ペットとして飼えるネズミの種類5選!特徴や他のネズミとの違いなどを紹介

2020.11.19

ペットとして飼えるネズミの種類5選!特徴や他のネズミとの違いなどを紹介

小動物の中でもネズミはペットとして飼育しやすく、サイズの小さなものは、賃貸などの限られたスペースでも飼育することが可能なため初めてペットを飼う方にもおすすめになります。 ネズミ科のペットには、様々な種類がいるのでご自分の飼育環境に合わせて好みの子を選べる点も魅力的です。 ペットショップで購入できるおすすめのネズミ科の生き物を紹介します。 ネズミをペットとして迎えたい方の参考になれば幸いです。

【目次】
1.ペットとして飼育できるネズミ①モルモット
 1-1.見た目
 1-2.原産国・生息地
 1-3.特徴、ほかのネズミとの違い

2.ペットとして飼育できるネズミ②チンチラ
 2-1.見た目
 2-2.原産国・生息地
 2-3.特徴、ほかのネズミとの違い

3.ペットとして飼育できるネズミ③デグー
 3-1.見た目
 3-2.原産国・生息地
 3-3.特徴、ほかのネズミとの違い

4.ペットとして飼育できるネズミ④ファンシーラット
 4-1.見た目
 4-2.原産国・生息地
 4-3.特徴、ほかのネズミとの違い

5.ペットとして飼育できるネズミ⑤ハツカネズミ
 5-1.見た目
 5-2.原産国・生息地
 5-3.特徴、ほかのネズミとの違い

6.まとめ

ペットとして飼育できるネズミ①モルモット

guinea-pig-587891_640

ペットとして最もポピュラーなネズミと言えるのがモルモットになります。
テンジクネズミの仲間であるモルモットはペットとして家畜化された生き物であり、野生では存在しません。

人に慣れやすく、飼い主さんの顔を覚えて鳴き声でコミュニケーションをとるなど可愛らしい一面を見せてくれます。

◆見た目

モルモットの毛質には2種類あり、短毛でツルッとしたタイプと長申し訳の毛が長いタイプが存在します。
体長40センチ〜50センチ前後の中型のネズミであり、体重は1Kg前後です。

完全草食動物であるモルモットはしっかりとした歯が生えており、牧草やペレットをすりつぶしながら食べます。

寿命は7年前後であり、販売価格は3000円から5000円前後です。

◆原産国・生息地

原産国は南米であり、野生のテンジクネズミの仲間が家畜化されてペットとして定着しました。
世界中でペットとして愛玩されている反面、海外では食用などとしても重用されています、
また、実験動物としても扱われており様々な用途に重要があります。

冒頭でも紹介したようにモルモットは野生下では存在せずに、完全家畜化された生き物になります。
日本でも繁殖されているモルモットは、ペットショップやホームセンターなどで気軽に購入することができる身近な存在です。

◆特徴、ほかのネズミとの違い

他のネズミとの違いは尻尾が短い点と丸々とした愛らしいフォルムです。
ハツカネズミなどには長い尾がありますが、モルモットの尾はきわめて短くぱっとみただけではわかりません。

また、モルモットは家畜化されてきた歴史から様々な経路が存在します。
基本的には白・黒・茶の三色から構成されており、模様の入り方には個性があります。

●あわせて読みたい
モルモットの飼い方と飼育に必要なものは?モルモットの特徴や価格を紹介

モルモットはペットとして人気の小動物ですが、どんな生態なのか知らないという方も多いかと思います。 本記事ではモルモットをペットとしてお迎えしたい方や小動物の飼育に興味がある方の参考になるようにモルモットの詳しい特徴や性格、販売価格などについて紹介します。 実際の飼育に必要なものやかかりやすい病気についても紹介しますので、飼育の参考にしていただければ幸いです。

