犬が舐めてくるのは愛情表現?部位によって意味が違うって本当?

2018.04.10

犬が舐めてくるのは愛情表現?部位によって意味が違うって本当?

日常の中で、愛犬が飼い主さんの顔や色々な部位を舐めることがありますよね。実はこの舐めるという行為には、犬の感情が表されているのです。しかも舐める場所によって、その意味合いは違ってくるという話があるのですから、是非ともチェックしておきたいですよね。 今回は、顔や口、手や足など、舐める部位によってどんな理由があるのかを紹介していきます。愛犬は今どんな気持ちなのか?それが分かれば絆が更に深まるかも!?

focebookシャア
ツイート

舐める場所によって意味が異なるって本当?

犬 舐めてくる

犬を飼っている方であれば経験がある場合がほとんどだと思いますが、犬は飼い主さんや家族など、人間をペロペロと舐めることがあります。舐める部位は顔、中でも口であったり、手や足であったりと様々です。

実は、これには愛犬からのあるメッセージが含まれているのです。

◆気になるものを舐める犬の習性

犬は口に入れたり、舐めることで、その対象物の情報を読み取る習性があります。例えば、新しいおもちゃや食べ物など、気になる物を取りあえず口に入れてみたりしますよね。

これは、口に入れる、舐めることで、その物が一体何なのかを調べようとしているのです。
人間からすれば、ただ甘えてるのかな?お腹が空いているのかな?と単純に思ってしまいそうですが、犬にとってこの行為には重要な意味があるということです。

◆舐める=コミュニケーション?

人間の主なコミュニケーションは会話で行われますが、犬は話すことができません。その代わりに、舐めるという行為でコミュニケーションを図ったり、相手に意思を伝えようとしているのです。
そして、人間を舐める場合、その部位によって込められたメッセージに違いがあります。舐める場所それぞれに、理由があるということです。

このメッセージを汲み取ることができれば、飼い主さんとしても嬉しいことこの上ないですよね。より一層、愛犬のことを理解できるようになれるのですから。

◆犬との関係を深めよう!

長年暮らしていれば、会話がなくとも愛犬の考えていることは大体分かる、という飼い主さんも多いと思います。とても理想的な関係性だと思いませんか?
そんな関係を目指す第一歩として、犬のボディランゲージの一つともいえる、「舐めることで伝えようとしている感情」を覚えておきましょう!

犬が舐める部位で圧倒的に多いのは、顔や口でしょう。愛犬からのメッセージ性が一番強い場所ともいえますね。
これらの場所には、どんな舐める理由が含まれているのでしょうか?


犬が「鼻」「耳」を舐める場合

犬 舐めてくる 愛情表現

人間の顔の中でも、特に愛犬が舐めることが多い部位は、鼻や耳、そして口だという飼い主さんは多いでしょう。まずは鼻や耳についてその理由を紹介します。

◆愛情表現+塩分がおいしい?

鼻や耳を舐める主な理由、それは「しょっぱいから」だといわれています。

基本的に顔を舐める行為には「飼い主さんへの愛情・甘え」を示しているという意味があります。
しかし、鼻であったり耳、という特定の部位を頻繁に舐めてくるのであれば、それは鼻水などのしょっぱさを美味しいと思っているためであることが多いでしょう。

犬に限らず、動物は塩分などのしょっぱいものが好きです。このため、鼻水や鼻の粘膜がしょっぱくて美味しいという理由で、それを味わうために舐めている、と考えられているそうです。

耳に関しても同じように、皮脂や垢が溜まりやすいことから、耳垢などの味を好んで舐めているというわけです。


犬が「口」を舐める場合

口を舐められる飼い主さんは断トツで多いのではないでしょうか。理由が気になる飼い主さんも沢山いるでしょう。

実は、口を舐めるという行為には、主に二つの理由があるといわれています。

◆理由①敬意を示している

これには、犬の祖先である狼の習性が影響しています。狼の群れにおいて下位の個体は、リーダーや上位の個体の口元を舐めることで挨拶をし、敬意や好意などを表しているのです。

飼い主さんの口を舐めるのは、この名残ではないかと考えられています。愛犬が飼い主さんをリーダーだと認めている場合や、敬意を示す挨拶として、または一生懸命愛情を伝える行為として、口を舐めてくるのです。

◆理由②餌を強請っている

犬は赤ちゃんの頃、母犬が餌を噛み砕き、その餌を口移しで子犬に与えます。そのため、子犬はお腹が空いたときに、母犬の口元を舐めて「お腹が空いたよ」「ごはんちょうだい」という合図を送るのです。

この時の名残で飼い主さんを母親としてみており、餌やオヤツをねだっている、と考えられています。母親としてみてくれているのだとすれば、尚のこと愛犬が可愛く思えてきますよね。

しかし、餌の催促だと分かったからといって、ねだられるままに餌やオヤツを与えるのには注意が必要です。結果的に愛犬を肥満にさせてしまったり、健康被害に繋がる恐れがありますよ。

いずれにせよ、飼い主さんへの尊敬や愛情を示しているということ、飼い主さんが大好きだよというメッセージであることは確かです。オヤツを与えるにしても量を考えて、たくさん撫でてあげるなどして、たっぷりと愛情を返してあげてくださいね。


犬が人間の手を舐める理由は?

