犬が遊んでいる時唸るのは怒っているから?唸る理由と対処法を紹介

2020.11.12

犬が遊んでいる時唸るのは怒っているから?唸る理由と対処法を紹介

愛犬とおもちゃで遊んでいるとき、突然唸りだすことがあります。「怒っているの?」と怖いと感じる飼い主さんもいるかもしれませんが、犬がおもちゃて遊んでいる時に唸るのにはいくつか理由があります。 今回はおもちゃで遊んでいるときに犬が唸る理由と対処法について紹介します。

犬が遊んでいるときに唸る理由

犬が遊ぶ時唸る

愛犬とのコミュニケーションをとるためにおもちゃを使用して一緒に遊ぶことはとても有効です。

犬は飼い主さんと遊ぶことになにより幸福を感じる動物であり、一緒に遊ぶことにより絆を深めるだけでなく愛犬の体調に異常はないかなどをチェックすることもできます。

愛犬とおもちゃを使用して遊ぶのは飼い主さんにとっても充実した時間ですが、犬がおもちゃの引っ張りっこなどをしている際に急に唸ってくることがあります。

犬がおもちゃで遊んでいる際に唸ることには、いくつかの理由があります。
「怒っているの?」と怖いと感じる方もいるかもしれませんが、怒りから唸っているわけではない時もあります。

犬がおもちゃで遊ぶときに唸る主な理由を紹介します。

◆嬉しさや楽しさがマックス

犬がおもちゃで遊んでいるときに唸るのは、楽しくて感情の高ぶりから唸ることがあります。
同時に飼い主さんと遊ぶことが楽しくて仕方がなく、楽しさや嬉しさのボルテージがマックスになると興奮して唸ります。

人もなにか感動するようなことがあった際や、嬉しい出来事があると声が思わず出てしまうものです。
犬も同様であり、怒りとは全く逆に嬉しさや楽しさから唸ることがあります。
楽しいという感情を全身で表現しているということなので、愛犬が唸るからといってもそこまで心配はいらないケースになります。

一点注意したいのは、愛犬が興奮状態になったまま引っ張りっこを続けると感情のボルテージが上がってしまいなかなか落ち着いて行動することが出来なくなります。
飼い主さんの指示が届きづらくなってしまい、コントロールすることが難しくなるので遊びに区切りをつけて、クールダウンしてからまた遊びを再開するようにしましょう。

●あわせて読みたい
犬の興奮の危険性や落ち着かせる方法とは?犬の興奮状態は何故起こる?

犬が興奮する原因は、物や飼い主・来客などの人間、欲求不満からのストレスや元々の性格、病気や後遺症など多岐に渡ります。 コントロールが難しくなってしまった犬は、怪我や喧嘩、破壊行動を起こすの危険があり、それにより手術が必要になったり、死に至る可能性もあります。 犬の興奮はまず原因を知り、抱きかかえて安心させる、クレート・トレーニングや効果的なコマンドを教えるなど、合う対処法を取ることが大切です。 詳しく確認してみましょう。

記事はコチラボタン

◆愛情表現

愛犬が唸るとびっくりする飼い主さんもいるかもしれませんが、犬は飼い主さんと遊べて楽しい気持ちや飼い主さんへの愛情から唸ることがあります。
猫などは撫でられて気持ちいいと喉をゴロゴロとならすしぐさをしますが、犬も似たような行動をとることがあり気持ちいい時やリラックスしている時に「ぐぅぅぅ」と唸ることがあります。

飼い主さんへの愛情表現でもあり、喉を鳴らして「ぐぅぅぅ」と低い声で深く唸っている場合にはリラックスしている証拠ですので心配ありません。
飼い主さんにもっと甘えたい、嬉しいという気持ちから唸ることがあります。

●あわせて読みたい
犬の愛情表現はどんな行動で示す?飼い主だって負けじと愛情を示そう!

犬は、言葉は話せなくても、表情や行動で自分の気持ちを表します。愛情を示す時も同様です。愛犬は様々な方法で、大好きな人への愛情表現を行っているのです。日頃の行動を思い返すと、そこに愛情の表れをみつけることができるかもしれません。 今回は、犬の愛情表現に注目します。更に、飼い主さんから愛犬への愛情の伝え方も紹介しますよ。どんな表現方法があるのかチェックして、毎日のように、お互いの愛情を確かめ合いましょう!

記事はコチラボタン

◆威嚇・怒っている

犬との信頼関係はとても大切であり、遊びに置いても飼い主さんがリーダーとして主導権を握りながら遊ぶことが愛犬との絆を深めるポイントになります。
しかし、この信頼関係がらうまくできておらずにおもちゃを取られることに怒りを覚えて唸ることもあります。

また「おもちゃを離さないと攻撃する」と威嚇の意味で唸ることもあります。
飼い主さんが怖いと感じるのは、この怒りの感情から唸るケースかと思います。

威嚇や怒りから唸なっている場合には、そのまま攻撃に転じて飼い主さんや家族がガブリ!とされる危険もあるため注意が必要です。

さらに、普段は飼い主さんの指示を聞いて冷静に行動できる子でもおもちゃに対する執着心が強く、おもちゃを見せてしまうとなかなか離してくれずに攻撃的になる子もいます。

このようにおもちゃに強い執着心があり、唸って威嚇してくる子と遊ぶ場合にはまずは飼い主さんがコントロールできるようになる必要があります。
おもちゃで遊ぶたびに攻撃されていては大変ですし、愛犬と遊んで絆を深めることもできません。
信頼関係の崩壊にもつながるため、おもちゃを与えるのは一回見送るのがベストです。

怒りで唸っているのか判断する方法として眉間に深くしわがよっているか、歯を剥き出しにして「うーうーうー」と声を伸ばして唸っているかなどで判断できます。
また、全身の毛が逆立っており、尻尾を高く上げている時も威嚇していることがあるので注意が必要です。

●あわせて読みたい
犬が唸る理由は何?唸りやすい犬種と唸る状況別の対処法を紹介

犬のお悩み行動としてよく挙げられるのが「唸る」事です。犬が唸る理由には見知らぬ人への警戒心や、体を触られる恐怖心など様々な要因があります。この記事では、唸りやすい犬種と、犬の唸る理由や対処法などをお伝えしていきます。犬の気持ちを理解してうまく解決してあげましょう。

記事はコチラボタン


犬が唸るのはやめさせるべき?