記事はコチラボタン


ペットとして飼育できるネズミ②チンチラ

chinchilla-1897800_640

手触りの良いグレーの被毛と丸いフォルムが愛らしいチンチラもネズミの一種になります。
耳が大きくくりっとした独特の目をしており、愛嬌があります。

臆病で敏感な子が多いですが、慣れると飼い主さんのてから餌を食べたりあまり過度なふれあいはストレスになるので、おすすめしませんが抱っこすることも可能です。

モルモットに次いでポピュラーなペットであり、飼育もしやすいのでおすすめですよ。

◆見た目

チンチラの最大の特徴はそのフワッとした手触りの良い被毛です。
チンチラ科のネズミであり体調は26センチ、体重600g前後の小ぶりな生き物です。

体毛はグレーが基本ですが、白やクリームなども存在しています。
ペットショップでは幼少期からチンチラが販売されていますが、メスの方が大きくなる傾向にあります。

◆原産国・生息地

南米のチリの固有種であり、標高400メートルから1500メートルの山地に生息しています。
草食性であり、野生の個体は草木の根やコケを食べます。

捕食者としてキツネやフクロウなどに狙われやすいため、敏感で俊敏な動きをします。

◆特徴、ほかのネズミとの違い

最大の違いはそのグレーの被毛であり、ネズミの仲間の中でも手触りは抜群です。
ついつい触って抱っこしたくなりますが、懐くか懐かないかは個体差が激しく観賞を主とした飼育方法が推奨されます。

また、基本的には単独飼育が望ましく同じケージに複数いると殺し合いの喧嘩に発展して命の危険があるため別々のケージで飼育することが望ましいです。
繁殖期であってもよほど相性が良くない限りは成功率が低く、ネズミの仲間の中でも気性が荒い面があります。

人に対して好戦的に攻撃してくることはほとんどありませんが、適度な距離を保ちながら生活することが重要になります。

飼育下ではさほど問題ではありませんが、縄張りを主張するために立っておしっこをすることがあります。

オスよりもメスの方がこの行動をとる場合があり、壁などにおしっこをかけられ内容に対策が必要になります。

●あわせて読みたい
大人気のペット、チンチラの飼い方を紹介!【特徴、寿命、カラー、飼育方法、必要グッズ】

チンチラはハムスターやウサギに似ていますが、全く違う動物です。チンチラの種類はたくさんいますので、自分の好きなカラーを選べます。見た目がかわいらしいチンチラは、ペットとして注目を集めていますが、まだまだ未知の動物です。しっかり飼育方法をネット記事で調べてからの購入をおすすめします。チンチラは長生きする動物なので、最後までしっかり責任をもって飼育しましょう。

記事はコチラボタン


ペットとして飼育できるネズミ③デグー

1924423_s

ネズミの仲間の中でも小型なデグーは賃貸でも飼育しやすいです。
しかし、エキゾチックアニマルに明るい獣医さんが少ないので体調不良になったときに診てくれる動物病院をチェックした上で飼育する必要があります。

小動物専門店などで入手可能であり、近年人気が高まっている種類でもあります。

◆見た目

デグー科に属するゲッシ目であるテグーはリスに似た見た目をしていますが、ネズミの仲間になります。
毛色は茶色が基本であり、フサッとした尻尾が特徴です。
食性は草食性であり、きのみや果物、花の蜜などを好んで食します。

寿命は10年前後、価格は1万円前後で入手可能です。

寿命は7年前後、販売価格は1万円〜2万円前後になります。

◆原産国・生息地

チリの山岳地帯が原産であり、木の上に寝床をつくり生活します。
ヨーロッパなどではペットとして人気であり、ブリードもされています。

◆特徴、ほかのネズミとの違い

ネズミ類の中でも人に懐きやすく、犬や猫のように信頼関係を築くことができるペットです。
砂浴びや小動物用のおもちゃで遊ぶことも好きであり、手乗りや肩に乗ってきたりとふれあいを楽しむことができます。

反面、嫌なことをされると根深く覚えておりその人物に近づかなくなるため信頼関係を回復するまでに長い時間を要することになるため、注意が必要です。

●あわせて読みたい
人気急上昇中のデグー!飼い方や寿命、毛色ごとの値段についてご紹介!

今ペットとして人気上昇中の”デグー”をご存知でしょうか?げっ歯類の小動物で、見た目がハムスターと似ていてとってもかわいいんです。今回はこのデグーについてご紹介させていただきます。 デグーの飼い方や使用するケージなど、デグーを飼う上での基本とはどのようなものなのか?そんな疑問にお答えさせていただきます。また、デグーの種類や色の違いによる値段の違い、寿命なども気になるところですよね。さて、デグーの寿命は何年くらいなのでしょうか?

