爬虫類初心者におすすめの種類10選とそれぞれの魅力を紹介。飼うには覚悟必須?

2021.12.20

爬虫類初心者におすすめの種類10選とそれぞれの魅力を紹介。飼うには覚悟必須?

見た目が美しく、格好良い爬虫類を飼ってみたいと思う方は多いことでしょう。爬虫類は色々な種類がいて、どんな種類を飼おうか悩みますよね。そして、犬猫や小動物より、まだまだペットとしては珍しい爬虫類を飼うことは大変なこともあります。飼う覚悟は必要です。爬虫類を飼うことにあたって、どんな心構えが必要なのでしょうか?さらに、初心者の方でも飼いやすい爬虫類を紹介していきます。

【目次】
1.爬虫類飼育の魅力とは

2.爬虫類飼育をする前に必要な心構え
 2-1.犬や猫とは違う
 2-2.診てくれる動物病院が限られている
 2-3.飼育環境を整えるのが大変
 2-4.電気代がかかる
 2-5.エサが特徴的

3.初心者にお勧めの爬虫類<トカゲ・ヤモリ編>
 3-1.フトアゴヒゲトカゲ
 3-2.オオアオジタトカゲ
 3-3.ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)
 3-4.クレステッドゲッコー

4.初心者にお勧めの爬虫類<カメ編>
 4-1.ヘルマンリクガメ
 4-2.ロシアリクガメ
 4-3.ゼニガメ
 4-4.カブトニオイガメ

5.初心者にお勧めの爬虫類<カエル編>
 5-1.ツノガエル

6.初心者にお勧めの爬虫類<ヘビ編>
 6-1.コーンスネーク

7.最後まで責任を持ちましょう

8.まとめ

爬虫類飼育の魅力とは

爬虫類はそれぞれ個性豊かな見た目をしていて、美しい姿や格好良い姿は、ずっと見ていて飽きません。
飼育環境さえ整えてしまえば、他の動物よりお世話することが少なく手間いらずで、一人暮らしの方や忙しい方にも飼育が向いています。
比較的鳴かない個体が多く、毛がないので家が汚れにくく、動物アレルギーの方でも飼いやすいです。
生き物なので排泄物は臭いますが、体臭はほとんど無臭です。


爬虫類飼育をする前に必要な心構え

ペットとして爬虫類は、まだまだ珍しい分類です。
そのため、珍しいペット、爬虫類を飼うために心構えがいくつか必要です。

◆犬や猫とは違う

「基本的に懐かない」「甘えてこない」、「抱っこ」などの触れ合いはあまりできません。
爬虫類は「人に懐く」というより、「人に馴れる」生き物です。
人に馴れない爬虫類もいます。ポピュラーな爬虫類ではないほど人に馴れません。

人に馴れていてもハンドリングができる程度の触れ合いしかできません。
ハンドリングとは、過度なストレスを与えないように短時間、爬虫類を手に乗せて触れることをいいます。
そして、犬猫や鳥など、自ら人とコミュニケーションをとろうとすることは、ほとんどありません。

◆診てくれる動物病院が限られている

爬虫類は犬猫と比べて、診察してくれる病院が限られてしまいます。
犬猫専門の病院は多く、最近では、小動物を診察できる病院も増えてきました。
ですが、まだまだ爬虫類を診察できる病院は少ないです。
万が一、飼い始めた爬虫類が体調を悪くした場合を考え、予め、飼う前に家の近くに爬虫類の診察ができる病院があるか探しておくといいでしょう。

◆飼育環境を整えるのが大変

飼育ケージや、ケージ内のレイアウトなど、飼育設備の初期費用が高額な場合が多いです。
また爬虫類は自分で温度調節ができない変温動物です。
そのため、こまめに温度を見られるように温度計と、サーモスタットやパネルヒーター、保温球などの温度調節機と保温用品を購入してあげてください。
さらに体を温めて、日光浴が必要な爬虫類には、紫外線ライトやバスキングライトの購入が必要です。

◆電気代がかかる

先ほど説明したように、爬虫類は変温動物のため爬虫類の適温に常に一定に保たなくてはいけないため電気代がかかります。
飼育ケージ内の保温用品もですが、夏場や冬場は飼育ケージがある部屋のエアコンの稼働が必須となります。
そのため、常に電気代がかかるのです。

