ハムスターのおやつに豆腐を与えていい?あげかた、量、栄養価は

2021.08.11

ハムスターのおやつに豆腐を与えていい?あげかた、量、栄養価は

豆腐などの大豆製品がヘルシーな食品として注目されています。豆腐は私たちが慣れ親しんでいる食品なので「うちのハムちゃんにも食べさせてあげたい」と思う飼い主さんは多いでしょう。気になるのが人と同じ豆腐をハムスターに食べさせていいのかということですよね。今回の記事では、そもそも豆腐はどんな食品か、ハムスターに豆腐を与えるメリット・デメリット、与えるときの注意点についてまとめました。

【目次】
1.ハムスターに豆腐を与えてもいい?
 1-1.豆腐の特徴
 1-2.豆腐の栄養価
 1-3.豆腐を与えるメリット
 1-4.豆腐を与えるデメリット

2.生豆腐と乾燥豆腐のどちらを与えるべき?
 2-1.生豆腐のメリット・デメリット
 2-2.乾燥豆腐のメリット・デメリット

3.ハムスターに豆腐を与えるときの注意点
 3-1.時々与える程度にする
 3-2.豆腐の適正量は
 3-3.新鮮なものを与える
 3-4.下痢に注意する
 3-5.味のないものを与える

4.おすすめのハムスター用豆腐
 4-1.小動物用おやつ ダド スプンティーノ とうふキューブ 15g
 4-2.サクサク王国 とうふキューブ 10g
 4-3.とうふdeエンリッチメント

5.まとめ

ハムスターに豆腐を与えてもいい?

豆腐

結論から言うと、ハムスターは雑食性なので豆腐を与えるのはOKです。

豆腐は栄養豊富でハムスターにおすすめできる食品です。ただし、人とハムスターの食生活には違いがあるので、豆腐の特徴やペットに与えるときの注意点をふまえたうえで、適切なものを適量与えることが大切です。

◆豆腐の特徴

豆腐は大豆のしぼり汁(豆乳)に凝固剤を加えて固めた、日本の伝統的な食品です。

種類は大きく分けて木綿(もめん)豆腐と絹ごし豆腐があります。2つの主な違いは水分量と食感、栄養値です。

絹豆腐は水分をしぼらずそのまま固めたもので、なめらかな食感で柔らかいのが特徴です。木綿豆腐は水分をしぼって作るので、硬めで絹ごし豆腐よりも栄養価が凝縮されています。ハムスターにはどちらを選んでもOKです。

凝固剤には、海水からとれる天然のにがり(塩化マグネシウム)、人工的に精製された硫酸カルシウムなどが使われます。

そして、製品によっては泡消剤としてレシチンやシリコーン樹脂などが添加されています。泡消剤は、泡立ちやすい豆乳の品質を安定させる食品添加物です。

これらは自然に存在する成分で作られているので、神経質に避ける必要はありません。添加物がどうしても気になるようなら、パッケージの原材料表示をチェックしたり「泡消剤不使用」「にがり使用」と表記のある豆腐を選んだりするとよいでしょう。

◆豆腐の栄養価

豆腐にはどのような栄養が含まれているのでしょう。

豆腐の原料・大豆には、たんぱく質、脂質、ミネラル、オリゴ糖、イソフラボンやサポニンなど含まれています。特に良質なたんぱく質を豊富に含むことから「畑のお肉」とも呼ばれています。

豆腐は大豆の栄養素がほとんど活かされているので、大豆の栄養素が効率よく摂取できます。ハムスターに豆腐を与えるうえで着目したいのは以下の栄養成分です。

・たんぱく質

豆腐はたんぱく質が約7%含まれる高たんぱく食品です。(木綿豆腐の場合)たんぱく質を構成するアミノ酸には「リジン」が多く含まれているところが特徴です。

たんぱく質は重要なエネルギー源のひとつで、筋肉や血液、皮膚や被毛を作るためにも欠かせません。リジンは動物性食品に多く含まれます。昆虫や乳製品などの動物性食品を好むハムスターにとって、豆腐は絶好のたんぱく補給源になるのです。

