食べると身体がぽかぽかになる食材!生姜って犬が食べても大丈夫なの?

2022.09.28

食べると身体がぽかぽかになる食材!生姜って犬が食べても大丈夫なの?

食べると身体がぽかぽかになることで知られている生姜。 冬などの寒い時期のごはんや、冷え性の方などに好まれている食材ですね。 せっかくならワンちゃんも私たちと同じごはんを食べられたら、などと思ったことはありませんか?一緒のごはんを食べることができれば、普段のごはんがより一層、おいしく感じることができそうですよね。 この記事ではワンちゃんが生姜を食べても大丈夫なのか、詳しく解説していきます。

【目次】
1.犬は生姜を食べてもいいの?

2.生姜とネギは違う?

3.生姜の期待できる効果
 3-1.生姜の期待できる効果①ガン予防
 3-2.生姜の期待できる効果②心臓病予防
 3-3.生姜の期待できる効果③白内障予防
 
4.生姜の栄養素
 4-1.カリウム
 4-2.マグネシウム
 4-4.食物繊維
 4-5.カルシウム
 4-6.ジンベイン

5.犬に生姜を与える目安

6.犬に生姜を与える際に気を付けること
 6-1.加工した生姜は食べさせない
 6-2.生姜単体では与えない
 6-3.様子を見ながら与える

7.生姜を使用したワンちゃんのおすすめレシピ
 7-1.生姜スープ
 7-2.生姜焼き
 7-3.生姜クッキー

8.生姜をつかった犬用のグッズ
 8-1.サプリメント
 8-2.生姜入りアロマ

9.まとめ

犬は生姜を食べてもいいの?

ginger-g2e2796afc_640

結論からいうとワンちゃんは生姜を食べても大丈夫です!
しかし辛みのある刺激が強い食材ですので、与える量には注意が必要です。

胃に刺激を与えるとお腹を壊してしまい、下痢気味になってしまう子もいるため気をつけましょう。


生姜とネギは違う?

ワンちゃんにネギ類の食べ物を与えていけないというのは、ワンちゃんを飼っている方なら常識として全員が知っていることではないでしょうか。しかしその関係で今回のテーマである生姜も、ワンちゃんには与えてはいけない食材だと認識している飼い主の方が多くいらっしゃいます。

そもそもなんでワンちゃんにネギ類を与えてはいけないのでしょうか?
玉ネギや長ネギはもちろん、同じ種類であるニラなどもワンちゃんに与えてはいけません。ネギ類の食べ物に含まれる「アリルプロピルジスルフィド」という香味成分が、ワンちゃんの赤血球を破壊してしまい、重い貧血を引き起こしてしまいます。少量でも体内に摂取してしまうと、この中毒症状を起こしてしまい、最悪の場合は死に至ることもあります。

アリルプロピルジスルフィドに関しては、生の状態でも加熱した状態でも無毒に変化することはないため、どちらの状態でもワンちゃんに与えることはやめましょう。

上記の理由からワンちゃんにネギ類は絶対に与えてはいけません。しかし生姜を与えてもなんの問題もありません。そもそも生姜はネギ類の食べ物ではないからです。

玉ネギや長ネギなどのネギ類は、クサスギカズラ目、ネギ亜科ネギ属という種類です。それに対して、今回のテーマである生姜は、ショウガ目、ショウガ科、ショウガ属に分類されます。このことから生姜とネギは全く異なる種類の野菜であるので、ワンちゃんに食べさせても全く問題がないのです。


生姜の期待できる効果

生姜を食べることで期待できる効果とは一体なんなのでしょうか。
人間にとってメリットがあることを知っているかたも多いと思いますが、ワンちゃんにも同様の効果が期待できるものもあります。

生姜の香りには食欲増進効果があることから食の細い老犬にもおすすめの食材です。それだけでなく、疲れた体を癒す疲労回復効果や胃腸の調子を整える効果も期待できる優秀な食材です。

◆生姜の期待できる効果①ガン予防

生姜に含まれる辛味成分「ジンゲロール」は、ガン細胞の動きを抑制する働きをもっているので、ワンちゃんのガン予防にも効果的です。また殺菌作用もあるので、ワンちゃんのお口の中を綺麗に保ってくれます。

◆生姜の期待できる効果②心臓病予防

生姜に含まれる辛味成分「ジンゲロール」は、ガン細胞の動きを抑制する働きをもっているので、ワンちゃんのガン予防にも効果的です。また殺菌作用もあるので、ワンちゃんのお口の中を綺麗に保ってくれます。

◆生姜の期待できる効果③白内障予防

ワンちゃんでも白内障になることをご存じでしょうか。原因としては、老化による機能の低下や、糖尿病などの別の疾患の合併症もあげることができます。実は生姜はそんな白内障の予防に効果的なのです。