記事はコチラボタン


ペットとして飼育できるネズミ④ファンシーラット

mouse-3241715_640

いわゆる愛玩用に家畜化されたドブネズミであり、ファンシーラットの愛称で親しまれています。
日本でも昔からペットとして飼育されているネズミであり、主にヨーロッパでは一般的なペットとしての歴史が長いネズミになります。

◆見た目

寿命は5年前後であり、比較的安価で入手することができます。
ドブネズミというとあまりイメージが良くありませんが、ファンシーラットは家畜化されたネズミであり病気を媒介するなどの危険性はないため安心して飼育できます。

さらには成長しても10センチ前後にしか成長しないため限られた飼育スペースでも飼育しやすいネズミになります。
カラーも様々であり、自分好みの色を選ぶことができます。

◆原産国・生息地

世界中に生息しているファンシーラットですが、主にヨーロッパで繁殖されているネズミになります。
ドイツやイギリスなどでは古くからポピュラーなペットであり、したしまれています。

◆特徴、ほかのネズミとの違い

ネズミらしいネズミと言えるファンシーラットですが、意外にも知能が高く社会性のあるネズミのため複数飼育することも可能です。

一つ注意したいのは、繁殖力が強くすぐに増えてしまうため普段は別々に飼育するなど繁殖を望んでいない場合には、単独飼育が望ましいでしょう。
人にもよく慣れるためコミュニケーションを密にとることができます。

部屋でたまに離して散歩させてあげるとストレス発散や運動不足の解消に効果的です。
部屋の隙間などが好きなため逃走だけには注意しましょう。


ペットとして飼育できるネズミ⑤ハツカネズミ

2937158_s

ペットとしてもポピュラーであるハツカネズミはファンシーラットよりも小型のネズミになります。
成長しても30センチ前後にしか成長しないコンパクトな身体付きをしており、体重も25g前後にしかなりません。
アパートなどの賃貸でも飼育しやすいですが、実験用マウスとしても知られている種類のネズミです。

◆見た目

ハツカネズミというと白に赤い目のネズミのイメージが強いですが、ヨーロッパなどで繁殖されたこげ茶のハツカネズミが一般的に親しまれています。
また目の可愛らしさや飼いやすさからペットとしても人気があり、コロンとしたコンパクトなフォルムが魅力です。

◆原産国・生息地

世界中で生息しているハツカネズミは主に家性のネズミであり、人家の軒先や農耕地などに野生化しています。
ドブネズミ同様に害獣として扱われることもあるハツカネズミですが、家畜化されたハツカネズミは人馴れしており、高い学習能力があります。

その学習能力の高さゆえに様々な実験に用いられることも多く、様々な用途で親しまれてきたネズミです。

◆特徴、ほかのネズミとの違い

ネズミらしいネズミであり、ヨーロッパを中心に人気のあるネズミです。
さらには、コンパクトなサイズ感と小動物の専門店などで安価に手に入ることから初めてペットを飼う方にもおすすめです。


まとめ

ペットとして飼育できるネズミの仲間について紹介しました。
サイズや毛色など様々なネズミは自分好みを選ぶことができるのが魅力です。

大切に飼育すれば10年以上生きるネズミの仲間もいるため、飼育環境にあわせてお迎えしましょう。

ネズミの仲間に明るい獣医さんが少ないので、エキゾチックに対応した動物病院をチェックしてからお迎えすることがポイントになります。



– おすすめ記事 –

・【初心者向け】失敗しないハムスター用ケージの正しい選び方
・ペットとして飼えるリスの種類5選!リスを飼うときの注意点は?
・ペットとして飼えるトカゲ10選まとめ!トカゲは飼いやすい?飼うときの注意点は?
・ペンギンみたいなスズメをご存じですか?カノコスズメの生態と飼育方法


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileすもーる部

PetSmileすもーる部

小動物大好きPetSmileすもーる部です。小動物にまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪


記事に関するお問い合わせはこちら

ペットスマイル応募企画バナー専門家バナー猫プレスバナーペットスマイルアプリバナー