インコのおもちゃの種類と選び方を解説!安全性が肝心

2021.04.26

インコのおもちゃの種類と選び方を解説!安全性が肝心

インコは飼い主との時間が大好き。飼い主として一緒に遊んであげたいけれど、一日中は遊んであげられませんよね。好奇心旺盛で頭の良いインコは、おもちゃを与えてあげると、退屈せずに一人時間を過ごすことができますよ。インコの好みに合わせた、安全なおもちゃ選びをしてあげてくださいね。

インコのおもちゃの種類

インコのおもちゃの種類

インコはもともと、集団で生活していた鳥です。そのため、一人ぼっちになることがとてもストレスになってしまいます。飼い主の外出が長くなり遊んでもらえないことが増えると、「毛引き行動」や「呼び鳴き」など、問題行動が激しくなることも。インコにストレスを与えないよう、楽しく過ごせるおもちゃを与えてあげることが大切ですね。
インコ用のおもちゃには、様々なタイプがあります。飼育しているインコの好みや行動スタイルに合わせて、おもちゃ選びをすることがポイントになります。

◆かじるタイプ

インコは生まれた時から、かじることが大好きな鳥です。器用にくちばしを使って、紐状のおもちゃの結び目をほどいたり、紙のようなものを噛み千切ることができます。かじるタイプのおもちゃは、インコがおもちゃを誤飲してしまう可能性もあります。壊れにくく、誤飲の心配のない素材のおもちゃを選ぶようにしてくださいね。
ケージの柵を噛むことが多いインコや、放鳥の際に人の手を噛みたがってしまうインコには、かじるタイプのおもちゃがおすすめですよ。

◆アスレチックタイプ

放鳥の時間を設けても、ケージの中で長い時間を過ごすインコはどうしても運動不足になりがち。ケージの中で安全に運動が出来るよう、おもちゃにぶらさがれたり、少し動かすと音が鳴るようなものがアスレチックタイプのおもちゃです。ただし、ケージの中はインコにとってリラックスするための空間でもあります。アスレチックタイプのおもちゃをケージの中に設置すると、おもちゃと戦ってしまったり、毛嫌いするインコも見られます。そのような場合は、なるべくケージの隅の邪魔にならない場所に設置し、様子を見て遊びたがらない場合は撤去することも含めて設置してくださいね。日常的に、ケージの中でぴょこぴょこと飛び回ることを好むインコには、このタイプのおもちゃを与えてあげると、ケージの中でも楽しく過ごすことができますよ。

●おすすめ商品
ルームアスレチック

手乗りの小鳥は放鳥タイムが大好きです。本品はお部屋のいろんな場所に自由に設置することができます。放鳥時に、ひと休みする場所を、飼い主さんが用意しそこへ誘導することは安全面や衛生面の向上につながります。小鳥も人も快適に過ごせるように心がけていつも楽しい時間を・・。

商品詳細を見る

◆脳トレタイプ

好奇心旺盛で、知能が高いインコ。人間の子どものように、頭を使うおもちゃも好みます。ただ、脳トレタイプのおもちゃは簡単すぎてもすぐに遊びを終えてしまい、難しすぎても飽きてしまうこともあるので注意が必要です。
楽天市場や通販などで販売している市販のおもちゃにも、脳トレタイプのおもちゃはたくさん販売しています。しか、脳トレタイプのおもちゃは、簡単に手作りもできるので試してみてくださいね。折り紙の中におやつを入れて、キャンディーのように包むだけでも、脳トレのおもちゃになりますよ。
脳トレタイプのおもちゃは時間をかけて遊ぶことが出来るので、飼い主が家を留守にする時間に与えてあげると、インコが一人になってしまう時間も、退屈することなく遊べます。同じ脳トレタイプのおもちゃを与え続けると、慣れが出てきて飽きてしまうこともあるので、少しずつ難しくしてみるのもいいですね。