・脂質

豆腐の脂質には、リノール酸、レシチン、コリンといった体をすこやかに保つ脂肪酸が含まれています。

脂質は重要なエネルギー源のひとつで、脳神経や細胞膜、ホルモン分泌を正常に保つために欠かせません。ただし体脂肪になりやすいので、太りやすいハムスターはとり過ぎに気をつける必要があります。

ちなみに、お肉よりもあっさりしてヘルシーなイメージもありますが、脂質の量は約4%とやや多めです。(木綿豆腐の場合)これは鶏ささみや牛ヒレの赤身肉よりも多いくらいです。豆腐もたくさん食べると肥満につながることを忘れてはいけませんね。

・ミネラル

豆腐はカルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが多く含まれます。特にカルシウムは、木綿豆腐で100g中120mg、絹ごし豆腐で43㎎と豊富な含有量をほこります。

ミネラルは体の調子を整える栄養素です。中でもカルシウムは丈夫な骨格や歯を作るために必要なので、豆腐はハムスターにとってカルシウムのよい補給源となります。

ただし、ハムスターはカルシウムをとり過ぎると尿路結石ができやすくなるので、ほかのカルシウムが豊富な食品(チーズ、小魚、小松菜など)との食べ合わせには注意が必要です。

・オリゴ糖

豆腐には、大豆由来のオリゴ糖が含まれています。大豆オリゴ糖は腸内にいる善玉菌のエサになり、腸内環境を整えるために役立ちます。おなかの調子を整えるペット用サプリメントにも配合されていますよ。

◆豆腐を与えるメリット

ハムスターに豆腐を与えるメリットは、少量で効率よく栄養補給できるところです。

豆腐には、エネルギー源のたんぱく質、脂質が豊富に含まれています。そのため、いつもよりエネルギーが必要になる成長期、妊娠中・授乳期の栄養補給に役立ちます。

特にたんぱく質が豊富なので、毛艶をよくしたい場合、授乳期の母ハムスターの栄養管理をしたいときに与えると効果的です。

また、柔らかく消化がよいので、食欲不振、高齢期、歯のトラブルがある子でも食べやすく、栄養補給に役立ちます。

◆豆腐を与えるデメリット

豆腐を与えるデメリットは、水分が多く含まれハムスターが下痢しやすくなる点です。

豆腐は80%以上が水分です。野菜や果物は水分が多いので食べすぎに注意しなければなりませんが、豆腐も野菜や果物とそれほど水分量が変わらないのです。


生豆腐と乾燥豆腐のどちらを与えるべき?

豆腐には一般的な生の豆腐と、フリーズドライをした「乾燥豆腐」があります。

ハムスターに与える場合、基本的にはどちらを選んでもかまいません。生豆腐と乾燥豆腐にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、特徴を知ったうえでおうちのハムちゃんに合った与え方をするとよいでしょう。

◆生豆腐のメリット・デメリット

生豆腐のメリットは、スーパー等で常に新鮮なものが安価で入手できる点です。ハムスターのためにわざわざ購入する必要もなく、飼い主さんが食べる物をちょこっと分け与えればよいので、家計や手間の負担がありません。

また生豆腐は人がその都度食べきるので、ハムスターも常に新鮮なものをもらうことができます。

一方、生豆腐は水分が多いため、ハムスターの下痢の原因になりやすいところがデメリットとなります。また消費期限が短いので、傷みやすいところも注意が必要です。

◆乾燥豆腐のメリット・デメリット

乾燥豆腐のメリットは、水分が少なく傷みにくいのでハムスターがお腹を壊す心配がないところ、生豆腐より日持ちしやすくストックできるところです。

さらにペット用の乾燥豆腐を選べば、ハムスターが食べても大丈夫か気にすることなく与えられて安心です。

また、ペット用の乾燥豆腐はリスやハムスターなどの小動物が手に持って食べやすいよう、適度な大きさにカットしてあるので、適量だけ与えることができ食べすぎも防げます。

デメリットは、ペットショップに行かなければ買えないところです。ペットショップで買えない場合は、オンラインショップを利用するとよいでしょう。


ハムスターに豆腐を与えるときの注意点

豆腐の特徴について説明しました。実際にハムスターに与えるときの注意点をチェックしておきましょう。

◆時々与える程度にする

ハムスターの主食はペレットなので、豆腐はおやつに位置づけされます。食事に含めず、たまにおやつとして与える程度にしましょう。

豆腐は栄養豊富なので食べすぎると逆に食生活のバランスが崩れ、健康のためによくありません。

普段は、1週間に1回豆腐を与えるくらいで十分です。病気、妊娠・授乳期などで栄養が不足している場合は、様子を見て与える頻度を増やしてよいでしょう。毎日与える必要はありません。