生姜の栄養素

ワンちゃんも生姜を食べられるということがわかったところで、生姜に含まれる栄養素を見ていきましょう。生姜に含まれている基本的な栄養素は「ミネラル」と「食物繊維」です。

◆カリウム

生姜に含まれるミネラルの中で、もっとも多く配合されている栄養素がカリウムです。カリウムは、必須ミネラルのひとつで、ワンちゃんにも欠かせない栄養素の一つです。カリウムの働きとしては、体内の塩分量を調節し、血圧を下げてくれたりします。

生姜以外の食物だと、レンコンやバナナなどに多く含まれています。

◆マグネシウム

マグネシウムもカリウムと同じで必須ミネラルのうちのひとつです。骨や歯の形成に関係しており、骨折しづらい丈夫な身体を作ってくれます。また、ホルモンの分泌を促す作用をしており、カルシウムの分泌に深く関わっています。

魚や豆類にマグネシウムは多く含まれています。

◆食物繊維

食物繊維という言葉は聞いたことがあっても、それがなにか詳しく説明できる方は少ないのではないかと思います。食物繊維は不溶性と水溶性の2種類に分かれており、それぞれ異なる役割を持っています。生姜に含まれる食物繊維は、水に溶けない不溶性食物繊維です。身体の中で水分を吸収し、腸を刺激することで排便の手助けをします。

食物繊維が多い食材としては、こんにゃく類やきのこ類があげられます。

◆カルシウム

カルシウムは骨や歯だけでなく、筋肉の収縮にも作用する重要な物質です。カルシウムが不足すると、骨の密度が低下し骨折しやすくなってしまったり、神経が痙攣してしまうことがあります。

カルシウムを多く含む食材としては、牛乳やチーズなどが有名です。

◆ジンベイン

ジンベインとは生姜に含まれるたんぱく質の分解酵素のことです。お肉と生姜を一緒に煮込むとお肉が柔らかくなるのは、このジンベインのおかげです。消化吸収にも役に立つため、夏バテなどの食欲が落ちているときの食事にちょこっと生姜をプラスするだけでも効果的です。


犬に生姜を与える目安

私たち人間も生姜を食べるときはそんなに大量に摂取しませんよね。それと同様でワンちゃんに与えるときも少量にしましょう。

味見をしても生姜の辛みが感じない程度であれば、ワンちゃんに与えても大丈夫です。目安としては、つまようじの先端に乗せられるくらいの量がよいでしょう。
個体差はありますが、体重が5㎏の犬であれば小さじ1/4、体重が10㎏の犬であれば小さじ1/2を目安とすると良いでしょう。

また、初めて生姜を与える際はできるだけ少量を与えるようにしましょう。
摂取しても良い食べ物ではありますが、必要な栄養素は普段の食事で補えているはずなので、多く摂りすぎないよう注意が必要です。


犬に生姜を与える際に気を付けること

刺激の強い食材であることから、少量だけ与えるというのはもちろんですが、ほかにも注意する点があります。

◆加工した生姜は食べさせない

多くのご家庭にあるこちらのチューブ状の生姜は、ただのすりおろし生姜というわけではないため、ワンちゃんには与えてはいけません。チューブ状の生姜には生姜のほかにも保存料や着色料などの添加物が含まれているため、ワンちゃんに与えるのはおすすめできません。

また、ガリは生姜を薄くスライスし、お酢につけたものです。
そもそもお酢はワンちゃんが好まない食べ物ですので、与えないようにしましょう。そのほかにも、着色料などの添加物が含まれているため与えないでください。
紅ショウガも同様ですので、ワンちゃんには与えないでください。

◆生姜単体では与えない

生姜を与える際は、生姜のしぼり汁であったり、すりおろしたものをドックフードに混ぜるなど加工をして与えましょう。薄切りにスライスしたとしても、生姜を固形のまま摂取してしまうと、ワンちゃんにとっては刺激が強すぎてしまいます。

◆様子を見ながら与える

生姜を初めて食べるときに、アレルギー反応を起こしてしまう子もいます。
1回目で発症する子もいれば、複数回食べてから発症する子もいるため、生姜を与える際は毎回ワンちゃんの様子をきちんと見るようにしましょう。

またワンちゃんは人間の何倍も嗅覚が強いため、生姜の匂いに警戒してごはんを食べないこともあるかと思います。その場合、無理に食べさせるようなことはせず、ワンちゃんが食べ進めるまで待ちましょう。


生姜を使用したワンちゃんのおすすめレシピ

ワンちゃんも生姜を食べられることがわかったので、ここからは生姜を使用したレシピをいくつかご紹介できればと思います。ぜひご自宅のワンちゃんに作ってあげてくださいね。