●おすすめ商品
CASA 小鳥の遊び場 フォージングボール

とまり木に通して遊べる小鳥用のボール型おもちゃ。おやつと組み合わせて楽しめます。

商品詳細を見る

◆鏡付きタイプ

窓ガラスやスマートフォン、鏡など、反射して物が映る様子に興味があるインコに、おすすめのおもちゃです。好奇心旺盛なインコは、自分の姿を映して鏡に映る自分を見て遊んでくれます。鏡付きのタイプのおもちゃは、鏡の前にとまり木があるタイプのおもちゃがおすすめです。せっかく自分の姿が映るおもちゃを与えても、インコが自分の姿を映しにくい場所に設置してしまうと、なかなか遊んでくれません。鏡が付いているだけでなく、インコが鏡の前にとまりやすいように、設置する場所にも気を付けてあげてくださいね。

◆ブランコタイプ

活発なインコにおすすめのタイプです。ブランコに乗りゆらゆら揺れて楽しむ可愛い姿が見られます。
アスレチックタイプと比べてパーツが少ないため事故が起こりにくく安全性もばっちりです。
木製の飾りやビーズが付いているタイプであればかじってストレス解消することもできます。

●おすすめ商品
ことりのブランコ

しっかりつかめる六角のとまり木やアーチはやさしい天然木。
ベルやフック、芯材など金属部分はすべてサビにくくて丈夫なステンレス製です。

商品詳細を見る


はしごブランコ

登ったり揺らしたり、小鳥が好きなハシゴとブランコがひとつに。
金属部分はすべてサビにくくて丈夫なステンレス製です。

商品詳細を見る


インコのおもちゃは安全性が肝心

2451948_s

インコのおもちゃは、くちばしで噛み千切ることもあり、誤飲の可能性もあります。そのため、安心して遊ばせてあげられる素材でできたものを選ぶように気を付けましょう

◆鉛中毒症について

鉛や亜鉛は、体内に入ってしまうと蓄積しやすく中毒を起こす可能性があります。通販などでインコ用に販売されているおもちゃは、鉛中毒にならないよう素材に配慮されていることがほとんどです。しかし、放鳥の際に飼い主が普段何気なく使っている物をインコがおもちゃにしてしまうと、鉛中毒の危険性があります。以下のような物は、鉛や亜鉛を含んでいることが考えられるので、インコが遊ばないように気を付けてくださいね。

  • ストラップなどの小さな金属製のチャーム
  • 塗装された鈴
  • 塗装された貴金属
  • プラスチック(光沢を出すために金属を使用していることもあります)
  • ニスやペンキの塗られたおもちゃ(重金属を含んだ塗料で加工されていることもあります)

インコの性格でおもちゃを選んであげよう

好奇心旺盛で頭の良いインコですが、個体によって好みや行動パターンは様々です。ケージでも放鳥しても大人しい個体に、運動不足を心配してアスレチックタイプのおもちゃを与えても、遊んでくれないなんてことも。自分の飼育しているインコの好みを把握して、インコにとってストレスなく遊べるおもちゃ選びをするのがポイントです。また、新しくおもちゃはいきなりケージに入れるのではなく、インコから見えるケージの外に置いておき、興味をしめすようならケージの中に入れるように心がけてくださいね。

◆壊して遊ぶのが好きならかじり木

インコはくちばしで物を噛むことを好みます。紙や植物性の繊維でできたおもちゃは、おもちゃを壊して遊ぶことが好きなインコにおすすめのおもちゃです。ただ、壊すことによって誤飲の心配もあるので、壊すためのおもちゃは特に、インコに害のない素材を選んで買い物するようにしてください。

◆飼い主さんと一緒に遊ぶのが好きな子は知育玩具

放鳥の時間を好み、飼い主との時間を楽しむインコには、知育玩具がおすすめです。知育玩具には多くのタイプがあります。結ばれた紐をほどくような物、ボールに入った餌を取り出すもの、輪投げのようにリングを運んで棒にかけるものなど、様々です。どのおもちゃも、最初はどのように扱ってよいか分からず、戸惑うインコが多いでしょう。しかし、飼い主が少しヒントを与えたり、手助けすることで、インコも諦めずに挑戦しながら遊ぶことができますよ。