犬 舐めてくる 愛情表現

愛犬によっては、口よりも手を舐めてくるという子も多いでしょう。何故か足がよく舐められる…と考えている飼い主さんもいるかもしれませんね。

まず、犬が舐める部位として口と同じように多いといわれる「手」から、その理由をみていきましょう。

飼い主さんの手は、犬にとって「食べ物をくれる」「撫でてくれる」「遊んでくれる」という愛着のある部位です。愛犬の多くは、飼い主さんの手が大好きでしょう。
そしてそんな行為にも、考えられる理由は諸説あります。中でも最も一般的な説は、「催促」という意味が込められている、というものです。

それでは、一体何を催促しているのでしょうか?その他に考えられる理由についても、順に紹介していきます。

◆理由①遊んで欲しい!という催促

前述した通り、最も考えられるのが「催促」です。そしてそれは、「遊んで欲しい」という欲求の表れだといわれています。
飼い主さんの手を舐める時、愛犬は「遊んで欲しい」「撫でてほしい」という催促をしているのです。

犬にとって重要な意味を持つ飼い主さんの手をペロペロ舐めることで、「一緒に遊ぼう!」と甘えている場合が多いといえます。
もしも愛犬が飼い主さんの方を見ながらそのような行為に及んできたら、たくさん撫でたり遊んであげてくださいね。

◆理由②安心を表している

この行為には、愛犬が「安心している」という状態を表している場合も考えられます。犬は大好きな飼い主さんの手をペロペロと舐めることで、安心を得ているのです。

人間にも、自分の好きなものを抱きしめて落ち着く人がいたり、子供が触っているだけで安心するぬいぐるみや毛布などがある、という家庭も多いでしょう。
それと同様に、犬も大好きなものを舐めて感じることで、安心感を得ていると考えられています。

愛犬にとって自分が安心感を得られる存在であることは、嬉しくも誇らしくもありますね。手を舐めてきたら、無下に振り払ったりせずに、優しく微笑みかけたり話しかけたりしてみてくださいね。

◆理由③情報を得るため

①②の理由では、犬が舐めるのは飼い主さんでしたが、今度はその対象が飼い主さんではなく、初対面の人間である場合です。
初めて会った人間の手を、愛犬がペロペロと舐めている時、これはその人間の情報を得ようとしているため、だと考えられています。

前述しましたが、犬は口に入れたり舐めたりすることで、対象物が何かを探ります。初対面の人間の手を舐めている時もそれと同様で、相手の情報収集をして分析をしている、といわれているのです。
初めて会った人に対して興味を持ち、「この人は誰?」「どんな人なの?」と一生懸命探っているのかもしれませんね。

もし初対面の犬が手を舐めてきたら、あなたのことを分析して、情報収集をしている可能性があります。
そんな時は、可能であれば満足するまで舐めさせてあげてみてください。その後もしかしたら、心を開いてくれて、仲良くなれるかもしれませんよ。


犬が「足」を舐める理由

犬 舐めてくる 愛情表現

犬が舐める部位として顔や手が多いと紹介しましたが、足を舐める子も結構います。

◆遊びの催促+匂いに惹かれている

これは手と同様で、「遊んで欲しい!」という催促でじゃれているケースが考えられます。

しかしもう一方で、その部位の臭いに惹かれて舐めているともいわれているのです。
犬はしょっぱいのが好きだと前述しましたが、それに加えて体液系の臭いが大好きなのです。人間の足は、皮脂・汚れが付着しやすいために臭いやすく、その臭いを好んでペロペロと舐めているということです。

同様の理由で、足の他にも脇だったり、汗をかきやすい部位を舐める個体も中にはいるでしょう。

この行為は癖になり易いですし、人間の足には雑菌が付着している場合もあります。人前でされて恥ずかしい思いをする、というシチュエーションもあり得るでしょう。
足などを舐めだした場合は放置せずに、止めさせるように普段からしておいた方がお互いの為かもしれませんね。


まとめ

犬にとって「舐める」ことは重要な行為というわけですね。今後愛犬が舐めてきた時は、部位によってその理由が違うのだということを思い出して、愛情を返すなどの対応をしてあげましょう。

但し、犬には75%を占める確率で、口内に人間にも感染する「パスツレラ菌」という恐ろしい細菌が潜んでいる可能性もあります。これは粘膜・傷口から感染する病気なので、特に顔や口を長時間に渡り舐めさせるのは感染防止のためにも、衛生面からしてもあまり良いことではありません。

愛情に応えつつも程々に、スキンシップを図っていきましょう!



– おすすめ記事 –

・犬派、猫派って?性格や生活スタイルの違い、趣味なども犬・猫に似てくるってホント?
・小さな穴が開いても大丈夫!ダッドウェイ わんちゃん用おもちゃ インビンシブルズ/tall tails
・犬好き必見の犬型ロボット「アイボ」とは?歴代AIBOと最新aiboを今すぐチェック
・引っ張り遊びをしよう!サンメイトのわんちゃんおもちゃ♪


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
壱子

壱子

子供の頃から犬が大好きです。現在はキャバリア4匹と賑やかな生活をしています。愛犬家の皆さんに役立つ情報を紹介しつつ、私自身も更に知識を深めていけたら思っています。よろしくお願いいたします!