◆エサが特徴的

草食性の爬虫類もいますが、ほとんどの爬虫類が、一般的に人が苦手とする虫(コオロギ、デビュア)や、餌として抵抗のあるマウスなど与えなくてはいけません。
人工フードもありますが、限られた爬虫類用のフードであって、食べられない爬虫類もいます。
餌にこだわりがある爬虫類だと、生餌を与えなくてはいけない場合もあるので、虫やマウスが苦手な方は覚悟が必要です。


初心者にお勧めの爬虫類<トカゲ・ヤモリ編>

◆フトアゴヒゲトカゲ

フトアゴヒゲトカゲ

トカゲの中で一番人気です。
見た目は小さな恐竜で、赤色から白っぽい色などカラーが豊富です。
性格はマイペースで温厚な性格が多く、ハンドリングしやすいです。
馴れてくると、頭を上下に揺らしたり(ホビング行動)、腕を回す(アームウェービング)など、コミカルな動きを見せてくれることもあります。
食性がベビーサイズは昆虫食で、アダルトサイズは雑食に変わるので、その切り替えに苦戦することはありますが、アダルトサイズになれば野菜や虫、何でも良く食べる姿は、とても癒されます。
フトアゴヒゲトカゲ専用フードも販売されているので、フードを併用しながら野菜などを与えましょう。
昼行性なので、日光浴が必要です。バスキングライトや紫外線ライトが必須になります。
全長は約40~55㎝になり、寿命は約8~10年です。

●あわせて読みたい
フトアゴヒゲトカゲはなつく生き物?飼育時のポイントや注意点を紹介

フトアゴヒゲトカゲはチャーミングな顔つきと、餌を食べている表情など、その愛らしい仕草などから大人から子供まで幅広い層の方から、飼育したいと思われている人気のペットです。 しかし飼育する前に知っておきたいフトアゴヒゲトカゲを飼育する際に気を付けたいこと、スキンシップをとるときの注意点、フトアゴヒゲトカゲは懐いてくれるのかなど、飼育する前の疑問について紹介します。

記事はコチラボタン

◆オオアオジタトカゲ

名前の通り、美しい青い舌が特徴的で、見た目は「ツチノコ」を連想させます。
性格は温厚な性格が多く、ハンドリングしやすいです。
食性は雑食性で、虫(コオロギやデュビアなど)やマウス、野菜を食べます。
専用フードはありませんが、フトアゴヒゲトカゲ専用フードを代用している飼主様が多いです。
昼行性なので、日光浴が必要です。バスキングライトや紫外線ライトが必須になります。
体は大きく、足が短く、胴が長いので、上に登ることが苦手です。
ある程度運動できるように、横幅広いケージを用意してあげてください。
全長は約40~60㎝になり、寿命は約10~20年です。

◆ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)

22045633_s

ヤモリの中で一番人気が高いです。
通称「レオパ」と呼ばれています。
黄色やオレンジ色、黒色などさまざまなカラーや模様が存在します。そして年々、さらに増えてきています。
性格は大人しい温厚な子が多く、ハンドリングしやすいです。
食性は昆虫食ですが、専用の人口フードが販売してるので、レオパによっては人口フードのみで飼育も可能性です。
夜行性のため、他の爬虫類のように、バスキングライトトや紫外線ライトが必要ありません。
他の爬虫類より準備する飼育用品が、比較的少なくて済みます。
レオパ自体、悪戯が少ないので、レオパの誤飲誤食を考慮すれば、飼育ケージのレイアウトを楽しむことも可能です。
全長は約20~25㎝になり、寿命は約10~15年です。

●あわせて読みたい
ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)の飼い方!カラーも模様も魅力的な爬虫類

カラーバリエーションも豊富で、今人気上昇中のヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)。ヒョウモントカゲモドキの生態や、飼い方、必要なグッズ、お手入れの方法などについて紹介いたします。ヒョウモントカゲモドキはヘビやカメなどと同じ爬虫類です。ペットとして飼い方が比較的簡単で、爬虫類の飼育が初心者の方にもおすすめです。

記事はコチラボタン

◆クレステッドゲッコー

爬虫類初心者

樹上性のヤモリの中で比較的、ハンドリングしやすく、触り心地がモチモチしていて癒されます。
通称「クレス」と呼ばれています。
食性は雑食性で、果物や虫を食べます。
クレステッドゲッコー専用の人口フードが販売しているので、クレスによっては人口フードのみで飼育も可能です。
夜行性ですが、日光浴する習性があるので、紫外線ライトは用意しておいたほうがいいでしょう。
樹の上で生活するヤモリなので、高さのあるケージが必要です。
多湿を好むので、毎日ケージにスプレーで霧吹きをしましょう。
全長は約20~25㎝になり、寿命は約10年です。

●あわせて読みたい
クレステッドゲッコーの魅力とは?飼育のポイントやモルフなど徹底解説!