◆生姜スープ

材料
・人参…適量
・鶏肉…適量
・きのこ…適量
・水…適量
・すりおろした生姜…ほんの少量

作り方
① それぞれの具材をワンちゃんが食べやすい大きさに細かく切ります
② お鍋に水を入れ、具材を加えたら沸騰するまで火にかけます
③ 火を止めたら、30分程度放置して冷まします
④ 完成

具材はワンちゃんの好みでアレンジしても楽しいですね。スープにすることで、ワンちゃんも簡単に生姜を摂取することができます。

◆生姜焼き

材料
・薄く切った豚肉…適量
・すりおろした生姜…ほんの少々
・ごはん…適量
・野菜…適量

作り方
① 使用する野菜はすべて下茹でしておきます
② すりおろした生姜を炒めた後、そこに豚肉を加えてさらに炒めます
③ すべて同じお皿に盛り付けたら完成

使用する野菜はワンちゃんの好きな野菜を使用しましょう。人参や白菜などがおすすめです。このレシピならワンちゃんと一緒に生姜焼きを食べることができますね。このとき使用する生姜はチューブ状の生姜ではなく、きちんと生の生姜をすりおろしたものを使用しましょう。

◆生姜クッキー

材料
・小麦粉…50g
・おろし生姜…ほんの少量
・水…適量

作り方
① 小麦粉の中におろし生姜を入れて混ぜる
② すべて混ぜ合わせた粉の中に水を入れていき塊になればOK
③ 厚さが均一になるように生地を引き延ばし、お好きな型で抜く
④ オーブントースターで焼けたら完成

あわせて読みたい:【犬の手作りレシピ】お豆腐で低カロリー&生姜で体ポカポカ「豆腐のとろみスープ」を作ろう!
【犬の手作りレシピ】お豆腐で低カロリー&生姜で体ポカポカ「豆腐のとろみスープ」を作ろう!

「愛犬と一緒に楽しめる」がコンセプトのDeco’s dog cafeのオーナーDecoさんが教える犬と飼い主さんが一緒に食べられる手作りレシピ!今回は、肌寒い季節に体の芯から温まる「豆腐のとろみスープ」です。低カロリーなのでダイエットにもおすすめです!手作りごはんエキスパートが手がける簡単でオシャレなレシピ是非お試しください♪

記事はコチラボタン


生姜をつかった犬用のグッズ

◆サプリメント

生姜の成分が含まれた、乗り物酔いや胃の不快感や痛みを緩和してくれるサプリメントがあります。普段から少し胃が弱い犬に良いかもしれません。通販だけではなく、ペットショップでも販売されているようなので探してみると良いでしょう。

◆生姜入りアロマ

生姜は大丈夫だとしたら、生姜からできているアロマはワンちゃんにとって害がないものなのでしょうか。

アロマセラピーの一環として、ワンちゃんにジンジャーアロマの匂いを嗅がせると、ワンちゃんもリラックス状態になれるのでおすすめです。ワンちゃんに漢方薬を飲ませることは非常に大変ですので、優しく匂いを嗅がせるくらいにしてあげましょう。


まとめ

いかがでしたか?
ワンちゃんが生姜を食べても大丈夫なの?という飼い主さんの疑問を解決することができましたでしょうか?

生姜はワンちゃんにとって刺激の強い食材ですが、少量であれば生姜を与えても問題はありません。使える食材が増えるといままで以上にワンちゃんのごはんのレパートリーが増えるので、毎日のごはんの時間がいまよりもっと楽しくなるのではないでしょうか。なにを作ってあげようか考える時間も楽しみのひとつになりそうですね。

最近では生姜入りのドッグフードも販売されているほど、生姜はワンちゃんにとっても健康にいい食材です。体内の活性化にも効果が期待できるので、涙やけなどの肌トラブルに悩むワンちゃんにおすすめです。

ワンちゃんと同じ生姜を使用したメニューのごはんを囲む日が訪れますように♪



– おすすめ記事 –

・日本人のソウルフード「あんこ」!犬が食べても大丈夫?
・犬にそばはOK?アレルギーなどの注意点
・犬に椎茸を与えてもいい?栄養素や期待できる効果、注意点は?
・犬にもまたたびは効果ある?犬にとってまたたび要素のあるモノとは?


focebookシェア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
笹本 雅

笹本 雅

犬が好きです。小型犬でも大型犬でもとにかく犬が大好きです。これから犬種についてや豆知識や健康についてなど、幅広いワンちゃんについての情報をご提供していきます。犬好きの方にぜひとも見ていただいてご意見いただければと思います!

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら