用ボールなどでも代用が可能です。

大型犬といっても顔が細い犬種や、顎が太い犬種などいますので、飼っている大型犬のサイズにあった食器を選ぶように心がけましょう。

●おすすめ商品

ステンレス食器 23cm

衝撃や熱の変化に強いステンレス食器です。フードやお水入れに最適です。

購入



大型犬の介護食について

c57b63e10a6ed7462931817ec6b98da1_s

立ちあがる力が衰えて寝たきりになってしまったり、顎の力や噛む力が極端に衰えたシニアの大型犬は、流動食などの介護食を与えることが一般的です。

◆シニア犬には介護食が必要

介護食は段階により様々ですが、市販のフードや療法食をふやかして与えたり、飲み込みやすい様にとろみをつけるなどの工夫をします。
流動食の場合は、市販のドライフードを砕いたり、ウェットフードにお湯やミルクを混ぜてトロトロにする方法などありますが、多くの場合は流動食用の療法ウェットフードを使うことが一般的です。

●おすすめ商品

カロリーエースプラス 犬用流動食 85g×24缶

離乳期や産前産後・病中病後・シニア期の栄養補給に適しています。 <総合栄養食>

購入


デビフ缶 愛犬の介護食 ささみペースト 85g×24缶

いつもの食事が食べづらくなった高齢犬の為に、ささみと鶏レバーを主原料とし、消化しやすい軟らかなペースト状に仕上げた総合栄養食です。高齢犬だけでなく、幅広い年齢・犬種の主食として使用いただけます。 <総合栄養食>

購入


◆流動食の与え方

流動食は、スプーンなどから与える方法もありますが、食べる気力も噛む力も衰えたシニアの大型犬には、シリンジで口の中に押し入れて上げる必要があります。

シリンジは利き手で持ち、親指でピストン部分を押し入れる持ち方が一番固定できるのでおすすめです。
大型犬の犬歯の隙間から少しずつシリンジの先を入れ、流動食を流し込みましょう。飲み込んだらまた少しずついれる、といった方法でゆっくりと時間をかけて与えます。この時、頭をしっかり起こして誤嚥防止をするようにすることが大切です。

●おすすめ商品

注入器 注射器型注入式 10ml

栄養補助食やサプリメント等を流動食として容易に給与することを目的とした、注射器型の注入器です。給与したものが気管に入ることを避けるため、液体が「V字型」に出る独特の2つ穴乳首を採用。歯が無くなったり噛む力が弱まったペットにも簡単に給与することができます。

購入


◆療法食の場合は動物病院へ

療法食のウェットフードは、獣医師処方により購入することが出来ます。

療法食は市販フードに比べて高カロリーで、高タンパク、高脂肪に加え、免疫力を維持するアルギニンやオメガ-3脂肪酸、筋肉のエネルギーとなる分岐鎖アミノ酸(BCAA)などが配合されているため、介護が必要なシニア大型犬にぴったりです。


大型犬のおやつを選ぶ時のポイント

おやつはしつけのご褒美やストレス軽減、カロリー維持などの目的で与えます。大型犬のおやつを選ぶ時のポイントにはどんなことがあるのでしょうか。確認してみましょう。

◆適度なサイズのもの

身体の大きい大型犬は、おやつを丸飲みしてしまい喉に詰まらせるトラブルも多いため、サイズには注意が必要です。

基本的には、大型犬用と表記してあるおやつを選ぶ様にしましょう。
また、噛み砕いて食べるタイプのおやつの場合は、噛んだ際に鋭角に折れるものは選ばない様にすることが大切です。

●おすすめ商品

グリニーズ プラス 成犬用 大型犬用[体重22-45kg] 6本

生後6ヶ月からの成犬用の歯みがき専用ガム。愛犬の健康維持に配慮した総合栄養食。<総合栄養食>

購入


◆長持ちするもの(固いもの)

時間潰しのためや長時間与えたい場合には、長持ちする固いおやつがおすすめです。大型犬用ガムやアキレス、ボーン(骨)などが市販されています。

犬用ガムやアキレスなどは、丸飲みや鋭角に折れる可能性も高いため、必ず目の届くところで大型犬に与える様にしましょう。
また、長く噛むおやつは口臭が気になることもありますので、歯磨きも定期的にしてあげるようにすると良いでしょう。

●おすすめ商品

ベネボーン ウィッシュボーン レギュラー ベーコン味

全てがUSA産にこだわって作られた「プレミアム」な、噛むおもちゃ。アメリカ産の100%本物の食材(チキン、ベーコン、ピーナッツ)を、超硬質ナイロンに混ぜ、型に流し込み、超高温、超高圧で固めて作られています。着色料等、その他一切の材料を使用しておりません。

購入


◆1回に与える量が調整できるもの

雨であまり運動量が取れなかった日や沢山動いた日など、状況や体調に合わせて1日の量が調整できるおやつもおすすめです。

犬用ビスケットやクッキーなど、市販おやつも沢山販売されています。市販のおやつの場合は、パッケージに1日の最大量が記載されているため、必ず守って与える様にしましょう。