犬がおもちゃで遊んでいる際に唸るのは楽しい時もあると紹介しましたが、犬が唸る時はやめさせるべきなのかと言われると答えはイエスです。

唸るのは感情の昂りによるものであり、一度リセットしてクールダウンしてから遊びを再開することがおすすめです。
興奮状態になると周りが見えなくなってしまい、飼い主さんの言葉も届かず愛犬が冷静に判断することができなくなってしまいます。

また、チワワのような小型犬であっても思わぬ力を発揮して飼い主さんの手を誤って噛んでしまったり転倒などの事故の原因にもなります。

飼い主さんが遊びの主導権を握るようにして、愛犬が唸り始めたらおもちゃを撮って一度遊びに一区切りつけるのがポイントです。


犬が唸り始めた時の対処法

   

犬が唸る

犬が引っ張りっこなどで唸り始めたら具体的にはどのような対処法をすれば良いのか気になるという方もいるでしょう。
犬がおもちゃで遊んでいるときに唸り始めたら行いたい対処方法を紹介します。

しつけの参考や愛犬とのコミュニケーションのヒントになれば、幸いです。

◆おもちゃを離す訓練をする

第一に愛犬とおもちゃで遊ぶ際には、飼い主さんが主導権を握ることがなによりも大切になります。
犬は上下関係がはっきりしている生き物であり、飼い主さんが頼れるリーダーとして愛犬の生活の指針となることが必要です。

飼い主さんをリーダーとした信頼関係をきちんと築くことが犬にとっても、飼い主さんにとっても快適に生活するためには必要不可欠です。

おもちゃで遊ぶということは運動不足の解消やストレス発散、飼い主さんとのコミュニケーションなど様々なメリットがあります。
一方で犬の狩猟本能を刺激するものでもあり、興奮してボルテージが高まりと狩猟本能からおもちゃを獲物として離さなくなることがあります。

そんな本能をコントロールするためにも、遊ぶ際には「おもちゃを離すこと」を教えることがポイントです。
具体的な訓練方法ですが、犬におもちゃを噛ませて飼い主さんのタイミングで「だして」など犬におもちゃを離すように指示します。

大切なことは愛犬がおもちゃで遊んでボルテージが昂まり、唸る前の冷静な状態で指示を出しましょう。
はじめはおもちゃを離さないかもしれませんが、だしてと声かけをしながら口にてをやりおもちゃを離します。

離すことが出来ればたくさん褒めてあげましょう。
おやつやおもちゃを「ヨシ」と解除のワードと一緒に再度渡して褒めてあげます。
繰り返し教えることで「おもちゃを離せばまた遊んで褒めてもらえる」と愛犬が覚えるので、飼い主さんが主導権を握り一緒に遊ぶことができます。

また、普段から飼い主さん主導で遊ぶことが習慣化すればおもちゃは飼い主さんの指示があれば離すという認識になるため唸ることを抑制することが可能です。

一緒に引っ張りっこなどで遊ぶことはしつけの一環にもなりますので、是非子犬の時期からおもちゃを離す訓練を取り入れつつ愛犬と遊ぶことがおすすめです。

◆相手にしない

愛犬がおもちゃで遊んでいるときに唸って来た場合には、おもちゃから手を離して遊びを中断して相手にしないことも効果的です。
群れで生活している犬は無視されることが効果的なケースが多く、飼い主さんが唸ると遊んでくれないと認識すると唸ることをコントロールするようになります。

無視するなんてかわいそうと感じる方もいるかもしれませんが、下手に声を出して怒ったりしてしまうと遊んでいると勘違いしてしま興奮状態を助長する原因にもなります。
一度遊びを中断して愛犬のクールダウンに導いてあげることが大切です。

ポイントは愛犬がおもちゃを飼い主さんの前に置いて遊びに誘ってきたとしても、飼い主さんのタイミングで必ず遊ぶように意識します。
遊びから攻撃などに転ずる可能性のある犬にも相手にしないことは有効です。

飼い主さんがおもちゃを取らないと理解することができれば、唸ることを軽減することができます。
威嚇や怒りなどから唸ってくる場合には、おもちゃで遊ぶことは見送りまずは信頼関係を正しく築くようにします。


まとめ

犬がおもちゃで遊んでいるときに唸る理由と対処法ついて紹介しました。
犬が唸ることは嬉しい時もあるので、どうして愛犬が唸っているのか早めに理由を特定することが大切です。

さらにはおもちゃでコミュニケーションをとりながら、おもちゃを離すしつけを教えることにより飼い主さんとの信頼関係もうまく築くことができます。
しつけやコミュニケーションの参考になれば幸いです。



– おすすめ記事 –

・愛犬がおやつを隠す!その理由や対処法は?
・犬のおもちゃ洗ってる?適切なお手入れ方法や便利グッズ紹介
・強面だけど実は優しい!?グレートデンの飼育方法や性格をご紹介!
・犬がクッションを噛むのは何故?理由と対策


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileわん部

PetSmileわん部

わんこ大好きPetSmileわん部です。わんちゃんにまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪


記事に関するお問い合わせはこちら