うさぎの飼育は難しい?ペットにうさぎを選ぶメリットと意外な苦労

2022.05.17

うさぎの飼育は難しい?ペットにうさぎを選ぶメリットと意外な苦労

うさぎを飼うのが意外に難しいことは、あまり知られていません。「見た目がかわいい」「おとなしい」「手がかからなさそう」というイメージだけで飼い始めると、ギャップを感じることになるかもしれません。この記事ではうさぎを飼うことは難しいのか、どんなところが難しいのか説明していきます。

【目次】
1.うさぎがペットとして選ばれる理由
 1-1.とにかくかわいい
 1-2.鳴かない
 1-3.人のライフスタイルに合う
 1-4.体臭が少ない

2.うさぎ飼育は苦労も多い
 2-1.意外に抜け毛が多い
 2-2.どこでもうんちをしてしまう
 2-3.自己主張が強い
 2-4.抱っこがむずかしい
 2-5.ブラッシング・爪切りなどのお世話の手間がある
 2-6.なんでもかじってしまう
 2-7.体調不良を隠しがち

3.意外と盲点?うさぎ飼育の難しさ
 3-1.うさぎ専門の動物病院が少ない
 3-2.牧草・うさぎのアレルギーを発症する可能性も
 3-3.電気代が高くなる
 3-4.旅行がしにくい

4.でもうさぎとの生活はとても楽しい!
 4-1.癒される
 4-2.デメリットも踏まえて飼育を検討しよう

5.まとめ


うさぎがペットとして選ばれる理由

うさぎ

ウサギは犬や猫に続く「第三のペット」として人気が高まっています。実際に飼ってみてメロメロになってしまう飼い主さんも多いんですよ。まずは、ウサギがペットとして選ばれる納得の理由を紹介したいと思います。

◆とにかくかわいい

うさぎの魅力は「とにかくかわいい!」の一言に尽きます。

うさぎといえば長い耳が特徴的ですが、つぶらな瞳と小さなお口、ぴょんぴょん跳ねる姿やお手入れする姿…など、愛らしい要素をたくさん備えています。丸いお尻にちょこんとしっぽが付いたお尻は「うさけつ」と呼ばれ、マニアを魅了しています。また、毛並みはもふもふしていて、撫で心地も抜群です。

そして、うさぎはいつも表情が同じなため「何を考えているのか分かりにくい」と思われがちですが、飼ってみると、好奇心旺盛で実は感情が豊かだということがよく分かります。

なつくと、遊んでほしい時に鼻でツンツンして自己アピールしたり、ケージから出した時に飼い主さんの足元をぐるぐる回ったり、あとをついて行ったりと、いじらしい仕草を見せてくれるようにもなります。

◆鳴かない

うさぎは声帯がないので鳴き声を出しません。「吠えないので近所迷惑にならない」という理由でペットにうさぎを選ぶ人も多いでしょう。

鳴かない代わりに「ブウブウ」と鼻を鳴らして意思表示をしますが、鳴く動物と比べると本当に静かです。

●あわせて読みたい
うさぎは鳴く動物?鳴き声・行動から分かるうさぎの気持ちをご紹介!

うさぎの鳴き声を聞いたことはあるでしょうか。うさぎは犬や猫のように大きな声で鳴くことはありませんが、感情表現の一つとして、嬉しいときや怒っているときに鳴くことがあります。そこで本記事では、うさぎの鳴き声の意味や感情を表すときの仕草や行動をご紹介します。是非最後までご覧ください。

記事はコチラボタン

◆人のライフスタイルに合う

うさぎは「薄明薄暮性」で早朝と夕方に活発に動きます。夜行性と思われがちですが、夜間と日中はほとんど寝ています。

生活リズムが人のライフスタイルと合っているので、生活を共にしやすい動物といえるでしょう。飼い主さんが日中に不在でも寂しがらずにひとりで留守番もします。

また、うさぎはもともと群れで暮らす習性を持つため、社会性やコミュニケーション能力が発達しています。うさぎは飼い主さんやご家族のことも覚え、そのお家のルールも覚えるので、互いに居心地の良さを感じながら共存することができます。

●あわせて読みたい
うさぎは夜行性?夜にさわぐ理由と静かに寝かせる方法を徹底解説!

