エンゼルフィッシュはどんな魚?特徴を紹介

2021.11.05

エンゼルフィッシュはどんな魚?特徴を紹介

アクアリウムは自分好みのレイアウトを作ることができ、様々な魚を泳がせることによりカラフルな水槽を作ることができます。 縞模様と独特のフォルムが目を惹くエンゼルフィッシュは、アクアリウムでも人気の観賞魚です。 そこで今回は、エンゼルフィッシュについて紹介します。 アクアリウム飼育の参考にしてくださいね。

エンゼルフィッシュとは?

47569_s

南米のアマゾン川に生息する熱帯魚であり、アクアリウムでは比較的ポピュラーな観賞魚になります。
古くから飼育する魚として浸透しており、ホームセンターなどでも手に入りやすい品種になります。

縞模様の身体と大きめの帆のようなヒレが特徴 であり、シクリッド系の観賞魚です。
丈夫で見栄えもするため、初心者にも飼育しやすいですが、混泳などの相性もあるためポイントを抑えて飼育したい魚になります。


エンゼルフィッシュの特徴

エンゼルフィッシュは、身体が平たく木の葉のように薄いのが特徴です。
また、成長すると15センチ前後と大きめのサイズに成長するため、水槽内でもメインの観賞魚として取り入れるのがおすすめです。

名前の由来はゆったりと大きなヒレを動かして泳ぐ様が天使のように見えることからこの名前がつきました。
ヒレが長く発達していて、特徴的な縦長の体付きをしています。

アマゾン川流域を中心とした南アメリカ北部に分布しており、流れがあまり早くない河川を中心に生息しています。
野生の個体は白銀色の身体をしており、褐色の縞模様がはいるのが特徴です。

縞模様はエンゼルフィッシュの代表的な形態ですが、品種開立された観賞用の個体は多岐にわたる華やかな見た目をしています。

野生下では、緩やかな流れの水底や水草の影にじっとしていることが多いエンゼルフィッシュですか、食性は肉食でありじっと昆虫や小魚を待ち構えて捕食します。

エビやカニなどの甲殻類、赤虫や魚卵などを捕食します。
そのため、アクアリウムにおいてはあまりにも小さすぎる魚やヌマエビなどの甲殻類は捕食されてしまう可能性があるため、混泳は計画的に組み合わせる必要があります。

シクリッド種の中では温厚な性格であり、グッピーやネオンテトラなどの小型の魚とも隠れ家を増やす、小型の魚の個体を増やすなど工夫をすれば一緒に飼育可能な点も嬉しいですね。

しかし、シクリッド特有の気性の荒さや縄張り意識はそれなりにあるため、小さなサイズのエンゼルフィッシュと混泳させるか、成長したエンゼルフィッシュは別の水槽で飼育するなどの対策が将来的に必要になることもあります。


エンゼルフィッシュの種類

エンゼルフィッシュは観賞魚に特化した熱帯魚であり、古くから親しまれてきた魚ですので、様々な種類のエンゼルフィッシュが存在します。
比較的手に入りやすいエンゼルフィッシュについて紹介します。

・シルバーエンゼルフィッシュ

原種に近いエンゼルフィッシュであり、銀色の体に黒のバンドが入るのが、特徴です。
成長すると体高が非常に高くなるため高さのある水槽を選ぶようにしましょう。

並エンゼルとも言われており、エンゼルフィッシュの入門魚としてもおすすめですよ。
値段は500円前後〜購入可能です。

・ゴールデンエンゼルフィッシュ

黄色みがかった体色が非常に美しく、ポピュラーなエンゼルフィッシュですので、入手しやすい種類です。

エンゼルフィッシュの中でも一際明るい体色は、水槽内でも目立つ存在であり、メインの魚としても重宝します。
こちらも体高が高くなるため、高さのある水槽を選ぶようにします。

・ゼブラエンゼルフィッシュ

その名の通りシルバーやゴールドの体色の上にゼブラ柄が乗っているエンゼルフィッシュです。
単色では物足りない方や変わった品種のエンゼルフィッシュを飼育したい方におすすめです。

値段は単色のエンゼルフィッシュよりも高い傾向にあり、800円前後〜購入可能です。
模様のあるエンゼルフィッシュの中では比較的入手しやすい品種であり、初心者の方にもおすすめです。

・アルタムエンゼルフィッシュ

エンゼルフィッシュの最高峰と言われており、立派なヒレとハッキリとした黒いバンドが特徴です。
優美な姿は水槽の中でもひときわ目立つ存在ですが、飼育は他のエンゼルフィッシュに比べると難易度も高く、弱酸性の水質を好みます。

肌荒れになりやすい面があり、濾過機能の高いフィルターが必須です。
アルタムエンゼルフィッシュの飼育は経験者向きであり、エンゼルフィッシュの飼育経験がある方がチャレンジするのが良いでしょう。

・アルビノエンゼルフィッシュ

白いアルビノ個体のエンゼルフィッシュです。
白い身体が水槽でも目立つアルビノ種は、変わったエンゼルフィッシュを飼育したいという方にもおすすめです。

皮膚が傷つきやすい点があるため、水質を悪化させないように注意が必要です。
こまめに水換えを行い、弱酸性の好む水質に設定して飼育しましょう。

他のエンゼルフィッシュ同様に成長すると体高が高くなるため、高さのある水槽を準備します。


エンゼルフィッシュの寿命・病気

エンゼルフィッシュは観賞魚の中でも生きる方であり、大切に飼育すると5年前後生きます。
水質に敏感な面があるため、水質が変化しやすかったり悪い環境ですと2年前後で死亡することが多いです。