クレステッドゲッコーとは、ヤモリ科イシヤモリ亜科に分類されるトカゲの仲間です。 爬虫類好きの中ではクレスという愛称で親しまれており、性格が穏やかで人工飼料のみでの飼育も可能なことから初心者の方にも飼いやすい人気の爬虫類です。 今回は、そんなクレステッドゲッコーの特徴・飼育方法についてまとめました。 クレステッドゲッコーに興味がある方、飼ってみたい方は必見です!

記事はコチラボタン


初心者にお勧めの爬虫類<カメ編>

◆ヘルマンリクガメ

ヘルマンリクガメ

リクガメの中で人気が高いです。
性格は活発で良く動き、人に馴れやすいです。
生息地がイタリア、ギリシャなどヨーロッパの森林の乾燥地域ので、日本の気候に似ているので、寒さに強いともいわれています。
食性は草食性です。
リクガメ専用のフードがあるので、フードを併用しながら野菜を与えましょう。
モリモリ野菜を食べる姿は癒されます。
昼行性なので、日光浴が必要です。バスキングライトや紫外線ライトが必須になります。
よく歩き運動量が多いので、横幅広いケージを用意しましょう。
ヘルマンリクガメは「ニシヘルマンリクガメ」と「ヒガシヘルマンリクガメ」、この二種類がペットショップで販売しています。
ニシヘルマンリクガメの甲羅のサイズは約20㎝で、ヒガシヘルマンリクガメの甲羅は約35㎝です。
多少大きさは違いますが、リクガメの中では、どちらも小さいサイズです。
寿命は約20~30年といわれています。

●あわせて読みたい
ヘルマンリクガメを飼ってみたい!特徴や飼育のポイントについて紹介

ヘルマンリクガメという種類を聞いたことがあるでしょうか? その名の通り、陸地を活動拠点にするヘルマンリクガメは小型のリクガメであり初めてカメを飼育する方も挑戦しやすい種類になります。

記事はコチラボタン

◆ロシアリクガメ

4268568_s

「ホリスフィールドリクガメ」とも呼ばれていて、穴を掘るのが好きなカメです。
寒さに強いカメなので、冬眠できる環境を整えられれば屋外で飼育される飼主様もいますが、屋内が適当です。
食性は草食性です。
リクガメ専用のフードがあるので、フードを併用しながら野菜を与えましょう。
昼行性なので、日光浴が必要です。バスキングライトや紫外線ライトが必須になります。
穴を掘ったり、ある程度の段差なら登ることができる活発なカメなので、横幅広く、ある程度高さがあるケージが必要です。
甲羅は約20~27㎝になり、寿命は約30~50年といわれています。

◆ゼニガメ

473127_s

比較的、安い値段で販売していることが多く人気です。
クサガメの幼体を「ゼニガメ」と言います。
臆病ではありますが、温厚な性格が多く、人に馴れやすいです。
馴れてくると、手から餌を食べてくれます。
食性は雑食性で、水カメ専用フードを与えます。
昼行性で、甲羅干しが必要です。バスキングライトや紫外線ライトの設置と、体を休ませるために陸地を作りましょう。
排泄物や食べ残しで水を汚してしまうので、ろ過機を設置します。
オスの甲羅は約13~17㎝になり、メスはオスよりも大きくて約30㎝になります。
寿命は30~60年といわれています。

●あわせて読みたい
【アクア事業部監修】ゼニガメを飼いたい!特徴や飼育方法を紹介

ペットを飼いたいと考えている方は身近なカメの飼育などいかがでしょうか? 一昔前は、お祭りでカメすくいなどがあり、カメを持ち帰って育てたという方もいるのではないでしょうか? ミドリガメはポピュラーなカメですが、同じくゼニガメもペットとして人気です。 本記事では、ゼニガメについて特徴や飼育方法を紹介します。