「飼っているうさぎが、日中は静かなのに夜になるとうるさくて眠れない」 「朝方や夜に、うさぎが走り出すけれど夜行性なの?」 そのような疑問や悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか? 本記事では、うさぎは夜行性の生き物なのか、うさぎが夜になるとうるさい場合の対処方法について紹介します。 この記事を読んで飼っているうさぎさんに実践すれば、飼い主さんとうさぎさんの仲もより深まり良い関係が生まれるはずですよ。

記事はコチラボタン

◆体臭が少ない

うさぎは清潔好きで、こまめに毛づくろいをしているため、体臭はほとんどありません。ケージやトイレの掃除さえきちんとしていれば、お部屋のにおいに悩むことはなくなります。


うさぎ飼育は苦労も多い

うさぎは魅力的なペットですが、飼ってみて初めて分かる難しさもあります。どんな苦労を感じることが多いのでしょうか。

◆意外に抜け毛が多い

うさぎは1年に最低2回の換毛期が訪れ、温かい冬毛と涼しい夏毛の入れ替わりが起こります。そのたびにごっそりと被毛が抜けるので、換毛期はこまめな掃除が必要になります。特に長毛種は毛量が多い分、抜け毛の掃除が大変です。

◆どこでもうんちをしてしまう

うさぎは、基本的にはトイレで排泄をします。ただ、糞はトイレ以外でもしてしまうので、ケージ内やお部屋に糞が落ちていることもしばしば。これを毎日拾い集めなければなりません。

また、コロコロした丸い糞を1日に百個以上も出すので、トイレ以外に糞をたくさんする場合は掃除が大変になります。

●あわせて読みたい
うさぎはトイレを覚える?正しいしつけの仕方とオススメグッズをご紹介

可愛らしいお顔と小さな体が魅力的なうさぎ。ペットとしても非常に人気の高い動物です。一方で、実際に飼ってみると大変なことも多いのが事実です。中でも「トイレ」に関する悩みや疑問を抱いている方は多いのではないでしょうか。そこで本記事では、「うさぎのトイレ」をテーマに、しつけの方法やオススメのグッズについて、詳しく解説します。うさぎ飼い初心者の方には必見の内容です。

記事はコチラボタン

◆自己主張が強い

うさぎは臆病でおとなしい動物ですが意外に自己主張が強いため、飼育が難しいと感じることも少なくありません。

性格には個体差があるので、全てのうさぎさんに当てはまるわけではありませんが「嫌なものは嫌だ」とはっきり主張する子が多いでしょう。たとえば気に入らないことがあると怒ってスタンピング(足ダン)したり、不満のある時は「ブウブウ」と鼻を鳴らしたりします。

●あわせて読みたい
うさぎの足ダン(スタンピング)はどんな気持ちを表す?病気の原因になることも

うさぎ用語でおなじみの「足ダン」は、後ろ足で床を踏み鳴らす行為のことです。そのダン!という大きな音は人のほうが委縮してしまうほど強烈ですよね。足ダンはうさぎに欠かせない習性なのですが、騒音や足の病気などトラブルの原因につながるので、あまり頻繁に足ダンをさせてはいけません。今回の記事では、足ダンの原因、関連して起こる病気、やめさせ方について紹介していきます。

記事はコチラボタン

また、子うさぎの頃は素直でおとなしくても、思春期になると反抗的になる子もいます。オスは縄張りを主張してスプレー(おしっこを飛ばす)をしたり、メスは発情期になると気が荒くなって飼い主さんに攻撃的な態度を取ったりすることもあります。