エンゼルフィッシュを大きく育てたい方や、長生きして欲しい方は水質をこまめにチェックして安定させるのが要になります。

エンゼルフィッシュは水質の変化に敏感だと紹介しましたが、皮膚病になりやすい魚です。
白点病や水カビ病気などは特に水質が悪化して、抵抗力が下がるとなりやすく、水槽全体に蔓延する可能性もあります。

エンゼルフィッシュの免疫が落ちないように水質管理と同時に、食べ切れる分の餌を与えて食べ残しはその都度取り除くようにしましょう。

白点病は常在で魚の身体に共存している白点虫が原因で体の表面に白点ができる病気ですが、免疫が下がることにより、白点虫が異常繁殖してしまい、呼吸困難や衰弱死してしまう病気です。

観賞魚の病気としては、ポピュラーなものでありエンゼルフィッシュもなりやすい病気です。
専用の薬を使用して、薬浴をすることにより治療することができますが、水槽を復活させるのに時間がかかるため、白点病は日常的に防ぎたい病気になります。


エンゼルフィッシュの値段

エンゼルフィッシュはその種類により値段に開きがある観賞魚です。
並エンゼルなどは500円前後でも購入できますが、珍しい体色や大きなエンゼルフィッシュは5000円前後する個体もいます。

まずはどんなエンゼルフィッシュを飼いたいから計画して、予算に合わせたエンゼルフィッシュをお迎えしましょう。

エンゼルフィッシュの最高峰と呼ばれているアルタムエンゼルフィッシュなどは、他のエンゼルフィッシュに比べて高額になりますので、計画的にお迎えしましょう。


エンゼルフィッシュの飼育方法

angelfish-gdd7eaf5da_1280

エンゼルフィッシュの基本的な飼育方法について紹介します。
エンゼルフィッシュの飼育の参考にして下さいね。

◆用意するもの

エンゼルフィッシュの飼育には、以下の用品があると便利です。

・水槽
・ろ過フィルター
・砂底
・餌
・照明器具
・ヒーター

エンゼルフィッシュはアマゾン川などの比較的温暖な気候に生活している魚です。
飼育下では、温度管理は必須になりますので、温度計とヒーターは導入しましょう。

水槽は理想的なのは最低60センチ以上の広さがあるものが良いでしょう。
エンゼルフィッシュのみ数匹しか飼育しないという方は45センチ水槽でも最初は飼育可能ですが、後々サイズが大きくなってくると手狭になり、サイズアップルしなくてはいけない可能性があります。

ろ過装置は消音の流れやエアレーションが強くないものを用意しましょう。

◆餌

肉食性の強いエンゼルフィッシュは人工飼料と合わせて冷凍赤虫やミジンコなどを与えると良いでしょう。
ペットとしての歴史も長く、人工飼料もよく食べるため餌は苦労しないであげられます。

注意したいのは、エンゼルフィッシュは平たい独特のフォルムをしており、餌を食べすぎて消化不良を起こしやすい側面があります。
食欲旺盛に餌を食べていても、与えすぎには注意しましょう。

◆最適な水温

エンゼルフィッシュの適温は25℃〜28℃前後になります。
水温の変化が激しいと、早死にや病気の原因にもなるため、ヒーターや夏場は冷却ファンなどを使用して、水温が一定になるように調整しましょう。

◆混泳できる?

エンゼルフィッシュはシクリッドの一種ですが、攻撃性は1番少ないので、他の魚との混泳も可能です。

ネオンテトラやグッピーなどの小型の熱帯魚とも小型の熱帯魚の数を多くいれるなど工夫すれば、混泳可能です。
隠れ家を作ったり、広い水槽を準備したりとバランスをみて混泳を検討しましょう。

●あわせて読みたい
【アクア事業部監修】ネオンテトラは飼育しやすい?ネオンテトラの飼育ポイントを紹介

青みがかった身体が美しいネオンテトラは熱帯魚の中でも飼育しやすく、初心者にもおすすめの熱帯魚です。 水槽の中で光に反射して輝く姿はとても綺麗であり、小さな身体が愛らしくポピュラーな熱帯魚でもあります。 熱帯魚を飼いたいと考えている方やネオンテトラについて知りたい方向けにネオンテトラの特徴や飼育のポイントについて紹介します。

記事はコチラボタン


【アクア事業部監修】グッピーにはどんな種類がいる?グッピーの特徴や飼育方法について

グッピーは熱帯魚の中でも丈夫であり、初心者にも飼育しやすい観賞魚です。 色とりどりのグッピーは見栄えも綺麗であり、模様も豊富です。 品種もさまざまなものがいるため自分好みのグッピーを選ぶことができるのも魅力的です。 本記事ではグッピーの特徴と種類について紹介します。 グッピーに興味を持っている方やアクアリウムを始めたいと考えている方の参考になれば幸いです。

記事はコチラボタン


まとめ

天使のように優美に泳ぐエンゼルフィッシュについて紹介しました。
エンゼルフィッシュにはさまざまな種類がおり、飽きの来ない観賞魚としておすすめです。

アクアリウムをはじめたい方やお魚を増やしてみたい方は参考にしてください。



– おすすめ記事 –

・【アクア事業部監修】ミナミヌマエビは飼育しやすい?特徴を紹介
・【アクア事業部監修】アカヒレを飼いたい!飼い方のポイントと特徴を紹介!
・【アクア事業部】ナンヨウハギはどんな生き物?飼育のポイント
・【アクア事業部監修】観賞魚を飼いたい!初心者におすすめの品種を紹介


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileすもーる部

PetSmileすもーる部

小動物大好きPetSmileすもーる部です。小動物にまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪

関連するキーワード


記事に関するお問い合わせはこちら