記事はコチラボタン

◆カブトニオイガメ

ベビーサイズはカブトを連想させるような甲羅が魅力的です。
活発的な性格が多く、深く水中に潜るのが得意なカメですが、陸地は必ず必要です。
甲羅干しは他のカメよりそこまで必要としませんが、甲羅の健康のためにも、こまめに紫外線ライトを当てたり、日光浴させましょう。
排泄物や食べ残しで水を汚してしまうので、ろ過機を設置しましょう。
甲羅のサイズは約16㎝で寿命は約20~30年といわれています。

●あわせて読みたい
ニオイガメはどんなカメ?特徴と飼育のポイントを紹介

大切な家族の一員であるペットには様々な種類がいますが、特にカメは古くから親しまれているペットになります。 カメは寿命も長く大切に飼育すれば、長く一緒にいることができるためおすすめです。 そんなカメの中でも本記事では、ニオイガメについて紹介します。 ニオイガメに興味のある方やペットをお探しの方の参考になれば幸いです。

記事はコチラボタン


初心者にお勧めの爬虫類<カエル編>

◆ツノガエル

ツノガエル

カエルの中で一番人気です。
「ベルツノガエル」と「クランウェルツノガエル」この2種類がペットショップで販売していることが多いです。
緑色や黄色、赤色などカラーが豊富で、2等身の見た目が愛らしいです。
触っても大人しい個体が多いのですが、食べることになると気性が荒くなります。
餌を与える時はピンセットで与えましょう。
食性は雑食性で虫やマウスなど、目の前に来た物はとりあえず食べてしまいます。
食べ過ぎてしまうカエルなので健康管理に注意しましょう。
ツノガエル専用フードがあります。
ほとんど動かずジッとしているカエルのため、飼育スペースはあまりとりません。
大きさは約8~12㎝で、寿命は約14年といわれています。

●あわせて読みたい
クランウェルツノガエルの特徴は?値段や飼い方を紹介

近年ではさまざまな種類のペットと暮らせるようになりましたが、カエルも人気のペットになります。 カエルの中でもクランウェルツノガエルという種類のカエルを見たことはありますか? 本記事ではクランウェルツノガエルの特徴や飼い方について紹介します。 クランウェルツノガエルに興味のある方は是非参考にして下さいね。

記事はコチラボタン


初心者にお勧めの爬虫類<ヘビ編>

◆コーンスネーク

コーンスネーク

ヘビの中で一番人気が高いです。
ヘビの中でも低温に強く、温厚な性格が多いのでハンドリングしやすいです。
黄色や赤色、白色などカラーが豊富で、美しいです。
食性は肉食で主にマウスを食べます。ある程度のアダルトサイズになれば、餌は月1、2で十分です。
ヘビは、他の爬虫類より準備する飼育用品が少なくて済み、一番、飼育の手間が少ないと言われています。
ですが、全身筋肉の体なので力強いことが多く、脱走に注意が必要です。
最長120㎝ぐらいで、寿命は10~15年といわれています。


最後まで責任を持ちましょう

爬虫類は飼育環境を整えれば飼うことはできます。
ですが、爬虫類はどの種類も寿命が長いです。
爬虫類の終生に責任を持ち、一緒に暮らしてあげてください。
万が一、飼い主様が体調を崩してしまった場合などに備えて、預かってもらう先やお世話を引き継いでくれる人は考えて事前にお願いしましょう。


まとめ

爬虫類は魅力的です。
爬虫類を飼うことを考えている方は、自分の環境に合う爬虫類は何か、最後まで面倒が見られるかをしっかり考えて、飼う爬虫類を考えてみましょう。
そして、素敵な爬虫類がいる生活を楽しみましょうね。



– おすすめ記事 –

・小動物ってどれくらい生きるの?人気の小動物の寿命を解説します!
・あまり鳴かない(鳴き声の小さい)ペット6選!意外にも鳴き声が大きな小動物は?
・【寒さ対策】小動物は温度管理が大切!ヒーターの種類と各動物の適温を紹介
・ミルワームはハムスターに与えるべき?栄養価、量、種類を知ろう


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileすもーる部

PetSmileすもーる部

小動物大好きPetSmileすもーる部です。小動物にまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪


記事に関するお問い合わせはこちら