うさぎには犬が飼い主に抱くような忠誠心がなく、場合によっては「人間よりも自分が上だ」とマウントを取ってくることもあります。気付くとうさぎが上位になり、飼い主さんがうさぎのご機嫌を取りながらお世話をすることも。「かわいいから」と甘やかさないことも必要になってくるのです。

◆抱っこがむずかしい

うさぎを飼ったらいっぱい抱っこをして触れ合いたいですよね。しかし、うさぎはといえば、基本的には抱っこを好みません。抱っこの体勢に不安を感じるためです。

無理やり抱っこすると、暴れて後ろ足で力いっぱい蹴る、暴れすぎて怪我をする、といったことがあるので注意が必要です。ただし、爪切りや受診などでは抱っこや保定が必要になることから、抱っこの訓練も必要になります。

◆ブラッシング・爪切りなどのお世話の手間がある

うさぎには、ブラッシングや爪切りなどのグルーミング(お手入れ)を定期的に行う必要があります。

グルーミングを怠ると被毛や爪の健康が保てなくなるのですが、ブラッシングや爪切りが苦手な子が多いので、飼い主さんは負担に感じるかもしれません。

●あわせて読みたい
【うさぎの爪切りの頻度は?】自宅で行う際の注意点と必需品について

うさぎの爪は人間と同じく、ずっと伸び続けるものです。そのため、定期的に爪切りを行う必要があります。しかし、うさぎの爪切りに関して、次のような悩みを抱えている方も多いはず。「抱っこを嫌がる」「どのくらい切って良いのか分からない」「自分で切る以外の方法は?」。本記事では、そんな疑問にお応えするために、初心者でも理解できる「うさぎの正しい爪切りの方法」について詳しくご紹介します。

記事はコチラボタン

◆なんでもかじってしまう

うさぎは、伸び続ける歯をすり減らすため物をかじる習性があります。通常は、牧草やうさぎ専用のかじり木をかじることで歯がすり減らせます。

ただし、なんでもかじってしまうので、ケージを噛んだり、お部屋に放した時に家具や電気コードなどもかじったりするのが困りもの。トラブルを防ぐため、かじり防止の対策が必要になります。

◆体調不良を隠しがち

うさぎは、本能的に体調不良を隠す習性があります。そのために病気やケガの発見が遅れてしまいがちです。

不調を隠すのは、捕食される立場にあり、弱っていることが外敵に見つかると襲われやすくなるためです。

毎日観察していれば、ちょっとした異変に気付けるようになるので、食欲、糞の状態、耳の冷たさ、お腹の張り、目の輝きなどをチェックする習慣をつけるとよいでしょう。

もし、糞が出ていない、歯ぎしりをする、うずくまるといった症状があれば、状況が深刻で命にかかわる場合もあるので、至急受診することが薦められます。


意外と盲点?うさぎ飼育の難しさ

うさぎの飼育にありがちな苦労をいくつか紹介しましたが、これ以外に意外な盲点があります。

◆うさぎ専門の動物病院が少ない

胃腸うっ滞、骨折、ソアホックなど、うさぎがかかりやすい疾患がいくつかあります。そのため体調不良の際は、うさぎ専門の動物病院を受診することをおすすめします。

ただ、全国に動物病院はたくさんありますが、犬猫以外のペットに詳しい病院は少ないのが現状です。

うさぎの平均寿命は6~8年ですが、10年以上生きるうさぎさんも増えています。それだけ病気や介護のリスクも高まっているので、信頼してお付き合いできるうさぎ専門の獣医さんを見つけることが理想となります。

◆牧草・うさぎのアレルギーを発症する可能性も

うさぎのいるお宅では、飼い主さんやご家族がアレルギーを発症するケースがまれに見られます。

毎日うさぎに接することで、うさぎのフケ、唾液などがアレルゲンとなり、うさぎアレルギーを発症することがあります。また、うさぎが食べる牧草はイネ科のチモシー、オーツヘイ、イタリアンライグラスが中心ですが、牧草がアレルゲンとなり、イネ科アレルギーになることもあります。