◆活発な子にはアスレチック

ケージの中でとまり木からとまり木に飛び移ることを好んだり、放鳥の際にぴょこぴょこと活発に動くインコには、アスレチックタイプのおもちゃがおすすめです。とまり木よりも、少しとまりにくく、動くと音が鳴るようなおもちゃが楽天市場や、通販サイトで多く販売されています。用途に合わせて、インコが遊べるようにケージの中に設置してあげてくださいね。アスレチックタイプのおもちゃを選ぶ際には、ケージの大きさと、飼育しているインコの大きさに合ったものを選んでください。狭いケージで大きなおもちゃは邪魔になってしまいますし、大きなインコに小さなアスレチックタイプのおもちゃを与えても遊んでくれないこともあります。どの大きさの鳥に合わせたおもちゃなのかを確認し、お買い物することをおすすめします。

●おすすめ商品
PLAY PARK アスレチックネット

七島い草で編んだネットをそのまま壁に掛けたり、まるく筒状や半円柱状にしたり、色んな形状が楽しめます。
付属のロープやおもちゃを自由に取り付けてアレンジすれば、オリジナルの小鳥の遊び場の完成です。

商品詳細を見る


手作りおもちゃもおすすめ

◆トイレットペーパーの芯

トイレットペーパーの芯は、小型のインコにとってトンネルくぐりのおもちゃとして、ちょうどよいサイズです。トンネルのむこうにエサを見せて、インコが興味をもってトンネルに頭を入れたら褒めてあげましょう。慣れてくると、自分からトンネルをくぐって餌をとるようになりますよ。体を細くして歩くトンネルくぐり遊びは、ケージの中ではあまりしない行動です。放鳥するときには、ケージの中で出来ない動きが出来るように心がけると、インコの運動不足の解消になりますね。

◆カレンダーの紙

野生のインコは、フォージングといってエサを探す行動に一日のほとんどの時間を費やします。しかし、飼育されているペットのインコは、決まった時間に与えられたエサを食べるので、フォージングの時間はありません。インコが食べ物はどこにあるかを考えて、探すという行動は実はとても大切な時間です。インコの運動不足を解消するだけでなく、インコが退屈過ぎてストレスを感じることということがなくなります。
フォージングのおもちゃを作るのに、とても便利なのがカレンダーの紙です。つるつるとしていて、破れにくく、水分にも比較的強いので、インコのおもちゃとして利用できますよ。カレンダーの紙をサイコロを作るように組み立て、一面だけに穴をあけておきます。穴にインコの好むエサを入れると、インコはサイコロを転がすようについばみ、エサを探し始めます。一面からしかエサが出てこない上に、傾きを考えながらエサを出す必要があるので、考えながら探すというフォージングにぴったりのおもちゃが出来上がりますよ。


まとめ

野生では群れを成し、単独で過ごすことのないインコ。飼い主が外出してひとりぼっちになってしまうと、寂しくなって問題行動を起こすこともあります。しかし、好奇心旺盛で頭の良いインコは、好みのおもちゃを与えると、一生懸命エサを探したり、物をつついて壊したり、一人遊びも上手な鳥です。
個体の好みと大きさに合わせたおもちゃを選んで、運動不足を解消し、ストレスの少ない時間をすごせるように、快適な空間づくりをしてあげてくださいね。



– おすすめ記事 –

・ハムスターがケージを噛んで困っている!どうしたらよい?
・オスとメスで色が違う?色鮮やかで賢いオオハナインコの特徴・価格・飼い方
・文鳥のヒナを挿し餌で育てたい!挿し餌の作り方や与え方のコツ
・シロハラインコってどんな鳥?生態や飼い方など紹介


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileすもーる部

PetSmileすもーる部

小動物大好きPetSmileすもーる部です。小動物にまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪


記事に関するお問い合わせはこちら