◆豆腐の適正量は

豆腐の食べすぎは肥満の原因につながるので、1回に与える量は適正な範囲を守りましょう。

ハムスターに与える豆腐は、乾燥豆腐なら1回に個、生豆腐なら5㎜角に切ったもの1個くらいで丁度よいです。ハムちゃんが手に持って食べきれる大きさですね。

豆腐のカロリーを見てみましょう。生豆腐の場合、木綿豆腐は100gあたり約72kcal、絹ごし豆腐は100gあたり約56kcalです。5㎜角に切った場合の重量は1g弱なので、木綿豆腐、絹ごし豆腐ともカロリーは1kcal弱となります。

ハムスターがペレットを1日5g食べる場合、ペレットから約17kcalのエネルギーを摂取していることになります。間食は1日の食事の10%以下にとどめることが好ましいので、生豆腐5㎜角を1個食べるくらいはおやつとして理想的な量といえるでしょう。

乾燥豆腐は栄養価が凝縮されているので、カロリーは100gあたり400kcal以上、たんぱく質は30%以上、脂質は15%以上と生より栄養価がアップします。サクサクして食べやすい分、食べすぎには注意したいですね。

◆新鮮なものを与える

豆腐は新鮮なものを与えます。生の場合は、消費期限が切れるまでに余裕があるもの、容器を開封したてのものを与えるようにしましょう。生ものを与える心配がある場合は、加熱して冷ましてから与えるのもおすすめです。

◆下痢に注意する

生豆腐を与える場合は、野菜や果物など水分の多いおやつを控えましょう。キッチンペーパーで包んで水切りをし、余分な水分を抜くのもおすすめです。下痢が気になる場合は、乾燥豆腐を与えるとよいでしょう。

◆味のないものを与える

飼い主さんが食べる豆腐をおすそ分けするときは、シンプルに味のないものを与えます。具、塩分や糖分を含むもの、しょう油などのかかったものはNGです。


おすすめのハムスター用豆腐

乾燥豆腐は、ペット用おやつの中でも人気があります。ハムスター用の乾燥豆腐にはどのような製品があるのでしょうか。おすすめの豆腐を紹介いたします。

◆小動物用おやつ ダド スプンティーノ とうふキューブ 15g

小動物用おやつ ダド スプンティーノ とうふキューブ 15g
商品詳細を見る



小動物が手に持ちやすいサイコロ状の乾燥豆腐です。15gとボリュームたっぷり。安心の国産品です。コジマではお得な2個セットも販売しています。

◆サクサク王国 とうふキューブ 10g

サクサク王国 とうふキューブ 10g
商品詳細を見る



良質の豆腐をフリーズドライ、さくさくした食べやすい食感に仕上げたとうふスナックです。

◆とうふdeエンリッチメント

とうふdeエンリッチメント
商品詳細を見る



野生のハムスターが持つ採食行動を引き出す、ユニークな製品。ハムスターがが「ガジガジ挑戦状」にはさんだ豆腐を探して食べる姿が楽しめます。(豆腐5g、ガジガジ挑戦状2セット入り)


まとめ

豆腐を含む大豆製品はヘルシーで環境にも負担をかけないことから、最近はお肉の代替品としても注目されていますよね。ハムスターにとっても体によい食べ物なので、元気に長生きしてもらうためにも是非食べさせてあげるとよいでしょう。豆腐を与えるときには気をつけたい点もいくつかあるので、適切な方法で与えるようにしてくださいね。



– おすすめ記事 –

・ハムスターにりんごを与えても大丈夫?どんな注意点がある?
・ハムスターが亡くなったらすべきこと。埋葬・供養にはどんな種類がある?
・ハムスターに野菜をあげても大丈夫?注意点は?
・ハムスターは喧嘩をしやすい?多頭飼いできる種類とコツ・注意点を解説


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileすもーる部

PetSmileすもーる部

小動物大好きPetSmileすもーる部です。小動物にまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪


記事に関するお問い合わせはこちら