もしも、うさぎを飼い始めてから皮膚のかゆみ、鼻水やくしゃみ、咳などが始まったら、アレルギーを疑ってアレルゲン検査を受けたほうがよいでしょう。

アレルギーを予防するには、アレルゲンとの接触をなるべく避け、うさぎのお世話をした後の手洗い、掃除、換気をこまめに行うことが必要となります。

●あわせて読みたい
これってうさぎアレルギー?うさぎのお世話でアレルギー症状が出る原因と対策を徹底解説

うさぎを飼い始めてから、ある日突然、目が痒くなって、くしゃみや咳が止まらなくなり、家族として可愛がって一緒に暮らしてきたうさぎにアレルギー反応を起こしてしまった?とショックを受けてしまう飼い主さんはいると思います。まずは落ち着いてください。本当にうさぎアレルギーか病院で相談して、アレルギーの対策と防止を考えていきましょう。

記事はコチラボタン

◆電気代が高くなる

うさぎは暑さや温度変化に弱いため、基本的にはエアコンやヒーターで飼育環境の温度を一定に保つことが必要となります。

室温が28℃を超えると、うさぎが夏バテや熱中症を起こすリスクが高まります。そのため、飼い主さんが家を空けるときでもエアコンの稼働は必須です。

もちろん節電も大切ですが、ペットの命には代えられません。ペットを飼育するならば、あらかじめ電気代の負担は覚悟されたほうがよいかと思います。

◆旅行がしにくい

うさぎを飼育したら、基本的に外泊は難しくなります。うさぎは1日くらいの留守番はできますが、エサやりや掃除、部屋の温度管理が必要になるため、何日も家を空けることはできません。

旅行中はペットホテルや知り合いに預けることも可能ですが、うさぎのことが心配になってしまうと思います。


でもうさぎとの生活はとても楽しい!

うさぎを飼うことのネガティブな面をご紹介しました。それでもうさぎには犬や猫にはない魅力があり、多くの飼い主さんが「うちの子」との生活を満喫していることも知っていただきたいです。

◆癒される

うさぎはルックスや仕草がキュートで、見ているだけでもとても癒されます。

また、うさぎを撫でることにも癒し効果が得られます。もふもふした毛並みの動物を撫でることに癒し効果があるといわれており、うさぎも撫でられるのが好きなので、いっぱい撫でさせてくれます。つまり、撫でるとうさぎも飼い主さんも幸せな気持ちになれるのです。

◆デメリットも踏まえて飼育を検討しよう

うさぎを飼育すると、時間的な拘束、金銭的な負担、そして生き物の命を預かる責任が生じます。そう聞くと「大変だな…」とため息が出るかもしれません。

ですが、うさぎはそれを超える喜びや幸せをもたらしてくれます。今回ご紹介したデメリットを十分に踏まえて飼育を検討してみてください。


まとめ

うさぎを「かわいいから」「飼いやすそうだから」という理由だけで飼うと、飼育にギャップを感じることになるかもしれません。うさぎのことを正しく理解すれば、楽しいうさぎライフが満喫できます。命を預かることの重み、飼育の難しさも知ったうえで、うさぎさんをお迎えしてください。



– おすすめ記事 –

・うさぎと車移動するときの注意点。車酔い・長時間の移動に耐えられる?
・うさぎが懐いてる証拠は分かる?うさぎが見せる10の愛情表現を紹介
・うさぎにとって食糞は普通の行動!うさぎのうんちの種類と食糞しない原因・対処法
・うさぎのマウンティングはやめさせるべき?行動の理由とマウンティング対象別の対策方法


focebookシャア
ツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PetSmileすもーる部

PetSmileすもーる部

小動物大好きPetSmileすもーる部です。小動物にまつわるエピソードやお役立ち情報を発信します♪


記事に関するお問い合わせはこちら