●おすすめ商品

シニア犬のおやつ グルコサミン・コンドロイチン配合 20g×5

鶏ささみと鶏レバーをベースに、好みのサイズに簡単にちぎれるやわらかさに仕上げたシニア犬用スナックです。20gの少量パックなので、持ち歩きにも便利です。7歳頃からのシニア犬の健康に配慮して、グルコサミン・コンドロイチンとミルクカルシウム、鶏レバーを配合しました。

購入


シニア犬のおやつ 植物性乳酸菌K71配合 20g×5

鶏ささみと鶏レバーをベースに、好みのサイズに簡単にちぎれるやわらかさに仕上げたシニア犬用スナックです。20gの少量パックなので、持ち歩きにも便利です。7歳頃からのシニア犬の健康に配慮して、植物性乳酸菌K71とミルクカルシウム、鶏レバーを配合しました。

購入



シニア犬のおやつを選ぶ時のポイント

シニア犬のおやつは、主に栄養補助としての補食扱いであることが一般的です。シニアの大型犬のおやつを選ぶ時のポイントについて、ご紹介します。

◆柔らかめのもの

シニア大型犬は顎や噛む力が衰えているため、負担をかけない柔らかめのおやつを選ぶと良いでしょう。

若い頃の様なガムやアキレスではなく、ビスケットや一口サイズの犬用チーズなどが一般的です。
市販ビスケットなども、シニア用と記載のあるものはやわらかく仕上がっているものが多いため、必ずパッケージを確認するようにしましょう。

●おすすめ商品

乳酸菌入り やわらかおやつ ビーフ&ササミ 40g

愛犬の健康を保つ植物性乳酸菌K71を配合し、牛肉と鶏ささみをベースとした犬用おやつです。指で簡単に曲がるほどやわらかいので、愛犬に合わせて色々な大きさにちぎることが出来ます。この製品には1袋当たり約100億個の植物性乳酸菌K71を配合しています。食品用のお肉を使用し、新潟の自社工場で製造しています。

購入


◆消化吸収が良いもの、無添加

シニア大型犬は胃腸機能も衰えているため、消化吸収の良いおやつがおすすめです。無添加のおやつだと、より安心です。

犬用ゼリーやヨーグルトなどは、水分も摂れるため脱水が気になるシニア大型犬には特に効果的です。

●おすすめ商品

無添加 煮込み鶏 お徳用 ささみ 200g

無添加!ヤギミルクでじっくり煮込んだ鶏ささみ。食べさせやすい分包パックでお徳用10パック入り。小型犬・シニア犬にも最適です。

購入


◆低脂肪のもの

シニア犬は運動量が減り、基礎代謝自体も衰えるため、1日の必要カロリーが減ります。

そのため、若い頃よりも低カロリーの食事接取量になることが一般的です。
カロリーを抑えるからといっても脂肪をカットするのではなく低脂肪に切り替え、上手に与えていくことが大切です。

●おすすめ商品

ゴン太のササミ巻き巻き 低脂肪 歯ブラシガム 23本

肥満が気になるワンちゃんの為に脂肪分を約50%カットして仕上げたヘルシーなスナックです。やわらか仕上げなのでシニア犬にもおすすめです。
※サンライズ ゴン太のササミ巻き巻きやわらか歯ブラシガム比 脂肪分約50%カット

購入


おなかにやさしい低脂肪ワンワンビスケット Big さつまいも&野菜入り 450g

2つの味わいが楽しめる、低脂肪タイプのビスケット。中型犬・大型犬も大満足なおいしさと食べごたえ。
天然成分のユッカエキスが、排泄物のいやなニオイを吸着、さらに健康な歯や骨の維持に必要なカルシウムを配合しました。愛犬の健康維持に役立ちます。

購入



高齢の大型犬の特徴を知りましょう!

15be2d082e600a5ce28f29ba0442add8_s

シニアの大型犬は、一日のカロリー摂取量が少なくなり、噛む力も弱まり、嗅覚や胃腸機能も衰えていきます。そのため、今回ご紹介したポイントに注意して食事やおやつを取り入れていく必要があります。

年齢を重ねるにつれて、飼い主の負担は大きくなりますが、気を付けるポイントを知って上手に介護していくよう心がけましょう。



– おすすめ記事 –

・【大型犬の介護】老犬のためにできる室内環境の工夫とは?こまめな寝返りで床ずれを防止!
・【大型犬の介護】老犬のトイレと散歩のケアについて。知っておきたいポイント9つ!
・【老犬介護】夏バテを高栄養食で乗り切りました!シリンジでの食事の与え方
・どうせ飼うなら大きい犬!大型犬の種類まとめてみました!”


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
St.Elmos

St.Elmos

動物看護士、トリマー、愛玩飼養管理士などの資格を持っています。 家族の一員としてのワンちゃんネコちゃんにまつわる情報をお伝えできればと思います。

関連するキーワード